ドラゴンボール超 59話 界王神ゴワスを守れ ザマスを破壊せよ! 感想

ドラゴンボール超 59話 界王神ゴワスを守れ ザマスを破壊せよ! 感想



今日はまたザマスと対決するのかな。
現代のザマスと。

第10宇宙の界王神ゴワスがザマスに狙われている。

界王神ゴワスの元にお茶を持ってくるザマスさん。

そして、孫悟空とザマスがまた対決することになるところだったが、
どうやらそうではないらしい。
ウイスさんの戦略なのかな。

そして、ウイスさんは第7宇宙のお茶と大福をお土産に持ってくる。
これはどういう戦略なのだろうかな?
ゴワスは喜んでいるけど。

あれ?これで帰っちゃうのか?
何だろうね?

そして、ゴワスとザマスはお茶と大福をいただくことに。

そして、みんなが帰り道で会話。
どうやらザマスの気を探っていたのか。
だから、すぐに帰ってしまったのね。

ちゃんと証拠をつかまないとだめなのね。

一方のゴクウブラックと未来のザマスは
こちらもお茶を飲んでいる。
お茶に毒は入っていないのね。
ゴワスは美味しそうに飲んでいる。

「人間0計画」というのか、ザマスとゴクウブラックの計画は。
なにげに綺麗な別荘?は利用しているのですね。
自分で用意したものなのかな?


マイは避難所でお菓子を食べてる。
子供たちと一緒に。
クッキーですか?

そして、ベジータは特訓中、ブルマはタイムマシーンの修理。
トランクスはずーと落ち込んでいるのか。
まあ、戦闘力が違うし、勝てないし、どうにもならないわね、現状では。
しかも、現代の子供のトランクスに説教される始末。
超サイヤ人に変身した現代の子供のトランクスに殴られる。
何だか、不思議な光景だな。

また、界王神ゴワスがお茶と大福を食べるシーン。
そして、ザマスとの会話。
ザマスは反省している感じだ。
正義と悪の考え方。

あ、ザマスの手がゴワスの後ろに。
しかし、ゴワスは大福をつまらせそうになったが、
大丈夫だった。

もう一度ザマスはゴワスの首に攻撃。
そして、ザマスの手がゴワスの首に直撃した。
しかし、ウイスさんが時間を巻き戻して、
ザマスの腕に猫のキャラクターの鍋つかみ?手袋?がくっつく。
いいな、この猫の手袋。

そして、そこへウイスさんたちがやってきます。

第7宇宙の界王神がゴワスにザマスの計画の全貌を話します。

やっと、ザマスが本性を現しますね。

孫悟空が未来に行って、すでに未来の現状を話します。
と、ザマスが孫悟空に攻撃してきますが、
破壊神ビルスがザマスの腕をつかみます。
そして、破壊と言って、ザマスを消滅させます。
あっという間ですね。
あっという間すぎる。

そして、地球では現代のトランクスと未来のトランクスが和解しているところに
ウイス、破壊神ビルス、孫悟空の3人が帰ってきます。

これで、破壊神ビルスが未来の状態が変わったと説明します。
しかし、未来のトランクスは心配します。

ここで今回は終了です。
ああ、未来のトランクスが心配するのは当然ですよね。
現代のザマスを消滅させたからって、未来のザマスまで消滅するのかどうか。

っていうか、次回予告で普通にいるじゃないですか、未来の世界にザマスとゴクウブラック。
ベジータとゴクウブラックが戦闘してますけど。
次回はゴクウブラックの正体がわかるみたいですね。

うーん、これで未来トランクス編は終わってしますのでしょうか?
意外と早いというか、あまり物語の展開が広がらなかったというか。
これで終わってしまうとちょっと期待はずれかもしれない。
もうちょっと何かお話があるといいのだけど。

Google翻訳による59話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 59
Defend Kaio God Gowasu Destroy the Zamasu! Review。
スポンサーサイト

関ジャニ∞さんの新曲「パノラマ」のMV

関ジャニ∞さんの新曲「パノラマ」のMV、フル3DCGのようだけど、
なかなかかっこよかったです。
何だか、ドラゴンボールに出てくる都市みたいな、でももっと建物が多いような、
それで、空を乗り物が飛んでいる。

3DCGアニメーションがなかなかかっこいい。
近未来の都市をイメージしてるようで、
この都市のデザインは上記にもあるように、ドラゴンボールに出てくる都市みたいで、
まあ、よくありそうな感じ。

MVのCGアニメーションもなかなか眺めるには面白いな。

アニメツーリズム協会が設立

アニメツーリズム協会が設立というものが設立される。

どういうものかというと、
アニメの舞台になった地域をアニメの聖地に選定。
88か所にも上る。
主に訪日外国人観光客をターゲットにしているようだ。
全国88か所を選び、複数の聖地をつなぐ「巡礼ルート」も整備するらしい。
アニメの聖地巡礼の整備になるのか。

なにぃ!!
富野由悠季監督が理事長に就任するのか。
機動戦士ガンダムの原作、監督。
今更いうまでもないですけど。

日本人はね、昔から、アニメが好きな人が自らアニメの舞台になった地域に足を運んで、
観光旅行を楽しんでいるけれども、外国人のアニメ好きの人たちは日本の地域に慣れていない
から、情報提供とおもてなしをしようという試みなのかな。
ざっくりと言えば。
そういうことのようですね。

日本側としては地域の活性化が目的のようですけど。

今でも、それなりにしていると思うのだけど、外国人の方たちには必ずしも向いている
状態にはなっていないのかな?
英語や他の言語でのおもてなしや案内ができるようになるとか?
それはそれで難しいと思うのだけど。

ああ、そういえば、昨日のテレビ番組、
「住んでる人が見たい!世界の超!絶景ハウス第6弾 」(テレビ東京)で、
元AKB48の前田敦子さんが小説、アニメで有名な「赤毛のアン」の舞台になった
カナダ、プリンス・エドワード島で絶景ハウスを探すとかいう企画で出演してましたね。

それを見ても思ったけど、現地の人たちがあまり詳しくなさそうだったな。
情報提供をするサービスカウンターのような場所の人たちも詳しくなさそうな感じだったな。
街の名前くらいは知っているようだけど。
カナダの人たちから見て、外国人観光客である前田敦子さんに対してあまり有益な情報提供は
出来ていなかった感じだった。
現地の人たちは親切な人たちばかりだったけど。
個人的に親切な人たちであって、おもてなしをするシステムという感じはほぼなかったな。

つまり、ここのところをより強化しよう試みなのだね。

こういうのはこつこつと丁寧に積み重ねるしかないと思うんですよね。
丁寧な情報提供とサポート体制を。

急激に訪日外国人観光客が増えるというよりも、リピーターになってもらって、
日本に愛着を持ってもらおうという趣旨かな。
やっぱり丁寧にやったほうがいいな、きっと。

ドラゴンボール超 58話 ザマスとブラック 深まる二人の謎 感想

ドラゴンボール超 58話 ザマスとブラック 深まる二人の謎 感想



今回は未来の世界から戻ってきた3人(孫悟空、ベジータ、未来のトランクス)が
ウイスさんに事情説明する回のようですね。

前回はザマスとゴクウブラックは別のキャラクターでしたから、
その謎が少しでも解き明かされるのでしょうか?
そういう物語だと面白いんですけど。

ズノー様のところへ行ったザマスはドラゴンボールのことを教えてもらう。
長々しい話はどーでもよくて、使い方を知りたいのですね。
ザマスはせっかちですね。

ザマスは武力で脅して、ひたすら話を聞き出しているな。
恐ろしいな。

一方で現代に戻った3人はブルマから仙豆をもらって回復します。
なんだ、仙豆をトイレに忘れたのか。
しかし、ブラックとザマスに圧倒されてるから、
回復してもダメだったかもしれない。

ここで、ブルマと現代のトランクス、ピラフ一味に事情説明です。

孫悟空はやっぱり頭が悪いのか、仙豆を大量に食べれば、不死身になるとか、
だめだなぁ~、孫悟空。
頭の悪さだけはどうにもならないな。

ここで、現代のマイに未来のマイが生きていることを伝えます。

と、ここで、ウイスさん、破壊神ビルス、界王神がやってきます。

孫悟空に話があるとか。

ズノー様から界王神に連絡が入ったようです。
ザマスがドラゴンボールについて尋ねてきたと。

ここで、ザマスが敵であるということを伝えらえます。
ベジータから界王神たちにです。

ウイスさんはここで、思いついたようですね。
これまでの話を聞いて。
ウイスさんなりに推測してみます。

ザマスは力を求めているということ。
そして、協力者を求めているとも。
そして、超ドラゴンボールが必要になってくると。
そのお願いはブラックを作ってくれというお願いです。
ここで突然に孫悟空はまさかの思いつきで
上記の発想にいたります。
ブラックを作ってくれというお願いの部分です。
ここまでが、現時点でのウイスさんたちの推測です。

まさかね、孫悟空のコピーのお願いなのか。
てっきり、第10宇宙のサイヤ人でもスカウトしてるのかと思ったけど。

しかし、超サイヤ人ブルーを超える、超サイヤ人ロゼにまで変身できる。
そんなに強力なキャラクターを超ドラゴンボールで生み出せるのか。
これはでも大変なことだな。
どの宇宙にとっても。

もう、未来ではこの願いをかなえた後なのか。
そういうことなので。
そして、現代ではこの願いをかなえるための活動をしているところなのね。

そして、超ドラゴンボールも願いをかなえると1年は使えませんが、
時の指輪も使って時間を短縮したのか。
1年待たなくてもいいからな。
これで、ゴクウブラックを作るというお願いと不死身の体を手に入れる
というお願いがすぐに叶えられるということですね。

時の指輪は界王神しか使えないから、
界王神ゴワスが狙われている。
未来ではもう狙われたのだよね。
自分が界王神になって時の指輪を使ったと。

未来の世界では頑張ってマイとヤジロベーが逃げてきましたね、拠点まで。

さすがに、落ち込んでいますね。
まあ、そうですよね、孫悟空とベジータがまったく勝てなかった相手ですから。

そして、第10宇宙の界王神界にウイスさんたち(ウイスさん、破壊神ビルス、界王神、孫悟空)
がやってきます。
ベジータは現在のザマスに興味が無いので、来ません。
まあ、戦闘力がそれほどでもないので。
興味が無いということなのでしょうか。

ザマスに会いにきましたが、どこかへ出かけていると。
界王神ゴワスの話。

界王神ゴワスにザマスについて聞きます。
特に正義について。

界王神ゴワスはもうザマスは正義について吹っ切れいているということを話していますが、
まったく見当違いですよね。
視聴者から見てもそんな雰囲気はまったく感じないのに。
本当に界王神ゴワスはこのように思っているのだろうか?
ちょっと疑問。
界王神なのに。

いろいろと説明を受けていると、ザマスがお茶を持って現れました。
帰ってきましたね。

ここで今回は終了です。

今回はウイスさんの仮説がなかなか。
ゴクウブラックは孫悟空のコピーなのか。

次回は界王神界でザマスと戦うのかな。
界王神ゴワスを守るために証拠を探りながら。

ああ、でもここでやっつけちゃったら、
ゴクウブラックとの戦いは無くなってしまうんじゃ?
どうなのかな。

Google翻訳による58話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 58
Zamasu and Black Two people of the mystery deepens Review。

機動戦士ガンダムUC RE:0096 22話最終回だけ感想

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)の再編集テレビ放送版の22話最終回を見ました。

最終回だから見ることにしました。

今までのおさらいが早口で、大変ラフなセリフで行われるのが、
宇宙世紀のガンダムの雰囲気には似合わない気がした。
本編の比較的重厚感のある物語(雰囲気はですよ、ストーリについては賛否があるでしょうけど)
とは対照的なおさらいだったので、かなり残念な気持ちになりました。

そして、本編ですが、
やっぱり、episode7だけはよくわからなかったですね。
まあ、今更言うこともあまりないんですけど。
ユニコーンガンダムのサイコフィールドは万能すぎる。
まあよく、メガラニカに対してのコロニーレーザからの直撃を守れたものだと。
ガンダム2機(ユニコーンガンダム1号機、ユニコーンガンダム2号機バンシィ)
ともに無事でいるという。

バナージ・リンクスが気を失って、子供の様な姿で幻影?になって現れる
のも正直言ってよくわからなかったな。

まあ、本編の感想はもういいかな。
BD版の「機動戦士ガンダムUC episode7 虹の彼方に」
を見た感想はこちらの記事にすでに書いてあるので。
本編の感想はこちらでお願いします。

機動戦士ガンダムUC episode7 虹の彼方に 感想


22話最終回のEDの絵は良かったな。
水彩画だろうか?油絵だろうか?
水彩画のように見えたけど、今までのシーンの絵がたくさん出てきました。
そして、ミネバ・ザビのほんわかした絵も出てきました。
宇宙世紀のガンダム作品の中でも温かみのある絵ですね。

全体的にですが、オープニングの映像とエンディングの映像は大変良かったです。
相変わらず綺麗で素晴らしかった。

これで、機動戦士ガンダムUCも一通り、終了したのだろうか。
漫画とか、サイドストーリーなどは把握してないですけど。
とにかく映像は綺麗で美しかったな。

また、この映像レベルで他の宇宙世紀の物語を作ってほしいな。
ちょっと期待して待っていよう。

ドラゴンボール超 57話 不死身の体を持つ神 ザマス降臨 感想

ドラゴンボール超 57話 不死身の体を持つ神 ザマス降臨 感想



今日はザマスさんと戦うのか。
前回の超サイヤ人ロゼは強かったな。

仲間でなく同志なのね、ザマスとゴクウブラック。

ベジータはまだ動けるのか。
結構しぶとい。

ほんと、ゴクウブラックって誰なんですかね。

ザマスの望む正義の世界に人間はいらない。

と、ザマスと孫悟空が戦います。
ザマスはゴクウブラックの技と同じ技を使って、孫悟空を攻撃。
強くなってる。

2人に狙われる孫悟空だがトランクスも加勢。
トランクスも強くなってるな。

2対2の対決になるのか。
孫悟空vsゴクウブラック、トランクスvsザマス。

おお、今日は大変スピード感あふれる戦闘シーン。
いつもと描写が違うな。
ゴクウブラックのエネルギー弾の発射音が機動戦士ガンダムのビームライフルの発射音のようだ。

トランクスもザマス相手に善戦するけど、傷が自動的に治るザマス。

トランクスのファイナルフラッシュも通用しない。
あ、でも魔人ブウもこんな感じだったな。

不死身の肉体を持つザマス。
何でなのだろうね、この能力は。
第7宇宙の界王神にはそんな能力は無かったけどな。

ザマスにつかまった2人はゴクウブラックのかめはめ波の直撃を受ける。
なかなか厳しい戦闘になったな。

圧倒されている。

そして、ゴクウブラックとザマスは2人でエネルギー弾を膨らませます。
巨大なピンク色のエネルギー弾です。
元気玉のような。

と、ここでベジータが力を振り絞ってエネルギー弾を破壊します。
その間に孫悟空とトランクスはヤジロベーに助けられます。

一方のベジータもレジスタンスの煙幕弾の目くらましによって助けられました。
マイが連れてきました。

そして、タイムマシーンも持ってきました。

マイがタイムマシーンを操作して、タイムマシーンに乗った3人は現代の地球に戻ります。
もう帰ってしまうのか。
確かに圧倒されましたけど。

神チューバ―?
神チューブという映像を見ているのか。
孫悟空vsヒットの戦闘シーン。
ザマスとゴワス。
神の気をまとっている孫悟空の戦闘シーンを見て、大変驚いている。
そして、超ドラゴンボールの存在も知ることになる。

ゴワスもちょっと知ってる程度のようだな。
ザマスは超ドラゴンボールに大変興味を持っている。

そして、前に出てきましたね。
超ドラゴンボールのことを教えてくれた、なんて言いましたっけ?
侍みたいな見た目の人。
ズノー様という名前でしたっけね。
その人のもとへ超ドラゴンボールについて聞きに行きます。
ザマスもいろいろと動きはじめましたね。

ここで今回は終了です。

今回は戦闘シーンが今までよりもかなり良くなってる。
スピード感いっぱいだ。
トランクスの剣もよく動きが表現されていていい。
ここだけかな、見どころは。
物語の展開はほぼ進んでいないので。

次回はザマスが超ドラゴンボールで何か願いをかなえてもらう話のようだ。
いろいろとザマスが活動している。

Google翻訳による57話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 57
God with the immortal body Zamasu advent Review。