ソードアートオンライン2 13話 「ファントムバレット」 感想

ソードアートオンライン2 13話 「ファントムバレット」 感想



いきなり前回の激しい戦闘シーンから。
相手も相当な剣術の使い手なのですね。
まあSAOの人ですからね。

そうか現実世界だと、水分補給が必要なわけですね。
ずーと、オンラインゲームをしているわけにはいかないのですね。
ゲームをしていると、すっかり忘れてしまうこともありますが、
みなさんも注意してくださいね。

なんだか、ガンダムというよりも、スター・ウォーズみたい。
ダースベイダーでしたっけ?黒いマスクの人。
ダースレイダーというラッパーの人もいるらしいですが。

そんなことを考えている間にやっつけてしまいましたか。

赤目の何とかという人。

赤目のザザ?

これでキリトの目的は達成かな?
でも24話くらいあるのですよね。このアニメ。

後半3か月は何を?

シノンさんは本名と住所を教えるのか。

「おみあげグレネード。」
ドラクエでいうメガンテじゃないですか。

何という方法。

で、2人同時優勝ですか。

ああ、まだゲームの本体が現実のプレーヤーの方が
誰だかわからないからか。
それの捜索が必要なのか。

朝田詩乃の家を訪ねてきた新川君はおかしくなってますね。

あ、キリトの言っていた共犯者っていうのは、新川君ですか?

ああ、新川君兄弟で1つの「ボロマント」というプレイヤーを
動かしていたのか。

ああ、でも今回で分かってしまうと、その先は。

新川君はゲームヲタクですね。
ストーカーというのか。

おお、キリト、最後に登場。
スポンサーサイト