機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 41話 人として当たり前の 感想

ジャスレイ・ドノミコルスは何かを企んでいるな。
というか、もうテイワズの支配者になろうとしている。

タービンズの女性たちはマクマード・バリストンの組織でこれまでどおり
活動できることになった。

ラフタ・フランクランドは鉄華団に合流するのかな?
まあ、考え中ということで。

イオク・クジャンはまたお説教されてるな。
どうもだめだなぁこの人は。
ギャラルホルン本部から持ち出したものがだめのようだ。

鉄華団ではタービンズが壊滅したのは、どう考えても
ジャスレイ・ドノミコルスが関与しているんだぁ、
という話題で盛り上がっている。
と、そこへ、ラフタ・フランクランドがやってきました。
昭弘・アルトランドに用があります。

というわけで2人で飲み行きます。

2人でそれぞれの生い立ちについての会話です。
ラフタは子供の頃にタービンズに入ったのですね。
境遇が似ているのか。

そして、ラフタ・フランクランドはここに残ることを昭弘・アルトランドに伝えます。
タービンズで学んできたことを伝えていきたいそうです。

ガンダム・バルバトスルプスの整備所では三日月・オーガスとアトラ・ミクスタの会話です。
名瀬・タービンの子供を見て、感慨深そうな三日月。
アトラに子供を作らないのか?
と質問して、アトラの頭を混乱させます。

ジャスレイ・ドノミコルスは何か裏工作をしているようですね。
鉄華団を壊滅させようとしているようだ。

ラフタ・フランクランドとアジー・グルミンはお買い物です。
アジーが何かをお店に忘れたようで、
その間、ラフタはぬいぐるみのお店に入り、
昭弘・アルトランドに似ているくまのぬいぐるみを手に取ります。
と、外を歩いていた男性にやられてしまう。

これは何ということか。
店員さんが叫び声をあげて、これを聞いたアジーがやってきて、
アジーも絶叫します。

この報告をエーコ・タービンから受けた鉄華団は
ジャスレイ・ドノミコルスに報復をしようと
オルガ・イツカに命令してくれと頼みます。
単なる報復だけでなく、今後の旧タービンズのメンバーのためにと。

これは凄い展開になった。
まさか、ラフタが狙われるとは。

ジャスレイ・ドノミコルスもイオク・クジャンに連絡を取り、
本格的に鉄華団退治に乗り出そうとしています。

オルガ・イツカもマクギリス・ファリドと連絡を取り、
いきさつを話して、今後もお互いに連携することを確認します。

ガンダム・バルバトスルプスレクス?
ガンダムが新しく整備されたのか。
気が付かなかったな。
三日月・オーガスとオルガ・イツカが2人で話をしている。

レクスとは王様という意味なのか。
火星の王を目指しているからかな。
いい名前ではあるね。

そして、オルガ・イツカは三日月・オーガスに敵を徹底的に叩き潰す
ことを命令します。

ここで今回は終了です。
ああ、ラフタ・フランクランドがやられてしまったのは残念だな。
いいキャラクターなのにな。
それにしてもジャスレイ・ドノミコルスは悪者過ぎるな。
何のためにテイワズにいるのかもよくわからないほど悪いな。
商売という感じでも無いものな。
マクマード・バリストンも狙っているわけだから。
もう、何でもありの人物だな。

で、次回はいよいよジャスレイ・ドノミコルスとの全面対決になるようだ。
新しいガンダム・バルバトスルプスレクスがどのようなMSなのかも楽しみだ。
スポンサーサイト

ドラゴンボール超 76話 恐敵を打ち破れ!クリリンの闘志ふたたび! 感想

もうすぐ宇宙サバイバル編ですけど、
ここで恐敵と戦ってクリリンはパワーアップするのだろうか?
まあ、しかし、
超サイヤ人並みに強くならないとライバルとの勝負にはならないんじゃないのかな。
でも、そこまでのパワーアップは到底望めない気がします。
地球人だから。

あ、ダーブラとラディッツも現れました。
しかし、これだけのメンバーを相手にはきついよね。

クリリンはまだタンバリンやフリーザに対して恐怖心があるのですね。
ひたすら逃げ回ってますけど。
そして、魔人ブウに対しても。
また、ダーブラに対しても。
あれ、ブルマまで現れました。
ブルマもある意味では怖いものね。

占いババと亀仙人は亀ハウスにてその様子を見ます。
と、そこへ18号とマーロンがやってきます。

恐ろしの森という場所なのか。

ほう、孫悟空とクリリンの記憶なのか。
それらと対決しているわけですね。

そして、2人はかめはめ波で一気にかたをつけようとします。
やっぱり、消えましたね。
幻だから戦闘力は大したことはなかったのか。
クリリンはすごく神経質になっていますね。
ああ、相当病んでいるな。
怖いから戦うのをやめようとしているな。
まあ、そうだよね。
戦闘力が違いすぎるのでね。
そして、クリリンはこの修行から離脱しようとします。

しかし、森の枝が伸びてきて行く手を阻みます。

また、煙をだして、今度は巨大な幻と戦うことになります。

孫悟空は超サイヤ人になって対抗しますが、クリリンはやられっぱなしだ。

なかなか恐怖心を克服するというのは大変だからな。
しかし、クリリンは怖いから武闘家をやめたのか。
続けても戦闘力でまともには戦えないけどさ。
でもこれはサイヤ人以外は同じだからね。
ピッコロは微妙だけど。

吹っ飛ばされて川に流されるクリリン。
その頃、孫悟空はひたすら戦闘です。
今度は超サイヤ人3になって対抗、
しかし、フリーザたちはさらに巨大になります。

孫悟空は普通の状態に戻ると敵も消滅してしまいます。
幻だから、恐怖心を克服すれば消えるのかな?

ここで、孫悟空は筋斗雲を呼びます。
そして、クリリンを探しに行きます。

クリリンは増殖する敵にひたすら囲まれる。
クリリンは向き合って太陽拳やきえんざんで対抗しますが、
この敵たちが自分の気によって動いていることに気が付き、
心を静めて瞑想します。
そうすると敵たちの動きが止まります。

過去におびえる自分を乗り越えないと勝てないのね。
そのことに気が付いたクリリンは敵を粉砕します。

今度は超神龍が現れます。
これは何のためだ?
口が臭いから偽物だと孫悟空は言ってるけど。

捕えられた孫悟空を助けるために無我の領域に入りこれに対抗します。
そして、超神龍から孫悟空を開放します。

そして、2人でかめはめ波を放って超神龍を撃破します。
そうすると、極楽草が大量に生えてきます。

この極楽草を2人で持ち帰ります。

この結果、クリリンはもう一度、武闘家に戻ることを決意します。

亀ハウスに戻ってきたクリリンは18号に頭をなでなでされます。

気と心のコントロールを学んだクリリンでした。
これは戦闘力の強化につながるのかな?
戦い方の勉強にはなるのだろうけど。

こうして、自分の家に戻ったクリリンは18号にバリカンでつるっぱげにしてもらいます。
そこへ、孫悟空がまた修行しようとさそってきます。

今回はここで終了です。
うーん、クリリンは再び武闘家になり、やる気を取り戻したようです。
しかし、戦闘力の大幅な上昇にはつながったようにはとても見えないからな。

次回は孫悟空は全王に全宇宙での武闘大会の開催をお願いしにいくお話ですね。
いよいよ宇宙サバイバル編に突入していくようです。

あ、それとブルマが妊娠しているようだ。
トランクスの妹かな?
何て言ったけな名前。
ブラっていったっけ?
この子が生まれるのかな?
まあ、これから宇宙サバイバル編だからそっちを楽しみにしていよう。

Google翻訳による76話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 76
Break through the enemy!Kirin's fighting spirit again! Review.

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 40話 燃ゆる太陽に照らされて 感想

ああ、タービンズは解散するのか。
と、名瀬・タービンの申し出を引き受けるマクマード・バリストン。
タービンズの女性たちのその後を引き受けるらしい。
マクマード・バリストンでも助けるのは難しいのか。

鉄華団もノルバ・シノ、昭弘・アルトランド、ライド・マッスの3人が先行して
非戦闘員の女性たちの保護に向かいます。
訓練?をよそおって通りすがりに救助するという作戦なのですね。

タービンズの基地では女性たちが脱出の準備中です。
名瀬・タービンだけハンマーヘッドに残ろうとしますが、
そこへギャラルホルンの艦隊が迫ってきます。

アミダ・アルカも名瀬・タービンの護衛に残るのね。
アジー・グルミンとラフタ・フランクランドは
MSでタービンズの女性たちの護衛にまわります。

あ、やっぱり名瀬・タービンは一人で投降して、隙があれば攻撃する、
というシナリオを考えていたようですね。
まあ、アミダ・アルカにはバレちゃってますけど。

名瀬・タービンは停戦信号を発しますが、イオク・クジャンの艦隊は信号弾を無視して、
女性たちが乗る輸送艦をMS隊で攻撃します。
これは凄いな。

ダインスレイブっていう、あれを使用してしまったのですね。
だから、被害が大きい。
輸送船はもう放棄の状態だ。
ランチで脱出をこころみるけど、そこへ、ギャラルホルンのMS部隊がやってきました。
あっという間に戦闘状態。

ジュリエッタ・ジュリスも自分の新型MS(ジュリス)での出撃をします。
レギンレイズ・ジュリアっていう名前なのか。
ジュリスっていうのはあだ名みたいなものなのか?
凄まじいスピードのMSだな。
アミダ・アルカのMSを圧倒してる。

ラフタ・フランクランドのMSも弾切れをおこしますが、
ここで3人のMSが到着して加勢します。
やっときましたね。

だいぶ被害が大きくなりましたけど、
これでランチで逃げている女性たちもある程度は大丈夫なのかな。

レギンレイズ・ジュリアの装備が凄いな。
両腕から縄のようになった金属パーツが鞭のように攻撃してくるな。
でも、アミダ・アルカのMSは通用しなかったけど。

スモークを脱出したハンマーヘッドは降伏信号を発しますが、
やっぱり無視されます。
そして、艦隊からの砲撃が来ます。

アミダ・アルカのMSはレギンレイズ・ジュリアを振り切って
特攻を仕掛けますが、ダインスレイブの攻撃にやられてしまいます。
でも、もう1撃、イオク・クジャンの乗る艦に攻撃を放ちます。

そして、ハンマーヘッドの名瀬・タービンも特攻。
ダインスレイブの攻撃でやられてしまいますけど、
ハンマーヘッドはそのまま突っ込んでいきます。

イオク・クジャンの乗る艦には当たりましたが、
ちょっとそれましたね。
で、別の艦と一緒に爆発してしまいました。

みんなが涙を流して、今回は終了です。

アミダ・アルカの戦闘技術をもってしても、
ダインスレイブの攻撃を回避するのは難しいのか。
ジュリエッタ・ジュリスもかなり動揺している。
それだけ、凄まじい兵器というわけなのか。
アミダ・アルカとジュリエッタ・ジュリスのMS戦は結構よかったな。
お互いに決定的なダメージは与えられなかったけど、
スピード感はかなり良かった。

レギンレイズ・ジュリアはちょっとカラーリングが地味で
MSの特徴的なデザインがわかりにくいな。
スピードも速いので、さらにわかりにくい。

これでタービンズは今後どうなるのだろうか?
テイワズのどこかに保護されるのか、
大半が鉄華団に協力するのか?
新しい組織でも立ち上げるのか?

今後の動向も興味がありますね。

ドラゴンボール超 75話 悟空とクリリン 懐かしの修行の場へ 感想

ドラゴンボール超 75話 悟空とクリリン 懐かしの修行の場へ 感想



今回は孫悟空とクリリンが一緒に修行をするお話ですね。
亀仙人の弟子同志ですが、もう戦闘力が違いすぎるので、
特に孫悟空にとってはあまり意味がない気がしますが、どうなのでしょうね。
クリリンは奥さんが18号さんなので、日ごろから訓練すれば、
それなりには戦闘力が上がる気がします。
まあ、やってればの話ですけど。
それでもね、超サイヤ人ブルーとでは比較になりませんけどね。

さっそく畑を耕しながら修行する孫悟空です。
相手がいないとつまらないからと畑に呼ばれる孫悟飯。
ウイスさんやベジータやピッコロにはお断りされる。
まあ、それぞれ事情があるので。
ウイスさんは神様たちの会議、ベジータは睨みつける、
ピッコロはデンデのところに用事がある。
などなど、それぞれに事情があるようです。

そして、孫悟飯はグレートサイヤマンに変身します。
で、戦闘開始です。
激しい戦闘ですが、さらに2人とも超サイヤ人になり戦闘します。
あれ、孫悟飯、かなり強くなってるね。
ゴールデンフリーザ編の時から戦闘力が戻っているようです。

しかし、ここでチチに怒られます。
あっという間に畑を破壊してしまいます。
畑が使い物にならなくなっちゃいますからね。

で、修行が終わり、お茶の時間です。
孫悟天がクリリンさんは修行の相手にどうかと提案すると、
あっという間にクリリンの所へ向かいます。

その頃、クリリンは事件の解決にあたっています。
強盗犯と対決しているところに孫悟空がやってきて、
強盗犯を捕まえます。

で、クリリンの家にやってきます。
クリリンの家はでかいな。
リビングが大変広く感じる。
あと、ちょっとおしゃれ。
18号さんのセンスでしょうか。

いろいろ話をしていると18号さんにお説教されます。
ぐずぐずしてんなよ、みたいな。
マーロンも強いパパがいいといいます。

で、2人で修行開始です。
昔を懐かしんでいると亀仙人の家に行きたい気持ちが湧いてきたのですね。
お風呂から出た18号さんとマーロンにもおすすめされます。

意外とのんびり飛んでるな。

亀仙人の家についたらさっそく修行の挨拶をします。
グラビアの本をおみやげにもってきたクリリンです。

クリリンを鍛えるために亀の着ぐるみを着て戦う孫悟空です。
しかし、それでも圧倒されるクリリンです。
まったく勝負になりません。
まあ、孫悟空はもう人間の強さではないですからね。

次の日の朝、薬草をと取りに行くことに。
極楽草という虹色に輝くものを取りに行きます。
それにしても朝焼けの亀ハウスは大変綺麗な絵だな。
紫と赤紫とオレンジと光り輝く太陽。
そして、青い海と亀ハウスのある島の草と砂浜。
大変、色のコントラストが美しい映像だ。
風景画としていいな、これ。

で、とある島に来た2人です。
ここで占いババが現れます。
亀仙人に頼まれて2人を水晶玉で監視する役目をになっています。
2人は極楽草を探すために、モンスターの口みたいな洞窟に入っていきます。

進んでいくと木が虹色に輝き、煙が現れて、セル、フリーザ、ナッパ、
ギニュー特戦隊、あとはベジータ、魔人ブウ、ピッコロ大魔王、タンバリンだっけ?
ピッコロ大魔王の部下。
が現われます。

と、ここで今回は終了です。
あ、宇宙サバイバル編の宣伝です。

うーん、今回はあまり物語の内容が無かったな。
次回か、クリリンが本気で戦うのは。
孫悟空の戦闘力に比べて、クリリンがまったく強くなっていない、
というか、修行すれば強くなるのかどうかもわからないけど。
心持ちは戻りそうだけど、戦闘力はね。

というわけで、今回の物語よりも、宇宙サバイバル編の宣伝が気になってしまいました。
いろんな宇宙の界王神、破壊神、天使のみなさんがいるな。
女の超サイヤ人みたになるキャラクターもいるな。
見た目が女性だけど、男かもしれないけど。
象のような見た目の破壊神?きつねのような破壊神?もいるね。
あとピエロのような破壊神?もいますね。
界王神、天使は比較的同じ系統の見た目のようですが、
破壊神だけはかなり個性的な見た目をしています。

宇宙サバイバル編は2月5日朝9時スタートです。

いろんなキャラクターが出てくるようだから楽しそうだ。
楽しみにしていよう。

Google翻訳による75話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 75
Goku and Kuririn To the place of nostalgia training Review

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 39話 助言 感想

えーと、タービンズのメンバー
(エーコ・タービン、アジー・グルミン、ラフタ・フランクランド)
たちとは一度離れるわけですね。
それぞれ、会話をしています。
ラフタ・フランクランドだけは昭弘・アルトランドと会話してますけど。
握手していったんは戻るようです。

あれ?オープニングの曲が新しくなりました。

イオク・クジャンはジャスレイ・ドノミコルスとの会話で鉄華団の背後には
名瀬・タービン率いるタービンズがいると知らされます。
鉄華団だけを目の敵にしてもあまり意味は無いということですね。

イオク・クジャンは新兵器でも投入するのかな?
条約違反のようなものらしいけど。
と、そこへ、ジュリエッタ・ジュリスも同行することを申し出ます。
新しいMSでしたっけ?
それの実戦もまだなので。

イオク・クジャンが持ち出したものはガンダム・フラウロス
に搭載されているレールガンと同様のものなのね。
と、マクギリス・ファリドと石動・カミーチェの会話。
何だ、それほど驚くことでもなかった。

うん、でも、マクギリス・ファリドにとっては
いよいよ自分の計画を実行に移す時が来たようだ。
というか、表に出て活動を活発にするということかな?
同志に通達とか言ってるからね。

三日月・オーガスがどこかへいっちゃわないように、
アトラ・ミクスタは子供がほしいと。
クーデリア・藍那・バーンスタインにもそんなことを話してますね。
というか、これはギャグシーンでいいのかな?
意味はわからないではないが、何というか、短絡的のような気もするけどな。

三日月・オーガスに赤ちゃんってかわいいよね、なんてセリフを吹っかけてみますが、
手首がハムみたいで美味しそう、という意味不明な返し。
アトラ・ミクスタも結構ドン引きのような感じですか。
冷めるというか。

テイワズでは辟邪の整備です。
帰ってきて、いきなり新MSのテストですかね。
ついでに、ラフタ・フランクランドが昭弘・アルトランドといい関係というのが
名瀬・タービンにバレてしまってますけど。
喜ばしいことなのですね。
妻でもあるけど、娘でもあるみたいな。
そんな気分なのですね。

ここで、名瀬・タービンと姐さんアミダ・アルカの出会いの回想シーン。
姐さんが登場のピンク色のMS、なかなかいいな。

タービンズが出来上がる話なのか。
名瀬・タービン、アミダ・アルカ、その他の女性たち、
それぞれが単独で行動していたのが融合してできたのがタービンズなのですね。
そして、その他の輸送業者とも連携して5万の組織になったのか。
想像よりもはるかに規模が大きいな。
これはびっくりです。

単なる他人たちが1つの組織に融合していく中で家族同様の生活になっていく。
昔のタービンズがそうだったように、鉄華団も現在進行形でこうなってるわけね。
それを温かい目で見てあげたいのが名瀬・タービン。

ダインスレイブ。
これがタービンズから発見されてギャラルホルンに拘束されたのかな?
ギャラルホルンの査察の件がマクマード・バリストンに伝えられる。
まあ、そこに三日月、アトラ、ハッシュもたまたま呼ばれてたんですけど。

ああ、タービンズも追い込まれましたね。
内輪もめみたいなものなんですけど。
なかなか、ギャラルホルンも絡んでくると動きにくいね。
鉄華団としてはタービンズに力を貸したくてしかたがないのだけど、
オルガ・イツカも名瀬・タービンにお断りされてしまいます。
まあ、しょうがないんですよね。
無駄な関与は避けさせるべきだから。

ここで今回は終了です。
ああ、タービンズがハメられるとはね。
ただ違法行為で拘束されるだけならまだしも、
次回は戦闘行為になるみたいだな。
これは大変だ。

今回の見どころはタービンズの成り立ちくらいだろうか。
どれくらい前の出来事になるのかわからないけど、
姐さん、ちょっと若かったな。
MSもなかなかかっこよかった。

次回はジュリエッタ・ジュリスの登場の新MA?MS?だっけ。
これが見られるかもしれないので楽しみだ。

ドラゴンボール超 74話 愛するもののために!不屈のグレートサイヤマン!! 感想

大宇宙キャノンがグレートサイヤマンに向けて発射されますが、
これがかわされるわけですね。

どうにかジャコには正体をわかってもらいます。

精神寄生体、ワタガッシュという名前らしい。
心の闇に寄生してパワーアップさせるという生物らしい。

甘栗ココアのタワーマンションに到着して、
演技の練習をします。
でも、これはバリーカーンの策略なのですね。
甘栗ココアは脅されて協力しているわけですね。
スキャンダルの仕組みなわけです。

せこい、バリーカーン。

いろいろ悩んでいる甘栗ココアを精いっぱい励まそうとする孫悟飯です。
孫悟飯もいろいろできないことがあるのですね。

朝まで演技の練習をして、
タワーマンションの屋上から帰る孫悟飯です。

ああ、しかし、バリーカーンに写真をとられてしまいますね。

家に戻る孫悟飯。
と、そこへ、バリーカーンがとった写真を持って家にやってきます。
バリーカーンはビーデルにこの写真を見せますが、
微動だにしないビーデルさんです。

もうね、バリーカーンは相手にされていない。
と、そこへ、ワタガッシュがやってきて寄生されてしまいます。

ああ、こういった流れになるのですね。
欲深く、独善的なバリーカーンなので、寄生にはうってつけなのですね。

パワーアップしたバリーカーンがいきなり家に突入してきます。
孫悟飯は不意を突かれて気絶してしまった間に
パンがさらわれてしまいます。

バリーカーンが変身して、ゴリラみたいな見た目になりますね。
そこそこ強いようですけど、グレートサイヤマンのライバルには
ならなさそうと思いきや、巨大な生物にさらなる変身をします。

甘栗ココアと監督はこの映像を撮影しようとします。

結構なパワーとスピードだな。
ワタガッシュ+バリーカーン。

結構強いのね。
口から赤い光線を放ったりと。

宇宙まで飛ばされましたが、
超サイヤ人になって戻ってきました。
そして、スーパーグレートサイヤマンビームを放って完全勝利です。
たぶん、カメハメ波なんでしょうけど。

こうして、バリーカーンとワタガッシュは捕獲されました。

これが映画化されたわけですね。
というか映画に利用されたようですね。

宇宙のとある星ではジャコがまたラーメンを食べている。
このラーメン、絵が綺麗で大変美味しそうだ。

こうして、ジャコとワタガッシュとグレートサイヤマンのお話は完結。

うーん、なんだ、もうちょっとついでに孫悟飯がパワーアップしてくれれば
面白かったと思うんだけどな。

次回は孫悟空とクリリンが2人で修行する話なのか。
クリリンも18号と生活してるから、
相当なパワーアップをしていてもおかしくはなさそうなのだが、
そうでもないのかな?

Google翻訳による74話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 74
For those I love! The indomitable Great Saiyaman!! Review

ドラゴンボール超 73話 悟飯の災難!グレートサイヤマンまさかの映画化!? 

今回は孫悟飯がグレートサイヤマンになって、
映画の撮影ですか。
今回はどうでもいい回のようですね。
日常の出来事の回というのか。
本編にはあまり関係なさそう。

うん?ラーメン?
ジャコがラーメン屋さんでラーメンを食べている。
地球以外にもラーメン屋があるのか。
これはちょっとびっくり。
何か捕まえているけど。
そして、逃げ出した。

孫悟飯は地球の家で仕事ですかね。
テレビではグレートサイヤマンとミスターサタンの映画の宣伝だろうか?
バリーカーン、甘栗ココア、ミスターサタンの出演が決まっているようだ。
バリーカーンでブルー将軍みたいな見た目だな。

バリーカーンってすごい人気の俳優さんですね。
女性に人気だ。

映画の撮影は順調ではないようだ。

バリーカーンは独善的なキャラクターのようだな。
ミスターサタンも撮影するのか。
甘栗ココアもやってきました。
人気のアイドルかな?

ビーデル、孫悟飯、パンも撮影現場にいます。
ミスターサタンはグレートサイヤマンの正体をばらしかけますけど、
大丈夫だったようだ。

バリーカーンはビーデルに挨拶をします。

ああ、グレートサイヤマンはスタントマンがやるのかな。
バリーカーンは自分ではさせてもらえないということらしい。

ワイヤーを使用しないで、撮影をするのか。
どうやらミスターサタンの影響を受けているようだけど。
うわべだけね。

危険な撮影になるので、孫悟飯が代わりにグレートサイヤマン役でアクションを行います。
まあ、将来のパンのためらしいですけど。

戦車をよけて、中の人を救助します。
あれ?やりすぎじゃないの?
助けた後はグレートサイヤマンのポーズ。
普通の動きじゃないからね。
みんなびっくりしてるじゃないの。

やっぱり、混乱してるな。
監督もすっかり気に入ってしまったな。
目が今までと違いすぎる。
スタントマンとしてお声がかかります。

と、いうわけで、正式にグレートサイヤマンのスタントマンとなるようです。

そうこうしているうちに、銀行強盗が発生します。
クリリンが対決しますが、そこへ、グレートサイヤマンもやってきます。

以前にこの銀行強盗はグレートサイヤマンにやられた人たちですね。

あ、ここでジャコが逃がした生物が銀行強盗に乗り移る?
様子がおかしくなりました。
そして、凄まじい戦闘を繰り広げます。

ですが、グレートサイヤマンには一撃でやられます。

次の日のニュースでは映画の撮影の一環だと思われているのか。

孫悟飯は撮影隊のみなさんにグレートサイヤマンの正体は孫悟飯だと
いうことがばれそうになりますが、ここでブルマがやってきます。
グレートサイヤマンのスーツはブルマの家から盗まれたもののようだと説明します。
ばれなくてすんだのかな?

でも、そんなやりとりを甘栗ココアに聞かれてしまいます。

甘栗ココアにはセリフの練習の相手をさせられます。

やっぱり正体がバレてる。

そして、家まで背中に乗せて飛んで帰ります。
こういう要求なのか。

と、空を飛んでいるうちにジャコが現れます。

わたがしと呼ばれる生物が寄生しているのと間違えられ、
乗ってきた宇宙船からビーム砲?がグレートサイヤマンに向けて発射されます。

今回はここで終了です。
うーん、まったくと言っていいほど内容は無かった気がします。

わたがしと呼ばれる生物だけかな、気になるのは。

そして、次回予告ではこのわたがしが寄生して、
パワーアップしたキャラクターたちとグレートサイヤマンが戦います。
これの前置きの回だったのね。

わたがし本体なのか、別な宇宙人の思惑があるのか、ちょっとよくわかりませんでしたけど、
次回は戦闘シーンが多くなりそうな、そんな回のようです。

というわけで、今回の感想はほとんど無い。
みどころがこれといって無い気がします。
うーん、何とも言えない。

Google翻訳による73話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 73
Disaster of Gohan! Great Saiyaman No way to make a movie!? Review