ガンダムGのレコンギスタ 16話 ベルリの戦争 感想

ガンダムGのレコンギスタ 16話 ベルリの戦争 感想



ラクダに乗ってるみたいだな、最初から出てきた機械だけど。
農村なんだね。ラライヤさんの故郷は。
本当にヨーロッパの農村のようだ。

姫様?王子?
やっぱりあやしい素性なのだね。

トワサンガはドレッド艦隊が独自行動をしているのかな?

レイハントン家の王女様と王子様なのか。
アイーダ・スルガンとベルリ・ゼナムは。
でも屋敷は普通の家だよね。

っていうかアイーダもベルリももっと驚きなさいよ。
冷静すぎる。自分の素性なのに。

アイーダさんの所有物は家族の写真か。
記憶にはあったのね。

全部トワサンガの人たちの仕掛けたものなのね。

なんか天空の城ラピュタとか聖闘士星矢Ωとかにちょっと
素性が似てる気もする。

ひょっとして、アムロ・レイの末裔とかシャア・アズナブルの末裔
とかミネバ・ザビの末裔とじゃないだろうね。
じつはいましたみたいな話の驚き展開だったらたまげるわ。
ミネバとバナージ・リンクスの末裔かセイラ・マスの末裔か。
なんていろいろと考えてしまうな。
もしかしたら的な話を。

そして2人がもっているアクセサリーも
レイハントン家直系の人だけがGセルフを使える
仕掛けをしたわけですね。

アイーダさんとベルリは姉弟なのね。

「時代は年寄が作るものではないのです」。

クワトロ大尉とほぼ同じセリフじゃないですか。
こんなところでオマージュ的使い方で出てくるとは。
やっぱりシャア・アズナブルの関係者かな?
レイハントン家は。
どうなのだろうね。

やっと、アイーダさんとベルリの秘密がわかりましたか。

宇宙世紀を含めた2000年の歴史がある。
やはりそんな未来の時代なのね。

クンパ大佐の艦隊は何をするつもりなのか。
トワサンガの戦力を利用するのが作戦なのか。

お互いにお互いを利用する作戦のようだね。
トワサンガ軍も同じことを考えているのね。

メガファウナのMSもつぎつぎに出撃だな。

Gセルフはドーベン・ウルフ隊のMSをケーブルで
捕まえるやつのようなものに。
やはり技術はあまり進歩していないな。
でもあっという間に撃退。

昔あったガンダム。
やっぱりこの時代でも有名なんじゃないか。ガンダム。

カシーバ神輿の降臨?クレンセントシップ?ビーナスグローブ?
ここにきて、キーワードが続出だ。

次回予告は月の裏側で宇宙のごみ掃除?
展開がさっぱりわからない。
トワサンガのタツノオトシゴのようなものはシラノ5という
居住区兼基地なのね。

今回はアイーダさんとベルリの素性とトワサンガ、アメリア、
キャピタル・アーミィのそれぞれの思惑の話だった。
アイーダさんとベルリが自分の素性に対して
格別驚きもないのが意外だった。
ベルリの方はちょっと困惑しているようだけどね。

次回の展開は今回の話とはよくつながりが分からないので
良く考えて見なければいけ無さそうだ。

それにしても、Gのレコンギスタも新しいMSがどんどん出てきますね。
ネット通販の商品を見ていると、また、公式サイト
にも出ていないMSのプラモデルやフィギュアなどが
販売されているようですからね。
雑誌にも連載しているようなので、
そちらではもう出てきているのですかね。
一度、立ち読みしたことがあるのですが、
漫画というよりは雑誌の特集なんですかね。
細かく内容は覚えていませんが。
でも全26話なんですよね。
1期だけなのか?また2期があるアニメなのか?
展開もだいぶ早まりましたので1期だけなのかも。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

ガンダム Gのレコンギスタ 第16話 「ベルリの戦争」

「時代は、年寄りが作るものではないのです」いまこそ明かそう、彼と彼女の衝撃の事実。件の蚊取り線香のシーンは、こうして訪れた。男として。ガンダム主人公として。ベルリに“理不尽”が襲いかかる「ガンダム Gのレコンギスタ」第16話の感想。余談ですが、サントラの発売がとうとう4月15日に決定しましたね。できれば放送中に出してもらいたかったというか…首を長くして待っ...

ガンダムGのレコンギスタ TBS(1/16)#16

第16話 ベルリの戦争 公式サイトからラライヤの故郷で出生の秘密を知ったベルリは、マスクのスペース・ガランデンが現れたと聞き、G-セルフで勝手に出撃してしまう。そのG-セルフにトワサンガ守備隊のガヴァン率いるモビルスーツ部隊が 襲いかかってくる。 クリムたちはドレッド軍に捕まったらしい。ベルリたちはラライヤの隣人、フラミーの案内で レジスタンスの拠点に向かう。ドレッド軍が実行を考えているレコンギスタを中止させたい。 ベルリとアイーダはレイハントン家の姫と王子。生まれ故郷にお連れしたい。部屋で両親の写真を発

ガンダム Gのレコンギスタ 第16話 「ベルリの戦争」 感想

各勢力の思惑が入り混じった複雑な状況になっていますね。ベルリのイライラの原因は初恋の相手のアイーダが姉だったということに行きつくわけですが、誰かケアしてあげて!ラライヤの故郷で出生の秘密を知ったベルリは、マスクのスペース・ガランデンが現れたと聞き、G-セルフで勝手に出撃してしまう。そのG-セルフにトワサンガ守備隊のガヴァン率いるモビルスーツ部隊が襲いかかってく...