ガンダム Gのレコンギスタ 7話 マスク部隊の強襲 感想

ガンダム Gのレコンギスタ 7話 マスク部隊の強襲 感想



クンタラ?棄民の事ですか?

ベルリ・ゼナムはすっかりアメリア海賊になじんでいる。
なじみすぎる。

ベルリのお母さんウィルミット・ゼナムもセグウェイ型移動ロボットで滑るように移動。
大活躍ですね。

メガファウナも補給に勤しんでいるのか。
大事なことだな。
海賊部隊以外もアメリア軍は地球で活動しているのかな。

まだ勢力図を理解していないけれども。

ベルリのお母さんウィルミット・ゼナムは飛行機で出撃。
何やっているのだ?
何だ演技か。
でも操縦はできないのね。
大気圏に突入してどうなっちゃうのよ。

アイキャッチのダンスは何なのだろうな?
ダンスが学校で必修になったのと関係があるのか。
ドラゴンボールZのギニュー特戦隊のようなダンス。

ベルリはジャハナムっていうザクのような外観のMSに搭乗。

ラライア・マンディはニュータイプか?
反応が・・・。

うお。マスクのMSエルフ・ブルック、足からビームサーベルが。
トリッキーな機体だ。
クリム・ニックのモンテーロを圧倒してる。

やはりGセルフは圧倒的に性能がいいな。
アイーダ・スルガンのGアルケインとも格段に違う気がする。

戦況が押されている所にアーマーザガンという、
モビルアーマー?が登場。

マスク部隊を圧倒。

それにしても、お母さんウィルミット・ゼナムはわざわざ、ベルリ・ゼナムに
何しに会いにいくのだろうか?
自分の立場はいいのか?

宇宙用ジャハナム(隊長機) ってプラモデルかっこいいな。
AMS-119ギラ・ドーガ、レズン・シュナイダー少尉機、またはMS-07グフのような、
MS-18Eケンプファーのような外観がちょっと興奮するね。
目新しいデザインのMSもいいけどね。
やはりザクっぽいと思ったのは間違いではなかったか。
スポンサーサイト