機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第21話 還るべき場所へ 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第21話 還るべき場所へ 感想



火星の桜・プレッツェルの畑の映像は凄く綺麗だな。
どういうわけか、火星の映像からです。

地球では、まだ、ビスケットはまだ、いろいろと悩んでいるようですね。
海岸でひとりで海を眺めているので。

と、ギャラルホルンの戦隊がせまっているのですね。

セブンスターズの第1席、イシュー家の娘に目をつけられている。
お公家さんのカルタ・イシューさんですね。

結局、鉄華団は蒔苗東護ノ介を連れて、島を脱出することになりました。
まあ、これしか方法はないですからね。

脱出する艦の手配って、モンターク商会に依頼したのね。

一方で、オルガとビスケットはこの先どうするのかを話し合うと
思いきや、今はこの島を脱出することにお互い専念するらしい。

そして、鉄華団は脱出準備です。
物資の整理やらなんやらで。

そして、ギャラルホルンの艦隊が島を攻撃してきました。

ギャラルホルン艦隊の攻撃はミサイル主体かと思っていたが、
MSの出撃してきましたね。
しかも、上空からも新手がやってきました。

海上戦では、ラフタ・フランクランドとアジー・グルミンの漏影が
圧倒していましたが、上空からやってきたMSには、
ノルバ・シノの流星号も苦戦。

グレイズリッターというMSなのか。
地球外縁軌道統制統合艦隊の緑のMS。
そして、カルタ・イシューが搭乗する指揮官機と思われるものも。
集団行動のような戦術でガンダム・バルバトス、流星号、
ガンダム・グシオンリベイクに挑んでいきますが、
圧倒されてしまいます。
騎士の剣のような武器も装備していますが、見た目ほど強力なMS
ではなさそうですね。

MS戦だけではなく、モビルワーカーや兵士も島に上陸してきました。
しかし、これは、ビスケットの読み通りにようです。
この部隊は水上別荘のような建物に向かっているようです。

うーん?水上別荘のような建物も戦闘状態に入りましたが、
この建物の和室の中からモビルワーカーで攻撃していますね。
この建物は木造建築のような建物ですが、こんな重量のある機材を
部屋の中に入れて耐えられますか?
外観からは想像できない、普通の構造ではないのか?
ちょっと驚愕のシーンです。

この屋敷に誘い込んで、上陸部隊を壊滅しようというのか。
それにしても、その連絡を受けた、カルタ・イシューの表情が凄い。
目を見開いて、目がまんまるになって面白い。
まるで、目玉焼きのようになっている。

クーデリアさんやアトラ、蒔苗東護ノ介たちは海上から船で脱出
するために森の中に集まっている。

MS戦は鉄華団が圧倒して、あっという間にカルタ・イシューの
指揮官機だけになってしまったようだ。
本当に見た目だけだな。
見た目はなかなかカッコいい機体だと思ったのだけどな。

カルタ・イシューと三日月のガンダム・バルバトスが戦っている間に
後ろにいる、オルガとビスケットの乗るモビルワーカーが狙われます。

やっぱりやられちゃった。
カルタ・イシュー機以外にもまだ2機いた。
その2機にガンダム・バルバトスがつかまっている間に。

オルガとビスケットの乗ったモビルワーカーは追いかけられ、
ビスケットの指示で手を放したオルガはふっとばされて、軽傷。
一人になったビスケットはカルタ・イシュー機にふっとばされて大けが。

2機のグレイズリッターを振り払って、やってきた、ガンダム・バルバトスに
後ろからつかまり、ふっとばされるカルタ・イシューの機体。
地面に叩き付けられ、踏みつぶされようとしています。

ああ、結局、ビスケットはやられちゃいましたか。
まだ、生きて、妹たちのためにすることがあったのですが。

今回はここで終了です。
今回は戦闘シーンが多く、見ごたえがある回でした。
といっても、鉄華団のMSが圧倒するだけで、ギャラルホルンのMSは
ほぼいいところはありませんでしたが。

カルタ・イシューとその部下たちのMSも期待外れもいいところです。

最後にビスケット・グリフォンはやられてしまったことは残念です。
いい参謀だったのですが。
スポンサーサイト

ドラゴンボール超 33話 驚け第6宇宙よ!これが超サイヤ人・孫悟空だ! 感想

ドラゴンボール超 33話 驚け第6宇宙よ!これが超サイヤ人・孫悟空だ! 感想



いきなり、ボタモが体全体を使って弾みながら、孫悟空を攻撃。
ボタモは余裕の展開。

孫悟空の動きが悪すぎると思いきや、食べすぎが原因のようだ。

ボタモは口から気功波類の攻撃をしますが、孫悟空にはまったくあたらず。
そして、孫悟空もかめはめ波でお返ししますが、こちらもボタモの体には
まったく通用しない。
体がゴムのような状態のようだ。

孫悟空は体を中心に攻撃しますが、ゴムのような体だから通用しないのか?
ジャコの解説によれば、攻撃を異次元空間に転送して、衝撃を受けないように
しているという解説。
確かに、そのようにも見える攻撃のかわし方をしています。

ボタモという選手は、特殊能力を持っているのだろうか?

ベジータに頭を使えと、叱責された孫悟空は攻撃をやめて、
ボタモの足を持ち、倒したうえで、引きずって、舞台の際に持っていきます。
そして、ボタモが立ち上がったら、すぐに、背負い投げをして、ボタモを
場外に落とします。
これで、孫悟空の勝利となりました。
なんというか、面白くない展開です。
ボタモ、期待外れすぎる。

ここで、シャンパから、いろいろなクレームが入りますが、
ルール上では問題がないので、老界王神やブルマやクリリンなどから、
問題ないということで、試合は進んでいきます。

次は第6宇宙のフリーザのような選手です。
フロストという名前のようです。

声もフリーザと同じ声をしております。

孫悟空へのあいさつと観客のみなさんへのあいさつが
非常に紳士的で丁寧で素晴らしいです。
こちらのフリーザ似のフロストさんは、ものすごくいい人のようです。

いきなり、孫悟空の頭を狙ったテクニカルな攻撃が印象的でしたが、
孫悟空から力の探り合いはやめようか、みたいな話があり、
第7宇宙のフリーザと戦ったことがあるので、
フロストに向けても、最終形態で戦えと話をします。

そうすると、フロストはフリーザでいう、第3形態にそっくりな見た目に変身します。
本当にこの姿が最終形態なのでしょうか?

これは突撃形態という姿で、第6宇宙の悪人退治のためにこの姿で活動しているらしい。
第6宇宙の平和を維持するための戦士のようだ。

なかなかいい試合をしている気がします。
フロストも「あーたあたたたたたたぁー」って
北斗の拳のケンシロウとそっくりの攻撃をしてますね。
ここは笑うところなのだろうか?

ここでやはりパワーアップしますね。
孫悟空は超サイヤ人に、そして、フロストも最終形態になります。
やはり、フリーザとほぼ同じ姿です。
最終形態は力の制御が難しいらしく、この姿で悪人をやっつけてしまった
過去があるようで、そのために、最終形態になるのを長年控えていたようです。

孫悟空相手には、大丈夫そうという判断で最終形態になりました。
まあ、孫悟空になれって言われたんですけど。

フロストは最大の力で孫悟空に挑んでいきますが、
攻撃をすべて跳ね返されてしまいます。
やはり、超サイヤ人には最終形態でも歯がたたないですかね。

しかし、子供たちに諦めずに立ち上がれと教えてきたフロストは、
最後の一撃でおかしな攻撃をしましたね。

なにげない、孫悟空の手にやわらかな一撃でしたが、
その直後、孫悟空がフラフラになりました、
そして、孫悟空に蹴りを入れ、ふっとばし、場外にしてしまいました。

これは想定外の結果です。
特殊能力っぽい気がするのですが。
何の技なのでしょうかね?

と、今回はここで終了です。
フロストの意外な技?と孫悟空の敗戦が意外性があって面白かったかもしれません。
フリーザに比べると、テクニカルな部分に秀でているようですね、フロスト。
単なる戦闘好きとは格段に違うようです。

次回はフロストvsピッコロになるわけですね。
本来はピッコロはフリーザよりも圧倒的に強くなっているわけですので、
苦戦を強いられるわけではないんですよね。
18号などと同レベルかそれ以上になっているはずなので。
しかし、復活したフリーザとの戦いでは、どうやら、戦力が低下している
ような印象だったので、修行はそれほどやっていないのではないでしょうか?

次回では割と対等に戦っているようですが。
それでも、絶頂期よりも大幅にパワーダウンしているようにしか感じませんよね。
ここが残念なところだ。
修行を続けてるか、魔人ブウ編でもバビディと戦っているので、
セルjr級にはパワーアップしていてもよさそうな感じもしているのですが、
実際はそれほどの戦闘力にはならなかったのでしょうかね。
やはり残念でなりません。
サイヤ人のレベルにはついていけなくなっていますが、
ピッコロはピッコロなりにパワーアップしてほしかった、
というのが個人的な感想です。

Google翻訳による33話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 33
Astonished sixth universe! This is a Super Saiyan, Son Goku! Review。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 20話 相棒 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 20話 相棒 感想



地球に到着して、三日月を眺めながら、物資を運んでいる鉄華団の一行。
三日月の映像が結構、綺麗でいいな。

と、そこへ、綺麗な海の上の別荘のような場所にいたおじいさんが話しかけてきます。

その頃、アイン・ダルトンは再起不能のようだ。
再生装置?まあ、医療装置なのでしょうけど。
その中で横になっている。
ほぼ、回復は不可能なようだ。

地球では、大変綺麗で穏やかな海の風景。
すごく綺麗な映像だ。
南国リゾートの透き通った海の色をしている。

日本にもこのような綺麗な海やリゾート地があるといいな。
沖縄県には、ありますけどね。
沖縄県古宇利島とか、久米島のはての浜とか、川平湾とか、
竹富島にあるコンドイビーチとか、宮古島の砂山ビーチとか、
長崎県の人津久とか、ものすごく綺麗な海がありますからね。
ほぼ、沖縄県ですけど。
沖縄以外にもたくさんあるといいですね。

物資を運んだり、ガンダム・バルバトスの整備について、
いろいろと話し合っているところに、何やら、スーツ姿の男性から
差し入れがありました。

鍋に入っているものをアトラ・ミクスタが蓋を開けたら、
中から、魚のカレイ?ヒラメ?が飛び出してきました。
魚に詳しく無いので、どちらかわかりませんが、
ラフタ・フランクランドはカレイ。
エーコ・タービンはヒラメと言っています。

鉄華団の一行の大半は魚を見たことが無いのだろうか?
食べ物かどうかすらわかっていないようだったけど。
教育の問題なのだろうか?
文字もかけないレベルだから?

アイン・ダルトンに上官の敵を討たせたいという
ガエリオ・ボードウィンと、そのために、阿頼耶識システムを
利用するべきと主張するマクギリス・ファリドの会話があります。
やはり、阿頼耶識システムを利用して、強化人間のように
しないと生存が難しいのですかね?
アイン・ダルトン。
マクギリス・ファリドはガエリオ・ボードウィンに対して、
お前はまだ阿頼耶識システムの本当の力を知らないと言っていますが、
まだ、秘密の力が隠されているのですかね。
これ以上?

その頃、鉄華団一行のうち、クーデリア・藍那・バーンスタイン、
オルガ・イツカ、ビスケット・グリフォン、メリビット・ステープルトン
の4人は、水上の別荘のような家のおじいさんに面会しに行きます。
何やら交渉事があるようで。

夕日とその光が映った海面の映像がすごくいい。
緻密な表現がなされている。

鉄華団とタービンズのメンバーはお食事です。
さきほどのカレイかヒラメかを料理しました。
煮つけのような料理のようだけど、
やはり、魚を食べ物だと思っていないので、
ほぼ手を付けない。
アトラとタービンズの女性たちだけ食べてる。

一方、おじいさんとの交渉の場では、おじいさんは名前を蒔苗東護ノ介
と名乗っている。

オセアニア連邦の管轄地域内なのね。
というか、日本人なのか?
名前からして、日本人だけど、場所は沖縄県かそれに近い場所なのかな?

蒔苗東護ノ介の話ではドルトコロニーの労働者団体の交渉はうまくまとまった
と言っている。
いつの間にはそのような展開に。
何があったのか?
怪しい展開でもある。

それが、オセアニア連邦や他の地域にも経済的な恩恵があるとかなんとか。
という理由で、そのきっかけになった鉄華団を歓迎してくれているようだ。

蒔苗東護ノ介は協力者のようだけど、今は失脚して、社会的な立場が微妙らしい。
本人はまだ、逆転できると言っているけど。
蒔苗東護ノ介は鉄華団を利用して、社会的地位の返り咲きを図りたいわけか。

アーブラウという地域の代表者なのか。
代表を決める選挙があるので、会場まで連れて行ってほしいという要求があったようだ。
そして、即決しろと。
オセアニア連邦が鉄華団をかくまっているということに対して、足元を見ているようだ。
やはり、ただのいい人ではないわけですね。

このアニメは感じの悪い権力者というか、成金のような人たちばかりが世界の上層部、
というか、その側面に多数いるようだ。

鉄華団は今後の方針について、会議をしていると、ユージン・セブンスターク
から、みんなが無事で、オセアニア連邦にかくまわれているという連絡が入ります。
そして、名瀬・タービンとも話し合いです。

映像ではマクマード・バリストンとノブリス・ゴルドンが何やら話し合いをしていますが。
引き続き、この2人は何やら裏工作に忙しいようだ。

名瀬・タービンと相談した結果、蒔苗東護ノ介の話に乗ることに決定。

ビスケットはユージン・セブンスタークからの連絡を受けてから、
様子がおかしくなりましたね。
今後の方針をオルガから伝えられると、方針に逆上して、
鉄華団をやめるといい、喧嘩別れします。
お兄さんがね。

オルガもその話をメリビット・ステープルトンから聞いたようです。

一方、クーデリアさんは三日月とアトラとお食事です。
こちらはカレイ、ヒラメではなく、真鯛のようですね。
何とも鮮やかでものすごく綺麗な色をした真鯛の食事です。
これはとても美味しそうです。

みんながそれぞれに悩んでいるところにですよ、
蒔苗東護ノ介から連絡が入ります。
交渉の是非についての回答をよこせ、という内容かと
思いきや、ギャラルホルンが動いているとの連絡。
オセアニア連邦でも抑えきれない人物がギャラルホルンの
内部にいると。
その指揮官の名前はカルタ・イシュー。

また、この女性のお公家さんか。
相当な人物だな。
想像以上の権力者のようだ。
あと、執着心が凄い。

今回はここで終了です。
今回は話の展開があまりなかったけど、
今後の方針が若干明らかになりました。
とにかく、いろいろと利用して、ギャラルホルンに対抗しないと
先は無いわけですね。
鉄華団とクーデリアさんにとって、関門続きとなりますが。

次回はお公家さんもMSに登場して戦うようだ。
どれほどのパイロットなのか楽しみだ。

ドラゴンボール超 32話 試合開始だ!みんなで「なまえの無い星」へ! 感想

ドラゴンボール超 32話 試合開始だ!みんなで「なまえの無い星」へ! 感想



今回はいよいよ、第6宇宙の代表戦士たち格闘大会のお話ですね。

なんで、いきなり、デンデとミスターポポのテニスのシーン?

孫悟空とベジータは精神と時の部屋で激しい修行中です。

地球ではウイスさんが用意した、透明なキューブの中に入り、
試合が行われる星まで行くのか。
途中でビルスとモナカと合流もするらしい。

ついでに、ジャコと銀河王と呼ばれるキャラクターも登場。

そして、悟空とベジータも到着。

そして、あっという間にビルスの星に到着。
ビルスとモナカも合流です。

モナカさんは小さい赤い体をした変な見た目のキャラクターです。
モナカとは、乳首の意味のようだ。
紳士的なキャラクターだ。

力を確かめるために、孫悟空はモナカの顔面に一撃を加えるが、
おもいっきり顔面に一撃が食い込む。
半泣きなモナカさんです。

移動中のキューブの中で食事をとりますが、
モナカさんは小食のようだ。

そして、名前の無い星にあっという間に到着。
巨大な惑星大の超ドラゴンボールの存在に圧倒される
孫悟空とベジータです。

会場に到着しましたが、観客席のデザインが気に食わないので、
ウイスさんが豪華な観客席に変えました。

そして、戦う戦士はペーパーテストを行いにいきます。
その途中、界王神たち一向にも会います。

第6宇宙の界王神たちも登場です。

ペーパーテストの会場には第6宇宙の戦士たちもすでにいる。
そこには、フリーザのような戦士もいる。
そして、サイヤ人も。

第6宇宙のサイヤ人は見た目が貧相だ。

超紳士的なサイヤ人だ。
星を奪ったりはしないらしい。
いろいろと第7宇宙とは世界の状況が違うようだ。

ペーパーテストの内容が小学生レベルじゃないか。
何とか4人はクリアしたが、ブウは眠ってテストどころではない。

そして、試合が始まります。

最初の戦士はいきなり、孫悟空か。
第6宇宙の方は、クマのような見た目の戦士、ボタモ。
そして、試合が始まります。

今回はここで終了です。
うーん、本当にモナカの力が凄いのかどうか、まったくわかりませんね。
それと、いろんなキャラクターが登場して、かなりのコミカルな内容になっている。
宇宙歌という、開会の歌も「宇宙は広い」で終わり。
ちょっとしたギャグだ。

しかし、第6宇宙の戦士たちはあまり強くなさそうなのだよね。
昔のパイクーハンとかが出場していた大会のようなレベルなのかもしれない。
まあ、それ以上でないと、物語として成立しなさそうなのだけど。
始まってみないとわかりませんけどね。
ここから、しばらくは、格闘の話になりますね。
第6宇宙の戦士たちには興味がありますね。

Google翻訳による32話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 32
Match - a start ! Everyone to " no name star " ! Review。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 19話 願いの重力 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 19話 願いの重力 感想



今回は、何の話なのだろうか?
まだ物資を運んでいるのか。

イサリビ艦内は、地球に向けて準備中のようだ。

クーデリアさんと三日月は、何故か握手。
革命に対しての意気込みなのかな。

一方、地球外縁軌道統制統合艦隊司令官、カルタ・イシュー
も何だか張り切っているな。
ガエリオ・ボードウィンとの会話が面白かったけど、
知り合いのようだ。
あと、マクギリス・ファリドには、大変嫉妬している。
顔を赤らめて。
どうやら、マクギリスが好きなようだが。

ちょっと、めんどくさそうな性格の女性だ。

イサリビのMSデッキでは、流星号の整備。
こちらもユージン・セブンスタークの意気込みがすごい。

ガエリオ・ボードウィンの方は、ガンダム・キマリスの整備が整ったのね。
カルタ・イシュー一佐とは幼馴染らしい。
マクギリスもそうらしい。
カルタ・イシューの方が階級が上なのね。

子供の時の回想シーン。
いじめられてるな、ガエリオ。
カルタ・イシューの方はすごくお嬢様育ちのような見た目。
そして、マクギリスはちょっと攻撃的な目と見た目。

マクギリス・ファリドもいろいろと語っているな。
自分の艦で。
育ちが複雑なようだから、いろんな立場の人たちにいろいろな思いがあるようだ。
全部、独り言のようだったけど。

そして、戦闘に入ります。
地球外縁軌道統制統合艦隊の総攻撃の間をイサリビは、艦を盾に突っ込んでいきます。
なかなか、すごい作戦です。

なんかすごいな。
阿頼耶識システムでユージンが前の艦を操作しているのか。
それでさらに突っ込んでいくという無謀な作戦です。

前の艦が砲撃されて、何かばら撒きましたね。
レーダーをかく乱するためのナノラミネートアーマーの破片を
ばら撒いたのですね。
それを目くらましのように使用している間に突破。

前方に浮かんでいるコロニー?なのか。
その丸い部分をそのまま破壊し、地球外縁軌道統制統合艦隊
の攻撃を分散する作戦なのか。

別にオルガたちはシャトルに乗って地球に降下しようとしていますが、
そこをアインとガエリオの2人に捕捉され、攻撃されます。

アインとガエリオ、そして、鉄華団の3機、地球外縁軌道統制統合艦隊
のMS、そして、タービンズからラフタ・フランクランド、アジー・グルミン
の漏影という百錬を改造したMSが入り乱れて戦闘に入ります。

背景の地球の映像が大変綺麗ですね。

激しい戦闘のさなか、流星号がアインのシュヴァルベ・グレイズ
に追い詰められますが、ガエリオのガンダム・キマリスも苦戦しているので
そちらを助けに行ったが、ガンダム・キマリスをかばって、ほぼ全壊。

アインやられちゃいましたね。

さらに新手のMSが。
緑色の地球外縁軌道統制統合艦隊のものらしきMS。
そして、そこへ赤いMSが。
グリムゲルデというのか。
かなり強力なMSだ。

もう大気圏に突入してるのにMS戦。
チョコレートの人、マクギリスが搭乗のグリムゲルデは、離脱しましたが、
三日月のガンダム・バルバトスと追いかけてきた地球外縁軌道統制統合艦隊
のMSは激しい戦闘。
このMSのパイロットはかなりの技術だ。
結局は、やられてしまいますが。

なかなか大気圏突入の映像は素晴らしい。
綺麗で精細で出来が良く感じる。

ガンダム・バルバトスは、どう大気圏で持ちこたえるのだろうか?
三日月は昔のオルガとの子供の時の回想をして、
まだ地球でやることがあるのを思い出しているようだけど。

オルガたちのシャトルは、無事、地球に到達した。
ガンダム・バルバトスもやっつけた地球外縁軌道統制統合艦隊
のMSをシールド代わりにして、なんとか、あっさりと持ちこたえました。
もっと、ガンダム・バルバトスに隠された機能でもあるのかと
期待しましたが、そうではありませんでした。

地球に到着したら、空には三日月が輝いていた。

今回は、ここで終了。

ストーリとしては、そんなに中身があるような話では無かったが、
大気圏内での激しい戦闘が、特によかったと思います。
戦闘シーン全体はかなりよかった。
ちょっと数が多すぎかもしれないですけど。

今回は、綺麗で精細な映像が大変よかったです。

次回は、あの綺麗な南国風の海に浮かんだ別荘
のような場所にいたおじいさんとの面会ですね。

ドラゴンボール超 31話 ズノー様のもとへ!超ドラゴンボールのありかを聞き出せ! 感想

ドラゴンボール超 31話 ズノー様のもとへ!超ドラゴンボールのありかを聞き出せ! 感想



先週は残りのメンバーが決定したところで終了しましたが、
今回は修行に入るのですかね?
ズノー様という生物?に超ドラゴンボールのことを尋ねに行くのが
メインのようですが。

銀河パトロール隊員ジャコと一緒にブルマはズノー様のところに行くわけですね。
現在は銀河パトロール中なのね。

ジャコは自分の宇宙船から隕石を攻撃して、天然記念物なるものを破壊したようだ。
意外と強力な兵器を装備しているようだ。

そして、地球に到着です。
ブルマたちと会話。

ジャコでも宇宙の中心には行けないのね。
管轄が基本的に違うらしい。

ズノー様は地球の近くの惑星にいるのか。
何でもわかるという能力を持っているらしい。

そして、ブルマとジャコはジャコの宇宙船に乗ってズノー様の元へ。

ジャコもいろいろと格闘大会の事情を聞いて、
格闘大会の観戦をしたいようだ。

ブルマとジャコは子供の時からの知り合いなのですね。
先週の次回予告の子供はブルマの子供時代だったのか。
ブラではなかった。
そして、ブルマのお母さんの若い時の映像が。
ブルマよりもお姉さんのタイツに似ているのかな?
髪の毛の色は金髪でタイツと同じ。
そして、見た目はアイドル系の見た目。
今とはかなり感じの違うブルマのお母さんです。

ブルマはやはり子供の頃から天才児だったのですね。
子供でもジャコの宇宙船を自在に乗りこなすことが
あっという間に出来てしまったようだ。

あ、でも、そうすると銀河パトロール隊員としてすでに活動してたジャコ
はブルマよりもだいぶ年上ということになりますね。

あ、今調べたけど、ブルマのお母さんではなくって、姉のタイツだった。
姉のタイツの若いころの姿だった。
まあ、どちらにしてもブルマよりはだいぶ年上のようだけど。
若いころは髪の毛が長かったのね。
タイツさん。

CMを挟んで、2人はズノー様の星に到着。
和風の巨大な屋敷が。
そして、昔の武士のようなお付の人たちがお出迎えです。
しかし、予約が無いと面会できないらしい。

そこへ、ゲップマンという食い逃げ犯がやってくる。
着ている服の下半身の部分がサイヤ人やフリーザ軍の兵士の
戦闘服に似ているデザイン。

ブルマはあっさりと諦めるな。
しかし、銀河パトロールジャコは、ゲップマンは正体がバレて、
ズノー様のお付の人を人質にとります。

あっという間にゲップマンをやっつけます。
意外と戦闘力が強いのかもしれない。

そして、ズノー様と面会です。

巨大な武士のような生物です。
ズノー様って頭脳という意味でしょうかね?
今更気が付きましたが。

ズノー様のほっぺたにキスをすると質問できるらしい。
ブルマは全部で3回。

そして、超ドラゴンボールの歴史についてと、
第6宇宙と第7宇宙に全部で7つということがわかった。

そうか、だからシャンパは第6宇宙にも探しに来ていたのか。

用事が済んだジャコは牛乳とチーズをお土産に帰っていきます。

何だ、ここで今回は終了。

ズノー様に質問しに行った割には大したことがわからなかったな。
質問の仕方がよくわからなくて、大失敗だな。
結局、大昔に誰が作ったとか、あとは通常の今までのドラゴンボールと
使い方はほぼ同じ。
「~叶えてちょんまげ」というのが違うだけなのか。

今回はあまり見どころが無かったな。
次回はいよいよ、孫悟空とベジータの修行。
そして、格闘大会の開催です。

Google翻訳による31話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 31
Go to Zunow -like place! Hear the location of the super Dragon Ball! Review。

総務省が「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」高坂桐乃を18歳選挙告知に起用

総務省が「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」高坂桐乃を18歳選挙告知に起用



総務省のキャンペーン「俺の妹が18歳選挙キャンペーンモデルになるわけがない」は
18歳になった高坂桐乃が「18歳選挙」についてわかりやすくレクチャーするというもの。

伏見つかさ書き下ろし小説が掲載された小冊子をシンポジウムや
3月13日に秋葉原で開催される「電撃文庫 春の祭典2016」で無料配布する。

いやぁ、やりすぎじゃないの?
何でもアニメとコラボレーションっていうのも。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は千葉市が舞台らしいから、
千葉モノレールにもラッピング電車があるらしいけど。
あ、今はどうだかわからないけど。

アニメはちらっとしか見たことはないけど、このキャラクターは知っている。


総務省が俺妹・高坂桐乃を18歳選挙告知に起用
『俺の妹が18歳選挙キャンペーンモデルになるわけがない』

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 18話 声 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 18話 声 感想



ギャラルホルン、 アリアンロッド月外縁軌道統合艦隊の綺麗な映像と
クーデリア・藍那・バーンスタインの演説の放送から今回は始まります。

ドルトコロニー群でのテロと生活の現状を事情説明しています。

クーデリア・藍那・バーンスタインとイサリビはアリアンロッド月外縁軌道統合艦隊
に包囲されているが、自分の考えが間違っていると思ったら
攻撃しなさいと宣戦布告のような状態になりますが、
アリアンロッド月外縁軌道統合艦隊は停戦して、イサリビの航路を開けます。
なぜでしょうね?

アフリカユニオンという組織の要請で?
国際的な信用が失墜しないように。

そしてそれを眺めていた仮面の男とトド・ミルコネンがいます。
トド・ミルコネンはこんなところで再登場。
仮面の男のお付の人になっているのか。
なかなかしぶとい人物だ。

そして、一行はタービンズと合流、今後の進路の打ち合わせ。

とそこへ、モンターク商会と名乗る仮面の男の船が接近してきます。
何かの交渉でしょうか?
商談の話?
怪しすぎる。

ギャラルホルンのガエリオ・ボードウィン特務三佐の艦では
ガエリオとアイン・ダルトンの会話。
お互いに戦場で助け合っての会話です。

火星出身だから差別を受けて負い目があるのですね、アイン・ダルトン。
クランク・ゼント二尉には励まされてきたそうですが。

その頃、ハンマーヘッド艦内ではモンターク商会と名乗る仮面の男
との商談が始まっていました。
地球降下船を手配する用意があると、クーデリア・藍那・バーンスタイン
のお手伝いをしたいというパトロンの申し込みのようです。

そして、この作戦が成功したらハーフメタル利権にも参加したいという意向。
ハーフメタル?、なんですかねそれ?

モンターク商会からの?物資の補給を受けて、艦内の通路で三日月とオルガ、
ビスケット、そして仮面の男が出くわしますが、三日月は仮面の男を見て、
チョコレートの人と言います。

仮面の男の正体があっさりとマクギリス・ファリド特務三佐であることが
あっさりとバレます。
オルガとビスケットは驚いたり、焦ったりと動揺していますが、
仮面の男もあっさりと正体を明らかにします。
なんという展開。
こんなにあっさりと正体が判明してしまうとは。
視聴者としては声がそっくりなので同一人物だとは分かりやすい部分が
ありましたが、物語の登場人物も同じレベルで正体を把握するとは。
やはり声が同じだからすぐわかるのか。
それとも、チョコレートの人だからチョコレートの臭いでもするのか。
いずれにしてもあっさりすぎる感想です。

マクギリス・ファリド特務三佐はギャラルホルンを内部から改革したいという
意向を持っているようで、そして、鉄華団とクーデリア・藍那・バーンスタイン
は外側から改革を手伝ってほしいというお願いをします。

利害が一致しそうなので、そういった申し出になったようだ。
ちなみに、仮面の男の正体は他言無用でお願いしますということらしい。
バレたら交渉は決裂。

そのあとは食堂でみんなでお食事。
三日月、メリビット・ステープルトン、もう一人。
クーデリア・藍那・バーンスタインはタブレット端末で何かを集中して見ている。
そこへ、アトラ・ミクスタがお食事にやってきます。
それにしてもみんな、バラバラの席に座って食事してる。
鉄華団は家族なのに、席はバラバラでお食事。
このあたりの表現は何か意味があるのだろうか?
戦場だから和気あいあいという雰囲気にはならないだろうが、
身を寄せ合ってお食事してもいいんじゃないの?
鉄華団は家族というテーマとはかけ離れたシーン。
かなり気になります。

一方、ギャラルホルンでは地球外縁軌道統制統合艦隊の司令官?指揮官?
女性のお公家さんのような眉と見た目の女性が下士官を従えて、
何かやっていますね?
誰だ?これ。
カルタ・イシューという名前なのか。
面壁九年、堅牢堅固と掛け声をしているようだ。
ガエリオ・ボードウィンもマクギリス・ファリドも小物同然に扱う女性。
そして、振る舞いが大げさ。
何者なのか。

そして、ここはどこだろうか?
イズナリオ・ファリドだっけ?
そして、おばさんの女性と小学生くらいの男の子と、車の中での会話。

そして、ここもどこだろうか?
南国?タヒチやニューカレドニアやモルディブにあるような、
大変綺麗な海にある水上コテージで老人がお酒を飲んでいる。
スパークリングワインか?
しかし、水上コテージは和風建築。
これも誰だろうか?
海の表現が大変綺麗で美しい。

どうやら、この人たちはクーデリア・藍那・バーンスタインの地球への到着を
待ち構えているようだ。
タブレット端末でクーデリア・藍那・バーンスタインの画像を見ながら会話してる。

ハンマーヘッド艦内では名瀬・タービンと姉さんが会話したり、
昭弘・アルトランドとノルバ・シノがシュミレーションをしたり、
それを見ているラフタ・フランクランドが退屈そうにしてたりと
それぞれの日常生活を送っている。

クーデリア・藍那・バーンスタインもいろいろと今後のことについて
悩んでいるようですが、そこへアトラ・ミクスタや三日月・オーガスが
やってきて、支えになることを申し出たり、励ましたりしています。

いろいろ励ましていたら、クーデリア・藍那・バーンスタインは
泣き出してしまいましたね。
動揺したアトラ・ミクスタにどうにかしろと言われる三日月・オーガス。
三日月はクーデリア・藍那・バーンスタインの頭を撫でて慰めます。
それを見ていたアトラも泣き出してしまって、三日月はアトラも一緒に
慰めます。

うーん、なんだこの展開は。

名瀬・タービンやオルガ・イツカが
モンターク商会の提案についての話し合いをしていたところに
泣いてすっきりしたのか、クーデリア・藍那・バーンスタインが
颯爽とした表情で現れます。

モンターク商会の提案にのり、地球降下作戦をするということが決定します。

今回はここで終了です。
今回はクーデリアさんが想像以上に凄い影響力のある立場だということ、
そして、仮面の男の正体と目的、さらに新しいキャラクターの登場と
割と盛り沢山な内容だった気がします。
ストーリー自体の進展はさほどないのですけど。

特にね、地球外縁軌道統制統合艦隊の女性のお公家さんのような
眉と見た目の女性が大変気になりますね。
大変、偉い立場なようだけど。
そして、強烈な見た目とキャラクター。
この人物がどう物語に絡んでくるのか、
それとも、キャラクターが強烈なだけで、対して関係ない人物なのか。
今後の展開が気になりますね。

ドラゴンボール超 30話 『格闘試合』へのおさらい 残り二人のメンバーは誰だ!? 感想

ドラゴンボール超 30話 『格闘試合』へのおさらい 残り二人のメンバーは誰だ!? 感想



今回は第6宇宙の戦士たちと戦うための第7宇宙の戦士たちの
メンバー集めですね。
孫悟空、ベジータ、モナカは決まっています。
残り2人のメンバーは孫悟空とベジータが選んでもよいという
破壊神ビルスの指示。

たぶんピッコロと孫悟飯、トランクスと孫悟天のいずれかに
なると思うのですが、戦力的に。

しかしピッコロさんと孫悟飯は戦力の低下が著しいので、
何とも言えませんね。
ウイスさんと修行すれば相当なパワーアップも見込めますが
時間が5日間しかありませんので。

なぜか大宇宙でピクニックに参加するということになっているらしい。
2人のメンバーを集めるために空を飛んでいたら、クリリンと遭遇。

事情がよく伝わっていないようなので、孫悟空とベジータにより詳細な説明。

しかし、実際の説明はナレーションの人。

前回の回想シーンがずーと続く。
あれ?今回は題名にあるが、おさらいの回か?総集編のような。

有給休暇をもらったクリリンに事情説明するように、前回の回想シーンが続く。
龍田直樹(ウーロンの声の人)。

残りの2人のうちの1人はブウか。
ここでブウが生まれ変わったという話もある。
ウーブのことね。

もう1人はピッコロ。
孫悟飯は胴着もなくしてしまったほど、トレーニングを行っていないらしい。

ブウを格闘試合に参加させようとミスターサタンの家に。
破壊神ビルスのことが嫌いなので参加を渋るが、
超ドラゴンボールでサタンの願いをかなえるために参加を決定。

一方、破壊神ビルスはカップラーメンにはまっているようだ。
砂時計の映像が綺麗だな。

何だ、今度は破壊神ビルスとウイスさんの回想か?

やはり今回は総集編のような回のようだ。

カップラーメンを食べ終わったビルスたちはモナカを迎えに行くらしい。

ここで孫悟空たちにトランクスと孫悟天が合流します。

ピッコロさんと孫悟飯は修行してたのか。

孫悟飯は学会の予定で出場はできないので、ピッコロで決定。

精神と時の部屋での修行も孫悟空とベジータでやるのね。
ピッコロさんはサイヤ人と付き合うと体が持たないということで
1人で精神集中するらしい。
ああ、一緒に修行した方が強くなるのにな、残念だ。
ピッコロさんはもう強くなることにはさほどの興味が無さそうだ。

今回はここで終了。
今回はほぼ前回の回想シーンです。
内容は特になかったです。
格闘試合の残り2人のメンバーがブウとピッコロさんに決定しただけです。

次回はズノー様という超ドラゴンボールのありかを知っている生物?
にジャコとブルマが会いに行きます。
ブルマの娘も登場してましたね。
ブラっていいましたか?
何か飛行機のような乗り物を操縦しているようですが。
ちょっと懐かしいキャラクターが登場したり、
新キャラクターが登場したり楽しみです。

Google翻訳による30話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 30
Recap the remaining two members of the " fighting game " Who is it! ? Review。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 17話 クーデリアの決意 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 17話 クーデリアの決意 感想



フミタンさんの眼鏡から。
まだ、デモ隊の人たちの生き残りがいたのですね。
ギャラルホルンの人たちが鎮圧していますが、
そして、デモ隊の人たちもMSに乗るのですね。

これからデモ隊とギャラルホルンの部隊との戦闘になりそうです。
これでガンダム・キマリスも出撃するのですかね?

アリアンロッド本隊、大部隊がやってきました。
デモ隊のMS部隊は銃弾が出ない?
整備ミスでしょうか?
というか、これが予定通りなのですが。
ガエリオ・ボードウィン特務三佐もそう説明しています。

しかしこれはアリアンロッド本隊の作戦であって、
ガエリオ・ボードウィン特務三佐の艦隊は作戦に
参加しない模様。
この作戦には賛同していない。

鉄華団はこの戦闘に参加するか、しないかをもめています。
クーデリア・藍那・バーンスタインは火星圏だけでなく、
このコロニー群の人たちも同じように虐げられている現状を
察して、ここの人たちを助けないと希望の星になれないと悟ります。
このクーデリア・藍那・バーンスタインの決意によって、
鉄華団もこの戦闘に参加するようになります。

まあ、クーデリア・藍那・バーンスタインの判断は常識的というか、
計算上もこういう判断になりますね。

鉄華団のメンバーは脱出経路を探していますが、ここで、デモ隊
を撮影していたマスコミの方々に出くわします。

ここでクーデリア・藍那・バーンスタインはこのマスコミに
クーデリアさんの意向を放送してもらえるようにお願いします。

タービンズは都合上、参加しませんが、鉄華団の面々は
参加準備です。

一方、クーデリアさんたちはマスコミ用専門ランチで脱出します。

ここで、ガンダム・バルバトスもようやく三日月・オーガスが搭乗し、
戦闘に参加します。

ガンダム・バルバトスがギャラルホルンのMS部隊に圧倒していると
そこへ、ガンダム・キマリスが登場します。
かなりのスピードと性能のようだ。

ガエリオ・ボードウィン特務三佐は我が家の蔵からひっぱりだした、と
言っていますね。
こんなMSが個人の家の倉庫にあるのですか?

ここでオルガたちの乗るランチが通りすがりますが、
イサリビがやってきて、狙われるのを回避します。

アイン・ダルトン三尉搭乗のシュヴァルベ・グレイズが狙いにいきました。

ここで、ノルバ・シノ搭乗のグレイズ改流星号が登場します。
ピンク色でおかしな名前のMSです。

ガンダム・バルバトスとガンダム・キマリスの戦闘も一進一退ですが、
ここで昭弘・アルトランド搭乗のガンダム・グシオンリベイクという
新型のMSが加勢にやってきます。
砂漠色のガンダムですね。

まだ昭弘・アルトランドは阿頼耶識システムに不慣れなようで。

なかなかの激戦の途中ですが、ここで戦闘が終了します。
作戦へのこれ以上の介入が問題?
ギャラルホルン内の越権行為になるのですかね?

ここでクーデリア・藍那・バーンスタインの演説が始まります。
コロニー群で起こっていることをお伝えするために。
ノブリス・ゴルドンが協力してくれたようですね。
ノブリスとの連絡はこのためだったのか。

ここで今回は終了。
今回は新型のMSがたくさん出てきての戦闘がメインだったので
少し面白かったかな。
戦闘以外の話はあまりなかったので感想もあまりないかも。

仮面の男も登場したけど、彼は何が目的なのかよくわかりませんね。
まあ、そのうちわかるでしょうけど。