ドラゴンボール超 128話 気高い誇り最後まで!ベジータ散る!! 感想

2018平昌冬季オリンピックで男子フィギュアスケートシングルで羽生結弦選手が金メダル、
宇野昌磨選手が銀メダルを獲得しましたが、
ドラゴンボール超の力の大会の優勝者(金メダリスト?)ははたして誰になるのでしょうか。

今回はベジータがジレンと戦います。

あ、もうベジータは気が高まらないな。
ノーマルの状態でジレンに挑むのか。
これではどうやっても勝てない。

もうね、立つこともままならない。

ここでベジータの回想。
キャベとの出来事。
キャベとの約束とブルマとトランクスと家族の思い出。

このような回想があっても、
勝てないんだよな、ジレンには。
パワーアップにはつながるのだけど。

もう、ベジータは戦える状態ではない。
ひたすらに殴られます。

ベジータが勝てなくても、第7宇宙が勝てばそれでいい、
と言ってますが、勝てる感じでもないんですよね。

ベジータは武舞台の欠片にひっかかって、
何とかもちこたえます。

ブルマの声にも反応します。

物語の展開はほぼないのですが、
ベジータの孤軍奮闘です。

ファイナルフラッシュ、まだできるのか。
でもまったくジレンには変化が無いけど。
ここはいつもどおりです。

ベジータはジレンにふっとばされますが、
残りの気を孫悟空に与えます。

孫悟空は光の気に包まれて、立ちあることができました。
そして、超サイヤ人ブルーに変身します。

ああ、ベジータは脱落かな?
よくがんばったけど、これが今の限界だろうか。

やっぱり、ベジータ脱落。
クリリンに仙豆をもらってもとの状態に戻ります。

そして、孫悟空vsジレン。
こちらもいつもどおりでジレンが圧倒。
何回もくりかえしてる戦闘です。

それにしても力だけを信じるジレンは本当に
仲間を信じてはいないのかな?

さんざん殴られた孫悟空は仲間の声を聞いて、
そして、いろいろ思い出して、
身勝手の極意に変身します。

そして、ジレンに一撃を加えます。

これで互角かな。

ここで今回は終了です。

力の大会はあと2分。

今回はほぼベジータと孫悟空がジレンになぐられっぱなしの物語。
それと孫悟空の身勝手の極意が発動しただけ。
物語の展開としてはほぼなにもない。
感想もほとんどないな。

次回は身勝手の極意が極まるらしいので、
いままでよりもさらなるパワーアップが期待できる。
楽しみは次回の方が期待できそうだ。

Google翻訳による128話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 128
Noble pride until the end! Vegeta falls apart!!

ドラゴンボールギャルズ 人造人間18号 Ver.II 完成品フィギュア

スポンサーサイト

ドラゴンボール超 127話 迫りくる障壁!希望を託した最後のバリア!! 感想

いよいよ第11宇宙はジレンだけになりました。
ここからジレンが本気を出して戦うようです。

オレンジと赤い閃光につつまれるジレン。
桁外れの気が解放されます。

3人がかりの攻撃もジレンのスピードには敵わない。

打撃や気功砲でも、まったく通用しないようだ。

3人を圧倒するジレン。

相変わらずの凄まじい強さです。

17号の凄まじい気功砲がちょっと効きました。
傷を与えることができました。
これは凄い。
17号は自分も巻き込まれますが。

隙を作って、巨大な気を接近して直撃させれば、
ダメージを与えることができるようです。
これは意外と言えば意外。

ジレンの攻略法がちょっとだけわかりましたか。

でも、これで勝てるような気はしないんですけど。
そんなシンプルな攻略で何とかなる相手ではないイメージが
ずーとありますから。

ジレンは気を開放しても、あまり描写的には変化がありません。
だからパワーアップしているようには見えないのです。

やっぱり同じような展開にはならないようだ。
隙がなくなれば、ジレンは圧倒的に強い。

3人で気功砲類を放っても、跳ね返されてします。

気の巨大さはやはり桁違いだ。

ここでフリーザが隙をついて攻撃してきました。
でもノーマルの状態です。

ゴールデンフリーザになっても一撃も当てられません。
でも、まだ戦えるようだ。
逆上はしていますが、冷静に戦えば、
まだ戦えますね。

17号だけ一人立ち上がります。

ここで破壊神ベルモットが超ドラゴンボールで何を願うのか尋ねます。

家族でのクルーザー旅行。

そして、ジレンの願いとは。

ここでジレンの子供時代の回想です。
というかベルモットのお話です。

悪党を倒すために師匠について強さを追い求めるようになりました。

ジレン以外はみんなやられちゃったのか。

力の無い者は強者に従うしかなかったから、
力だけを追い求めるようになったのか。
まあ、それだけの世界ならそうなるかもしれないな。

強さこそ絶対。
これがジレン。

17号が一人バリアを張って、ジレンの攻撃を食い止めます。

孫悟空とベジータにもバリアを張ります。

家族でのクルーザー旅行は諦めたのか。

17号は爆風と光に包まれました。

で、17号はどこ行った?

あれ?消えちゃってもいいのか?

これは反則にはならないらしい。

ここで今回は終了です。

17号はもっと戦ってほしかったな。
消えちゃう必要はあったかな?

次回はベジータvsジレンか。

それにしてもジレンのいた場所は強さ以外は無いのか。
どこの宇宙もあまり変わらないのかもしれない。

今回はジレンの強さも際立ったけど、
孫悟空、ベジータ、17号もそこそこ戦えてるのが、
凄いと思えばいいのか、
それとも、力の差がありすぎると思えばいいのか、
よくわからない回だったな。

Google翻訳による127話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 127
The imminent barrier! The last barrier entrusted to hope!!

ドラゴンボール超 126話 神をも超えろ!ベジータ捨て身の一撃!! 感想

今回も引き続き、破壊神候補の力を存分に発揮するトッポvs17号、フリーザ。
そして、ジレンvs孫悟空、ベジータです。

フリーザもまだ戦うみたいですね。

前回に続き激戦の続きになります。

そう、このままでは勝てないな、17号。
トッポの猛攻撃にさらされます。

ひたすら、トッポの破壊の力での破壊だけ。

17号はがれきで足止めはできるみたいだけど。

しかし、トッポはがれきを破壊。

引き続き攻撃します。

さすがに連続攻撃には17号も疲弊してしまいますね。

しかし、フリーザもまだ生きてますね。

17号を助けにきました。

お、フリーザはトッポの動きを止めます。

でも、トッポには通用しません。

フリーザと17号は気功砲の連打で応戦しますが、
やっぱりこれは攻撃をちょっと防ぐ程度の効果しかない。

決定打が無いんだよな。

まあ、破壊の力は攻撃を無効にするわけだからしかたがない。

一方、ジレンと孫悟空とベジータの戦いの場所が
トッポ、17号、フリーザにせまってきて、
対戦相手が変わりました。

トッポvsベジータになってしまいました。

破壊の力はベジータのファイナルフラッシュでも止まらない。
まあ、当然と言えば当然ですけど。

うーん、これは戦い方が無いな。
攻撃をすべて無効にするわけですから。
どうやって勝つのだろうか?
方法があるのか?
さっぱりわからないな。

物語はひたすら激しい戦闘の応酬だけど。

ベジータも圧倒されますね。

全てを捨てて戦うトッポと守る物があるベジータ。

ベジータが何かを振り切りましたか。

ベジータがまたトッポを押しはじめます。

破壊の力もぶっ飛ばします。

あ、破壊の力を打つ前に攻撃をしているのか。

ベジータは気を高めて光球でふっとばそうとしているのかな。

魔人ブウと戦った時みたいなの。
で、そのシーンが出てきました。

トッポも巨大な破壊の力で応戦します。

なんと破壊の力を打ち破ります。
凄いなベジータ。
こんなことが出来るのか。

トッポは場外になりました。

これは凄すぎる。
場外に吹っ飛ばしたのか。

ベジータ凄すぎる。

ベジータは何とか立っている。
でも動けないのか。

17号もまだいる。

これでジレン一人になりましたが、
ジレンはいよいよ本気で戦うのでしょうか。
秘めた力を開放するって言ってますけど。

ここで今回は終了です。

今回はベジータが凄かったな。
ここまでパワーアップしていたか。
破壊の力も一応打ち破れるのはフリーザの戦いぶりでもわかってたけど、
相手まで圧倒するのは難しかった。
ベジータにはそれだけのパワーがあったのか。
こういう戦い方はちょっと予想してなかったな。

で、フリーザはどうなった?

次回は主に17号がジレンと戦うのか。
でも、孫悟空、ベジータも戦っているな。
でも、17号は主な相手のようだ。

Google翻訳による126話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 126
Beyond God! Vegeta thrown away a blow!!

ドラゴンボール超 125話 威風堂々!破壊神トッポ降臨!! 感想

今回は17号、フリーザvsトッポの戦闘がメインです。
トッポが破壊神になる、というちょっとよくわからない展開。
破壊神という強烈な表現を使用しているだけなのか。
それとも、本物の第11宇宙の破壊神になる(現破壊神ベルモッドと交代する)
ということなのか。
もしくは、ベルモッドが何かしらの破壊神の力を貸すということなのか。
どのような展開になるのか。
いずれにしても、トッポがさらなるパワーアップをするようです。

トッポが紫色の気に覆われて、体の表面に模様が現れた。
何だろうな、これは。
破壊神ベルモッドは「破壊神トッポの誕生だ」と言っているけれども。

まずは孫悟空、ベジータvsジレンから。
こちらはジレンが圧倒している。
これでもジレンが強いのか。

戦闘は変わり、トッポvs17号。
こちらも激しい戦闘だけど、こう着している。
17号は作戦どおりと言っている。

エネルギーが無限だから、トッポを足止めできればいいわけか。
そういう作戦なんだ。
しかし、トッポも頭がいい。
戦略的に戦っている。
一点集中しようとしている。

巨大な気功砲で決着しようとしたが、
17号もエネルギー弾で応戦です。
しかし、17号は押されますが、
そこで、フリーザが加勢に来ました。

フリーザがトッポの背中に攻撃します。
集中的な攻撃がかなり効いています。
トッポも疲弊してきましたか?

フリーザと17号の気功砲に挟まれてどうなりました?

トッポは何とか踏みとどまった。
場外にはならなかったが、かなりのダメージのようだ。

トッポはまだ立ち上がれるのか。

正義はいらない。
トッポが変貌します。

トッポの気は神の気に限りなく近いらしい。
界王神シンの言葉です。

トッポの目と体が紫に光り輝き、黄色い閃光を放ち、
体に模様が現れます。

この力はいったい、何でしょうかね?
破壊神ベルモッドは知っているようですけど。
謎の力だな。

本当に今までとはまったく様相が違います。

目がダーブラみたいだ。

フリーザの攻撃が効いてない。

フリーザの攻撃を破壊しているのか。

第11宇宙の破壊神候補だから破壊神の力を持っているのか。

破壊の力を飛ばしてきました。

フリーザがこの衝撃でどうなりましたか?

闘技場が破壊されましたが、どうなりました?

ふたたび、トッポと17号の対決です。

トッポに圧倒されている。

トッポは体に破壊の力でバリアを張っているので、
攻撃が通用しない。

これはどう戦えばいいのか?

闘技場が2つに割れた。

17号は無事だけど。

激しいトッポの力が激しい攻撃が繰り返される。

と、ここでフリーザが生きていました。
さすがフリーザ。
あれに耐えるのも凄い。

ただ、満身創痍です。

巨大な光球で攻撃します。

しかし、これも破壊されます。

トッポに場外にされそうになりますが、
17号になんとか助けられます。

17号も凄いな。
このトッポを目の前にしても、まだ計算して戦おうとしてる。

今回はここで終了です。
破壊神の力を持ったトッポは凄まじい戦士に変貌しました。
これはどう戦えばいいかわからないな。
強いというか、ある意味で魔法のような、特殊能力のような。
破壊の力は力の方向性がちょっと違いますよね。
単純なパワーやスピードでの格闘とはわけが違いますからね。
これに対抗する方法が基本的には無い気がします。
力の大会では場外にすれば勝ちなので、
まだ戦い方はあるのかもしれないですけど。

しかし、破壊神候補の修行をすれば、破壊の力を手に入れることができるのですか。
これはちょっと反則っぽい気がするのだけどな。
このあたりのメカニズム的なことの説明をしてほしいですね。
界王神、破壊神、天使さんあたりに。
そのうち、そのような説明があるのでしょうか?

今回の17号とトッポの戦闘は凄まじかった。

フリーザも頑張ったけど、気絶しちゃったからな。

フリーザはまだ生き残っていますから、
さらなるパワーアップがあるかもしれません。
手下と修行してゴールデンフリーザになることができましたから、
これだけの強敵と戦えば、さらなるパワーアップは当然と言えば当然。
力の大会の間にパワーアップができるのかどうかはわかりませんが、
しないほうがおかしい気がします。
まだ頑張れ、フリーザ。

次回はトッポとベジータが戦うのか。
これはこれで面白いな。

あ、それと闘技場、無の空間でしたか?
それが宇宙っぽい背景になりました。
こっちのほうが個人的に好きな風景ですね。

Google翻訳による125話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 125
stately! Demolition God Toppo advent!!

ドラゴンボール超 124話 疾風怒涛の猛襲!悟飯背水の陣!! 感想

今回は主に孫悟飯vsディスポの対戦のようですね。
フリーザも戦うのかもしれないですけど、
どういう展開なのか、孫悟飯がディスポの主な対戦相手のようです。

やっぱり、ディスポってそれなりに強力な戦士ですよね。
孫悟飯や通常のフリーザが苦戦をしているわけですから。

孫悟空、ベジータvsジレンはまだまだ続く。
猛攻をしかける2人だが、ジレンにはほとんど通用してない。
押してるようには見えるのだけど。

かめはめ波もファイナルフラッシュも効いていないのか。
ジレンもちょっとだけ顔が本気になったようだけど。
凄まじい赤い気を高めて元に戻ります。

そして、ディスポvsノーマルフリーザの対戦に移ります。
こちらは拮抗している。
ノーマルでも拮抗なのか?
ディスポの動きは直線的で読みやすいのか。

さらにスピードを上げたディスポに押され始めるフリーザ。
懸命に攻撃を防ぎますが、サークルフラッシュという動きを止める技で
追い詰められます。

フリーザはしっぽでディスポの攻撃をかわします。
まだ、余裕があったかな?
ここでフリーザはディスポに提案します。

協力する代わりに、第11宇宙が残ったら、
超ドラゴンボールで自分を復活させてほしいとお願いします。

ディスポは悪いやつとは交渉しないらしい。
正義感が強いな。

ここでフリーザはゴールデンフリーザに変身します。
やる気だしましたか、フリーザさん。

あれ?まだ孫悟飯は出てこないな。
先ほどの映像では孫悟飯とディスポが戦ってたけど。
これからなのか。

ということは、ゴールデンフリーザに変身しても、
ディスポとは戦わないのでは?
どのような展開で相手が孫悟飯になるのか。

うお?
ゴールデンフリーザがディスポのスピードを上回っています。
そして、パワーも。

ディスポが紫色の気を高めて、ゴールデンフリーザを圧倒します。
これは凄い。
スーパー最速モード。
これは予想外だ。
ディスポ、想像以上に強いじゃないか。

ゴールデンフリーザ相手にここまで戦えるのだから。

あ、場外に落とされそうになったフリーザに孫悟飯が加勢に来ます。
こういう展開だったか。

ゴールデンフリーザはまだまだ余裕のようだけど。

孫悟飯とフリーザの攻撃はディスポを捕えられない。
移動範囲を狭めてという作戦です。

フリーザが赤い気功砲で動きを止めます。
その間に孫悟飯が攻撃を仕掛けます。

この連携は素晴らしいな。
赤い光の檻は素晴らしい。

孫悟飯の攻撃が確実にディスポを捕えています。

攻撃を続けてましたが、ゴールデンフリーザがちょっと技が途切れてしまいました。
しかし、孫悟飯とディスポを一緒に場外にしました。
隙が出来たので反撃されそうでしたが、
孫悟飯が背後からディスポの動きを止めて、
ゴールデンフリーザが気功砲で2人とも場外にしました。
これはいい判断だと、場外にいたみんなに褒められます。
作戦としては良かったのではないかと。

力の大会終了まであと6分。

今回はここで終了です。
孫悟飯とゴールデンフリーザの連携攻撃はみごとでした。
体力はかなり消耗するようですけど、
ディスポと場外にしました。
ディスポの予想外の強さと2人の連携はみどころがありました。
孫悟飯が場外になったので、そこは残念ですかね。
さらなるパワーアップを期待していたのですが、
そのような機会はもうないですね。
もうちょっと、孫悟飯を見たかったです。

次回はトッポが破壊神になります。
というか強さが覚醒するようです。
17号、ゴールデンフリーザが対戦します。
こちらも楽しみですね。

Google翻訳による124話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 124
Shippuuden 's assault! Gohan back line team!!