ガンダムビルドファイターズトライ 25話 僕たちのガンプラ 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 25話 僕たちのガンプラ 感想



何故かケンプファーが市街戦をしている。
メイジン・カワグチとレディ・カワグチの対決なのか。

ガンプラビルダーズコンテスト名人杯?でしたっけ?
さまざまなガンプラが展示しているな。
結構個性的なガンプラばかりだ。

ガンダムがベースのガンプラばかりなのかな?
ガンダムタイプのガンプラの展示品が多い。

そして何故か注目の的になっているホシノ・フミナ。
何故なのだ?

ガンプラビルダーズコンテスト名人杯の表彰式の子供部門は
サザキ・カオルコの弟が優勝なのか。
しかも性格が高飛車だな。

そしてオープンコース?の優勝者は6番のコウサカ・ユウマが
優勝です。

この大会は展開が速いか。
あたりまえか。
もう最終回ですからね。

と、そこへカミキ・セカイが会場に現れる。

異議を唱えるサカイ・ミナトでしたが、
その作品はホシノ・フミナをベースにしたガンダムタイプ
のスーパーフミナというガンプラ?なのか。
フィギュアではないのかな?
確かに出来は素晴らしい。

ホシノ・フミナの許可を取っていないのに
ベースにしているのか。
それはまずいのですね。
大会的に。

しかもなぜかそのガンプラでガンプラバトルとは
意味不明な展開。

でもスーパーフミナは結構いい性能っぽい。
そこへカミキ・セカイのガンプラ、
カミキバーニングガンダムが登場です。

キジマ・シアとガンプラ作りの修業をしていたのね。

そこへホシノ・フミナとギャン子とキジマ・シアも
参戦。
ギャン子の弟も参戦。

もう意味不明な展開です。

さまざまな参加者が参戦してめちゃくちゃな戦闘になっている。

でもこういった展開もアニメとしては面白いのかな。
さまざまなタイプのガンプラが戦闘に参加して
戦闘シーンとしてはちょっと面白いかも。

いろんなカスタムメイドのガンプラが見られる
面白いシーンかもしれないですね。

ゲームにある○○無双とかそういった-ゲームのような
状態になっているな。

メイジン・カワグチまで童心にかえって参戦。
しかもラルさんまで。

ついでにレディ・カワグチも参戦。
女の子プレイヤーの相手を。

結局最後はよくわからない展開になった。
どういう話になったのかな?
これは。

それぞれのキャラクターがまた日常に帰って行った。

これは3期はあるのかな?
世界大会はやっていないわけですからね。
そのうちありそうですけど。

最後のみんなで入り乱れてのガンダムバトルだけは本来の
ガンプラバトルになっていた気がします。
プラフスキー粒子の量がどうのこうのよりも
単純にガンプラの操作で対決するっていう。
その方が楽しいのかもしれませんね。

しかしこの後の話があるとすれば、またプラフスキー粒子の
絶対量の多さで勝敗があっさり決まってしまう展開も
あるでしょうから、そこは何とか改善してもらいたい展開ですね。


ガンダムビルドファイターズトライの関連商品の価格と詳細情報はこちらから

スポンサーサイト

ガンダムビルドファイターズトライ 24話 ファイナル・バースト 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 24話 ファイナル・バースト 感想



コロニー内部での戦闘になるのか。
トライファイターズの3機体がコロニーの内部へ突入です。

一方のガンプラ学園は正攻法で攻める予定のようですね。
まあ個人の好きな作戦で戦えとキジマ・ウィルフリッドは言っているようですが。

とても静かな立ち上がりですね。

そしてガンプラ学園のキジマ・ウィルフリッドのトランジェントガンダムがコロニーに突入。
キジマ・シアのGポータントもコロニーに突入。
そしてアドウ・サガのガンダムジエンドはコロニー外部からビーム攻撃。

いきなり一騎打ちか。
キジマ・ウィルフリッドとカミキ・セカイの。

そしてミカワ先生?
アドウ・サガの右手首の状態がよろしくないようですね。
ファングは手動でも動かせるのか。
便利な兵器だな。
操縦技術もただ者ではないのですね、アドウ・サガ。

ライトニングガンダムフルバーニアンのビームライフルを飲み込みましたね。
吸収するというのか。
まあもうおなじみかもしれないですけど。

そこへGポータントも参戦してきましたが、ホシノ・フミナの
スターウイニングガンダムも参戦。

やはりそれぞれのキャラクターが因縁がありますから、
結局、1対1の戦闘になるわけですね。
展開としては読めましたが、早々と。

6機のビーム攻撃がスパークして、どうなるのですか?
結局、強力なビーム兵器が物を言う。

ビーム攻撃がスパークしたら、コロニーが崩壊するのか?
それだけの攻撃なのか。
そこまでには見えなかったけどね。

また1対1のような戦闘状態に戻ったのね。

キジマ・ウィルフリッドのトランジェントガンダムとカミキ・セカイの
トライバーニングガンダムは怒突きあいのような戦闘になったけど、
キジマ・ウィルフリッドのトランジェントガンダムのランスビットが
くるくるとそばをまわり始める。

何だか、七つの大罪というアニメのキングっていうキャラクターの
武器みたいだな。
ちょっとだけ見たことあるのだけど、七つの大罪。
感想書くほど見ていないから、感想は書いていないのですが、
見かけましたよ、キングっていう少年の武器。

一方のガンダムジエンドvsライトニングガンダムフルバーニアンは接近戦で勝負です。
お互いにビーム兵器が有効ではないことを確認した両機は
接近戦での決着をつける模様です。
ビームサーベルで応戦のライトニングガンダムフルバーニアンに
体の中から出てきた槍みたいな兵器で応戦のガンダムジエンド。
ライトニングガンダムフルバーニアンのボディを貫く。

ボディはやられてしまったが、その後、スターウイニングガンダムと合体です。

トライバーニングガンダムはトランジェントガンダムの攻撃に防戦一方のようだ。
ですが、炎の剣?で反撃開始。

合体した2機は粒子をウイニングビームに集中するため粒子を転送。

ガンダムジエンドもGポータントに修繕してもらう。

お互いに満身創痍ですね。

最後のウイニングビームフルパワーでそれを防ぎに入った
Gポータントとガンダムジエンドを半壊にする。

そしてライトニングバックウェポンシステムがガンダムジエンドに
突っ込んでミサイルを食らわせる。
両機とも撃破かな?

Gポータントはビームサーベルでスターウイニングガンダムを貫くが
スターウイニングガンダムもGポータントを貫いて、両機も撃破。

最後に残ったキジマ・ウィルフリッドのトランジェントガンダム
vsトライバーニングガンダムは時間切れで試合終了です。

3分間のインターバルの後、代表者による延長戦決選。

ちょっと思わぬ展開ですね。

3分間の間にトライバーニングガンダムをベースに3機のパーツを合体させる。
何ていう名前のMSになるのだろうね。

そして延長戦です。

トライバーニングでいいのかな。そう呼んでいるから。

最初から格闘戦ですぐにガンプラが壊れていく。

トランジェントバーストとバーニングバーストで激突。

虎と鳳凰のキャラクターに変わってもうMSじゃなくなってますけどね。
これでいいのか?
何でもアリですか?

最後は地球に花火が降りそそぎましたよ。

最後はイオリ・セイからのメッセージを。

「いつか一緒にバトルをしよう。世界選手権で待っている」と。

トランジェントガンダム、破壊されましたね。

では、トライファイターズの勝利ですね、きっと。

次回はビルダーズコンテスト名人杯、そこに現れた新しいガンプラは?
シャア・アズナブルの見た目をしたMSですか?
何ですかあれは?

また次回は展開がよくわかりませんけどね。

それにしても今回の感想はもう、ガンプラバトルといっても、
結局はプラフスキー粒子をどれだけ貯蔵できるかに結果がかかっている
ということをあらためて感じた回でしたね。
プラフスキー粒子をいかに大量にガンプラにため込むことができるのか、
その方法と技術が他の要素を圧倒するという結果。

他の戦術やMSの操縦技術などは付随する要素でしかないことを。

アニメとして面白いから、こういった展開なのかな?

純粋にガンプラバトルという面では楽しみがあまりなくなるかもしれませんね。

ガンプラビルダーとしての能力が他を圧倒するような状態ですね。

何とも言えない状態です。

ガンプラがどうのこうのというよりは表現できない力で何でも圧倒する
という魔法アニメのような、ドラゴンボールのようなアニメのような。
こういう展開をするのが最近のアニメの傾向なのか。
いや、昔ながらですか。

個人的には操縦技術や戦略で勝利する展開を期待したのですけどね。

見る前からわかっていましたか?だいたいのアニメの展開を。

この分ですと、3期があったら、さらにこの傾向が強くなるわけかな?

イオリ・セイが世界大会でバトルしようと言っているわけだからね。

3人編成だと、イオリ・セイ、レイジ、アイラ・ユルキアイネン?
または、イオリ・セイ、レイジ、コウサカ・チナ?
編成はよくわからないけど、きっとそうなるのだろうね。
他にいないから。

3期があったほうがいいのか、無くてもいいのか。
もうちょっとガンプラバトルの展開だけは考えてほしいですね。
通常のストーリーはそれなりに面白いので。

ガンダムビルドファイターズトライ 23話 ビルド・ファイター 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 23話 ビルド・ファイター 感想



カミキ・ミライの司会から始まった今回のガンダムビルドファイターズトライ。
キジマ・ウィルフリッドはガンプラを作り直しているのかな。
まああれだけの戦闘だったからね。
各自がガンプラの調整に励んでいる。
アドウ・サガも今回のガンプラバトルは楽しんでいるようですね。
レベルが想像以上に高いようだから。

そして、トライファイターズもガンプラの修繕に勤しむようだ。

もうこのレベルの試合だと毎回のようにほぼ全壊してしまうようだからね。

ラルさんのブリーフィングも結構毎度役になっているようだ。
そして今回は統立学園の3つ子から戦闘データがおくられてきた?
他校の生徒が協力してしまっていいのかな?

戦術分析と戦闘データを見るためのパソコンのOSはWindows?ですか?
OSの見た目がかなり似ている気がする。

ガンプラ学園の準決勝の映像で各機体の詳細な秘密兵器が映っている。

特にキジマ・シアのG-ポータントの修復機能が驚愕なのか。
整備マシン、カレル。
1/144カレルに修復機能の装備を加えるというのは驚愕のガンプラビルダー
能力なのですか?
コウサカ・ユウマが驚いているのだから、そうなのか。
カレルという機体は何のガンダムに出てきたのだろうか?
「機動戦士ガンダム00」に出てくるソレスタル・ビーイングが所有している
作業用ロボットですか。
あれ、そんなのありましたっけ?
記憶にないな、そんなシーン。
一応それなりに見たんだけどな、「機動戦士ガンダム00」。
映画のかな?
映画は見てないな。

何気にだけど、パソコンで戦闘データを見ているが、TVモニターに有線で
繋いでいるのね。
この時代なのに無線でやらないのか。
これだけのガンプラバトルシステムが存在する時代なのに。

キジマ・ウィルフリッドはオールラウンダー。
アドウ・サガは攻撃型。
キジマ・シアは修復能力。

隙のないガンプラ学園に力にあらためて驚愕しているのがちょっと面白いな。

キジマ・ウィルフリッドのガンプラビルダー能力も相当なものなのかな。
監督も褒め称えているからね。
3代目メイジン・カワグチ、ユウキ・タツヤに似ていると。

コウサカ・ユウマはガンプラチェーンナップに戸惑っているな。
そしてホシノ・フミナと居合わせたギャン子の所とカミキ・セカイの所へいって
各ガンプラ、スターウイニングガンダム、トライバーニングガンダムを取り上げて自分の部屋へ。

それからカミキ・セカイはお姉さん、カミキ・ミライの部屋に泊まらせてもらうのか。
そして買い出しにいったら、イノセ・ジュンヤと出くわす。

コウサカ・ユウマは一人でガンプラの調整に勤しんでいる所に
サカイ・ミナトが乱入ですか。
そして手伝いを申し出る。

一方、公園でイノセ・ジュンヤに出くわしたセカイは
手刀が4つになる技を伝授される。
技でエールを贈るのか。
そして、スガ・アキラの運転する車が並走。
この車はマツダ、ロードスターかな?

写真で見る マツダ「ロードスター」

新型ロードスターにどことなく似ているな。

いろんな学校のメンバーが思い入れのあるチームに協力するのが
このアニメのいいところなのかもしれない。

そして、公園で倒れているセカイの所にキジマ・シアが枝で顔を突っつく。

キジマ・ウィルフリッドが一人でガンプラを修繕するというので、暇になったのか。

カミキ・セカイも3か月でここまで成長するのもすごいな。
ビルダーとしてはまだ初心者だけど。

ガンプラバトルは自分でガンプラを作ったり、修繕したりしないと
ダメなんだね。
まあ、ガンプラを奥深くしらないと勝てないからね。

そうか自分でガンダムビルドファイターを名乗れないのね。

そして決勝戦当日。

ガンプラ学園のミーティング。
キジマ・シアは打倒ホシノ・フミナを誓う。
一方、ホシノ・フミナは打倒レディ・カワグチを誓う。

いろんな場所でこの大会、全日本ガンプラバトル選手権全国大会を
観戦しているのですね。
そしてコウサカ・チナもイオリ・セイと一緒に観戦しているようだ。
でもテーブルの上にはカップが4つあるね。
あとは誰がいるのだろうか?

そして決勝戦、戦闘開始です。

宇宙戦ですか。

出撃シーンで今回は終了かと思ったら、誰か登場しましたね。
アドウ・サガにこれ以上ガンプラバトルに出場してはいけないと
しゃべっていますけど、誰ですかね?
右手首がもう限界でダメらしいですが、
医療関係者ですかね?

次回わかると思いますけど、次回は激しい戦闘になりますね、きっと。
決勝戦ですから、今まで以上に。
また次回が楽しみです。

ガンダムビルドファイターズトライ 22話 心のままに 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 22話 心のままに 感想



ガンプラ学園の勝利が決定した。
キジマ・ウィルフリッドとルーカス・ネメシスがお互いの闘いを健闘で握手です。
お互いにいいライバルの誕生だね。
まあすごい試合だったからね。
エネルギーの補給の問題なのかな。
まだ戦術の改善の余地があるのだからね。

ガンプラ学園もガンプラの奥深さを悟ったのね。
世界レベルはすごいということがわかった。
というか、これ以上の世界ってどういうのだろうかな。
これ以上の装備や戦い方というのは単純にエネルギー量の問題なのか?
プラフスキー粒子をどれだけ貯蔵できるかにかかっているのかな。

カミキ・セカイとネメシスの会話。
そして、世界レベルで戦うことが本当の勝負なのかな。
近い時期に戦うことにはなりそうなレベルではあるね。

そして、サカイ・ミナトが登場。
コウサカ・ユウマを目の敵にしている。
そうか。
中学に入ってから、バトルではなく、ビルダーに専念した
コウサカ・ユウマを快く思っていないのね。
でもそれは一方的な思い込みなのでは。
そういうのは他人の勝手なのだからね。
自分勝手とうか、好戦的なだけなのか。
いい人そうなんだけどね、この人。

天大寺学園の人たちは単純にガンプラバトルが楽しみたいだけなのね。
サカイ・ミナト以外の人たち。

そして、準決勝第二試合。

天大寺学園vs聖鳳学園の試合が開始です。

富士山の近くじゃないの。
もうちょっといい戦闘場所ないのかな?
市街戦か。

天大寺学園のMS、火力がすごいな。
それにしても、MSらしくないMS。
別のアニメのロボットのようだな。

トライファイターズの3人の攻撃をバリアで防いで合体。

ガンダムZZを主体にしたMS、ガンダムトライオン3に合体。
しかし外観がちょっとすごすぎる見た目だ。
趣味がいまいちだ。

パワーがすごいな。
腕が飛ぶのを次元覇王流聖拳突きで止めるのが精いっぱいのようだ。
そして飛び道具で背後から攻撃されてダウン。
もう半壊じゃないか。

そこにホシノ・フミナが飛び込んで、ウイニングビームで応戦ですが
ガンダムトライオン3も火力がすごいので、吹っ飛ばされますね。

この戦いは戦術ではなく、MSの火力勝負ですかね?
あからさまにそこを改造しているというのか。
性能で真っ向勝負をしようというコンセプトですよね。

高出力ビーム系の攻撃が満載の機体だ。

そして、今度は剣?か。
巨大なビームサーベル系超咆剣の攻撃。

G?の形にサーベルで攻撃。
これ面白いな。
どういったシステムかよくわからないけど、今までにない攻撃だ。

だが、スターウイニングガンダムとトライバーニングガンダムがバリアを張ってかろうじて防ぐ。

そして、コウサカ・ユウマのライトニングガンダムフルバーニアンで1対1の勝負になる。

こちらも高出力ビーム系で真っ向勝負。

その結果、超咆剣が破壊される。

時間リミットまで粘ろうとしたサカイ・ミナトだったが、チームメイトの
勧めで最後まで戦えと。
その声がサカイ・ミナトを後押しする。

最後はビームライフルとキャノンの応戦。
そして、ビームサーベルを突き刺したが、吹っ飛ぶ。

その後、ビームライフルでガンダムトライオン3のハイメガ粒子砲を破壊です。

トライファイターズの勝利の終わる。

壮絶な試合だったな。
高出力ビーム系が一番見どころだったかもしれないけど、
パワーに頼る戦い方もそれはそれでいいのかもしれないな。

前回もそうだったけど、もうこのレベルだと最後はパワーがより
残った方の勝ちになるのね。
戦術では太刀打ちできないレベルなのかもしれない。

ついでに、富士山近くの市街地だったのに、最後は荒野のように
なっていたな。
市街地とか関係ない感じだな。
すべて破壊しつくしたので、意味がないのかな、戦場のスタイルは。
すっかり市街地であることを忘れてしまったくらいだ。

コウサカ・ユウマとサカイ・ミナトの闘いはガンプラビルダーの大会で
第2回戦のようだ。
ガンプラビルダーの大会も別にあるわけですね。

次回はいよいよ決勝戦の朝。
楽しみだけど、しかし、ここの所、ガンプラが1試合でほぼ全壊になるね。
これはガンプラをまた1から作るのが大変だよね。
凄くお金がかかる趣味だな。
中学生や高校生には大変な趣味じゃないか。
小学生とか参加しにくいな。
お金持ちじゃないとね。

ガンダムビルドファイターズトライ 21話 蒼き翼 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 21話 蒼き翼 感想



今回は準決勝、たぶん予想ですけど、
ガンプラ学園vsグラナダ学園の試合ですね。

ルーカス・ネメシスと執事さんの会話から。
ネメシス財団から派遣されたスタッフをあしらって、
アイラ・ユルキアイネンから言われた、
「ガンプラバトルに勝ちたかったら、自分でやりなさい」
この言葉に集中するためにスタッフまで排除しようとする
試みはとても称賛するな。

カミキ・セカイのガンプラ作りも上手くなっているのかな。
ヤスリがけもしっかりできるようになっているので。
セイ・イオリのガンプラ作りの技術は同じ世代でも圧倒しているのですね。

そしてカミキ・ミライのガンプラバトル大会のリポート。

サカイ・ミナトはガンプラ作りに励んでいる。
でもカミキ・ミライの出演番組はしっかりと録画しているのね。
面白いですね。

そして、メイジンカワグチとガンプラ学園の監督とお酒を飲むシーン。
メイジンカワグチもユウキ・タツヤスタイルで。

ガンプラ学園の監督もメンバーのさらなる飛躍を願っているのね。
日本王者に甘んじることなく。

準決勝の組み合わせ抽選の開始。

準決勝第一試合 ガンプラ学園vsグラナダ学園

準決勝第二試合 天大寺学園 vs聖鳳学園

で決まり。

あ、よく見たら全部○○学園ではないですか。
○○学園は学校名で流行っているのですかね?
私立学校が多いから?
公立ではあまりガンプラバトルに力を入れていないというか、
高校野球のように私立の方が全国から幅広く入学者を募れる
という特性に基づいた結果なのかな。
ガンプラバトルも同じだと考えられる。

でも、この組み合わせは割と予想通りかな?
アニメの展開的に。

ああ、そういえば、我梅学園はどうした?

で、ベスト4の面々がお互いに勝ち残り宣言しあってるな。
スガ・アキラが強いやつが勝って弱いやつが負けるとスッキリさせていいな。

統立学園チームSD-Rの3つ子はテレビ観戦か、そして我梅学園の人たちも。
負けた戦闘シーンはカットか?

そして、準決勝第一試合。
ルーカス・ネメシスと補欠の2人。
作戦通りお願いしますと。

対するガンプラ学園も戦闘準備万端だな。

出撃の際、名前とガンプラ名を全部言わないといけないのか。
ガンプラ学園、チームソレスタルスフィアとかチーム名まで。

トランジェントガンダム、ガンダムジエンド、G-ポータントの攻撃を軽快にかわしていく
ルーカス・ネメシスのクロスボーン・ガンダムX1フルクロス。
クロスボーン・ガンダムX1フルクロスのピーコック・スマッシャーっていう兵器いいな。
すごい破壊力だ。
ボウガンのような形状の手持ちのビーム銃。
通常型のビームライフルに8器のビーム砲を装備した弓状部分を
組み合わせてあり、9方向にビームを一斉発射することで広範囲
の敵を攻撃する。

ムラマサ・ブラスターもすごい外観の兵器だな。

でも、お互いに決定力にはならないのか?
すごい性能だけどな。

あまり高出力ビーム兵器は通じないのか?
お互いに持ちこたえられるのだからな。

クロスボーン・ガンダムX1フルクロスのコア・ファイターで
G-ポータントのビームバリアーの中に突っ込んでくるとか、
なかなかの戦術だね。
戦う前から相当な戦術が練られているようだけど、
それで結構なダメージなのか?
意外ともろいな、G-ポータント。

でも自己修復してる?

一方、補欠の機体からエネルギーをチャージしてもらっているのか
クロスボーン・ガンダムX1フルクロス。

トランジェントガンダムとガンダムジエンドの2機を相手にしても
かなり戦い慣れしてる戦い方だな。
相手の武器を自分の武器で当たらせながら、後方から来た
ガンダムジエンドに足裏からだした剣のようなもので刺す。
隠し兵器も搭載しているなかなかの機体。
ガンダムジエンドを上回る曲者MSかもしれないな。

粒子の補給作戦がばれちゃって、トランジェントガンダムとガンダムジエンドの2機
がクロスボーン・ガンダムX1フルクロスの所にやってきたが、
補欠の機体が善戦して、時間稼ぎ。
でもやっぱり補欠のMSだから、大した戦力にはならなかったな。

で、もう一機の補欠MSもG-ポータントにあっさりと破壊される。

それで3対1。

最後は1対1での勝負か。
お互いガンプラバカなのか。
自分で言ってる。

お互いに粒子の放出量を最大限にあげてぶつかり合うのか。

タイトルの蒼き翼とはこれのことか。

粒子が翼のように光り輝く。

で、どうなった?

カミキ・セカイたちが試合会場についたら、
トランジェントガンダムが半壊。
クロスボーン・ガンダムX1フルクロスは立っているが、負けたのか。
そのあと崩れた。

機体が最後まで残った方が勝利なのね。
あ、というか、この2機トランジェントガンダム、
クロスボーン・ガンダムX1フルクロスが両方お互いに破壊しても
G-ポータントとガンダムジエンドがまだ残っている
ガンプラ学園の勝利は変わらなかっただろうけど、
一応、トランジェントガンダムvsクロスボーン・ガンダムX1フルクロス
の勝負はトランジェントガンダムの勝利なのね。

今回はなかなか見ごたえのある戦闘シーンだった。
けれども、粒子量をふんだんに使用した戦闘は結果として、
戦闘技術というよりもガンプラの性能によって
ガンプラバトルを圧倒できるという結果でもある。
要はガンプラ制作段階でどれだけ粒子量を扱えるかに
かかっているわけで、その後のMSの操縦技術などは
付随した技術に過ぎないともいえるのではないかな。
それだと、ガンプラバトルというよりも制作バトルのような
展開になってくる。
このあたりはアニメの表現としても展開としても難しくなってくるね。
ガンプラの高い性能の理由が粒子量という1つの要素だけで、
他の技術面を圧倒してしまう展開だと、
アニメの展開としては方向性が1つしか無くなってしまうので
面白みも半減するかもしれない。
そう思った今回の感想でした。