ガンダムGのレコンギスタ 18話 三日月に乗れ 感想

ガンダムGのレコンギスタ 18話 三日月に乗れ 感想



カシーバ・ミコシ。星のような、ヒトデのような外観。
やはりGのレコンギスタのMSなどのデザインはちょっと独特な
気がしますね。
従来のガンダムとは一味違う感じがします。
今までと似たようなデザインもあるけれど、また違った感じもします。

クレッセントシップ。これは何とも言えない外観。
エルメスのような、そうでないような。
宇宙空間専用?だからデザインは何でもいいのかもしれないと思った。

トワサンガ軍のMS部隊は意気揚々だな。
どういうわけか。
異常な盛り上がり方。

デコデコした外観で尊敬しろって?
確かにそうだね。
名前もそうだし。カシーバ・ミコシ。
あがめろっていうのが見え見えだものね。

クレッセントシップはGセルフが接触すると、化ける?
何にですか?
謎が多すぎる。

マスク部隊は何やってるのだ?
Gセルフと奪取しにきたのか。
トワサンガ軍に変換するために。

ここ2回は状況がよくわからないな。
混沌とした状況が把握できないな。

ビームマントってすごいな。
周りをビームで包み込んで、動きを封じる兵器なのか。
Gセルフもこれじゃね。

レイハントンサイン?
クレッセントシップに反応。

クレッセントシップの内部にGセルフが入る。
で、内部には紋章?
ベルリの持ってるアクセサリーと同じ。
正常運転スタート?
メインエンジンルームなのか。
やっぱり謎の船だな。

次回はまた新しいMSの登場だな。
ガンダムタイプみたいだけど。

それにしても公式サイトにあるG-ルシファーとかいう機体、
フリーザ一族みたいだね。
クウラといったっけ、フリーザのお兄さん。
それに似てる気がする。
関連記事
スポンサーサイト