ドラゴンボール超 116話 逆転の兆し!身勝手の極意が大爆発!! 感想

今回はケフラに追い込まれた孫悟空が再び身勝手の極意に目覚めて、
再度、ケフラとの戦闘に及ぶというお話です。

テレビ覧の解説によると、ケフラも更なるパワーを上げるとなっています。
戦いながら強くなっていくというのは今までどおり。
サイヤ人の特徴です。

一方の孫悟空は身勝手の極意から更なる進化が見られるのか、
ここが見所です。

身勝手の極意、かっこいいな。
青白く光り輝くのがかっこいい。

熱気が凄いのね。

ケフラも気を高めて、孫悟空に挑戦していきます。
こちらも凄まじい気の膨れ上がりだ。

17号、18号も吹っ飛ばされそうです。

そして、戦闘開始。
ケフラの赤い気功砲をあっさりとかわす孫悟空。
スピードが圧倒しているな。

それにしてもパワーアップに相当な時間がかかっている。
というか描写がかかりすぎる。

孫悟空とケフラの攻防は孫悟空が圧倒している。

この戦いを見ていたベジータは頭で考える時間がかかっている
というウイスさんの言葉を思い出します。
これが身勝手の極意のヒントになるわけですね。

孫悟空とケフラの戦いはケフラの一方的な攻撃をかわしまくる孫悟空です。
そして、一撃でケフラを吹っ飛ばします。

ちょっとだけ孫悟空は身勝手の極意に慣れてきましたかね。

時間がかかっているわりには、
描写的に、物語的にはほぼ進展はありません。

今回の前半はほぼこのような感じ。

あ、ジレンが動き出しました。

孫悟空の攻撃を孫悟空は見切れませんね。
まったくかわせません。

しかし、ケフラもしぶといですね。

だが、ウイスさんによると体力が持たないのと、
やはり、まだ慣れていないらしい。
攻撃がうまくいっているようで、そうではないらしい。

ここで串田アキラ?による挿入曲が。
やっぱり串田アキラさんですか。
究極の聖戦という曲です。

ここでケフラも更なる気の高まりで赤い閃光を放って攻撃。

孫悟空はかめはめ波で対抗します。

かめはめ波でポタラを破壊されて、
カリフラとケールに分かれて場外に。

ああ、凄い戦闘だったな。
なかなか凄い強さだった。

第6宇宙はナメック星人2人、
サオネル、ピリナだけになった。

この戦闘が終わって、
孫悟空も疲労こんぱいです。

力の大会終了まであと17分。

今回はここで終了です。

今回の戦闘は描写はなかなかよかったのではないかな。
ケフラの技はちょっと雑っぽい感じもしたけど、
孫悟空の絵は透明感が凄くて綺麗だった。

ケフラと孫悟空の力の差はまだかなりあるようだけど、
もう2人とも超サイヤ人ブルーははるかに超えているようだ。
ケフラはポタラによる合体で、ちょっと単純な話では無いけど。

まだまだ、超サイヤ人ブルーよりも強い状態があることがよくわかった回だった。

次回は人造人間VS第2宇宙のリブリアン、カクンサの対戦。
これはちょっとどうでもいい回になるかもしれない。
17号、18号がリブリアン、カクンサと戦って、
強くなるとは思えないので。
この2人(17号、18号)も更なるパワーアップを期待したいのだけれども。
この回では無理そうだ。

Google翻訳による116話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 116
Signs of reversal!
A great explosion of selfishness!!

ドラゴンボールギャルズ 人造人間18号 Ver.III 完成品フィギュア
あみあみ 楽天市場店

スポンサーサイト

ドラゴンボール超 115話 悟空VSケフラ!超サイヤ人ブルー敗れる!? 感想

テレビ欄の予告には孫悟空は超サイヤ人ブルー界王拳でケフラと戦うようだけど、
そこまでのパワーアップをしているのかな?
ケフラは。
それはそれは、大幅なパワーアップになるな。
そこまでのレベルの戦士が現れるとは。
ちょっと意外な展開だ。

氷川きよしのキャラクターが今回の物語の紹介をしている。
似てるのか似ていないのかよくわからなかったけど。

今回もひたすら戦闘のようだ。
戦闘シーンは変わった技を使わないと、
打撃と蹴りばっかりだから、感想が書きにくいんだよな。
自分の語彙力の問題もあるのでしょうけど。

さっそくケフラに圧倒される超サイヤ人ゴッド孫悟空。

一方のケフラはさらに気が上がる。

一方的にやられまくってるな、孫悟空。

全王もポタラの使用はセーフのようだ。
全王が喜んでいるだけだけど。

ベジータVSトッポ、ピッコロ、孫悟飯VSナメック星人(サオネル、ピリナ)
も激しい戦闘だ。

界王神と破壊神たちは17号、18号をポタラで合体させようとしますが、
やっぱり取りやめです。
他の宇宙でもポタラによる合体を模索しようとします。

ポタラが壊れることもあるのか。
どこの宇宙だっけか?
第2宇宙か。
界王神ペルのポタラをラバンラとザーブトに渡しますが、
耳に付けようとしている間にケフラが突っ込んできて、
吹っ飛ばされます。
その衝撃でポタラが粉々に。
ポタラってこんなに脆いのか。
これはこれで予想外。
こんなに貧弱なものではだめでしょ。

18号は怪我をしているのか。
そこへ、第3宇宙のカトフスラ?が攻撃を仕掛けてきますが、
17号に助けられます。
何だか18号さんはあまりパワーアップしていないようですね。
やっぱり子育てで忙しいからあまり修行とかしていないですもんね。

そして、また孫悟空とケフラの戦闘。

あ、孫悟空は超サイヤ人ブルーに変身しました。
ここまで、かなり圧倒されてましたからね。
ここまで体力が回復しているのかな。

ここまで、ほぼ互角の戦闘です。

あれ?ベジータとトッポの対戦に切り替わりました。

あ、また孫悟空VSケフラ。
界王拳までだして、ケフラの攻撃を阻止します。

フリーザさんは相変わらず観戦ばっかりだ。

破壊神ビルスによると孫悟空は体力の消耗が激しいらしい。

うお?
超サイヤ人ブルー界王拳の孫悟空が圧倒し始めました。
うーん、タイトルとは違う状況だな。
まあ、でも、ケフラも立ち上がりますね。
攻撃はかなり効いているようですが。

ああ、やっぱり孫悟空は体力が完全には回復していないようだ。
もう限界が近づいている。
そして、かめはめ波をケフラにかわされて、
蹴りを食らいます。

孫悟空は通常の状態に戻ってしまいますね。
体力が回復していないのが原因か。

しかし、孫悟空は立ち上がります。

ケフラの攻撃を阻止します。

あれですよ。
孫悟空は身勝手の極意の状態になり始め、
ケフラの攻撃をことごとくかわします。

身勝手の極意の発動状態になりました。
これはウイスさんも予想外の展開です。

力の大会終了まで残り19分。

今回はここで終了です。
今回はケフラのパワーアップがどれほどのものなのか、
という物語のようだった。
結果は超サイヤ人ブルーとほぼ互角。
超サイヤ人ブルー界王拳だとちょっと圧倒されるレベル。
結果としては体力が完全には回復していない孫悟空には
勝てそうなレベルにはなりましたけど、
身勝手の極意が発動されるとさすがにレベルがかなり違うようですね。

次回は孫悟空の身勝手の極意がさらにパワーアップしたかのような状態
になるようです。
これはこれで楽しみ。
ケフラとはどれくらいの戦闘力の差が出るのか。
まあ、でもかなりの違いがあるでしょうね。
今回も孫悟空の状態が万全であれば、
ケフラももう戦える状態ではなくなりそうでしたからね。

次回で孫悟空VSケフラの決着がつきそうです。

Google翻訳による115話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 115
Goku VS VS Kefla! Super Saiyan Blue loses!?

ドラゴンボールギャルズ 人造人間18号 Ver.II 完成品フィギュア
あみあみ 楽天市場店

ドラゴンボール超 114話 鬼気せまる!新たな超戦士の爆誕!! 感想

今回はカリフラさんとケールがポタラで融合して孫悟空と戦うお話でしょうか。
前回の次回予告を見るとそのような内容の感じですが。
超サイヤ人の新しい進化というわけではなさそうです。

ケールは暴走しますかね?
もう制御できるのではないか?

あれ?
やっぱり暴走してますね。
完全には制御できないのか。
しかし、この状態にカリフラさんは喜びます。
やはり凄いサイヤ人の状態なわけですね。
大切な妹分です。

あ、ケールは元に戻りましたか。
暴走は止まり、気も上がって、制御できるようになりました。

2人のコンビネーションは楽しみですね。

孫悟空もこのコンビネーションには押され始めます。
しかし、太陽拳で応戦します。

カリフラの攻撃はかわしますが、ケールにはやられますね。

一方、フリーザさんは第3宇宙のカトフスラ?という選手と
戦おうとしますが、孫悟空とケールがぶつかってきます。

フリーザとカリフラさんが戦おうとしますが、
孫悟空に止められます。

あ、また第3宇宙の選手がやってきました。
ちょっとスピードモードに変身しました。
どっか移動しちゃったな。

カリフラさんとケールのコンビネーションはさらに激しさを増して、
孫悟空を追い詰めます。
なかなか、凄い戦闘だな。
孫悟空が劣勢です。

瞬間移動を使っても、通用しませんね。

そして、孫悟空は超サイヤ人ゴッドになります。
もう、ここまで体力が回復しているのか、
そうではないのか。

カリフラさんは押されますが、ケールは戦えるのかな?
孫悟空の気功砲もカリフラは追撃して成功しますが、
ケールには弾かれますね。

2人でも超サイヤ人ゴッドには通用しないようだな。
カリフラはもうふらふらだな。

カリフラさんは追い詰められて、ケールに話します。
大会前に預かったものを出せと。

孫悟空はかめはめ波で2人を場外に落とそうとしますが、
2人は反撃します。
というか、1人ですね。
ああ、これがケフラですか。
ポタラで合体した戦士です。

破壊神シャンパがカリフラとケールに与えたものです。
正確には界王神フウのお貸ししたものです。

あれ?
でも、これはルール上どうなのかな?
まあ、力の大会が続いているからいいのかもしれないけど。

孫悟空も気の上限が読めないようだ。

さっそく戦闘ですが、超サイヤ人ゴッドの戦闘力も
ケフラには通用してないようです。
スピードでまったく付いていけないようです。
そして、パワーも。

ここで今回は終了です。
新たな超戦士とはやっぱりポタラによる合体だったか。
ちょっと期待外れだけど、超戦士には変わりない。

次回は超サイヤ人ブルーに変身した孫悟空がケフラに
敗れるかもしれないということ。
まあ、そこまでのパワーアップがあっても不思議ではないのか。

どうなのかな?

まだまだ、孫悟空vsカリフラ、ケールの物語が続くようだ。

でも、もうちょっと別な展開もあったほうが面白いな。
孫悟飯とか、ピッコロさんとかがさらなるパワーアップをした方が
面白いと思うけどな。

Google翻訳による114話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 114
Desolation! New Super Warrior's Bomb!!

ドラゴンボール超 113話 嬉々として!戦闘狂サイヤ人バトル再び!! 感想

今回は孫悟空vs第6宇宙のサイヤ人カリフラさんのバトルです。
テレビ欄の内容紹介によると、カリフラさんの戦闘力が戦闘中に
どんどん上がっていくそうですね。
サイヤ人らしい特徴と言えば、特徴ですけど。
カリフラさんがどこまで短時間で強くなるのか、
超サイヤ人2から超サイヤ人3に変身するのか、
どのようになるのか楽しみです。

しかし、孫悟空も余裕がありますね。
そのうちに倒さなければいけない相手ではありますが。
ジレンとの再戦に向けて体力を温存した方がいいと思うのですが、
そうではないのですかね?

いよいよ孫悟空vsカリフラさんです。
カリフラさんは超サイヤ人3になる方法を知りたいわけですね。
孫悟空も徐々に超サイヤ人3になる予定です。

第7宇宙が7人も残っているので、
狙われているのですね。
数を減らすために。
シャンパもなかなか頭がいいのかも。

超サイヤ人のカリフラさんもノーマルの孫悟空に押されています。
戦闘の経験は孫悟空の方が圧倒的にありますからね。

しかし、戦闘になれはじめたカリフラさんも押し返します。
が、やはり、技の多い孫悟空にはやっぱり押されますね。
残像拳もかわせない。
カリフラさんは技のバリエーションが少ないのですね。

こういう戦闘も面白い。

第7宇宙のみなさんもカリフラさんの戦闘への順応性に
驚いていますね。

押され始めた孫悟空は超サイヤ人2に変身します。
あれ?
カリフラさんは超サイヤ人2でしたか。
変身した時はそうでしたが、
戦闘中は超サイヤ人に見えましたが。
見た目がね、変化がちょっとわかりにくい。
カリフラさんの場合。

両方、超サイヤ人2での激しい戦闘になりますが、
これでも互角ですかね。
まあ、孫悟空はまだ体力が完全に回復してませんけど。

両者ともに気を高めます。
そして、気功砲類の応酬と打撃での戦闘。

衝撃によって周りの舞台も破壊されていきます。

そして、傍で見ていたケールも戦闘に参加します。

ケールも超サイヤ人に変身します。

カリフラとケールのコンビネーションもなかなかいいね。
やっぱり、こういう戦闘シーンも面白いな。
技とスピード感もいい。

あ、戦闘中に孫悟空は超サイヤ人3に変身しました。
でも、体力がまだ戻っていないので、
すぐに変身をやめました。

あれ、この戦闘で強くなりたいと思ったケールは気を高めます。

気を高めたケールは暴走したのでしょうか?

今回はここで終了です。

力の大会終了まであと22分。

今回の孫悟空とカリフラさんの戦闘はなかなか面白かったです。
技とスピードの応酬で、戦闘の仕方の上手さが無いと
戦いには勝てないということですね。

次回はケールがさらなる超戦士に変身するらしいです。
超サイヤ人3なのか?
別の物なのか?

次回予告だと、ケールは見た目が
第7宇宙の界王神シンのような見た目になってますね。
スマートな感じというか、
サイヤ人っぽくないというか。

超サイヤ人3とは違ったタイプであれば、
もっと面白いかもしれないですね。
新しいタイプが登場するほうが個人的には楽しみです。

次回のケールの進化を楽しみにしていましょう。

しかし、よく次回予告を見直したら、
ケールではなく、カリフラさんの顔ですよね。
しかも、ポタラを耳に着けています。
うーんと、ポタラで合体したのでしょうか?
というか、ポタラはどこからもってきたのでしょうか?
第6宇宙の界王神フワのポタラと同じ緑色なので、
フワから受っとったのでしょうか?
でも、道具の使用はルール上は認められていない。
ただ、亀仙人が魔封波で使用した壺の例もあるので、
全王の裁量によるのか。

ポタラの使用での変化だったら、面白味はちょっと欠けるな。
ちょっと期待外れかもしれないです。

せっかく、サイヤ人の別な進化が見られると期待したのにな。

Google翻訳による113話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 113
Joyfully!Battle Frenzy Saiyan Battle Again!!

ドラゴンボール超 112話 サイヤ人の誓い!ベジータの覚悟!! 感想

今回はベジータとキャベのお話。
師弟関係にある2人ですが、力の大会の間に戦闘についての心得でも
教えるのでしょうか?

前回はヒットが場外になってしまったので、
第6宇宙も追い込まれてる感がありますね。

残り時間が半分になり、
孫悟空が狙われ始めます。

第3宇宙のロボットたちですかね。

孫悟飯とピッコロは第6宇宙のナメック星人たちと戦いますが、
思った以上に強い。
2人のナメック星人。
連携もしっかりとしている。
侮れない選手たちだ。

カリフラさんとケールはモンナに狙われます。

あれ?
キャベが参戦してきました。
ああ、2人の体力を温存させるためですか。

おお、キャベは超サイヤ人に変身してモンナを圧倒しますが、
モンナもまだまだ負けていません。
体を大きく膨らませて回転しながら攻撃します。
超サイヤ人よりも強いのか。

キャベは場外に吹っ飛ばされますが、
ベジータに助けられます。

ベジータいいやつになったな。

それにしても、超サイヤ人よりも戦闘力が強い選手が
まだまだいるのね。
これはこれで驚きです。

助けてもらったキャベですが、
ベジータに叱責されます。
惑星サダラに連れて行くという約束を守れと。
ベジータが優勝したら、第6宇宙の選手たちを生き返らせる
という意気込みですね。
ベジータにはこういった願いがあったのですね。

サイヤ人として悔いのない戦いをしろ。

再び、モンナvsキャベの戦闘です。
しかし、キャベの防戦一方。

ベジータをバカにされて、キャベは相当怒ってますね。
キャベは超サイヤ人2に変身しました。

モンナの攻撃にも反撃して、モンナを吹っ飛ばしました。
モンナは場外です。

やっぱりサイヤ人は逆境に強いですね。

ベジータにはトッポが立ち向かいます。
それぞれの宇宙2番手同士の戦いです。

そして、キャベにはフリーザが立ち向かいます。
でも、フリーザが圧倒してますね。

超サイヤ人2のキャベでもフリーザには圧倒されますね。

ゴールデンフリーザには勝てませんね。
キャベも場外になります。

フリーザは超ドラゴンボールを手に入れて神々を手玉に取る。
これがフリーザの目的。

そして、ベジータはまだトッポと対戦中。
孫悟空もロボットたちと交戦中。

ここでカリフラさんが助けに来ました。
しかし、孫悟空に対戦を挑んできました。
これはね、戦術的にどうなのか?

今回はここで終了です。
力の大会は残り23分。

今回はほとんどキャベのお話でした。
キャベがモンナに追い込まれて、
超サイヤ人2に変身し、パワーアップするという。
まあ、しかし、すぐにフリーザにやられてしまったので、
あまり意味無さそうですけど。

次回は孫悟空vsカリフラさんの対戦です。

今回はあまり内容は無かった気がします。
ちょっと、何とも言えない回だった。

Google翻訳による112話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 112
The Pledge of the Saiyan!Preparedness of vegetation!!