ソードアートオンライン2 15話 「湖の女王」 感想

ソードアートオンライン2 15話 「湖の女王」 感想



今回からファントム・バレット編とマザーズ・ロザリオ編の
間を描いた「キャリバー」編のアニメ版なのですね。

黄金の長剣エクスキャリバー、伝説のアイテムなのですかね。
世界樹の根っこにぶら下がっている。
もともと存在していたようだけど、発見されたのは初めてなのね。
ALOで新しい7人編成のパーティーを結成してアイテム探しをするのか。
キリト、アスナ(ユイ)、シリカ、リズベット、シノン、クライン、リーファ。
そして新オープニング。映像が綺麗ですね。
綺麗なディスプレイと風景が。

やっぱりゲームの風景って絵本のようで綺麗でいいですね。
まあ普段ゲームをやる時間はないので、アニメ映像で満足しておこう。

シノンさんも新パーティにすっかりなじんでいるようでなによりです。

脳筋ばっかりのパーティ。
そうなのね。

地下への長い階段を下りて、トンキーさんを呼び寄せて、
背中に乗って聖剣の所へ。

湖の女王ウルズ?巨大な女王が出現。
そういうイベントなのね。

下の世界のまた下にもう一つ世界があって2つでもめているのね。
そういった物語になっているのね。

黄金のりんごを手に入れるために3つの世界を掌握するのが
目的ね。スリムとかいう王様の目的。

結局、聖剣を奪取するのが最終目的か。

本当にファンタジーロールプレイングゲームですね。

「No More Time Machine」LiSA。

新エンディングもなかなか軽快な曲でいい。
関連記事
スポンサーサイト