聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 2話 暴け!ユグドラシルの秘密 感想

聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 2話 暴け!ユグドラシルの秘密 感想



今回は第2話です。
前回はリフィアが狂変して終わりましたが、今回はどんな話なのでしょうか。

リフィアとともにアイオリアはリフィアの家に到着。
ログハウス風の小屋ですね。

アイオリアの体には変な模様が浮かび上がって点滅してますが。

リフィアは水も食料もないほど貧しい暮らしぶりで大変だな。

そこへムウが登場だ。

今回はオープニング映像が。

12人の黄金聖闘士達がたくさん登場です。
12人の黄金聖闘士が神聖衣になってるではないですか?

ムウがアスガルドに到着したときには村人はだれもいなかったのか。
少年が1人だけいるけど。

アスガルド兵とゴッドウォーリアー以外はいないのですか。

ニーズヘッグのファフナー?
ユグドラシルの研究をしている神闘士か。

そこへアルデバランも登場。

あれ?別の村なのか?
童虎が闘技場で格闘している。
そして酒場でお酒を飲む。

アルデバランの言うようにアテナ以外の力で黄金聖闘士
が活動できる状態なのですからね。
それが気に入らないのはしかたがない。

そこタングリスニルのヘラクレスという神闘士が登場です。

vsタウラスのアルデバランか。

かつて神闘士相手に不覚をとったから戦えって命令が下ります。

そしてムウvsファフナーになる展開。

ニーズヘッグのファフナー?

やっぱり昔の神闘士とはまったく違うようだ。
名前といい力といい。

ムウのクリスタルウォールもまったく歯が立たず。

タングリスニルのヘラクレスvsタウラスのアルデバラン
ですがアルデバランは何か考えがあるようで無抵抗。

一方ムウvsファフナーはムウはユグドラシルの研究の
実験台にされている展開。
まあわざと捕まっている感じがしますけど。

ムウの悲鳴の表情が凄い。
演技ですか?

ああ、アスガルドで戦う意味が見いだせないからね。
アルデバランは。

闘技場の観客を守るためにやっぱりアルデバランは
移動しますか。

やはりムウは故意に捕まっているわけですね。

そしてアイオリアは目が覚めて・・・。

あ、余裕で防いでいるな、アルデバラン。
まあ神闘士といってもピンからキリまでいるようです。

アルデバランが小宇宙を高めたら、ヘルメットの角が再生しましたね。
もっと早くやってればよかったのではないか?

ムウはユグドラシルが人間の小宇宙を吸収して
神闘士の力の源泉になっていることを突き止める。

そこへアイオリアも合流です。

何だ2人の神闘士は逃げちゃったのか。

そして村人が復活しました。

ユグドラシルの中で何かが成長している?
何がいるのでしょうかね?

そしてED。
黄金聖衣が順番に登場です。
黄金聖衣の元の姿は美しいですね。
特に乙女座が美しくて綺麗ですね。

次に双子座が好みかも。

次回は黄金聖闘士vs黄金聖闘士という謎の展開です。

今回登場の神闘士など、やはり神闘士はそんなにみんなが強力な戦士という
わけではなさそうですね。
今回登場の2人はユグドラシルの効果があっても、2人の黄金聖闘士にあまり
ダメージを与えることができませんでしたからね。
ムウはユグドラシルに小宇宙を吸収されただけなようですし。

2話の段階で3人の神闘士が登場して、残り4人。

神聖衣になって戦う必要があるのは神闘士ではないですよね。きっと。
このレベルの戦士ですから。

ユグドラシルの内部で成長している何者かが、オリンポス12神級なのか。
ハーデス級なのか。

ユグドラシルは人間や聖闘士の小宇宙を吸収して神闘士の力にするという、
聖闘士星矢Ωの展開にちょっと似ている気がしてきました。
聖闘士以外でも似たようなシステムや方法が存在することが明らかになった。
聖闘士星矢Ωの方が時間軸的に後の未来の物語になるのでこのユグドラシルの
方法はその後の聖闘士星矢Ωに続いてゆくのか、もしくわ、アテナ軍の誰かが
参考にしたのだろうか。
そんな憶測を考えてしまうが、考えてみたら、聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
でも祭壇座、アルターのハクレイがやっていましたね。
むしろアスガルド軍の方が参考にしたのかもしれない。

最近はみんなが力を合わせて1人に力を集中させて敵と戦うというスタイル
がアニメの中では流行しているようですが、どんな組織でも思いつく方法なのね。

それと、エンディングの曲はあまり印象に残らない曲だな。
何とも感想がない。

それにしても、アテナ軍は大変ですね。
ハーデス軍と交戦中なのにアスガルドでも神聖衣が必要な程の神級
の存在と戦うことになっている。
しかし12人がオリンポス12神に匹敵する力になる必要があるのかな?
まあ誰かだけが中途半端になる物語でも困るのだろうけど。

青銅聖闘士の神聖衣と黄金聖闘士の神聖衣には力としては同レベルになるのだろうか?
神聖衣の力は同じでも本人の力に差があるので若干は違うのだろうね。

余談ですが聖闘士聖衣神話EXのアリエスムウの外観デザインはかっこいいですね。
黄金聖衣の神聖衣はあまりデザイン的に変化が乏しいと思っていましたが、
あらためてアリエスムウの神聖衣を見ると、とても煌びやかで神々しいくて
カッコいいと思いました。
青銅聖衣の神聖衣と比較すると変化が少ないですが、これはこれで良いのかも。

Google翻訳による2話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Saint Seiya Soul of Gold Episode 02 Revealing! The secret of Yggdrasil review。
スポンサーサイト

聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 1話 よみがえれ!黄金伝説 感想

聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 1話 よみがえれ!黄金伝説 感想



いよいよ黄金聖闘士の続編が登場なわけですね。
ハーデス編の続きからですかね。
嘆きの壁を黄金聖闘士12人が破壊するところから始まる
「聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-」。

でも生きていたのですね。
黄金聖闘士達は。
アイオリアは雪の降る町に飛ばされたのかな?
何故だかわからないけど。

ヴァルハラ宮でヒルダに仕えていた女性が登場。
ここはアスガルドなのか。

牢屋の中でアイオリアと出会うのね。

あっという間に牢屋を破壊するアイオリアさん。
当たり前か。
黄金聖闘士には意味がないな。
見張りの雑兵では太刀打ちできないですね。

リフィアという青い髪の毛の女性は何者なのですかね?
城戸沙織に見た目が似ているけど。

オーディーンがアスガルドに呼び寄せた?
そんなわけないでしょ。
そしておなかが鳴るという意味不明な展開。
単なる侍女なのですね。

フロディー様?
白いゴッドウォーリア、そしてアンドレアス(オーディーンの地上代行者)。
ヒルダの後任なのか。

大樹ユグドラシルをよみがえらせる?
ガンダムGのレコンギスタに出てきたばっかりじゃないか。
ユグドラシル。
7人のゴッドウォーリアーを従わせアスガルドを
支配しようとしているのか。
ヒルダの後任ってあっさり決まるものなのかな?
前回のアスガルド編から時間がそんなに立っていないのに。
控えの戦士たちがいたのかな。

そうだよね。アイオリアは黄金聖闘士ですから、対ハーデス戦の真っ最中です。

ヒルダの命令でリフィアはアンドレアスと戦うことを命じられる。
なぜリフィアでなければダメなのか。
まだ謎だらけだな。

リフィアはグリンブルスティのフロディー一派に囲まれるがアイオリアが登場。
そして黄金聖衣を装着する。
そして雑兵をライトニングボルトであっという間に倒す。

剣が分裂してファンネルのように動くのかな?
しかも高速以上?
いや、ユグドラシルの効果でゴッドウォーリアーに有利に働いているからなのね。
ハーデス編と同じだな。

アイオリアの体に浮かび上がる模様は?

そしてアイオロスにもらったペンダントが
ユグドラシルに向かえと呼びかける。

そして小宇宙を高めたら、黄金聖衣が変化。
とても神々しい黄金聖衣に。
そしてライトニングプラズマでフロディーを倒したが、アイオリアは気絶。
そしてリフィアが凶変しましたよ。

そしてここで今回は終わりです。
EDは「聖闘士神話(ソルジャードリーム)」のバージョン違い。
ちょっと面白いアレンジだな。

そして最後にムウと新しい神闘士と次回はアルデバランも登場です。

うーんと感想ですけど、
グリンブルスティのフロディーはゼータ星ミザールのシド、ゼータ星アルコルのバド
と同じようなレベルの神闘士のような気がしますね。
彼らも光速拳並みの技ができるので単純にそう思いました。

アイオリアの拳はユグドラシルの影響を受けて光速まで到達しなかったようですね。
表現としては光速拳ですけど。
というよりも神闘士の方がパワーアップしているからなのか。
ただ光が瞬く表現はとてもよかった。
効果音はどうかなぁ~。
「ドシドシドシドシドシドシドシッ」
では光速感がまったくないなぁ~。
もうちょっと
「シュパーーーーーーーンッ」
とか速さを感じるような効果音の方がいいな。
体にあたっている感を出すよりもそんな音さえ吹き飛ばすような
効果音の方が黄金聖闘士の強さを表現するにはいいかも。

リフィアは何かに取りつかれていたようですがまだ謎だらけで
まったく詳細がわかりませんね。
何者なのでしょうかね?
オーディーンではなさそうですし、邪悪な雰囲気がぷんぷんと
いっぱいしますね。

しかし聖闘士星矢Ωの光牙、アリア、そして今回のリフィアと
謎の子供が次から次へと出てきて、育てられたりしますね。
神関係のもとへよく謎の子供が登場します。

アイオリアの神聖衣はちょっとデザイン的に動きにくそうですね。
特に後ろのデザインがちょっと邪魔かも。

それとでもアイオリア他、他の黄金聖闘士の黄金聖衣はいつ
アテナ(城戸沙織)の血がついたのだろうか?
アテナ(城戸沙織)の血がつかないと神聖衣にならなにのに。
いつつきましたか?
青銅聖衣には確かアリエスのシオンがつけましたけど。
どうなっているのか?
そのような謎もこれからの物語の中で語られるのでしょうかね。

そういえば神闘士の神闘衣(ゴッドローブ)は誰が新しく作るのだろうか?
新神闘士は旧神闘士にはいない神闘衣(ゴッドローブ)でしたけど。
アテナの聖闘士のように旧神闘士7人以外にも多数神闘士が存在して
いたのだろうか?
でも選ばれたのは7人とか言っていたし。
どういった組織構造なのだろうかな?

新地上代行者のアンドレアスも神闘衣(ゴッドローブ)があるのかな?
それはそれで楽しみかも。

神聖衣が必要な敵はやはり神様(オリンポス12神級)だろうと推測
しているけれどもいったい何神様なのだろうね?
そういえばタナトス、ヒュプノスとの戦いで5つの黄金聖衣が
ポセイドンによってエリシオンにいる青銅聖闘士達のもとへ
運ばれたけど、アスガルドにたどりついた黄金聖闘士のうち
5人は聖衣なしで戦うことになるのだろうか?
タナトスに粉々に破壊されちゃったけど、
その後、黄金聖闘士達のもとへ戻ったのか。
いやまだそんな段階ではないのか。
時間軸がちょうど重なるのか、もっと後の話になるのか。
ちょっと微妙でよくわからない。

それとアイオリアの体の模様。
七つの大罪の登場人物、憤怒の罪、ドラゴン・シンのメリオダスのようだ。
最近のアニメは他アニメに出てきたような設定や様子に
とても似ているシーンがすぐに出てくるのね。
とても他アニメの内容に影響を受けやすいのだろうか?

それにしても神聖衣となったからには神闘士くらいは圧倒して
もらいたいものですね。
いくらなんでも神聖衣になって神闘士と戦っても、
へばらせる程度でしかないというのもどうだろうか?
神聖衣自体がvsオリンポス12神のための聖衣のようなものなのに。
ユグドラシルは神の力をも弱めるものなのだろうか?

神闘士も1人目がこのレベルの強さだと他の神闘士のレベルはあまり
期待できないかもしれない。
黄金聖闘士以上の敵(神以外)はめったにいないので。
記憶にあるのは聖闘士星矢Ωの一級パラサイト四天王くらいでしょうか。
それでも微妙なのに。
黄金聖闘士級ですらめずらしい。
そう考えるとあまり期待できないな。

青銅聖闘士が神聖衣となりタナトス、ヒュプノスの双子神を一撃で
倒したことを考えるとユグドラシルの効果はかなり絶大だと
考えられるかもしれない。

まだ初回だから登場人物も少ないし設定がよくわからないけど、
戦闘シーンはかなりスピード感があっていいかも。
聖闘士の闘いらしいスピード感でいい。
獅子座の黄金聖衣も綺麗で煌びやかでかっこいいな。
これは楽しみなアニメだな。

Google翻訳による1話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Saint Seiya Soul of Gold Episode 01 Revive! Golden Legend review。

ガンダムビルドファイターズトライ 25話 僕たちのガンプラ 感想

ガンダムビルドファイターズトライ 25話 僕たちのガンプラ 感想



何故かケンプファーが市街戦をしている。
メイジン・カワグチとレディ・カワグチの対決なのか。

ガンプラビルダーズコンテスト名人杯?でしたっけ?
さまざまなガンプラが展示しているな。
結構個性的なガンプラばかりだ。

ガンダムがベースのガンプラばかりなのかな?
ガンダムタイプのガンプラの展示品が多い。

そして何故か注目の的になっているホシノ・フミナ。
何故なのだ?

ガンプラビルダーズコンテスト名人杯の表彰式の子供部門は
サザキ・カオルコの弟が優勝なのか。
しかも性格が高飛車だな。

そしてオープンコース?の優勝者は6番のコウサカ・ユウマが
優勝です。

この大会は展開が速いか。
あたりまえか。
もう最終回ですからね。

と、そこへカミキ・セカイが会場に現れる。

異議を唱えるサカイ・ミナトでしたが、
その作品はホシノ・フミナをベースにしたガンダムタイプ
のスーパーフミナというガンプラ?なのか。
フィギュアではないのかな?
確かに出来は素晴らしい。

ホシノ・フミナの許可を取っていないのに
ベースにしているのか。
それはまずいのですね。
大会的に。

しかもなぜかそのガンプラでガンプラバトルとは
意味不明な展開。

でもスーパーフミナは結構いい性能っぽい。
そこへカミキ・セカイのガンプラ、
カミキバーニングガンダムが登場です。

キジマ・シアとガンプラ作りの修業をしていたのね。

そこへホシノ・フミナとギャン子とキジマ・シアも
参戦。
ギャン子の弟も参戦。

もう意味不明な展開です。

さまざまな参加者が参戦してめちゃくちゃな戦闘になっている。

でもこういった展開もアニメとしては面白いのかな。
さまざまなタイプのガンプラが戦闘に参加して
戦闘シーンとしてはちょっと面白いかも。

いろんなカスタムメイドのガンプラが見られる
面白いシーンかもしれないですね。

ゲームにある○○無双とかそういった-ゲームのような
状態になっているな。

メイジン・カワグチまで童心にかえって参戦。
しかもラルさんまで。

ついでにレディ・カワグチも参戦。
女の子プレイヤーの相手を。

結局最後はよくわからない展開になった。
どういう話になったのかな?
これは。

それぞれのキャラクターがまた日常に帰って行った。

これは3期はあるのかな?
世界大会はやっていないわけですからね。
そのうちありそうですけど。

最後のみんなで入り乱れてのガンダムバトルだけは本来の
ガンプラバトルになっていた気がします。
プラフスキー粒子の量がどうのこうのよりも
単純にガンプラの操作で対決するっていう。
その方が楽しいのかもしれませんね。

しかしこの後の話があるとすれば、またプラフスキー粒子の
絶対量の多さで勝敗があっさり決まってしまう展開も
あるでしょうから、そこは何とか改善してもらいたい展開ですね。


ガンダムビルドファイターズトライの関連商品の価格と詳細情報はこちらから

聖闘士聖衣EXレオアイオリア(神聖衣)

聖闘士聖衣EXレオアイオリア(神聖衣)



聖闘士聖衣EXレオアイオリア(神聖衣)って何だか聖闘士聖衣神話サジタリアス星矢
に似てませんか?

「聖闘士星矢 黄金魂 soul of gold」に登場の獅子座(レオ)のアイオリア
の神聖衣ですね。

あまり黄金聖衣が神聖衣になっても外観は変わらないようですね。
青銅聖衣は全く別物の外観になりましたが、黄金聖衣はさほど
変化がないようですね。
白銀聖衣はどうなのでしょうかね?
変化が激しいのか、そうでもないのか。

かっこいいけど背中の炎のような形のパーツは邪魔なような気がする。
これがなければすっきりとして良いデザインなのにな。