機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 9話 盃 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 9話 盃 感想



「さいせい」という貝殻のような形のテイワズの本拠地に到着です。
内部はなかなかおしゃれなヨーロッパの都市のようになっているようです。

和風の人物ですね、盆栽を趣味としているようだ。
テイワズのボス、日本人のような人間だが、名前はマクマード・バリストン。
日本人ではないようだ。

ここでタービンズと鉄華団は義兄弟の盃を交わすことになりました。
まあ同盟関係みたいなものですかね。

ハンマーヘッド艦内でのお食事処では姉さんが
いろいろとお話をしております。

一方、ギャラルホルンのマクギリス・ファリド、ガエリオ・ボードウィン
はブリッジで作戦協議中。

オルガと名瀬はお食事。
何か廃品か部品かを売りさばいた模様。
意外と高く売れたようだ。

マクマード・バリストンとクーデリア・藍那・バーンスタインと護衛の
三日月・オーガスはハーフメタル資源の独自流通についての話をしている。
火星圏経済の繁栄のために。

でもそれは新しい戦争の始まりになるかもしれないと。

まあいろいろ利権が絡んでくるので、そういう展開になるわけですね。

そして、三日月・オーガスにガンダム・バルバトスを預かる話をするマクマード・バリストン。
整備関係での協力ですかね。

先ほど手に入れたお金でオルガ・イツカは子供たちにごちそうを振舞う。
パン?ケーキ?類ですね。
ちょっと美味しそうです。

もっと年上のメンバーたちには居酒屋?でのパーティーがごほうび。

ああやっぱり酔っぱらっちゃいましたね。
オルガ・イツカ。
と、そこへカウンターで飲んでいた金髪の女性、メリビットさんが
ハンカチをくれます。
何者なのかわかりませんが。

クーデリア・藍那・バーンスタインとフミタン・アドモスもお話し中。
これからの進路について。
フミタン・アドモスは単なるメイドなのでと言っていましたが、
どうみても只者ではないのですけどね。
そしてお揃いのペンダントをすることに。
オルガたちとお買い物中に見つけたお揃いのペンダントです。

その後ブリッジで作業をするフミタン。
やぱり怪しいさがにじみ出ているのだけど。

オルガは酔っぱらって食堂で寝てしまうが、
起きてもいる。
側でビスケットと三日月の会話に聞き耳を立てて。

なかなか組織の運営も厳しいですからね。
方針であれ、能力であれ。

テイワズがあずかることになったガンダム・バルバトスは
かなり中のフレームがむき出しになっている状態。
整備士の個性的なおじさんが面白い。

そしていよいよ盃を交わす式典。
みんな衣装を着替えて、身だしなみを整えて。

オルガ・イツカ、名瀬・タービン、三日月・オーガスはそれぞれ、
名前を漢字で書いて式典に臨む。
漢字の名前はなんかサッカー選手のような名前になったな。
三都主・アレサンドロみたいな。

そして無事、式典が終わり、地球へ向かいます。

ここで今回は終了です。

今回はテイワズでの式典が主な目的なので滞りなく行われたのは
よかったですね。
大きな組織の傘下に入ることでクーデリアさんの目的にも近づけたのではないか
と思います。
まあこれから激戦になるかもしれませんけど。
様々な組織の利権が絡んでくるようなので。
まあ世の中いい人たちばかりというわけではないので。
仕方のない展開ですね。

主軸の話は新たな同盟関係を結ぶという話だったからね。
そこはそれほど進展したわけではない。
そういった手順と手続きをこなしたということだから。
今回はね。

この時代も日本風の文化が人気があるのかな。
テイワズは割と日本文化が好きなようだ。
本拠地は和洋折衷のようだけど。
リーダーのマクマード・バリストンの個人的趣味、志向によるものか?
日本のアニメですから、それが影響しているか?
外国人向けにはいい雰囲気なのかもしれない。

アニメの中で文化や建物やファッションアクセサリーをさりげなく登場させる
のはアニメ産業以外の業界のためにもなるのだろう。

「こんな家がいい」「こんなアクセサリーがいい」など
新たな需要を呼び起こすのにさりげなく役に立っているのかもしれない。
直接ストーリーに関係なさそうなシーンが随所にちりばめられている
のが今回は印象的だった。
スポンサーサイト

ドラゴンボール超 21話 復讐のはじまり!フリーザ軍の悪意が悟飯を撃つ! 感想

ドラゴンボール超 21話 復讐のはじまり!フリーザ軍の悪意が悟飯を撃つ! 感想



ついにフリーザ軍の宇宙舩が地球にやってきて凄まじい数の戦士が
大量に出てきました。

トランクスと悟天とチャオズと魔人ブウはお留守番か。

とそこへブルマとジャコがやってきました。
ジャコも戦うのですか?

復讐のためにやってきたフリーザと再び対峙。

ピッコロのことも、クリリンのことも覚えていたね。

もうフリーザのパワーアップに気が付いているのね。
孫悟飯などは。

まだ孫悟空は地球には帰ってきていない。

そして戦闘が始まります。

まだまだだけど、亀仙人強くなってるのかな?
フリーザは2級戦士の寄せ集めといっているが、それでも戦闘力1000くらい
はあるのじゃないかな?
以前のフリーザ軍の下級戦士もそれくらいあったようだけど。

たくさんの戦士たちに戦術を的外れな命令していたソルベはピンタされて
飛んで行ってしまいます。
フリーザさんは優しくなりましたね。
柔らかくビンタですから。

そうこうしているうちに戦っていないクリリンが狙われる。
クリリンを倒した戦士に星を一つあげるという
フリーザの提案に戦士たちが襲い掛かる。

孫悟空を怒らせるための作戦のようだ。

一方、孫悟空とベジータは相変わらず修業中です。

あ、ビルス起きてる。
ジュース飲んでる。

ウイスの杖の中に引きこまれる悟空とベジータ。
そこで修業ですか。

そして、クリリンは狙われるが、余裕で攻撃をかわす。
当たり前か。
どういうわけか、しばらく武闘家を離れていたからか、
自信を無くしてしまったクリリンですが、
戦闘力推定数百~1000くらいの戦士にびびるという
意味不明な展開。

しかし亀仙人の応援で自信を取り戻します。

この時点でのクリリンの戦闘力はわかりませんが、
最低でも数万はあるはずなのですが。

修業をしていないとそれほど弱体化するのですかね?
亀仙人は明らかにパワーアップしているのですが。

クリリンもちょっと力を出して敵をやっつけます。

それを見ていた亀仙人もかめはめ波をします。

天津飯は気功砲、ピッコロは魔貫光殺砲で応戦。

つぎつぎにやられていくフリーザ軍にフリーザは戻ってきた
ソルベに幹部として責任とれみたいなことをしゃべります。

そしてシサミという現フリーザ軍最強の戦士と言われる戦士が
孫悟飯と戦いますが、後ろからタゴマという戦士に背中を攻撃され
やれれてしまう。
ついでに孫悟飯も負傷してしまう。
かなりの実力者なのか。
シサミの方は孫悟飯にこれといって通用しないようだけど。

ああ、タゴマさんはフリーザの特訓相手をやらされていたのですね。
それでパワーアップしているのかな?
ある程度は。

ソルベの新型?スカウターで戦闘力を測定したら、かつての
ギニュー特戦隊の戦闘力を上回っている。
あれでもギニュー特戦隊の戦闘力は数万~12万くらいでしたか?
じゃあそのレベルなのですね。

でもピッコロ、天津飯、クリリンなどはもっとすごいのでは?
特にピッコロはスーパーサイヤ人をはるかに凌ぐ戦闘力だったはず。

とタゴマの自慢話で今回は終了。

次回予告ではピッコロを圧倒している。
これはどういうことなのか。
おかしいな?
孫悟飯の話では孫悟飯と同じくらい強いようだけど。
それじゃセルや魔人ブウより強いんじゃないの?
ちょっとよくわからない。
まあ次回にそのあたりの説明があるのかもしれない。

そして次回はギニューが復活するようだ。

ジャコとブルマが乗っていた宇宙船にいたけど。
これはこれで面白い展開だ。

Google翻訳による21話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 21 Beginning of revenge ! Malicious freezer troops shoot Gohan ! Review。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 8話 寄り添うかたち 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 8話 寄り添うかたち 感想



前回の特攻シーンから。
なかなか白熱の戦闘シーンですね。
そして艦内に侵入成功です。

ブリッジに潜入するために、
オルガ・イツカをリーダーにして。

この船は女性の船員しかいない?
出てくる人たちが女性ばっかり。

そしてブリッジまで到着です。
名瀬・タービンはあえて抵抗しなかったようだけど。

それにしても潜入作戦の技術は素晴らしすぎる。
ハッキングしてモニターを制御したりと。
技術集団としても有能なんですね。
鉄華団。

ハンマーヘッドのブリッジクルーはあくびをしている。
緊張感がないな。
このあたりは本当に「機動戦士ガンダム00」の雰囲気に似ている。

戦闘が終了して各艦に戻ってきたパイロットたち。
なかなかお互いに疲れているようだ。
特に鉄華団の方は。
MSのダメージが大きい。

名瀬・タービンとの交渉の席でこの艦の女性たちは全員?
名瀬・タービンの奥さんとのこと。
子供も5人いるらしいけど、その子供はこの女性たちの中に
いるのかどうかよくわかりませんが。

テイワズの傘下に入れてくれって。
一応話は進むようだ。

火星圏独立運動の立役者だから、クーデリア・藍那・バーンスタインさんは。
テイワズの指導者マクマード・バリストンとの話は直接してくれと。
名瀬・タービンの立場では規模の大きい話なわけだね。
地球圏とそれを監視するギャラルホルンの動向がどうなるか
わからないからだね。

一方、三日月・オーガスと昭弘・アルトランドは食事中。
大きいハムみたいなのが美味しそうだ。

「さいせい」というテイワズの艦に向かうようだ。
すぐ近くにいるらしい。

鉄華団も資金繰りが難しそうだね。
まあろくな活動ができないようだから。

10日?「さいせい」まで。
全然近くないじゃないのよ。

鉄のような結束だから鉄華団という単位でしか行動できない。
オルガ・イツカの説明。
まあそういう思い入れなのでしょうね。
資金繰りが難しいのでタービンズに仕事の紹介をしてもらったときに
お断りしましたけど、そういった理由で。
なかなか難しい。

一方、タービンズのハンマーヘッドに行った、クーデリアさんとアトラさんは
ハンマーヘッド艦内の保育所にいた。
子供が5人いるとか言っていたが、ここにいました。
現代の日本と変わらないような雰囲気の保育所です。
姐さん(アミダ・アルカ)とラフタ・フランクランドが
子供たちのお世話をしています。

大きいのは丘の学校(たぶん「さいせい」という本拠地にある学校)に行っている。
5人以外にもまだいるのか。

日本にはいないけど(たぶん)、外国にはこういう奥さんがたくさんいて
家族がたくさんいる人いるね。
この時代にもそういった過ごし方をしている人間がいるわけですね。

タービンズのハンマーヘッド艦内の交渉室?の茶色いソファ、
重厚で光沢が有っていい雰囲気ですね。
この部屋も重厚な感じがとてもいい。

なんだかんだいって交渉はうまくいっているようだ。
何かと世話をしてくれるみたいだ、名瀬・タービン。

ラフタ・フランクランドと三日月・オーガスと昭弘・アルトランドは
シミュレーターでMSの戦闘訓練。
なかなか苦戦しているようだ。

そして「さいせい」に到着です。

ここで今回は終了。
今回はタービンズという組織がなかなか面白い集団であることが
わかりました。
女性たちばっかりとか、子供もいて保育所もあってと。
風変わりな集団であるということ。
ここらへんがなかなか面白かったですね。

あとは資産がどうこうということを気にしているクーデリアさん。
クーデリアさんも何者なのかというとこが気になってきました。
単なる火星圏の指導者一族ではなさそうな雰囲気がでてきましたね。

次回はテイワズのマクマード・バリストンと盃を交わすという
何とも言えない展開の話。

ドラゴンボール超 20話 ジャコからの警告!迫り来るフリーザと1000人の兵士達 感想

ドラゴンボール超 20話 ジャコからの警告!迫り来るフリーザと1000人の兵士達 感想



復活したフリーザさんは元の第1形態になっています。
孫悟空にやられてしまった後、部分的に改造しているような状態になっていましたが、
その後、トランクスにまたやられてしまって、バラバラの状態でしたが、
どういう修復のしかたをしたのか、フリーザ軍所有の機械にいれたら、
第1形態の状態で復活しました。
ここまでが前回のお話。

オープニングの映像がフリーザ軍のものに変わりましたね。
先週もそうでしたっけ?
今回からですかね?
ゴールデンフリーザも出てる。

フリーザはソルベのことよく覚えていないのか。
現在のフリーザ軍を率いているとしゃべったらバカにされているようだ。
まあ、フリーザがよく覚えていない存在のようだからしかたがないな。
ザーボン、ドドリア、ギニュー特戦隊なら違っていたかもしれないが。

さっそくフリーザ軍のみなさんはフリーザの復活に時間がかかり怒られてる。

地獄の生活は苦痛だったのね。
天使や動物たちのパレードで天使や動物たちが
うようよいるから、苦痛でしょうがなかったのね。
もしくわ雰囲気が厳しかったのか。
両方そう。

フリーザさんとソルベ、タゴマたちが宇宙船のガラス越しに
会話をしているところの映像がいいですね。
ガラスに映るフリーザさんとソルベたちの映り込みがとても綺麗に
表現されています。

サイヤ人の討伐がしたいが、
宇宙征服を第1にというタゴマの提案にタゴマはあっという間にやられてしまう。

フリーザから見れば、ザーボンやドドリアに匹敵する側近という
立場はとんでもないようだ。
そうはいってもザーボンやドドリアも戦闘力2~3万程度じゃなかっただろうか?
このレベルじゃもう宇宙での征服活動はままならないのじゃないかな?
昔は何とかなったけど。

フリーザは魔人ブウと破壊神のことを知っていたのね。
フリーザの親から手を出さないようにといわれていたようだけど。
宇宙でも有名な存在だったのね。
あれ?でも確か魔人ブウと孫悟空の戦いはみんなで観戦してましたよね?
フリーザ一味のみなさんと一緒に。
ちょっと不思議なシーン。

サイヤ人が魔人ブウをやっつけた話を聞いて、
4か月間の特訓をするようだ。
いままでろくな特訓はしたことがないらしいので。

ウイスと特訓をしている所にビルスが起きてくる。
まだ寝ぼけているようだけど。

そして、地球にブルマをたずねてジャコがやってくる。
トランクスと孫悟天にさんざんおもちゃ扱いされている。

「銀河パトロール隊員ジャコ」。

フリーザを倒した男の友人だから、ブルマの夫がサイヤ人と聞いて敬語に変わる。
トランクスや孫悟天に対してね。

孫悟空に合いに来たのか。
フリーザを倒した男だから。

フリーザが復活して1000人の兵士を率いて地球にやってくると告げる。

復活してもう4か月後なのか。

ブルマはウイスと連絡を取ろうとするが上手くいかない。

フリーザが地球に到来するのにあと1時間。

交番勤務のクリリンの携帯電話にブルマから連絡が入る。

亀仙人にも召集がかかるのか。

クリリンはまたはげにするのか。
18号さんにバリカンでカットしてもらう。

そして出撃、天津飯、孫悟飯、ピッコロと合流します。

そしてフリーザ軍が地球に到着です。

以前の乗り物に乗って。

ここで今回は終了。

フリーザ軍との戦闘は次回になるのか。
というかヤムチャも参加しなさいよ。
ついでにチャオズも。
戦闘力1000程度なら何でもないはずだ。

ここから面白い展開になってきそうだ。

Google翻訳による20話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 20 Warnings from Jaco ! Looming freezer and 1,000 soldiers Review。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 7話 いさなとり 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 7話 いさなとり 感想



いきなり女性が足の爪にネイル。
体がお笑い芸人、
とにかく明るい安村さんの全裸に見えるポーズ「安心してください、穿いてますよ」
のようになっている。
誰だろうか?
サービスカットですか?

鉄華団は毎回、ガンダム・バルバトスの整備シーン。
整備が欠かせない機体。

ブリッジではマルバ・アーケイと格闘中です。

とそこへ名瀬・タービンという人物がわりこんでくる。
何かの組織のリーダーのようだ。
タービンズというのか。

たまたま飲み屋で知り合いになったマルバ・アーケイ
に協力を申し出る。

テイワズの関係者ですか。

なるほどね。
鉄華団の資産を回収するためなのね。
マルバ・アーケイからすれば鉄華団は乗っ取られたようなものだから。
まあ条件はいろいろあるようだけど。

いろいろ交渉しているが、条件が悪すぎるので交渉決裂です。

強襲装甲艦ハンマーヘッド。
その司令官?艦長の女性、姉さんと呼ばれている。
真夏のファッションのようだ。
最初に出てきた女の子もそうだけど、
それぞれの組織の拠点によって気候の設定がかなり違うようだ。

そして戦闘に突入します。

アミダ・アルカっていうのか、女性艦長?。
百錬というMSに搭乗。

ガンダム・バルバトスのカタパルトデッキ面白い。
装備が変わったね。
ロングライフルのようなものを装備。

アミダ・アルカという女性はなかなかのパイロットのようだ。

さっきの爪にネイルをしていた女の子も出撃しているのか。

そのころノーマルスーツを着用するのにものすごくとまどっているクーデリアさん。
そこへアトラ・ミクスタがやってきて、着させてあげる。

それにしてもクーデリアさんの髪の毛の量が多すぎて、
ノーマルスーツのヘルメットにどうやって入るのか不思議に思う。
凄まじい髪の毛の量だから。

百里というMSなかなかすごいな。
先ほどの爪にネイルをしていた女の子、ラフタ・フランクランドの乗るMS。
機動性も抜群だ。
ガンダム・バルバトスがかなり苦戦している。

ワイヤーで百里をとらえるがガンダム・バルバトスはそれでもひっぱられて
戦闘どころじゃないな。

煙幕で目くらましして、特攻するなんてね。
しかもすれ違いざまに、乗り移ってる。
どうやってやったのだ?
敵艦に潜入するなんて。

昭弘・アルトランドは2機相手に善戦してるな。
すごいな。
力技で戦っているけど。

ガンダム・バルバトスと百里の戦闘も佳境に入ってきた
ところで停戦命令。

双方が話し合いをもつとのこと。

何だろうね?
急にそういった展開になりましたが。

ちょっと最後はよくわからない話になりましたか。
しかたがないですね。

今回はここまでですが。
今回は戦闘シーンがメインで話の内容そのものはさほどのことは無かった、
というか、そうですね。
新しい組織が登場しただけというか、
うーん、今回は女性のキャラクターが大量に出てきました。
敵?味方?これからの展開がわからないので
タービンズという組織の人達。

女性の有能なパイロットと艦のクルー。
ちょっと「機動戦士ガンダムOO」のような雰囲気に近づいてきた気がします。
キャラクターの絵や雰囲気や構成が。
戦闘シーンはかなりよかったですね。
やはりビーム兵器を使用していないので、
双方にダメージが少なく、戦闘が長引くような
展開になっている。
白熱した戦闘シーンを見せるのには適しているのかもしれない。

今回の状況で少し話の内容がわからなくなってきました。
このテイワズ直属の組織がどうこれから絡んでくるのか。
それによって大きく状況も変わってくるのだろう。

まあそれは次回以降の展開なので楽しみにしています。

今のところ物語の目的としてはクーデリアさんを地球に送り届ける
というテーマしかなさそうなので、あまり物語に深みがあるようには
感じませんけど、火星圏の独立自治都市クリュセの経済的独立という政治的な
目的が少しあるだけなので。
これといってスケールの大きな物語にはなりそうにないと思いますが、
ちょっとそういったことも期待したいと思います。

ドラゴンボール超 19話 絶望ふたたび!悪の帝王・フリーザの復活! 感想

ドラゴンボール超 19話 絶望ふたたび!悪の帝王・フリーザの復活! 感想



今日はいよいよフリーザさんの登場ですかね。
いつから映画版復活のF編に入っているのか断定できませんが
(映画版ドラゴンボールZ復活のFを見ておりませんので)
もう今回からは確実に入っていると思われるので。

前回、フリーザ軍が登場しましたから。

何だ?どこの惑星だろうか?
妖精のような方々が、そしてフリーザさんがみのむしのようになっている。

そしてフリーザ軍の宇宙船はかなり壊滅しているようだ。

司令官はソルベというのか。

どうやらフリーザさんを復活させる計画。
ナメック星人を探しているようだ。

フリーザが復活すれば宇宙の7割を支配できるシミュレーション。
さすが未来の宇宙船、この表示システム好き。

地球に狙いを絞っているのか。

ソルベは側近の2人と共に地球にドラゴンボールを探しに行く。

一方、ベジータと孫悟空は相変わらずウイスさんと修業中。

まだまだスピードが足りないらしい。
圧倒的にウイスに劣っている。

ベジータと悟空の欠点を見つけて改善していこうとしているようだ。

そのころ、ピッコロはパンのおもりをしている。
何ということか。
修業しろよ。
ピッコロもウイスさんの所に修業にいけばいいのにな。
暇そうだから。
と、ピッコロは嫌な気配を感じる。

そのころピラフ一味はドラゴンボールを探し当てる。

あーあ、そこへフリーザ軍の2人がドラゴンボールを
奪いに来ます。

まあそういうことになりますね。

ソルベがピラフの背後の壁に向かってエネルギー弾を放ち、壁を破壊し、
おどしています。
洞窟のようなところですけど。
でもあまり強そうではない。
学者系のフリーザの配下のようだ。

ピラフ一味の立ち合いで神龍が出てくるわけか。

神龍登場。

そうか、フリーザの肉体はバラバラのままなのね。

わらった、「ずいぶん偉そうだな」と神龍に言われてしまう。
最近の神龍は何かユーモアになっている。
まあ神龍よりもえらい存在が多数出てきているのでね。

パパフリーザ様を生き返らせようとしたが、
とそこへピラフ一味の二人がお願いをかなえてしまう。
残りの2つの願いを。

あ、ギニューさん地球にいるのか。
友情出演か?

あっという間にフリーザを回収してまた宇宙に消えてしまったな。
この時代の宇宙船は本当に便利だ。
現代の地球も早くこんな時代にならないものか。

ギニュー特戦隊とドドリア、ザーボンがいなくなったら
反乱を起こされているのか。
そうだね戦闘力10000以上の生物が基本的に宇宙では少ないし、
それが軒並みいなくなってしまうと戦いようがないものね。

タゴマという幹部もちらっと見た程度なのね。
フリーザのことを。

フリーザとドドリアとギニュー隊長という見たことのない組み合わせ。
ドドリアとギニュー隊長は顔見知りなのですね。

この時はまだ幹部ではなかったのですね。
それほどの戦闘力ではなかったのか。
常に心配性なのかフリーザの存在について懐疑的に思っているようだけど。

そしてフリーザ軍の最新鋭の機材でフリーザが復活します。

今回はちょっと面白かった。
まあ見たことがないシーンだから、個人的にですけど。

次回はジャコが登場ですか。

いよいよフリーザ軍(フリーザと1000人の兵士たち)
が地球に襲来するわけですね。
ここから面白くなりそうです。

Google翻訳による19話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 19 Despair again! Revival of evil emperor - freezer ! Review。

ドラゴンボール超 Blu-ray BOX1/アニメーション[Blu-ray] Joshin web CD/DVD楽天市場店


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6話 彼等について 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6話 彼等について 感想



先週から宇宙戦が始まった。
ビーム兵器は登場しないので迫力には欠けますが、
なかなか戦闘シーンはよかったのではないかと思います。

ギャラルホルンのマクギリス・ファリド特務三佐は鉄華団を見逃すのですね。
コーラル・コンラッド火星支部長がいなくなったので、
仕事が山積みでそれどころではないようだ。

いつの間にか鉄華団のジャケットの背中には鉄華団のエンブレムが
印刷されているではありませんか。
気が付かなかった。

ガンダム・バルバトスの整備にはとまどっているようだ。
整備経験がほとんどないらしい。
ナディ・雪之丞・カッサパでも子供の頃だけなのか。

約300年前の厄祭戦(やくさいせん)と呼ばれた大規模戦争末期に
72機投入されたのか、ガンダムタイプ。
そのうちの1つがガンダム・バルバトスなのね。

三日月・オーガスは食事中。
彩のカラフルな食事だ。
機動戦士ガンダム(アムロとシャアの)の時のアムロ・レイの食べていた食事に
比べたら次元の違う彩だね。
アムロ・レイの食べていた食事は彩的に美味しくなさそうなのだよね。

アトラ・ミクスタも給仕係として馴染んでいる。

これからの作戦会議。
案内役と後ろ盾を必要としている。
テイワズ?木星圏の集団らしいけど。

木星に行くのか?
航路のお手伝いをフミタン・アドモスが技術指導をしている。
詳細はさっぱりわからなかったが、特別な暗号通信を利用しての
航路の把握システムらしい。
やはり只者ではなさそうなのだけどね、フミタン・アドモス。

そういうわけで通信オペレータになりました。

三日月とアトラは作業中のクルーにお弁当の宅配。
クーデリアさんも一緒に。

アトラ・ミクスタは地球に行くことを知らなかったのか。
おしゃれな服がないから、田舎者と思われないか心配しているが、
そこではないでしょ。
ちょっと軽率な女の子のようだ。
今の服装は普通。
ユニクロやファッションセンターしまむらで売ってそうな系統の服。

クーデリア・藍那・バーンスタインさんは地球の4つの経済圏の1つ、
アーヴラウ(ARBRAU)、(代表は蒔苗東護ノ介(まかないとうごのすけ))に
従属しているクリュセ独立自治区の状況を改善するために
火星の経済的独立を勝ち取ること。

えーと、三日月・オーガスは字が読めない?。
えーそうなの?
学校に行ったことがない子供が多いらしい。
アトラもおばさんに習っただけ?

というわけでクーデリアさんが字の読み書きの先生に就任します。

アイン・ダルトンは鉄華団との交戦について、
マクギリス・ファリド特務三佐に報告します。
特にガンダム・バルバトスについて。

クーデリア先生によるタブレット端末での文字の読み書きの授業です。
三日月・オーガスは文字を反対に書いたりする。

オルガ・イツカとビスケット・グリフォンは今後の作戦について相談です。
まだ鉄華団には荷が重い仕事だから。
だが、前に進む。
三日月・オーガスが常に見ている気配を感じているから。
オルガ・イツカは常にせかされているようだ。

そうか農場をやりたくて三日月・オーガスは
読み書きの勉強をするようになったのだね。
ちゃんとしっかりとした目的があったのだね。

小さい子供たちにも阿頼耶識システムが付随しているのにおどろくクーデリア。

とその時、マルバ・アーケイがモニターに現れてイサリビの返還を要求する。
「俺の船を返せ!」ってね。

と今回はここで終了です。

今回は三日月・オーガスやその他の子供たちが
読み書きができないことに驚きました。
それでMSを操縦したり、戦闘したり、日常生活を高度にこなしていることも。
現代から見れば未来の物語なのに、未来の技術とまったく発展していない
部分が織り交ぜられているのが見ごたえがあります。
技術が進んでも、人間臭い部分はさほど変化していない。
しかも子供を取り巻く環境。
なかなか考えさせられるアニメだ。

ドラゴンボール超 18話 オラも来たぞ!ビルス星で修業開始だ! 感想

ドラゴンボール超 18話 オラも来たぞ!ビルス星で修業開始だ! 感想



今回は孫悟空がビルス星で修業を開始する話です。

破壊神ビルスの元で修業なんて誰もしたく
ないですよね。
あたりまえです。

ビルス星に到着したのをベジータは感じることが
できるようになっている。
神の気配は感じることができないのに。

修業はどうやら
ある意味厳しいようだ。

ベジータもウイス様と敬語で話している。

ビルスの風変わりな部屋での作業が修業。
寝ているビルスを起こさないように
エプロンをつけて。

寝相が悪すぎて攻撃と同じ。

確かにこれなら格闘の修業と同じ効果が得られる
のかもしれないです。

これは修業ではないのか?
ベジータはただの家事手伝いといっているが。
それでも凄い状態。

修業をさせてもらう交換条件。

予言魚も神様の一種なのか。

ウイスデザインの胴着を着て、いよいよ修業です。

重しのついた腕輪に腕を通して
持ち上げる基礎的な修業です。
これを持って星を1周するという
しかも道がどんどん歩いたあとから消えていく。
過酷な修業。

そうすると急に空間がビルス様の寝ている
部屋に移動。
寝相の悪いビルスの攻撃を食らってあっというまに
気絶するベジータと悟空。

まだ駄目なのか。

神の気を感じられる程度ではだめなのか。

そして今度はウイスと格闘修業。
ベジータと悟空、2人がかりで戦うが、
まったく通用しない。

考えながら戦うとスピードが落ちる。

ソルベが登場だ。
フリーザ軍のリーダーが

シャンパ(デブビルス)も登場。
バルス?という女ウイスも星を破壊。

何しに登場したのだろうか?

とここで今回は終了です。

今回はちょっとだけ修業が始まったけど、
丁寧な修業なのだね。

次回はフリーザが復活するのか。
もうひょっとして復活のF編に入っているのね。

女ウイスの名前調べたら、ヴァドスというのね。
バルスに聞こえたからそう書いたけど、ヴァドスという名前のようだ。

Google翻訳による18話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 18 Also came Ola! It's apprenticeship started in Builth star! Review。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5話 赤い空の向こう 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5話 赤い空の向こう 感想



作戦の契約ですか。
地球降下作戦のね。

ギャラルホルンの司令官はなぜに怒っているのか。

クーデリアさんは見張り台?にいる三日月のところへ。

食べ物は何だろうな?
たまにはずれがあるって。
三日月がいつも食べてるもの。

次の日?
いきなりアトラ・ミクスタが鉄華団にやってくる。
炊事係として雇ってくれと。
採用される。

火星やし?
アトラ・ミクスタが持ってきたものはヤシの実?なのか。
アブラヤシの実かな?
ナツメヤシの実(デーツ)かな?
どちらだろうか?
これが三日月がいつも食べてるものの正体なのね。
サクラちゃんからの差し入れみたいなものなのか。

オルクス商会?あっさり裏切ってるね。
ギャラルホルンのコーラル・コンラッド司令官と繋がっているじゃない。
クーデリア・藍那・バーンスタイン捕獲作戦にもろにからんでいる。

そしていよいよ地球に降下作戦に入る。
マスドライバーから出発。

さっそくオラクル商会の船と接触しようとするが、
ギャラルホルンのMSと艦隊がいて、
トド・ミルコネンが内通していることもあっさりバレてしまう。
もうちょっと複雑な話なのかと思ったけど、
まああっさりと裏切られ、あっさりと
ギャラルホルンとオラクル商会のオラクルの作戦にひっかかって。
複雑な作戦や話でもなかったですね。

ギャラルホルンのMSにあっさりと囲まれる。
クーデリア・藍那・バーンスタインの引き渡しを
要求されるが、ガンダム・バルバトスで抵抗。

ここからMS戦に突入です。

ちょっとだけMSの戦闘があったけど、
味方の昭弘・アルトランの指揮の船が迎えに来る。
これは作戦通りだったのか。
裏切られることを想定していたのですか。
オルガ・イツカ、なかなか賢い司令官です。

この船が母艦になるのか。

コーラル・コンラッドもMSで出撃してたけど
あっさりガンダム・バルバトスにやられてしまう。

ギャラルホルンのMSもかなり圧倒されてる。

昭弘・アルトランもグレイズ改で戦闘してるけどまだ慣れていない模様。
阿頼耶識システムもないので。

そしてガエリオ・ボードウィン特務三佐もガンダム・バルバトスと対決。

「(ガンダムという)その名を冠する機体は幾度となく歴史の節目に姿を現し、
 人類史に多大な影響を与えてきた」
マクギリス・ファリド特務三佐の話。

300年前の機体だからたくさんガンダム○○という名前が過去に
あったのですかね。
あっても不思議でもなんでもないですけど。

マクギリス・ファリド特務三佐もMSで戦闘に入る。

このマクギリス・ファリド特務三佐はすごいな。
相手のMSとパイロットの特性分析がすごい。
それをもとに戦闘パターンを考えられるのか。
しかも瞬時に行動。
とても有能なパイロットだ。

一方、オルガ・イツカの方は隕石にアンカーを打ち込んで強制回頭?。
オルクス商会の船に突っ込んでいく。

三日月のガンダム・バルバトスは2機のシュヴァルベ・グレイズ
にだいぶ苦戦をしているようだけど、
何とか切り抜ける。

相手のパイロットの正体もわかったようで、
「チョコレートの隣の人」
「チョコレートの人」
と呼ばれる。

さくらちゃんの畑でチョコレートもらったからね。

最後はコーラル・コンラッドがボコボコにされて
ギャラルホルンのマクギリス・ファリド特務三佐
のところへプレゼントされる。
しかたないな、裏切者だから。
ギャラルホルンで処置をしろっていう意味らしい。

今回はここで終了。
今回は戦闘シーンがちょっと面白かったかな。
ビーム兵器が出てこないので迫力には
欠けるし、破壊力がそれほどないようだ。

バルバトスの斧のような武器だけは効果が高いようだが、
それ以外の武器はMSの装甲に傷をつける程度のようだ。
まあそれも複数回直撃できればかなり有効かもしれないという戦闘。
あまりガンダムでは見ることのない戦闘なので、
ちょっとこれはこれで面白いかも。

次回の物語は次回予告を見てもさっぱりわからないので
今は何も言うことは無い。

ドラゴンボール超 17話 パン誕生!そして悟空は修業の旅へ!? 感想

ドラゴンボール超 17話 パン誕生!そして悟空は修業の旅へ!? 感想



パンが生まれる話でしたか。

あ、もう生まれてた。
家がデカいな。
ミスターサタンと同居しているのかな?

学者の卵としての学会から帰ってきた孫悟飯はグレートサイヤマンに変身。
何だこれは。

パンのための娯楽か。

毎日やってるのか。

そこへチチがやってくる。

孫悟空のような戦闘バカにするのが嫌なので。

ミスターサタンは武道家にしたいようだけど。

そのころ、孫悟空は畑仕事か。

街ではブルマの乗った車が横転。

強盗だかと接触したから。

それを追いかけるブルマ。

警官になったクリリンに取り調べられる。

切符もきられる。

そこへ孫悟飯からチチが立てこもってると連絡が入る。

うーん、何故にこのような展開になったのか。

一緒にやってきたブルマを立てこもった部屋の中
に入れてガールズトークですか。
パンと教育とサイヤ人について。

ブルマがベジータが半年以上ウイスの所へ
修業に言ってる話をしたら孫悟空が部屋の壁を
ぶちやぶって入ってきて驚いていた。

というか、半年以上連絡取ってないのか。
ベジータとはともかくブルマからは近況くらい
いつでも聞けるだろうに。

孫悟空もウイスの所で修業したいが、ウイスが1か月か2か月後じゃないと
地球にはこないので。

クリリンはベジータの気を感じて瞬間移動を提案するが失敗。

ブルマからスマホをもらって連絡待ち。
パンのためのビックリバーティのための連絡用とか嘘をついてるけど。
チチにはね。

あやしい気配を感じた孫悟飯に警戒される。

孫悟空は畑仕事をほっぽりだして、
ウイスの所に合いに行く。
ブルマの家だけど。

そして修業の申し出をする。

相変わらずウイスは食事しに地球に来るのか。

孫悟空は我慢できずにウイスの食事の邪魔ばかり。

とそこへ孫悟飯たちやってきて、チチに怒られる。

しかし帰ろうとするウイスに無理やり飛びついて
修業に向かってしまった。

今回はここで終了。
うーん、今回も大した話は無かったな。
パンはすでに生まれていたし、パン自体のおもりのシーンが少しあるだけで、
あとはパンはさほど関係なさそうな展開だった。

次回はフリーザの配下とデブビルスが登場のようだ。

Google翻訳による17話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 17 Pan birth! And Goku journey of study! ? Review。