ソードアートオンラインⅡ 24話最終回 マザーズ・ロザリオ 感想

ソードアートオンラインⅡ 24話最終回 マザーズ・ロザリオ 感想



パーティーが2つに融合ですか。

いろいろ楽しそうだな。
京都旅行も楽しそうだ。

ユウキはもう先がないのかな。
見た目がげっそりしてるな。
最後までメディキュボイドで会話ですか。
意識が朦朧としてるようだけど、
メディキュボイドでは何とか活動できるのですね。

巨木の前で何を作ったんだ?
剣で木を突き刺して。
オリジナルソードスキル?
それを渡すのになぜ?木を攻撃して。
技の名前「マザーズ・ロザリオ」。
今回のタイトルね。

何だ?大量のプレイヤーが。
ユウキのために集まってきたのか。
そんなに有名人なのか。

難病で現実世界では活動できなくても、
仮想世界ではたくさん人の役に立つ活動ができる
事を証明したのですね。
そういう評価を他人からたくさん受けることに成功した。
難病でも立派に生きたユウキさん。

シウネー(安施恩)さん、すごくお姉さんですね。
だいぶ元気じゃないか。
しかも完全完かい。
どういうわけ?

メディキュボイドはもう完成間直なのかな。
ユウキも実験として役に立ったのですね。

メディキュボイドの本当の設計者は茅場晶彦なのね。 

最後はみんなで公園で花見か。

今回のソードアートオンラインⅡは前回と違ってしっとりと
するお話が多かったな。
まあ、オンラインゲームの戦闘シーンなどは
何回か見ると見飽きてしまうから、
物語要素を充実させたほうがアニメとしては見ごたえが
あるかもしれないですね。
そういった方向性はそれはそれで良い。

原作はまだ続編があるようなので、アニメ化(3期)
があったら見てみようかなとも思う。


ソードアートオンラインの関連商品の価格と詳細情報はこちらから

スポンサーサイト