機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1 青い瞳のキャスバル

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1 青い瞳のキャスバル」
の会見イベントとふなっしー



「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1 青い瞳のキャスバル」
は映画なのか。
28日から公開らしいけど、「機動戦士ガンダムUC」のように
DVD、BD販売ではないのか。
そうかと思っていた。
最近、情報に接していなかったのでわからなかったです。
映画では同時に初回BDを販売するのですか。
DVDも?
映画を見れない人用に2015年4月24日(金)から通常発売のようですね。

うーん、さすがに映画を見に行く暇はないので、
通常発売の方を見ようかな。
迷ってるけど。
それともレンタル待ちにしようかな。

ところで昨日の東京、アキバシアターで行われた会見イベント
にはふなっしーがシャア専用をイメージして
赤い色で登場してましたね。
ブッシャー・アズナブル。
機体番号は「FBC(船橋市)-274(ふなっしー)A(赤い)」。
ふなっしーの新しいファッションかと思ったのだけど、
違いましたね。
機体仕様なのですね。
いろんなカラーリングのファッションができるのかと思ったのだけど。

キャスバル・レム・ダイクンの妹アルテイシア・ソム・ダイクンを
演じた声優、潘めぐみさんとシャア大佐のものまねで知られるぬまっちさんが
シャア大佐のコスプレで登場して、ふなっしーと絡んでましか。

あとから明太子がどうのこうのって言ってましたけど、
本当に明太子のような外観だったな。
梨の妖精ではなく、明太子の妖精ですか。

そして、ふなっしーも子供の頃、ガンプラを作っていたとか。

年齢がばれてしまいますね、中の人?

40歳前後くらいの年齢なのでしょうか?

「最初に作ったガンプラはアッガイ」。

完全にガンダム世代、30代~40代でしょ。

ふなっしー本人も認めてたけどさ。

YouTubeの映像にも出てましたけど、MS06S、
シャア専用ザクⅡがとても鮮やかな色合いで
かっこいいですね。
3DCG?で描かれているとちょっと画像の再生スピードが速いのか
MSの動きがものすごく速いのでちょっと見にくい部分がありますが、
MS自体はとてもかっこいいですね。

なんだ、公式サイトで冒頭7分見れるようになっているじゃないか。

冒頭の地球の映像と艦隊戦がすごく綺麗だな。
ムサイの動きが速い。
ドズル・ザビ中将はちょっと若返ってる?

そして、シャア専用ザクⅡがすごいスピードで登場。
やはり動きがすごい速い。
こんなに早く動けるのか、ザク。

黒い三連星もすごいスピードだな。
ドムの時よりもすさまじい攻撃力じゃないのか?
このザクはMS06R1Aではない?
ちょっと映像が速すぎるので、よく確認できませんでした。
昔、プラモデルで作った、MSV(モビルスーツバリエーション)
もガンプラモデルの機体かな?
ウィキペディアによると、MS06Cにも搭乗していたとあるので、
そちらかな?
やはり映像の動きが速すぎて、MSの判別が難しいな。
でもよく見たらやっぱりMS06R1Aじゃないかな。
じっくり見たらたぶんそうですよね。
この機体好きなんですよね。
昔何度もプラモデル買い直したのですよね。
壊れてしまうので。
それでまた作り直してと。

「機動戦士ガンダム」のモビルスーツは動きが遅いというか、
じっくり動くのもMSの動作の見どころなんですよね。
最初のガンダムはそういった描写だったので、
今回のアニメは時系列では同じなのですが、
MSの動くがすごく速いので、ちょっと違和感がありますね。

まあ、さすがにアニメですので、当時と同じ作り方というわけには
いかないでしょうけど、描写ももうちょっと当時と近いと
時系列的にも違和感がないかもしれないですね。

ザク系のMSのスピードが凄まじいとなると、今後のジオン公国軍の
MSはどれほどのスピードで動くのか。
逆に気になってしまいますね。

そして、子供の時の話。

ジオン・ズム・ダイクンとアストライア・トア・ダイクンの会話から。
何で磔なんだろうな?
事情がよくわからないけどな。

アルテイシアの飼っている黒猫がとても可愛いな。
宮崎駿監督のスタジオジブリ作品に出てくるキャラクターのような反応だ。

で、ジオン・ズム・ダイクンは病気になって。

アルテイシアの顔が・・・すごい顔だな。
後のセイラ・マスとは思えない顔だ。
おまんじゅうのようだ。

ここで、冒頭7分は終了ですか。

もっと見たかったな。

で、ふなっしーも大変だな。
いろんなイベントや番組にひっぱりだこで。
まあ面白いからいいけどね。


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1 青い瞳のキャスバル
の関連商品の価格と詳細情報などはこちらから


スポンサーサイト

ガンダムGのレコンギスタ 21話 海の重さ 感想

ガンダムGのレコンギスタ 21話 海の重さ 感想



今回はビーナス・グロゥブの一部、シー・デスクからですか。
何だかジャイオーンは上空からみるとちょっと機体のバランスが
悪いんじゃないかな?
肩、背部についてるシールドが大きすぎて
全体のバランスがいまいちのような気がする。

海の部分に突入した、Gセルフとジャイオーンの戦闘。
海に穴をあけ、後悔するキア・ムベッキ。
やはり戦い方が下手くそすぎる。
パイロットとしての技術はなかなかだけど、
戦術がいまいちすぎる。

G系MS同士の激しいMS戦がいいな。
チッカラ・デュアル搭乗のジャスティマも戦闘に加わって、いい感じだな。
こっちの方が高性能っぽい。
肩の部分の拡散メガ粒子砲みたいなのもいいな。

ロールパンってジャスティマのこと?
メガファウナの人たちが盛んに呼んでるけど。

クレッセント・シップの艦長の頭の上は手品グッズ?
で脅されていたのね。

いよいよメガファウナも
ビーナス・グロゥブ内部に入るのかな。
ロザリオ・テンに入港。

うお。ズゴック系っぽいMSのパイロット、おねえなのか。
リーゼントの緑色の髪の毛の人、ローゼンタール・コバシというのか。
MSはズゴッギー。
やっぱり名前がね、ズゴック系なのね。

それとコンキュデベヌス、MAらしいけど、もう巡洋艦のようだな。
そんな規模だ。

Gセルフは海上でもジャスティマを圧倒できるのか。
もしくわジャスティマの方が海上むきではないのかな。
格闘にも意外と弱いな。

一方、ロザリオ・テンに入港した部隊は本物の地球に似た
光景に驚く。

メガファウナ部隊もズゴッギーやジャスティマと応戦。
なかなか善戦してるな。
想像以上に。

ロザリオ・テンに潜入した、マニィとノレドは大丈夫なのか。
生身で潜入してさ。

Gルシファーを発見。
なかなかの名前だ。

コンキュデベヌスで海の底の穴をふさぐために。
キア・ムベッキは自分の失態をカバーするだけでなく、
ロザリオ・テンの一般市民も守るために。
この戦略だけは立派だ。
ジロッドのクン・スーンも助けに入るけど、
あまり役には立たなかったな。
脱出ポッドで脱出。

Gルシファーをもらってきちゃったのか。
マニィとノレド。
ユニバーサル規格だから比較的誰でも操縦できるのね。
動かすだけならだろうけど。

ああ、まだここはロザリオ・テンにじゃないのね。

薔薇。薔薇がありますね。
ヘルメス財団の証ですかね。
まあそうなのでしょうね。

そして、ロザリオ・テンへ。
ラ・グー総裁が登場。
中世ヨーロッパの貴族のようだ。
VガンダムからターンAガンダムに雰囲気が近くなって
きましたかね。

そしてお食事会。
ラ・グー総裁の管理不行き届きの責任で。
ムタチオン?人間の突然変異?

ラ・グー総裁は200歳に届かない?
100歳以上か。
人間の突然変異がビーナス・グロゥブではもうだいぶ
前から起こっているのかな。

次回は地球にもう戻るのですか?
ビーナス・グロゥブでの活動が少なすぎませんか?
展開が急に速くなってきましたが、
もうちょっとビーナス・グロゥブの状況が知りたいですね。

ガンダムビルドファイターズトライ 19話 運命の再会 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 19話 運命の再会 感想



コウサカ・ユウマが公園でヤンキーに囲まれて、
ビルドバーニングガンダムの予備パーツを奪われようとしている。
心が強くなったユウマはヤンキーたちに抵抗したところ、
カミキ・セカイとホシノ・フミナが現れる。

そしてカミキ・ミライとラルさんも登場。
またメイジンカワグチとレディカワグチも登場。

そして首謀者、イノセ・ジュンヤも。
カミキ・ミライもジュンヤを知っているのか。

天山学園チーム、タイタンの補欠メンバー。
何故に補欠かと思ったら、問題児だからか。

ジュン兄。
ただの通りすがりの人。
次元覇王流拳法の技が欲しかっただけで。

昔のイノセ・ジュンヤは3つ子のような見た目だな。
好青年のようだけどね。
今とはまったく違う。

あら今も髪型は変わっていないのね。
そしてひたすら強さを求めるためなのね。

スガ・アキラも登場。
観戦にきたのね。

カミキ・セカイにあって、イノセ・ジュンヤに無いものとは?
スガ・アキラが体感したものは何なのか?
アッシムレイトか?

イオリ・セイに託されたビルドバーニングの予備パーツ。
何か秘密があるのかな?
特別なチェーンアップとか?

そして、準々決勝。
サカイ・ミナトの天大寺学園チーム、ビルドバスターズ
も勝ち上がり、ガンプラ学園も勝ち上がり、
準々決勝でも圧倒してる。

そして第3試合。
天山学園チーム、タイタンとのバトル。
フィールドはギアナ高地?

3つに分かれて戦うのか。
カミキ・セカイとイノセ・ジュンヤを1対1で戦わせる
ために。

ディナイアルガンダム?
結構見た目がいいな。
格闘向けのガンプラかな。

両者とも次元覇王流拳法の応酬でバトルですか。
まあ当然ですか。
そのための闘いでもあるわけですからね。

スターウイニングガンダムも圧倒してるな。

ライトニングガンダムフルバーニアンも割と余裕で相手を破壊。

次元覇王流拳法でイノセ・ジュンヤがセカイを圧倒。
それに合気道と他の格闘技の技も習得しているのか。
ついでにボクシングの技、中国武術八極拳もマスター。

相当な使い手なのだな。
格闘技マニアかもしれないな。

そしてカミキ・セカイのアッシムレイト。

今回はあまり展開が無かったな。
そんなに延ばさなくてもいいじゃないか。
準決勝でも相手があまり強くないし。

あれ、イノセ・ジュンヤにもアッシムレイトがあるのか。
そして後ろから羽が生えた。
羽根じゃないか?髪の毛か?

ガンダムGのレコンギスタ 20話 フレームのある宇宙 感想

ガンダムGのレコンギスタ 20話 フレームのある宇宙 感想



ジット団にGセルフを回収されちゃってるのかな?
デスク状の円盤に水深150mと3000mの山があるのか?
ビーナス・グロゥブの構造なのか。
いや、シー・デスクか。
すごい構造物だね。
ロザリオ・テンとういのは本部かな?
ラ・グー総裁がいるところらしいので。
このビーナス・グロゥブというのは今までにないコロニー群ですね。
時代もだいぶ違うからあれですけど、
ガンダムの中では変わったコロニー群です。
しかも金星圏。
ちょっと暑すぎやしませんかね?
太陽に近いわけですから。
よく住めますよね。
そんなところに。

メガファウナはジット団の本拠地に向かうのか。
敵の懐に入れば、攻撃は仕掛けられないからね。
なかなか作戦がいいね。
石田三成が徳川家康のお世話になった作戦と同じか。

メガファウナのMSデッキはいつも忙しいな。
会話のやりとりばかりだけどさ。

ジット団とビーナス・グロゥブのMS隊が戦闘。
なかなかのMS戦だったけど。

そしてメガファウナのMSとジット団のMS戦。
Gセルフの回収もすんだな。

ファンネル使いじゃないか。ジット団のMAジロッド。
バイトビットっていうのか。

ジャスティマというMSもなかなかの機動性ですね。

ジロッドの攻撃を一撃で破壊するラライヤさん搭乗のネオドゥ。
ちょっとニュータイプっぽい反応だ。
なかなかすごいぞ、ラライヤさん。

Gセルフも戦闘に参戦か。

ビーナス・グロゥブの中ではビーム戦はできないのね。
まあ本拠地壊れちゃいますからね。

ジット団は戦力を使って地球人と戦おうとしている組織なのね。
とても好戦的というのか。
とにかく何でも戦闘で解決みたいな組織のようだ。

ジット団のMSジャイオーンはすごい見た目だな。
昆虫のようだけど、複数のビームサーベルがすごい。
それでもGセルフの機動性には勝てないのか。

ジャスティマもすごいな機動性が。
これが一番手ごわいのかもしれないな。
Gセルフに性能が近いかも。
このパイロットが一番すごそうだな。
チッカラ・デュアル。
しかも女性。

ジロッドのパイロットも女性だけどこっちは結構普通かも。
クン・スーン。

ジャイオーンは破壊力はすごいですが、
パイロットの技量がいまいちかも。
攻撃がちょっと雑ですよね。
戦術的にいまいち。

あーあ、海の底を攻撃してしまった。
ちょっと頭がいまいちだよね。
この隊長さん、キア・ムベッキ。
戦闘が下手くそというか、自分の本拠地の部分を破壊しまくりで
だめでしょう。
見境が無いみたいなことをベルリに言われちゃってるけど、
まさにそんな感じの隊長さん。
MSの操縦もそんなにすごくなさそう。
MSの性能がすごいだけで。

中に入っちゃったよ。
Gセルフ。

次回は水中戦なのか。
それはそれでどーなのでしょうね。
Gセルフは水中戦得意なのかな?

今回の戦闘シーンはなかなかG系MS同士の戦闘だったので
見ごたえがあったな。
やはり性能の高いMS同士のMS戦は面白いな。

ガンダムビルドファイターズトライ 18話 スナイバル・ドラゴ・ギラ 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 18話 スナイバル・ドラゴ・ギラ 感想



ガンプラ学園に不合格になったトシヤの憎しみが原因なのね。
ガンプラ作りが上手いトシヤだったのに。
でも学校に不合格になって恨むっていうのは普通にあるのかな。

グラナダ学園っていうのも第3シードで強そうだね。
カミキ・ミライがインタビューをしていたけどね。
ラルさん有名人だな。
グラナダ学園の監督ともお知り合いか。

さて統立学園のスナイバル・ドラゴ・ギラが活動開始です。
最初の攻撃も龍の口から攻撃。
凄まじい破壊力だな。
トライファイターズの攻撃も粒子シールドで簡単に防ぐ。
攻守がしっかりとしたMAなのね。

そして粒子の縛り紐みたいなものでトライファイターズの
ガンプラを足止め。
多彩な攻撃もできるようだ。

トライバーニングガンダムが突破口を開こうとして
蒼天紅蓮拳を上部の壁に打ち込むが、
スナイバル・ドラゴ・ギラの攻撃に狙われるけど、
粒子シールドの展開とスターウイニングガンダムのガンビット
で攻撃を防ぐ。
このあたりは連携がとてもうまくいっているね。
トライファイターズも連携の完成度が増しているようですね。

そして脱出成功。

脱出した穴に一斉攻撃でスナイバル・ドラゴ・ギラを
封じ込める作戦を展開。

しかし、あっさり復活。
あたりまえか。
石で閉じ込めるくらいじゃね。

続いて、トライバーニングガンダムの流星螺旋拳の攻撃も通じず。

追いつめられるが、トライバーニングガンダムが立ち上がる。

アッシムレイトの反動がすごいらしいけど、
アッシムレイトは相手の心も理解できるのか?

バーニングバーストで鳳翼天翔。
そしてスナイバル・ドラゴ・ギラを半壊です。

スターウイニングガンダムがリアルモードに変形した?
そんなバージョンがあるのか?
そんな設定があったのか。
ちょっと忘れていた、というか、わからなかった。

ウイニングビームを放って、さらにスナイバル・ドラゴ・ギラを追い込む。
何かすごい機体だな。
性能がすごいことになっているね。

そして、ライトニングガンダムフルバーニアンの一撃でさらに追い込む。

最後はスターウイニングガンダムSDモードの一撃で撃破。

聖鳳学園チームトライファイターズが統立学園チームSD-Rに勝利です。

鳳翼天翔は奥義なのか?

キジマ・ウィルフリッドがガンプラ学園に入学できなかったトシヤに
対戦したかったと思いを告げる。
ガンプラを嫌いにならないでほしいと。
トシヤはやっぱり好きなのね。
素直でいい子じゃないか。
3つ子全員。

で、カミキ・セカイは医務室へ。
さすがに体が持たないですか。
1回の対戦でここまで消耗するのか。
これから上位戦は大変だな。
過酷すぎる。

医務室へキジマ・シアが訪れる。
キジマ・シアもホシノ・フミナとの対戦を楽しみにしているようだ。
で、レディカワグチが聞き耳を立てているのか。

コウサカ・ユウマのところへ姉さんから電話。
ちょっと日本へ。

イオリ・セイからの贈り物。

コウサカ・チナ、背丈が伸びたね。

ビルドバーニングはレイジ用に作ったものだからね。

レイジとカミキ・セカイは戦い方が似ている?
そうかなぁ?
熱い気持ちは似ているけど。

ビルドバーニングは君のガンプラ。
いつかガンプラバトルをやろうか。
イオリ・セイに完全に認められているのね。
まあバトル自体はすごいからね。

で、いま何やってるの?イオリ・セイ。

帰り道にヤンキーに囲まれる、コウサカ・ユウマ。
天山学園チームイノセ・ジュンヤの手下の人たちか。
いろいろと人間的に難がある人物ですね。

次回予告でジュン兄と呼んでいるから昔からの知り合いというか
兄弟子なのかな。
まあ来週わかるでしょうけどね。

ガンダムGのレコンギスタ 19話 ビーナス・グロゥブの一団 感想

ガンダムGのレコンギスタ 19話 ビーナス・グロゥブの一団 感想



またカントリー調のBGMから始まる今回。
ガンダムGのレコンギスタはこの音楽とても好きだね。
そしてなぜかクレッセント・シップの艦内でマラソン?ジョギング?
体力低下を防ぐためのトレーニングですか?
宇宙線の被ばく対策と体内の老廃物除去のため?
体力低下のためではないのね。
ビーナス・グロゥブに入国するため?
入国にトレーニングが必要なのか。
そしてシャワーに入るのにおじさんが裸でうろうろはまずいでしょ。
スカッシュまでやるの?
東京オリンピックがあるから?
関係ないか。
クレッセント・シップの艦内って結構見た目が地味というか、
年代物の雰囲気も感じる艦内のデザインですね。
もうちょっと新しい雰囲気かと思ったのだけど。

で、船外の作業。
ボンベで何の作業ですか?
メガファウナに取り付けているのですか?
ビームシールドに弾かれて宇宙線が光るのか。
オーロラと同じ原理で綺麗なのか。
映像でもちょっと綺麗だけど。

メガファウナの艦内ではGセルフのメンテナンス。
レイハントン家の意志はGセルフの保護とレイハントン家の人間の
保護に技術を注いでいるのですね。

クレッセント・シップの艦長エル・カインドの艦内放送。
とても穏やかな口調だな。
流星を狙撃するためのビームの発射。

そしてビーナス・グロゥブの登場。
と何やら一部隊の登場。

ビーナス・グロゥブは全体がフォトン・バッテリーなのね。
生産工場というよりは。
まだ全体は完成してないのね。
建造中?
人類を永遠に生き延びさせるため?

人類のエネルギー論ですか。

でこの一団はクレッセント・シップを乗っ取って何をしようとしているのですかね。

オーシャン・リングは居住区ですかね。
ビーナス・グロゥブの上にあるらしいけど。

ジット団?
お出迎えのG系MS。
とMAも。
何者なのかな。
ジャイオーン、ジャスティマ、ジロッド、リジットっていうMSとMAなのか。
なかなか個性的な外観でちょっといいかもしれない。

ジット・ラボラトリィ?
また何の組織だ?
キア・ムベッキはジット・ラボラトリィの技術保全局長か。
何だか正規の人の雰囲気が何もないけどな。
海賊みたいで。

フラミニア・カッレ先生が裏切りですかね。
内通者か。

で、Gセルフの略奪が目的なのか。

トワサンガのハザム政権から地球人の処分を任された部隊なのね。

今回はビーナス・グロゥブやヘルメスの薔薇の設計図など
技術論やエネルギー論が多かった回ですね。
まあ詳細な設定はまだまだ理解できない状態ですが、
過去の宇宙世紀からの地球と宇宙の状態があまり変化していなさそう
な雰囲気を感じますね。
1000年から2000年くらいたっているのに、技術全体が
封印されているためにあまり人類の生存に対しての
変革は思ったほど進んでいないような雰囲気を感じ取れる回でした。

ガンダムビルドファイターズトライ 17話 亡霊城の罠 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 17話 亡霊城の罠 感想



キジマ・シアとカミキ・セカイの会話から始まる今回。
キジマ・シアはガンプラの美しさに興味があるようですね。
直したくてしょうがないようだ。
そしてガンプラバトルも強敵が好きらしい。
それを覗き見しているホシノ・フミナ。
勘違いしている。
この子は勘違いが激しいな。
いろいろとね。

そしてギャン子も登場。
こちらはもっと嫉妬深い。
ストーカーっぽいキャラクター。
「第一種戦闘配置」ってそこまでね。
単なる普通の会話なのに。

そこにまた3つ子が登場。
新潟県代表統立学園チームSDR。
挑戦的ですが。
キジマ・シアとギャン子がその挑戦を振り払う。
というか意味不明。
チームトライファイターズじゃないのにね。
まあギャン子はサポートしてくれた仲間だけど。

そしてトライファイターズのミーティング。
ラルさんとのミーティング。
統立学園チームSDRはSDガンダムが主体なのだね。
そして、戦場をコントロールして戦うタイプ。
前にもいたね。
このタイプの闘い方の人。
都立成練高専科学部チームSRSCと同じタイプ。
でもさらに強敵のようだ。
全国大会だからあたりまえか。

一方、統立学園の3つ子もトライファイターズの
MSの徹底分析をしている。
頭脳的なチームなのだね。
解析が大好きなのだね。
やはりカミキ・セカイのアッシム・レイトを警戒している。
「ファイターによるトランザム・システム」っていうのね。
カミキ・セカイの鳳翼天翔をとても警戒している。

そしていよいよ2回戦、チームトライファイターズvs統立学園チームSDR。
戦場はどこだろうか?
森?原野?荒野?
そんな場所だな。
でもお城がある。
中世ヨーロッパにあるようなお城ですね。

お城の中で勝負ですか?
近接戦闘はカミキ・セカイのトライバーニングガンダム以外はそんなに
得意ではないですよね。
そしてコウサカ・ユウマはおばけが苦手。
そんな弱点があるのね。
まあパイロットは普通の人間だものね。
コウサカ・ユウマ、そごく緊張していて、驚いて、通常の戦闘はできないな。
精神状態が冷静ではない。

そして、チームSDRの攻撃。
狙撃とトラップが激しい戦闘だ。
カミキ・セカイとコウサカ・ユウマ、そしてホシノ・フミナの
3機体を分断する作戦のようだ。
それがみごとに成功。
分断された後、ホシノ・フミナが2人を捜索しにいくけど、
それもチームSDRの作戦に引っかかっているようだ。
捜索ルートも誘導されているようですね。

やはりその捜索ルートの先にトラップが仕掛けられている。
とてもチームSDRは頭脳的だな。

そして2人もチームSDRの2機に囲まれる。
何だろうね、重力をコントロールするような兵器。
聖闘士星矢Ωの一級刻闘士、一級パラサイト四天王の
重爆雷斬刃(じゅうばくらいざんば)のアイガイオンの技にそっくり。
それにビームを吸収する前作でイオリ・セイが使用していた
アブソーブシステムも備えている。
さらに強化版。

一方、カミキ・セカイは次元覇王流拳法を使用しようとしても、
身動きがとれない。
そこへ一斉射撃。
一方的にやられる2人。

ホシノ・フミナのスターウイニングガンダムは捜索ルート
の先でガンビットを使用。
それで2人と合流。

TBG-011BトライバーニングガンダムvsSDG-R1スナイバルガンダム、
SDG-R2ドラゴナーゲルガンダム、SDG-R3ギラカノンガンダムの3機。

3機のSDガンダムがドッキング。
スナイバル・ドラゴ・ギラ?

機動戦士ガンダムAGEのMS?かな?
あまり記憶にないんだけど、名前的に。
もはやMSの概念とはちょっと違うようなロボットだけど。

統立学園の人はガンプラ学園を不合格になったのか。
それで打倒ガンプラ学園なのね。
結構単純な理由だ。

ガンダムGのレコンギスタ 18話 三日月に乗れ 感想

ガンダムGのレコンギスタ 18話 三日月に乗れ 感想



カシーバ・ミコシ。星のような、ヒトデのような外観。
やはりGのレコンギスタのMSなどのデザインはちょっと独特な
気がしますね。
従来のガンダムとは一味違う感じがします。
今までと似たようなデザインもあるけれど、また違った感じもします。

クレッセントシップ。これは何とも言えない外観。
エルメスのような、そうでないような。
宇宙空間専用?だからデザインは何でもいいのかもしれないと思った。

トワサンガ軍のMS部隊は意気揚々だな。
どういうわけか。
異常な盛り上がり方。

デコデコした外観で尊敬しろって?
確かにそうだね。
名前もそうだし。カシーバ・ミコシ。
あがめろっていうのが見え見えだものね。

クレッセントシップはGセルフが接触すると、化ける?
何にですか?
謎が多すぎる。

マスク部隊は何やってるのだ?
Gセルフと奪取しにきたのか。
トワサンガ軍に変換するために。

ここ2回は状況がよくわからないな。
混沌とした状況が把握できないな。

ビームマントってすごいな。
周りをビームで包み込んで、動きを封じる兵器なのか。
Gセルフもこれじゃね。

レイハントンサイン?
クレッセントシップに反応。

クレッセントシップの内部にGセルフが入る。
で、内部には紋章?
ベルリの持ってるアクセサリーと同じ。
正常運転スタート?
メインエンジンルームなのか。
やっぱり謎の船だな。

次回はまた新しいMSの登場だな。
ガンダムタイプみたいだけど。

それにしても公式サイトにあるG-ルシファーとかいう機体、
フリーザ一族みたいだね。
クウラといったっけ、フリーザのお兄さん。
それに似てる気がする。