ガンダムビルドファイターズトライ 5話 「憧れと挑戦を胸に」感想

ガンダムビルドファイターズトライ 5話 「憧れと挑戦を胸に」感想



今、気が付いたけど、オープニングの曲の映像にカミキ・ミライの登場シーンの絵は
のアルフォンス・ミュシャの絵に近いというか、オマージュなのかな。
アール・ヌーヴォーのイラストレーター?
作品の画集は昔見たことがあるので、とても綺麗な絵で印象に残っている。
ちょっといい発見だ。

次元覇王流拳法の特訓をなぜにプールの中でやるのだろうか?
筋力トレーニングの一環ですか?

それぞれがガンプラの制作と調整にいそしんでいる。

百式?デルタプラス?のようなガンプラはサカイ・ミナトの制作か。
で、このチームはどこのチームだろうか。
白い制服のチームは。

コウサカ・ユウマは新たに制作したライトニングガンダムでラルさんと
バトルか。
何だ?ラルさんはあっさりやられてしまったのか?

ほ。無重力に近い水中で特訓したほうがいいのか。
頭が良いのだか悪いのだか。
局所的に頭がいいのだね。

ホシノ・フミナが憧れる、白いガンダムのパイロット女性は誰だ?
あんなキャラクターはいましたか?
あのガンダムは・・・。

いよいよ全日本ガンプラバトル選手権か。

ギャン子とカミキ・セカイは一緒に会場に。
ギャン子は意外と背が高いのね。

まだ西東京大会なのか。わりと狭い地区大会だな。
それでも強豪ぞろいなのか。

いきなりハイレベルな格闘じゃないですか。

そして、トライファイターズの出番。

ホシノ・フミナは新SDガンダムで参戦か。
あれはどういった特徴なのか。

カミキ・セカイは宇宙空間でどうやって戦うのか。
すごいな、宇宙空間でジャンプしてるぞ。
何だあれは。
また特殊な技が。
そして、拳法の技が超絶すぎる。
やっぱり機体性能がもともと超絶だから、何でもできる機体なのかな。

結局、コウサカ・ユウマとホシノ・フミナの機体の性能が
まったく良くわからなかった。

初めて1回戦突破。

あ、ホシノ・フミナが憧れのファイターが登場。
で誰なのよ、この人。
スポンサーサイト