NHK復興応援アニメ 想いのかけら 感想

NHK復興応援アニメ 想いのかけら 感想



朝、目が覚めて、テレビをつけたら再放送していました。
映像が綺麗だったので、眺めるように見てしまいました。

東日本大震災で被災した佐藤陽菜という13歳の少女と家族と友人たちの物語。

仮設住宅に住む漁師の父親や小学校時代の友人、フィギュアスケート仲間との日常生活。
被害にあった母親との思い出など、佐藤陽菜の日常生活がそのままアニメになっている。

内容は本当に普段の日常なので、特筆するところもないのだけど、
映像は大変綺麗だった。
特に夕日が差し込んで、虹色に描かれてるような雲と空の絵は綺麗だった。

佐藤陽菜は13歳という設定だけど、見た目が小学校中学年~高学年くらいにしか
見えなかったので、そこはちょっと違和感があるかもしれない。
人によっては小学校低学年くらいにも見えそうな見た目なので。

小学校時代の友人みちるからタイムカプセルの掘り出しを提案されて、
小学校のあった場所で掘り出し。

手紙のようなものと緑色のリボンを手に入れる。

小学校時代の友人みちるの引越しが決まったり、フィギュアスケートでのけがで大会に出れず
ちょっとした挫折なのだろうか?、ちょっと感傷的になるシーンがあったような気もする。
しかし、母親との思い出をたどって、立ち直っていく。

掘り出したリボンが母親との思い出の品なのですね。
昔も挫折したことがあって、母親からリボンをつけてもらって、
立ち直ったことがあったようで。

父親が依頼した写真の修復が完了したようで、
その家族の思い出の写真が手元に届く。

その写真を頼りに、昔の思い出をたどっていく。

そして、最後は次のフィギュアスケートの大会に仲間(れな、ちさき、杏子)と一緒に参加する。
漁師の父親とその仲間、そして、引っ越した小学校時代の友人みちるも応援に駆け付ける。

フィギュアスケートの内容自体はそれほどうまくいった内容ではなかったが、
大会に参加できたことで立ち直っていく。

このような物語だった。

内容は本当になにげない日常生活の物語。
東日本大震災からの復興というよりも、普段の日常。
子供の目線からのこの5年間の東北での生活ぶり。
着実に生活して、着実に成長している様子を描いている。

今は熊本地震の方に目が行ってるけど、東北もまだまだ復興途中です。
スポンサーサイト

ドラゴンボール超 40話 ついに決着!勝者はビルス?それともシャンパ? 感想

ドラゴンボール超 40話 ついに決着!勝者はビルス?それともシャンパ? 感想



今回は孫悟空が超サイヤ人ブルーの状態で界王拳を使うところからです。
もう戦っているのですけど。
しかし、この戦闘力にヒットがついていっているのが凄すぎますね。
一撃、一撃、戦闘を行うたびに成長、つまり、戦闘力が上がっている
ということなのでしょうね。
こんなキャラクターは今までに存在しただろうか?。
記憶にはない。

かめはめ波凄いな、みんなが吹っ飛ばされる。
ウイスとヴァドスの力で元の場所に戻ってきましたが、
孫悟空もヒットもあまり変化していない。
ヒットがさらに時とばしを拡大して、孫悟空の攻撃をかわした
ことによるのか。

シャンパも性格が悪いな。
戦士は単なる駒扱いですからね。
さすがに孫悟空もヒットも怒っちゃいましたか。

そして、試合再開。
ヒットの時とばしが孫悟空の力を超えたかに見えたが、
孫悟空の凄まじい反撃にあう。

ヒットもかなりダメージが蓄積してきました。
孫悟空も体への負担が相当なものになってきました。
両者ともにかなりへばっています。

ここで孫悟空からビルスへのお願い。
格闘試合のルールを全部取りやめにしてくれと。
えーと、何でですかね?。
まあ、この想像を絶するレベルに試合ルールはあっても
意味はないのかもしれませんが。

それにしても、強さがもう想像を超えすぎてよくわかりませんね。

ヒットの本当の実力を引き出すためにか。

ビルスとシャンパがルールについて揉めてる間に
孫悟空は場外に出ます。

これでヒットの勝利です。
あれ、いいんですかね。

ヒットにはまた邪魔が入らない状態で格闘したいとお話ししますけど。

次の試合はヒットVSモナカです。

モナカはものすごく怖がっていましたが、ヒットに一撃を食らわします。
というかヒットがわざと場外に吹っ飛ばされましたが。

というわけで、第7宇宙チームの勝利になりました。

破壊神シャンパは再三にわたって命令を無視したヒットを
消してしまおうとしますが、
ここでぜんおうさま?という存在が会場に姿を現します。
ビルスもシャンパもものすごい汗をかいて焦っています。
変なロボットのような見た目をしているのですが。

ここで今回は終了です。
試合は終わり、ブチ切れた破壊神との新たな戦いになるのかと
思いましたが、想定外の存在が現われて、新しい物語の展開になりそうですね。

次回はドラゴンボールによって、神の龍とよばれる、黄金の龍によって
願いをかなえてもらうようです。
見た目が遊戯王シリーズに登場するようなキャラクターですけど。
神龍ともポルンガとも全く違う見た目です。

ぜんおうさま?という不思議な存在が登場しましたので、
これからの物語がどのような展開になるのかちょっとわかりませんね。
さらなる強さを求めるような展開になるのか、
第7宇宙、第6宇宙、その他の宇宙を含めての冒険の話になるのか、
後者の方が面白そうですが、また、格闘がメインになるのでしょうね。
きっと。

これだけ壮大なフィールドと世界観にして、何を目的とするのかも楽しみではありますが、
正直、格闘以外の方の物語の方が個人的にはいい気がします。
こちらの方に期待したいです。

Google翻訳による40話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 40
Finally settled! The winner is Builth? Or Shanpa? Review。

ドラゴンボール超 39話 成長した”時とばし”の反撃!?出るか!?悟空の新たな技! 感想

ドラゴンボール超 39話 成長した”時とばし”の反撃!?出るか!?悟空の新たな技! 感想



今回は第6宇宙の戦士、ヒットの「時とばし」という技を孫悟空が見破った直後から。
見破ったというよりはかわすことに成功しました、というべきか。
孫悟空も新技を出すということだけど、どんなんだろうか?。

ここからが本当の勝負ですね。
孫悟空も超サイヤ人ブルーに変身します。

ヒットも凄い。
孫悟空のスピードについていってる。
だが、ちょっとやられた。
それでも普通に持ちこたえてる。
見た目はセルのようだけど、実力は格段に違うようだ。

そして、ヒットも時とばしを使って攻撃を始めるが、
孫悟空に破られる。

ヒットもようやく気を高めて本気を出すようですね。
しかし静かだ。

再び、それぞれの攻撃の応酬。

しかし、孫悟空が優勢だ。

だが、ヒットの時とばしが再び炸裂する。

ヒットは戦いの中で成長したわけか。
時とばしを0.2秒まで拡大したのね。
今までは相手が弱くて、成長が必要なかったのか。
必要に迫られたわけですね。

しかし、たった一撃で相当なダメージのようだ。
これはこれで凄い。

時とばしが0.5秒に拡大?。
あっという間に追い詰められる孫悟空。
凄まじいスピードと攻撃だ。

しかし、孫悟空は立ち上がる。

ここで孫悟空が新しい技を。
気を高めて、新しい変身をするのか?。
と思ったけど、違った。
界王拳か。
体の周りが赤くなっていたのが、それか。
スピードもパワーも超サイヤ人ブルーの2倍です。

さすがにこのスピードについてこれないヒット。

そうか、今までは体に負担が大きすぎるので、
出来なかったわけですね。
超サイヤ人ブルーなら可能かもって。
しかも、界王拳10倍まで。

その攻撃を食らっても、まだ大丈夫なの?、ヒット。
そして、かめはめ波まで。
しかもこれをこらえていそう。

今回はここで終了です。
しかし、新技が昔の界王拳だったとは。
確かに、凄い展開ではありますが、
何よりもヒットがこれについてくるという
とんでもない戦闘力であることもわかってきましたね。
というか、この試合のなかで短時間で成長パワーアップしている
ということらしいけど、そのスピードも凄まじい。
そんなことが可能なのだろうか?。
そこが不思議で不思議でしょうがないです。

次回でいよいよ決着なのかな?。
やっぱりこらえたようですね。
ヒット普通にいます。
ヒットもまだまだ成長するようだけど。
しかし、このあとの物語とあるのかな。
ちょっと想像できないですけど。

Google翻訳による39話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 39
Counterattack of grown "time skipping"!? Appear!? Goku of new tricks! Review。

ドラゴンボール超 38話 第6宇宙最強の戦士!殺し屋ヒット見参!! 感想

ドラゴンボール超 38話 第6宇宙最強の戦士!殺し屋ヒット見参!! 感想



今回はベジータとヒットの対戦ですね。
ヒットは第6宇宙最強の戦士のようです。
ベジータも孫悟空もヒットの存在は気にしていましたからね。
見た目がセルに似ているのと戦闘力が高そうだからですかね。

ヒットの目に見えない攻撃とはどのようなものだろうか?。
楽しみだ。

いきなり、ベジータは超サイヤ人ブルーに変身です。
ヒットは小さなかまえで応じます。

ヒットの攻撃がベジータの顔面をとらえた。
スピードが凄まじく速い。

ベジータにもヒットの動きは見えるようだが、
攻撃だけが見えない。

ピッコロや孫悟空も同じようだ。
不思議な技を使う戦士。

素早いスピードなのか、的確に急所を狙い撃ちする攻撃。
その攻撃に圧倒されるベジータ。
追い込まれていますね。
ヒットに再三、降参しろと言われます。

ベジータはわざとヒットの攻撃をくらい、片腕をつかんで
動けないようにして、攻撃しようとしますが、
もう一方の腕で腹に攻撃を食らって、気絶してしまいます。
重い一撃だったようですね。

まさかのヒットの圧倒。
ベジータが太刀打ちできないほどの戦闘力なのか。

「時とばし」、時間にして0.1秒時間を止めることのできる能力
の持ち主が存在するらしい。
タコみたいな生物、名前なんていいましたっけ。
観客席にいる生物による説明です。

ここで、ウイスさんの会話。
モナカさんは何でもない素人さんだそうです。
孫悟空とベジータを発奮させるために呼んだだけ。
この大会が始まってから、なんとなくそんな雰囲気は
ありましたが、今回のウイスさんとビルスの会話により
判明いたしました。

ヒットって1000歳を超えているのか。
そんな年齢なのか。
どういった種族なのかな。

孫悟空は時とばしの技を破るために時間を稼ぎながら
戦いますが、ここで、ヒットの攻撃を防御して、
時とばしの攻撃を防ぎます。
意外とシンプルな破り方ですね。

孫悟空はヒットの時とばしの直後の攻撃を予測して、
ヒットの体に一撃をくわえることに成功します。
やはり、格闘に関しては頭いいですね。

ここで今回は終了です。
ヒットはやはり、特殊能力の持ち主でしたか。
戦闘力も凄まじいですが、時間を操ることのできる能力というのは
凄いですね。
第6宇宙の戦士たちは特殊能力系が多いのか。
通常の戦闘力(パワーやスピードの凄さ)以外の特徴が変わっているというか、
なかなか戦いづらい戦士たちばかりですね。

次回では孫悟空がヒットに対して善戦しているのか、
さらに新技があるような予告でしたけど、これも楽しみですね。

Google翻訳による38話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 38
Sixth universe strongest warrior! Killer hit appearance! ! Review。

ドラゴンボール超 37話 サイヤ人の誇りを忘れるな!ベジータVS第6宇宙のサイヤ人 感想

ドラゴンボール超 37話 サイヤ人の誇りを忘れるな!ベジータVS第6宇宙のサイヤ人 感想



今回はいよいよサイヤ人同士の対決になりますね。
ベジータVSキャベの対決です。

予告では、キャベも超サイヤ人になれるようですが。
もしくは、なれるようになったのか、対戦中に。
戦闘力が上がるから楽しみです。

ベジータが闘技場を破壊してしまったので、修復中です。

なぜか、観客席でスイカを食べているチチ達。
会場が暑くなったからだろうか?。

そして、いよいよ再開です。
闘技場が大きくなりましたか?。
また、ルール変更です。
選手たちが戦いやすいように。

そして、ベジータVSキャベの対戦です。
うーん、キャベは体が凄く細い。

キャベの攻撃はなかなかテクニカルだ。
しかし、ベジータも変化をつけて対応です。

キャベはベジータのギャリック砲と同じ技を使います。
ノーマルの状態でベジータとほぼ互角なのか。

これではらちがあかないので、スーパーサイヤ人になれとベジータはいいますが、
キャベは変身できないのですね。
ベジータに変身の仕方を教えてくれとお願いします。
自分の惑星のためにもっと強くなりたいと。

しかし、この申し出にベジータは激高して、超サイヤ人に変身して、
キャベを圧倒します。

キャベを圧倒して、追い込もうとしているな。
キャベは降参しようとしていますが、
でも、超サイヤ人のなり方は追い込まれないとだめなわけですからね。

やっとキャベは変わりますね。

キャベの母星、惑星サダラを破壊する?というベジータの言葉にやっと
きれるようになりましたね、キャベ。

サイヤ人はやはり、追い込まれないといけないわけです。

キャベはベジータの手のひらで転がされているようです。

キャベの体が黄金色に光り輝き、超サイヤ人に変身します。

凄い攻撃ですね。
ベジータが押されています。

でも、まだベジータは余裕がありますね。
しかし、ベジータはぼーと嬉しそうな顔をしながら、キャベの一撃を食らいます。

超サイヤ人になるきっかけを「怒り」だとキャベに教えます。

もう一度、超サイヤ人になれと命令します。

やはり、ベジータの思惑通りでしたね。

この戦いをキャベの訓練に利用しました。

そして、ベジータは超サイヤ人ブルーに変身します。
「お前もここまで強くなれる可能性がある」とキャベに伝えてから、
キャベの腹に一撃。

キャベは気絶して、ベジータの勝利です。

サイヤ人が戦いの最中に負けを認めるようなことはするなと、
サイヤ人の誇りを忘れるなとキャベに伝えます。
そして、俺を超えてみろと。

そして、最後はベジータVSヒット。
この選手がどのくらいの強さなのか。
いままでの選手もかなりの強さだったけど、ヒットだけは別格のような
雰囲気もある。
見た目は第7宇宙のセルに少し似ていますが。

しかし、今回はここで終了です。

あ、エンディングの曲と映像が新しくなりました。
また明るい雰囲気の曲ですね。

今回はベジータの気持ちの優しさが際立っていましたね。
ベジータも成長してますからね。
キャベの存在は少し期待外れとも言えますが、
ベジータの物語の相手としてはこれでよかったのかもしれません。

次回予告ですが、超サイヤ人ブルーのベジータが苦戦していますね。
しかも、手も足も出ないような。
ベジータも孫悟空もピッコロもヒットの攻撃が見えないと言ってますが。
戦闘力が凄まじいのか、特殊技系の持ち主なのか、次回が楽しみになってきました。

Google翻訳による37話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 37
Do not forget the pride of Saiyan! Vegeta VS Saiyan sixth universe Review。

機動戦士ガンダムUC RE:0096 1話だけ感想

機動戦士ガンダムUC RE:0096 1話だけ感想



機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)の再編集テレビ放送版です。
基本的には告知通りのテレビ放送用に再編集したもので、
追加の新作映像などは無いようです。

基本的にepisode1~episode7までのDVD、BDは保有しているので、
一応、初回だけ見てみましたが、オープニングとエンディングの曲と映像だけ
新作のようですね。
というか、映像も本編の映像を編集したものが主で、見たこと無さそうな
新作映像っぽい部分はシナンジュとユニコーンガンダム、
クシャトリヤとユニコーンガンダムの戦闘シーンの映像だけでしょうか?

それと、全体的にモビルスーツの動きが速い。

オープニングの映像は主に本編の映像で占められていて、
一部、登場人物の映像もある。
エンディングの映像はイラストといえばいいのだろうか。
こちらもモビルスーツのイラストと印象的なのはモビルスーツや艦などの
モニターに映るような映像が多用されていること。
これはこれで美しい映像だ。

オープニングの曲とエンディングの曲はたぶん、すべて英語の歌詞。

SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle「Into the Sky」

SawanoHiroyuki[nZk]:naNami「Next 2 U -eUC-」

感想というものでもないですけど、一応、見てみました。
相変わらず、映像の綺麗さは素晴らしいです。