グラスリップ 13話最終話 「流星」 感想

グラスリップ 13話最終話 「流星」 感想



今回で最終回か。
速かったな。でも展開が無さ過ぎて、今のところ微妙なアニメだ。

やはり能力は人によって違うのですね。
強弱があるのかな。

また沖倉母のピアノを聴くのか。気絶したのに。

他のメンバーはいつも通りカフェで。暇つぶしか。

ピアノは終わったのか。どうなったのか。

次の日の朝。

朝から夏休みの宿題か。まだやってなかったのか。
夏休みに入る前に終わらせるのがいい。
分からないところを調べるのに時間がかかる場合があるので。
そこに夏休みに適当に時間を使う。

このアニメは絵の遠近感の描写がほんわり、ふんわりした表現で
とてもいい。

おお、お母さん、深水透子の母も同じような能力の持ち主なのか。
遺伝か?

山に来て何をするのだろか。

ガラス球を空に飛ばして・・・。
流星が見える?

何だこの展開は。

というか天気予報でも見えると言っているけど。

「白鳥座流星群」の見える日にガラス球を空に散らすと
「未来が見える能力」が発動するのか。

で、2学期が始まる。

で何だったんだ?流星は。

普通の日常に戻った。

最後が一番謎だ。
謎すぎて意味不明。

お母さんの言ってた、「未来が見える能力」ではない。
が答えですか?

終わってしまったな。最後に大きな消化不良が。

雰囲気はほんわかしていていいアニメだったのだが、
内容は意味不明な部分が多すぎて、
何をしたいアニメだったかわからないかった。

視聴者が「空気を読む能力」が高くないとこのアニメは楽しめないな。
もうちょっとファンタジーっぽいアニメを期待したのだけど、
普通の恋愛物アニメになってしまったようだ。


グラスリップ(glasslip)の関連商品の価格と詳細情報はこちらから

スポンサーサイト

グラスリップ 12話 「花火(再び)」 感想

グラスリップ 12話 「花火(再び)」 感想



転校?うん?
しかも沖倉駆が。
何だこれは?夢か?

うーん。深水透子と沖倉駆の立場が入れ替わっている。
何だこれは?

意味不明な展開だ。

以前あった花火大会のシュチュエーション。

回想か?

深水透子の未来、想像の世界なのか。
何だ。それだけか。

「未来が見える能力」の一端なのだろうが、
想像も含まれている?
それでは変わった能力と言えるのかどうか。

ピアノ演奏会の最中の出来事なのね。

次回で最終回ですか。

「未来が見える能力」について、わからないことだらけで
もう最終回か。
かなりここまで消化不良です。

グラスリップ 11話 「ピアノ」 感想

グラスリップ 11話 「ピアノ」 感想



うーん。「未来が見える能力」は奥深いな。
個人差もあるからかな?
条件も違うのでね。

結局、学校に居残りですか。
夜なのにね。

というか朝帰りですか。

で、永宮幸と白崎祐はまた山登りですか。

日常的すぎて話の展開が無さ過ぎ。

で、お母さんのピアノ演奏会はなんだったのか。

日常の出来事だけが淡々と・・・。

最後の雪は深水透子だけが見ていたのだろうけど・・・。

うーん。何とも言えない回。

グラスリップ 10話 「ジョナサン」 感想

グラスリップ 10話 「ジョナサン」 感想



2人に告白?深水透子だけじゃないのか。
友達としてなのか。
よくわからない。あらためていうことなのか。
それとも自分自身の中では何か違うのだろうか。

高山やなぎも何か自分自身で変化を付けようと。

内面の変化の描写はちょっとわかりにくいですね。
アニメとしてどう変化した表現をしていくのか、
というところがね。

沖倉駆は山?の場所で「未来が見える能力」を開発
しているのか。
あそこはそのための場所なのね。
人によって「未来が見える能力」の条件が違うので
自分にあった場所や条件を探るのが難しい。

永宮幸の住んでる場所を沖倉駆に教える?
だめでしょ。個人情報ですよ。

あーあ。訪ねちゃったよ。

好意じゃないでしょ。
「キラキラしたもの=未来が見える能力」。
同一の能力の持ち主なので興味があるだけじゃ?

沖倉家を訪ねた深水透子は・・・庭にあるテントでお茶ですか?
なぜに?家の外で。
変わった夫婦だな。沖倉夫妻は。

井美雪哉は合宿終了ですか。
帰ってきて、ちょっと会話して、なぜに涙を流す?高山やなぎ。
まあ、自分を変えるきっかけが井美雪哉なので、泣いたわけですね。
きっとね。

百の彼氏はやっと病院から退院なので。
おめでとうございます。

深水透子は地元愛があるのですね。
自分の能力を探りながら。

こういうシーンがあると、日本の地方都市の印象も良くなるかも。
そしてアニメの舞台ですから、アニメファンによる聖地巡礼も行われるのかな。

くしくも、自民党石破茂さんが地方創生担当大臣に就任したばかりですからね。

ああ、タイトルの「ジョナサン」は高校の鶏の名前でしたか。
すっかり忘れておりました。

雪が降っている。というか夏ですよね?
北陸地方は夏に雪が降るのですか?

で例の美術室ですか?

ああ、実際には雪は降っていないのか?
「未来が見える能力」だけではなく「幻想も見える能力」なのか?
で、それが沖倉駆との恋愛につながるのか?
そんなシーンが見えるのか?

でそれを実現させると。

うーん。意味不明。

無理やり恋愛につなげるのが。

「本人が興味がある分野の未来が見える能力」なのか。
そういった変化をしたのか。

さっぱり。

グラスリップ 9話 「月」 感想

グラスリップ 9話 「月」 感想



毎回、ガラス工房でガラスの何かを作っているシーンから
始まるのが定番になりつつある。

白崎祐の姉さん白崎百はいつも部屋に無断でいるね。
ちょっと面白い。

うーん。展開と絵が日常的過ぎて、感想も何もないな。

深水妹は意外と姉思いなのか。
いろいろと探るための活動をしているのね。
姉の友達に接近してばかりで。

深水透子と沖倉駆は「未来が見える能力」について
探っているのですね。
なかなかまれにしか、登場しない能力なので
能力についての理解が進展しないのですね。
もうちょっと、この能力について掘り下げる展開のほうが
アニメとして面白いと思うのですけどね。

日常50%
恋愛40%
能力10%

今のところこのアニメはこのような配分なのか。

「月」を見に来た永宮幸。
麒麟館に月を見に来たのか。太陽の光が地球に反射して月に映る。
とても綺麗な現象なのか。
映像だとそうでもなかったけど。

「月が綺麗」「それは私のセリフ」。

永宮幸は深水透子が好きなのね。

友達としてではなさそうな雰囲気ですが。