勘解由小路光宙(かでのこうじみつおき)

勘解由小路光宙(かでのこうじみつおき)



よくキラキラネームで名前が挙がるポケットモンスターの登場キャラクター、
ピカチュウ、漢字では光宙と書くそうだが、江戸時代末期のお公家さんに
勘解由小路光宙(かでのこうじみつおき)という名前のお公家さんが
いらっしゃったのね。
読み方はみつおきだけど、漢字では光宙。
でもどういう意味で光宙と名前がついたのだろうね。
今の時代の人はピカチュウを知っているから、光宙という漢字になるってだけ
だろうけど、当時の人はどういう意味合いでなのか。

勘解由小路家は藤原氏日野流烏丸家の分家。
勘解由小路は平安京あった道。
名家の家格。
大納言が極官。
侍従・弁官(蔵人・蔵人頭を兼任)等の文官・事務系職を経て中納言・大納言に進む。

室町幕府の足利将軍家の外戚で有名な日野氏の一族なのか。
日野賢俊とか日野富子がいる家。
日野俊基、日野資朝とか正中の変の人だよね。
ああでももっと前から足利家とは関係があったようだ。
藤原有綱の娘が源義家正室で源義国、義忠の母らしい。
源義国の子供が新田義重、足利義康だから、
足利家の最初から日野家とは関係があるわけね、血縁上は。
だいぶ古いな。
で、勘解由小路家はこの日野家の分家。
何度か養子を迎えて繋いでいるけど、ほぼ日野氏流からだから、
たぶん家としても血縁上も同族かと。

本当に実在するとは。

昔、ガンダムで宇宙と書いて(そら)と読むのを不思議に思ったことが
あったが、これも江戸時代に朝顔の品種名に大宇宙(おおぞら)という
品種があるらしいけど、昔からそういった読み方があるのだね。

キラキラネームも昔からそれっぽいものがあるのあろうか。
思いつくのは源希望(みなもとのまれもち、鎌倉幕府初代将軍、源頼朝の甥(弟、源希義の子供))
とかだけど、今のところそれしか知らないな。

今のところ、たまたま知った昔のキラキラネームっぽい人たちは
みんな清和源氏の関係者か。
単なる偶然だろうけど。
調べた中でなので。

そういえば、○○麻呂、○○麿などは(大兄)の別称?丸、丸子のマイナーチェンジ版
で名前として使われるようになったとか。
大兄とは同母兄弟の中の長男に与えられた皇位継承資格を示す称号。
中大兄皇子とかの大兄。
聖徳太子の兄弟にも麻呂子皇子。
聖徳太子の子、山背大兄王の子にも難波麻呂古王、麻呂古王とかいらっしゃいますね。
この辺りの時代に使われた称号か。
それと、子供の○○丸とか、牛若丸などの子供の幼名。
あと、愛着のある道具にも○○丸。

説のひとつなのか、こういった意味合いしかないのか。
ちょっとよくわからないけど。
昔の部民制の時代に皇子などの方たちの名代・子代的な部を丸子部とかいうらしい。
昔と現在、丸子とか鞠子とかの地名のある場所などがそうらしい。
女の子のまり子(漢字でいろいろあるけど)などもこれが由来なのかも。
スポンサーサイト

聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 6話 突入!ユグドラシルの7つの間 感想

聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 6話 突入!ユグドラシルの7つの間 感想



今回は黄金聖闘士たちがユグドラシルに突入するところからです。
あれ、いつの間にか雑兵たちがムウの前にたくさんいる。
スターライトエクスティンクションで一掃。
そして、アイオリアたちの前にも。
そこへ、アンドレアスの声が。
配下の雑兵たちにも紳士的な話し方で接している。
まあ、表面上のことなのでしょうけどね。
雑兵たちはアンドレアスの呼びかけで、黄金聖闘士に道をあける。

おう。新OPがなかなかかっこいいですね。
ちゃんとアテナ(城戸沙織)の血が黄金聖衣にかかっているような。
そして黄金神聖衣も煌びやかでかっこいいです。
神々しくて金属っぽい感じがふんだんに表現されていて綺麗ですね。
何か双子座ジェミニのサガが黄金神聖衣メットをかぶると、
キン肉マンのアシュラマンに似ているような気がして、アシュラマンの画像検索を
したら、形が似ているからそう思うのですね。
どうりで。

そして、黄金の柱もいいです。
昔の青銅聖闘士たちのシーンを彷彿とさせるシーンですね。

うーん。アンドレアスの神闘士たちへの説明では、
アテナ(城戸沙織)と冥王ハーデスがと共謀して地上を我が物にしようとして、
黄金聖闘士たちをエインヘリヤルの戦士としてよみがえらせて、アスガルドに攻め込ませている、と
グレイテストエクリップスによって、ユグドラシルの力を抑え込て。
そして、これは最終戦ラグナロフであると。

アンドレアス曰くですからね。
当のアテナ(城戸沙織)と冥王ハーデスはそれぞれ別の理由で戦っているのですが。

この神々の戦いに乗じてアンドレアスは何かを画策しているのだと思うのですよね。
それに気が付いた、何者かが黄金聖闘士たちをアスガルドに向かわせたのではないかと。
それもアンドレアスは利用しているわけでしょうけど。

そして、オーディーンサファイアを神闘士たちに与える。
ユグドラシルの力を新たに加えることで、神聖衣にも劣らない力が得られたのか?
雰囲気だけではそんな感じはしないけれども。

そうか。神聖衣の力を見極めるために、フィンブルの冬というトラップを仕掛けて、
様子見をしたわけですね。
この辺りは策士ですね、アンドレアス。

そして、黄金聖闘士のうち、まだ一人、姿を見せていないアイオロスの話。

アンドレアスの最近の話なのだろうか?
ヒルダを幽閉し、フレアを監禁し、アスガルドの内政を牛耳っている様子。
ユグドラシルに向かうアンドレアスの背後にいきなりアイオロス登場。
とても渋い声でユグドラシルについて聞くけど、攻撃される。
攻撃をかわして、射手座黄金聖衣を装着するけど、装着後の矢を射るポーズがちょっと・・・。
必要ないでしょw
アイオロスのイメージじゃないなw

で、アンドレアスの拠点でアンドレアスの前にチェスのボードと駒のようなものが。
何でしょうね、あれは。

ユグドラシルの中心部に到着したアイオリアたちは他の黄金聖闘士たちと合流。
そこで、リフィアからユグドラシルの内部に育つ邪悪な実を破壊する方法を教えてもらう。
ワルハラ宮の古い文献の内容を。

7つの間があり、そこにある像を破壊する必要がある。

知恵の間、スヴァルトアールヴヘイム
巨人の間、ヨートゥンヘイム
光の間、 アールヴヘイム
死者の間、ヘルヘイム
勇者の間、ヴァナヘイム
霧の間、 ニヴルヘイム
氷の間、 ヤーヘイム

単なる洞窟っぽい所もあるけど、結構各間作り込んでるな。
聖闘士と戦うのに使うのだけど、普段は何に使っている部屋なのだろうか?
普段は何も使うことなく、像を飾るためだけだったら、何か無駄なような気が。
聖闘士星矢Ωのパラス城もそうだけど、無駄にいろいろ作り込んでるよね。

リフィアの様子がおかしくなったが、正気に戻る。

黄金聖闘士たちは5人で7つの間に散らばって戦うようだ。
リフィアはアイオリアから戻るように言われるが、
やっぱり戦場に戻ってくる。

リフィアは死者の間、ヘルヘイムに入り込んだようだけど、そこで、
水晶のようなものに自分の姿が映っているのを見て、驚いているようだ。
何の姿だろうか?

そして、アイオリアは勇者の間へ。
そこへ神闘士グリンブルスティのフロディが現れる。
何となく因縁通りというのか。

そして、巨人の間にはアルデバランと神闘士タングリスニルのヘラクルス。
こちらもそのまんま。
まあ、あたりまえか。

そして、ムウは知恵の間。
神闘士ニーズヘッグのファフナーがやっぱり登場するが、
ムウのサイコネキスで吹っ飛ばされてばっかり。
やはりこの神闘士ニーズヘッグのファフナーはちょっと戦闘向きではないようだ。

氷の間には水瓶座アクエリアスのカミュ。
まだ神闘士側についている。
ここにはシュラが到着。

童虎は死者の間ですか。
リフィアらしき人が座っていますが。

アンドレアスは先ほどのチェスボードのようなものに球を置いて、
各間の状況を確認している様子。
そして、シャカ、サガ、デスマスクの動向も把握。

そうしたら、傷ついている左目に反応が。
自分が座っている玉座?の後ろ側の部屋に入って、ユグドラシルの一部?を確認。
ユグドラシルの成長が遅れているのを確認すると、
先ほどのアイオロスとの交戦を思い出す。

アイオロスは黄金の3本の矢を放つが、ユグドラシルの根にあっさり防がれる。
そして、アンドレアスの一撃で吹っ飛び、射手座の黄金聖衣にひびが入り破損。
ユグドラシルに小宇宙を吸い取られていることを教えてもらう。
それにしてもたった一撃で黄金聖衣が破損。
これはアンドレアス本人の能力なのか、ユグドラシルの力が加わっているからか。
後者の方が妥当ですかね。

再び立ち上がったアイオロスはアンドレアスの一撃を黄金の矢で防ぐ。
さらに小宇宙を高めて、黄金の矢を放って、アンドレアスの左目をかすめる。
黄金の矢はそのままユグドラシルの方へ飛んでいく。
一方、アイオロスは谷底に落っこちていく。

そして、アンドレアスの回想終了。

もうアイオロスに力は残っていないと予想。
ユグドラシルの成長を遅らせる能力など残っていないと。

次回は神聖衣vs神聖衣?

ミロとシュラの戦闘を経て、カミュの魂が覚醒する?
映像には倒れたシュラとちょっとへばり気味のカミュ。
神闘士エイクシュニルのスルト。

で次のシーンは氷の間でのシュラとカミュ。

ちょっと次回予告では様相がよくわかりませんね。
まあ、カミュがずーと、神闘士側についているとは思えませんけど。

今回はアイオロスの戦闘シーンという聖闘士星矢では貴重なシーンを
見ることが出来ました。
なかなかありがたいシーンでございますね。

そして、残りの間は誰と誰が戦闘するのでしょうかね。
個人的にはキャラクター設定上、

神闘士フレースヴェルグのバルドルvs乙女座バルゴのシャカ
神闘士グラニルのシグムントvs天秤座ライブラの童虎
神闘士ガルムのウートガルザvs双子座ジェミニのサガ

のような気がします。

神闘士フレースヴェルグのバルドルvs乙女座バルゴのシャカは
この世のものとは思えない能力キャラ同士だから。
バルドルは不死身の男という異名を持つので。

神闘士グラニルのシグムントvs天秤座ライブラの童虎は
弟アルファ星ドゥベのジークフリートの敵討ちvs龍星座ドラゴン紫龍の師匠だから。

神闘士ガルムのウートガルザvs双子座ジェミニのサガは
ウートガルザの正体が双子座ジェミニのカノンではないかとネット上の噂から。
本当かどうか知らないけど。

神闘士フレースエイクシュニルのスルトは次回に登場予定なので除く。

まあ、勝手な予想ですが、何となくということで。

次回はまた黄金聖闘士同士の闘い、しかも神聖衣vs神聖衣という
今までにない話なので楽しみです。

今回はアイオロスvsアンドレアスの対決が見どころでしたが、
アンドレアスの本気で戦う姿もいずれ見たいものですね。
当然、ゴッドローブ的なものもあるのでしょうから、それも期待しています。

それと、オーディーンサファイアってルビーのように見えたけど、色的に微妙ですね。

コランダム (鋼玉) は、酸化アルミニウム (Al2O3) の結晶からなる鉱物。
不純物のクロムが1%ほど混入すると濃い赤色のルビー。
鉄、チタンが混入すると青色のサファイア。
クロムが0.1%ほどしか混ざっていない薄い赤色のものをピンクサファイア。

確かにピンクサファイアのようだ。
というか不純物の量を肉眼で判別できない。

妄想だけど、アンドレアスはアスガルドがアテナに支配されるのが嫌なのかな。
アテナ自身は何とも思ってい無さそうだけど。
まあ、オーディンの管轄地だからね。
自分の神様が大切だろうけど。
あと温暖な気候がお好みのようなので、
魔法の木のようなユグドラシルを使って、いいことすればいいのにね。

ユグドラシルはちょうど木だから、小宇宙を吸収するわけだから、
吸収した力でアスガルドごと浮上させればいいのにな。
天空の城ラピュタみたいに。
気候のいい温暖なところにお引越しすればいいのに。
オーディーンサファイアも蓄電池のような存在のようだから、
人間の小宇宙が回復したら、またちょっとだけいただいて。

天空の城ラピュタを思い出したり、聖闘士星矢Ωのサターン城の浮上を思い出したら、
ユグドラシルを利用してアスガルドごと浮上させて、
移動すればいいんじゃないかと思った次第です。

Google翻訳による6話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Saint Seiya Soul of Gold Episode 06 Plunge!During the seven Yggdrasil review。

聖闘士聖衣神話EX レオアイオリア (神聖衣) Saint Cloth Myth EX Reo Aioria(God Cloth)

SPW楽天市場店




聖闘士聖衣神話EX レオアイオリア 神聖衣(Saint Cloth Myth EX Reo Aioria(God Cloth))
の関連商品の価格と詳細情報はこちらから

聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 5話 究極!神聖衣の力 感想

聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 5話 究極!神聖衣の力 感想



アフロディーテの伝言で3つのグレートルートを破壊すれば、
ユグドラシルによる小宇宙の吸収を抑えることができる。

シャカが黄金の短剣を持っている。
バルゴの聖衣と一緒にあるのか。
それを導いたのは一体何者なのか?
最初から謎だったけど、まだ謎なのね。
アテナ?
ではなさそうだけど、そこまでアテナ軍に味方をしてくれる神様レベルの存在も知らないな。
どなたかいるのかな?今までに出てきたことのない神様が。
アストライアとか?
人間の味方っぽい神様ですし、乙女座のモデルですから。
だったら面白い展開だと想像。

そしてオープニングの映像がちょっとだけ変わった。
今までの戦闘シーンが。

各黄金聖闘士たちにムウがアフロディーテから教えてもらったことを伝達している。

そして、シャカから神聖衣の話を受ける。

アンドレアスが言う「楽しい余興」とは何か?

神聖衣になるためには、もう一つの条件?
アテナの血ではないの?

ここで各黄金聖闘士たちの前に青銅聖闘士たちがローブを着て立ちはだかる。
氷河、瞬、紫龍、星矢。
もちろん、幻影だろうけど。
本人たちは冥王ハーデス軍と交戦中?
時間がどれだけ経過しているのか、よくわかりませんが、普通に考えると交戦中ですよね。

瞬の顔がにやけていて、瞬らしくない。

フィンブルの冬?リフィアがアスガルドの古い文献で見たことがあるという、
ユグドラシルの周囲に出現する迷宮。
近づく者を惑わすのですか。
これが、アンドレアスが言う「楽しい余興」ですかね。
フィンドルの冬ですね、公式サイトにありました。

3人はあっさり幻なので、黄金聖闘士の技でやっつけましたが、星矢だけ、
急に山羊座カプリコーンのシュラに変化しましたね。
そして、エクスカリバーを放ってきました。
幻なのに、すごい攻撃力だな。

それはアイオリアの心の葛藤が幻を生み出しているようだが。

アイオロス、アイオリアとの因縁だが、そこに本物のシュラが登場。

シュラの幻を消すために、シュラが加勢して、シュラごと拳を放てと。

そして12年前の話に。
シュラもまだ子供っぽいけど、アイオリアもまだ子供ですね。
シュラの方が3歳年上なので、若干、大人っぽく見えますけどね、
アイオリアに比べると。

シュラはシュラで気にしていたのですね。
アイオリアの事を。

そして、霧が晴れるとグレートルートが現れる。

破壊するために神聖衣になろうとするが、もう一つの条件が。
かつて12宮やポセイドンと戦った後、黄金聖衣の前でアテナ(城戸沙織)が
涙を流して、それが黄金聖衣についたと。
ムウの推測ですが、違うでしょ。
アテナの血でしょ。
必要なのは。

これは新しい設定なのか、
それとも黄金聖闘士たちは本当に何も知らないのか。
誰も知らないということは黄金聖闘士たちやその他の聖闘士たちにとって
大変な事態だと思うのですが。
秘密兵器的方法を誰も知らないということが戦略的にまずいのではないかと。

アイオリアがアテナから貰った、アイオロスの形見のペンダントとムウが持っている
黄金の短剣が神聖衣になる鍵のようだけど、どういった理由なのか。
ちょっとよくわからなかった。

ミロがムウから黄金の短剣を借りて、
他の黄金聖闘士たちも小宇宙を高めて神聖衣になりました。
うーん、どうしてなれるのか?
所縁があるアイテムだけでなれるなら、今までいくらでもなる機会はあったでしょう。
おそらくだけど。

そして、グレートルートを破壊。

ミロはユグドラシルにとらわれてしまったのね。
たぶん、アフロディーテと同じ。

そして、シャカはすでにアフロディーテとミロが消えて、
アテナ(城戸沙織)に黄金聖闘士たちがアスガルドに飛ばされた本当の意味を問いかけます。
アテナ(城戸沙織)からの返答があったようで、
乙女座バルゴの黄金聖衣を纏い、やる気を出したようです。

ここで今回は終了です。
次回はいよいよ、ユグドラシル本体に突入して、神闘士たちとの対決になるようです。

今回の感想は黄金聖衣が神聖衣になれる条件と理由がちょっとわかりづらかったですね。

上記でも素朴な疑問を書きましたけど、アテナの涙とか、黄金の短剣とか、それなら、
今まででもとっくに神聖衣になれる機会はあったかもしれないのに。
アテナの身に所縁のあるものなら何でもいいのかな?
まあ、そんなにお宝っぽいものがごろごろとあるわけでもないだろうけど。
アイオロスの形見とか、もともとアテナの持ち物ではないわけですし。
ムウの推測だから、間違っているだけなのかも。
ペンダントっぽいから、中に何か入っているのかな?
うーん。今は何とも言えないですね。
これから詳細は明らかになっていくでしょうけど。

あと、神聖衣になった後の黄金聖闘士たちの技、スカーレットニードル、
グレートホーン、ライトニングプラズマが割と普段と変わらない表現だったのが
ちょっとですね。
小宇宙を吸収されているのでしかたがないのかもしれませんが、
そこまで強力な技にはまったく見えなかったので。
だいぶ弱っているようですかね。
物語の展開上、しかたのないことなのでしょうかね。

余談ですけど、別ブログの記事。

ヴィクトリア・シークレット・ファッションショーは聖闘士みたいだ

デザインと見た目が面白すぎる。
青銅聖闘士っぽいもの、白銀聖闘士っぽいもの、黄金聖闘士っぽいもの
が多数あって画像を見るだけでも面白いです。
画像検索してみると面白いです。

服装やファッションで思ったけど、アイオリアって昔のギリシャ人の闘技服のような
服しか着ないのかな?
黄金聖闘士はギリシャ、サンクチュアリに常駐しているからなのかと思ったけど、
アフロティーでは自由でちょっとおしゃれさんっぽい服装だったから。
服装も自由そうなのに。
というか、アイキャッチ(画像はこちら聖闘士星矢 黄金魂のアイキャッチ1)をよく見たら、

アイオリア    闘技服?
アイオロス    闘技服?
ムウ       弥生人のような服
サガ       弥生人のような服
シュラ      弥生人のような服
童虎       現代風?なラフな服
カミュ      現代風?なラフな服
デスマスク    現代風?なラフな服
ミロ       現代風なちょっとストリート系?
アルデバラン   現代風なちょっとストリート系?
シャカ      修行用の簡素な服?
アフロディーテ  レディースファッションっぽい上品なオサレさんの服

というわけで、自由すぎるのはアフロディーテさんだけでした。
あとちょっとだけ、ミロとアルデバランが近いかも。
特にミロはチョイ悪そうなお兄さん風でいい感じだ。

Google翻訳による5話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Saint Seiya Soul of Gold Episode 05 Ultimate! The power of God Cloth review。

聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 1【Blu-ray】




聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 1 DVD Blu-ray
などの低価格順の関連商品の価格や詳細情報などはこちらから