ガンダムビルドファイターズトライ 4話 「Gミューズ」 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 4話 「Gミューズ」 感想



ギャン子(サザキ・カオルコ)が敗戦したことが各校で話題になっているですか。
そんなに影響力があるのか、ギャン子さん。
そんなにすごいファイターには見えなかったけどね。
万年1回戦負けの聖鳳学園ガンプラバトル部、ホシノ・フミナとさほど戦力的には変わらない気がしましたが。

そして、ラルさん(グフR35)とセカイ(ビルドバーニングガンダム)の練習試合かな。
ラルさんのグブ、ちょっとかっこいいな。

セカイの超絶技もラルさんにはまったく通用しないのか。
宇宙空間ではだめなのか?何故だ?
次元覇王流拳法は重力下でのみ通用するのか。
今はそんな能力しかないのね。

接近型のビルドバーニングガンダムと狙撃型のコウサカ・ユウマのライトニングガンダム
の間をとって、支援型のパワードジムカーディガンを改めるのですか。
何のガンプラがいいんでしょうね。

なかなかオールラウンダーといっても、結局ガンダムタイプが一番
いいんじゃないのかな。
ガンダムタイプが一番バランスがいい。

「Gミューズ」ってお店かな?MSの名前かと思ったけど、
違うのかな?

しかし、デートの意味すらしらないセカイ。
おかしいですよね。日本人ではないのか?
いや他の国、民族でも知っているはず。
おかしすぎるキャラクターだ。

後からついてくる、姉カミキ・ミライもおかしいですよ。
まあ、デートの保護者として母がついてくるという習慣の国が
どこかにありましたが。
南太平洋の島国のどこかでしたっけね。
何かのテレビ番組で見たことがあるような気がします。

「G-MUSE」。ショッピングモールのことか。
しかもそこにはRX78-2ガンダムが。
フジテレビのガンダム立像と同じか。
あれ、これテレビ東京の番組ですよね。

ショッピングモールというか、ガンダム関連専門のモールなのかな。
まあこういった規模の施設は日本にあるのだか・・・。

サカイ・ミナト。NZ-000クィン・マンサのプラモデル。
あれ何者ですか?
サカイミナトなんて苗字と名前で地名全部みたいなキャラクター。

ガンプラ、武者ゴッド丸を作って、実践ですか。

サカイ・ミナト。一瞬でガンプラ完成。そんな。

でセカイと実践。

高貴?ガンダム。

SDガンダム同士の対決もなかなか面白いかも。

ファイターとしてもすごいじゃないのか。サカイ・ミナト。
ガンプラの特性を知り尽くしている人物なのか。

変形したり、特殊技使ったり、すごいな。SDガンダム。
ガンプラバトルには向いているのかも。
普通のガンプラよりも。

まあ、SDガンダム自体が何でもアリの世界のような気もするし。
ガンプラにもそれが現れているのね。

ガンプラ心形流のサカイ・ミナト。有名人なのか。

今回はこれで終わり。

来週の次回にはデルタプラスのようなMSが出てましたね。
ちょっと楽しみ。
スポンサーサイト

ソードアートオンラインⅡ 16話 「巨人の王」 感想

ソードアートオンラインⅡ 16話 「巨人の王」 感想



このゲームはシナリオが自動生成されるのか。そんなシステムなのか。
難しいシステムだな。
自動生成と自動運営なので、何が起こるかもわからないのか。
このアニメはオンラインゲームが舞台なので、専門用語が多くて
PC系が好きな人には面白い設定なのかもしれない。
そうでない人には何が何だかわからない。
でもそうでない人はこのアニメには興味がないかもしれない。
だからいいのか。
PC系やゲーム関係が好きな人向けで。
かなり小難しい内容で。
それはそれでありか。

戦闘シーンはいつも通りの安定感です。
見ごたえがありますね。

もう7割?時間が過ぎているのか。
ではこの戦闘シーンは、相当進んでからの戦闘か?
小物モンスターのシーンは省略なのかな?
中ボスだけのようなのか。
他に敵はいないのか。
よくわからない。

戦闘シーン2。結構手こずるのだね。

そして、ラスボス。

と思いきや、妖精みたいな女性が。罠として?

罠だとわかっていても女性を助けるのか。
そんな短絡的なのか。
クラインは女が好きなのね。
割と珍しいタイプではないかもしれないけどさ。
あからさまに女好きそうで、ストーリーの展開としては鉄板なのか。
それもどうなのか。

しかもスリムの所に連れて行けと。
怪しい過ぎる展開なのか。

フレイア。女性の名前。
キャラクターの外観が似ているので、ちょっと時間が経つと誰だか忘れて
しまいそう。
ゲームによっても外観が変わるようだし、見た目が双子か姉妹のように
似ているし、特にリーファ、アスナなどはフレイアさんに近い外観だから
出来ればゲームによって変わらない方がありがたい。
どうしても似たり寄ったりの見た目になるようなので。

そして、ラスボス。

いきなり黄金の財宝がたくさん。
ラスボスの声が。

でっかい。巨人の王だけあって。大きさが違いすぎる。

フレイアは嫁候補だったのね。

リーファはどこかで聞いたことのある話なのかな。
どこかの国の神話かなにかか?
そういったシステムだからね。
知っている人がいてもおかしくはない。
どこの神話、伝記だろうか。
ファンタジー系の話ならどこにでもあるパターンなのかな。
詳しく知らないけど。
まあ、ありそうといえばありそうな気配。

そしてラスボスとの戦闘開始。

ガンダム Gのレコンギスタ 5話 「敵はキャピタル・アーミィ」 感想

ガンダム Gのレコンギスタ 5話 「敵はキャピタル・アーミィ」 感想



キャピタル・テリトリーは本当に宗教色が強すぎません?
何系の宗教なのかよくわかりませんが。
そんなに宗教を前面に出さなくてもいい気がしますが、
後々なにかストーリーに絡んでくるのでしょうかね?
「機動戦士Vガンダム」のザンスカール帝国もそれっぽかった雰囲気が。
マリア・ピァ・アーモニアを女王にして、
マリア主義の実践を唱えるガチ党と民衆で構成されるザンスカール。
あの雰囲気がちょっとだけしないでもない。

新型MSに仮面の男性が。パイロットか。
仮面はモニターとして機能しているのか。
現代のグラス型などの新型端末の流行でも取り入れて作っているのか?
このアニメ。
でもお祭りの屋台で売っているお面みたい。
デザインがかっこ悪すぎる。
何とかならないのか、このマスクのデザインは。
「Firefox(ファイアフォックス)最新版の新しいプライベートブラウジングウィンドウを開きます」
のマークに似てる。
今気が付いた。

アメリア海賊軍の女性のパイロット、ミック・ジャックの新型MS、ちょっとドムに似てる。
色と言い形と言い。

アメリア軍の勧誘を受けるなよ。ベルリ・ゼナム。

アメリア軍はもう宇宙に戻るのか。

今回はほとんど戦闘だけだな。あまり話の展開が進まないな。

Gアルケインは狙撃型だな。かなりの火力。
MSA-0011、S(スペリオル)ガンダムに似ている気がしてきた。
ちょっとだけね。
それとも、「機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル 天空の学校」
のMSS-008ル・シーニュの方が似ているのかな。
何だかこの系統のような気もしてきた。
設定は全然関係なさそうだけど。
何故だか、外観が似ている気がする。

マスクの新型MSエルフ・ブルック、変形して大型に、しかも全範囲に攻撃が可能のようだ。
この新型MSもデザインがよくわからないな。
何とも言えない生物のようだ。

Gセルフのコアファイター小さいな。
ちょっと驚き。
おもちゃみたいだ。
脱出ポッドがメインのようだから仕方がないのか。

しかも水の玉で攻撃。なんていう装備。

Gセルフに突っ込んで合体ドッキング。

マスクの新型MSエルフ・ブルの攻撃をビームサーベルを回転させて、防ぐ。
コックピットの外側に兵士がくっついているのに、
そんな戦い方していいのか?

しかもビームサーベルが伸びる。

マスクの新型MSエルフ・ブルックを撃退。

相変わらず超絶MSだな。いまだに装備がよくわからない。

今回はなかなかいい戦闘シーンだった。

メガファウナという戦艦?魚みたいだな。
もうちょっとデザインを何とかしたほうがいいかも。

次回は宇宙空間での戦闘ですか。

毎回戦闘が続きますが、話の展開が進展しているのかわからなくなりますね。

ガンダムビルドファイターズトライ 3話 「その名はギャン子」 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 3話 「その名はギャン子」 感想



カミキ・セカイは結構、和風の家に住んでいるのね。
昭和の香りがする日本家屋に。
そして、朝の登校のお迎えに。
セカイのお姉さん目当てに、コウサカ・ユウマも
一緒に登校と。
怪しすぎる。

コウサカ・ユウマのガンプラバトル部移籍があっさりと決定。
美人の副部長の存在であっさりなのか。

これでガンプラバトル部は正式に活動できるようになったのね。

ユウマは相当、過去のガンプラバトルがトラウマになっている。
あれは誰なのだろうね。対戦相手の人は。

チーム名もトライファイターズに決定。
で由来はなんなのだよ?

ホシノ・フミナとコウサカ・ユウマは相当なパイロットだけど、
カミキ・セカイは射撃が下手くそすぎるのだな。
まあ素人だからね。

グフR35。

ラルさんの年齢。

とてもじゃないが35歳には見えない。
福山雅治も40代なのに。
福山雅治よりも相当年上に見える。
まあ、機動戦士ガンダムのランバ・ラル大尉も35歳の設定ですけどね。

で、対戦相手が決まったのか。

聖オデッサ女子学園。すごい名前だ。
お嬢様学校の雰囲気だけど。

サザキ・カオルコ。ギャン子。
なんていうあだ名。
髪飾りがギャンのシールドか。
何というセンス。

R・ジャジャ?あのキャラ・スーンの機体ですか。
懐かしいですね。
まあギャンタイプだからいいのか。
でも、名前はR・ギャギャ。
それとガンダムタイプが2機。

ジェットストリームアタックができるのか。
笑った。

チームプレイがなかなかすごいのだな。
ギャン子のチーム。
でもトライファイターズも負けてない。

まあ連携というよりも、個別に考えながら戦っている様子。

セカイの空手技、じげんはおうりゅうはガンプラバトルと
セオリーを破壊する力があるな。
戦術も装備も圧倒するほどの力。
前作からそうなのだけど。
チームであることすら、無意味になってしまうほどだな。
これから先どう展開していくのか。

ギャン子がお弁当をカミキ・セカイに。
ギャン子は好きになってしまったのか。
結構単純な女の子ですね。

ソードアートオンライン2 15話 「湖の女王」 感想

ソードアートオンライン2 15話 「湖の女王」 感想



今回からファントム・バレット編とマザーズ・ロザリオ編の
間を描いた「キャリバー」編のアニメ版なのですね。

黄金の長剣エクスキャリバー、伝説のアイテムなのですかね。
世界樹の根っこにぶら下がっている。
もともと存在していたようだけど、発見されたのは初めてなのね。
ALOで新しい7人編成のパーティーを結成してアイテム探しをするのか。
キリト、アスナ(ユイ)、シリカ、リズベット、シノン、クライン、リーファ。
そして新オープニング。映像が綺麗ですね。
綺麗なディスプレイと風景が。

やっぱりゲームの風景って絵本のようで綺麗でいいですね。
まあ普段ゲームをやる時間はないので、アニメ映像で満足しておこう。

シノンさんも新パーティにすっかりなじんでいるようでなによりです。

脳筋ばっかりのパーティ。
そうなのね。

地下への長い階段を下りて、トンキーさんを呼び寄せて、
背中に乗って聖剣の所へ。

湖の女王ウルズ?巨大な女王が出現。
そういうイベントなのね。

下の世界のまた下にもう一つ世界があって2つでもめているのね。
そういった物語になっているのね。

黄金のりんごを手に入れるために3つの世界を掌握するのが
目的ね。スリムとかいう王様の目的。

結局、聖剣を奪取するのが最終目的か。

本当にファンタジーロールプレイングゲームですね。

「No More Time Machine」LiSA。

新エンディングもなかなか軽快な曲でいい。

ガンダム Gのレコンギスタ 4話 「カットシー乱舞」 感想

ガンダム Gのレコンギスタ 4話 「カットシー乱舞」 感想



やっぱり個人的には雰囲気が「機動戦士Vガンダム」に雰囲気が
似てる気がしますね。全体的に。

で、前回4人で逃亡。

アメリア海賊軍の拠点に戻ってきましたか。

クリム・ニックもなかなかいい人そうですね。
敵対しているのに。

アイーダさんもカーヒル大尉を失って相当のショックですね。
まだ立ち直っていない。

科学技術を進歩させてはならないというアグテックのタブーって
なんでしょうね。
何かの協定のようなものですかね?
そんな約束事があるので、宇宙世紀から相当な時間が経っているよう
ですが、そんなに生活スタイルは変わってい無さそうなのはそのためですかね。

何だかアメリア軍もまったりしてますね。
敵のベルリにも普通すぎる接し方だ。

ヘルメスの薔薇の設計図?

また新しい単語が。

GセルフはGアルケインに似ている。でもアメリア軍のもともとの
MSではないのか。
謎のMSなのか。

戦闘か。キャピタルアーミィと。

すごいなGセルフ。
何あれ。

ベルリ・ゼナムのペンダント?と反応して、超絶機能を発動。
サイコフレームみたいなのは。
フォトン・バッテリーの余剰エネルギーを放出する
システムの一環なのですかね?
まだまだ謎だらけの機体だ。
何なのこれ?

ビームサーベルは割と普通のビームサーベルだけど。

カットシーの教官もなかなかのMSパイロットなのか。

今日はなかなかいい戦闘シーンだった。
今までのガンダムとはちょっと違って、かなりの技量のパイロットが
最初から両軍にいるのがいいですね。
まあ今までもそれなりにいたのですが、だんだんと登場してくるようで、
最初から激しい技量の戦闘というのはあまり記憶にない。
忘れているだけかもしれませんが。
そういった意味では見ごたえのあるアニメになりそうだ。

アイーダさんもGセルフにあったペンダントを付けているのか。
では、そのペンダントがGセルフを機動させるアイテムなのかな?

今回は結構謎のキーワードが出てきましたか。
少しずつ登場するのですかね。

ますます楽しみになってきました。

ガンダムビルドファイターズトライ 2話 「結成!トライ・ファイターズ」 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 2話 「結成!トライ・ファイターズ」 感想



コウサカ・ユウマの戦闘シーンから。
うーん誰でしょうね?
対戦相手は聖闘士星矢Ωの刻の神サターンのような髪型と外観でしたが。

オープニングの曲にたくさんの登場人物がいましたが、まったく
誰だかわかりませんね。

で、転入生カミキ・セカイの登場。

そうか。中等部なのか。
前回も中学生でしたか。ちょっと設定を忘れてしまいました。

なぜ?ラルさんが、と思ったら学外者だがコーチに就任しているのか?
そんなにゆるくて大丈夫なのか。学校は。

部員2人か。部として成立してないのでは?通常は人数がそろわないと。

プラモ部に吸収合併されそうだが、同好会などなら自由じゃないのかな?

ホシノ・フミナも聖闘士星矢Ωの1級パラサイト、
武神光臨剣のガリアにちょっとだけ似ているかも。

で、いよいよプラモ部とバトル部の対戦。

ホビーハイザックはあっというまに撃破。
無謀すぎ。
てへ・ぺろぺろって「グラスリップ」の白崎百がやってませんでしたか?
オマージュですかね?

うーん。戦闘シーンもなかなかのもの。

プラモ部部長もかなりすごいんじゃないのかな。
なかなか戦闘もやり手だな。

あ、コウサカ・チナじゃないか。
前作の時代、数年前の状況ですか。

コウサカ・ユウマが寝返ったから3vs1じゃね。
さすがに部長も。

副部長も眼鏡をとったら美人なのか。
というかあんな部長の事が好きなのか。
それがすごい。

セカイのお姉さんに見とれて入部なのか。
なんていう展開。

ガンダム Gのレコンギスタ 3話「モンテーロの圧力」 感想

ガンダム Gのレコンギスタ 3話「モンテーロの圧力」 感想



3話目。それにしてもオープニングの曲がちょっとダサい気がする。あと
絵もいまいちな感じがする。

Gセルフのバッグパック?赤い翼がついてるの邪魔だな。
大気圏内はあれが無いとだめなのか。

なんだ。アメリア軍の若いパイロット、クリム・ニックが出撃するのか。
青いMSモンテーロ。

アイーダさん、奪還任務。

ちょっとこの世界の設定が細かくてまだよくつかめないな。

うお。モンテーロっていう青いMS、コックピットシートの座席に
トイレが付いてるのか。
ちょっと便利。

アメリア軍の白いノーマルスーツかっこいいな。

MS戦。ビームの鞭みたいな武器がすごいな。
ビームワイヤーというのね。

でも、カットシーに撃墜されたのかな?そんなにすごくないのか?_

でも成功か。アイーダさん奪還は。

4人はどうなるのだろうか。
Gセルフの。

よくわからない展開ですね。

クリム・ニックはアメリア大統領の息子で、アイーダさんは姫様なのか。
アメリアはどういった統治機構なのか?
まだ3話目ではさっぱりわからないな。
設定も細かいし。
宇宙世紀の続編ですが、設定が変わりすぎて。

ちょっとエンディングの曲「Gの閃光」が面白くなってきました。
最初はダサく感じましたが。
「つかめプライド つかめサクセス 元気のGは始まりのG Gのレコンギスタ」
ここがいい感じですね。

まだまだ物語の展開がよくわかりませんが、だんだんハマりそうな
雰囲気も出てきました。

ソードアートオンライン2 14.5話 「Debriefing」 感想

ソードアートオンライン2 14.5話 「Debriefing」 感想



今回は総集編?らしい。
ソードアートオンライン2の今までの総集編をシノンの目線から。
シノンの出来事は一段落だからですか。
今回は特に感想はないが、エンディングはあいかわらずいい曲。
「Startear」春奈るな。

ガンダムビルドファイターズトライ 1話 「風を呼ぶ少年」感想

ガンダムビルドファイターズトライ 1話 「風を呼ぶ少年」



いきなり女の子、ホシノ・フミナのジム系のMSが出撃。
いきなり大量のMSの戦闘シーン。
前回もそうだったけど、MSの戦闘シーンはかなりいいんですよね。
ガンダムビルドファイターズ。
ストーリーはいまいちなのだけど、戦闘シーンだけはすごく
みどころがあるね。

武者ガンダム?巨大なMSにやられてしまったけど。

男の子も現れましたね。カミキ・セカイというのですか。
声が前回のレイジと同じ気がしますが。

コウサカ・ユウマもガンプラバトルやっていたのね。
興味なくなったみたいだけど。
コウサカ・チナの弟さんですか。

もう前作から7年後なのか。

カミキ・ミライ。お姉さんですか。先ほど写真に写ってましたけど。

カミキ・セカイは転入生ですか。

ガンプラ知らないのか。空手ばかりやっているからか。
転入してきて、いきなりガンプラバトル部にスカウトか。

椅子に縛り付けられて、ガンプラバトル観戦を強制的に
やらされるのか。すごい部長だ。

パワード・ジム・カーディガンというのか。ホシノ・フミカのMS。
見た目はちょっと地味だけど、かなりの性能だな。

セイとレイジのトロフィーになんでドムのプラモデルが
入っているのか?
何でしょうね?

なんとか部の部長はストーカーですか。
プラモ部部長か。

あ、ラルさんが登場。何しに?

ストーカー部長、ガンプラバトル強いじゃないの。

セカイは空手で勝負ですか。こちらの方がうまく使えるからか。
しかもちょっとニュータイプっぽい反応してるね。
まあアニメの主人公ですから当然と言えば、当然なのか。

あれ、コウサカ・ユウマもガンダムタイプで参戦。
何故だ?

こっちもすごいな。強力だな。

ドムがやられちゃいましたね。
しかもその中からガンダムが登場。
どうやってドムの中に包み込むのよ?

前回のガンダムをまた使用するのか。

でもお姉さんに止められて、次回へ。

今回は最初から強力なMSばかりが登場でこれ以上強力なMSに
変化するのだろうか。
前回の最後で超絶すぎるMSになっているのに。

あいかわらず戦闘シーンはとても楽しめるので、
そこだけは楽しみです。