勘解由小路光宙(かでのこうじみつおき)

勘解由小路光宙(かでのこうじみつおき)



よくキラキラネームで名前が挙がるポケットモンスターの登場キャラクター、
ピカチュウ、漢字では光宙と書くそうだが、江戸時代末期のお公家さんに
勘解由小路光宙(かでのこうじみつおき)という名前のお公家さんが
いらっしゃったのね。
読み方はみつおきだけど、漢字では光宙。
でもどういう意味で光宙と名前がついたのだろうね。
今の時代の人はピカチュウを知っているから、光宙という漢字になるってだけ
だろうけど、当時の人はどういう意味合いでなのか。

勘解由小路家は藤原氏日野流烏丸家の分家。
勘解由小路は平安京あった道。
名家の家格。
大納言が極官。
侍従・弁官(蔵人・蔵人頭を兼任)等の文官・事務系職を経て中納言・大納言に進む。

室町幕府の足利将軍家の外戚で有名な日野氏の一族なのか。
日野賢俊とか日野富子がいる家。
日野俊基、日野資朝とか正中の変の人だよね。
ああでももっと前から足利家とは関係があったようだ。
藤原有綱の娘が源義家正室で源義国、義忠の母らしい。
源義国の子供が新田義重、足利義康だから、
足利家の最初から日野家とは関係があるわけね、血縁上は。
だいぶ古いな。
で、勘解由小路家はこの日野家の分家。
何度か養子を迎えて繋いでいるけど、ほぼ日野氏流からだから、
たぶん家としても血縁上も同族かと。

本当に実在するとは。

昔、ガンダムで宇宙と書いて(そら)と読むのを不思議に思ったことが
あったが、これも江戸時代に朝顔の品種名に大宇宙(おおぞら)という
品種があるらしいけど、昔からそういった読み方があるのだね。

キラキラネームも昔からそれっぽいものがあるのあろうか。
思いつくのは源希望(みなもとのまれもち、鎌倉幕府初代将軍、源頼朝の甥(弟、源希義の子供))
とかだけど、今のところそれしか知らないな。

今のところ、たまたま知った昔のキラキラネームっぽい人たちは
みんな清和源氏の関係者か。
単なる偶然だろうけど。
調べた中でなので。

そういえば、○○麻呂、○○麿などは(大兄)の別称?丸、丸子のマイナーチェンジ版
で名前として使われるようになったとか。
大兄とは同母兄弟の中の長男に与えられた皇位継承資格を示す称号。
中大兄皇子とかの大兄。
聖徳太子の兄弟にも麻呂子皇子。
聖徳太子の子、山背大兄王の子にも難波麻呂古王、麻呂古王とかいらっしゃいますね。
この辺りの時代に使われた称号か。
それと、子供の○○丸とか、牛若丸などの子供の幼名。
あと、愛着のある道具にも○○丸。

説のひとつなのか、こういった意味合いしかないのか。
ちょっとよくわからないけど。
昔の部民制の時代に皇子などの方たちの名代・子代的な部を丸子部とかいうらしい。
昔と現在、丸子とか鞠子とかの地名のある場所などがそうらしい。
女の子のまり子(漢字でいろいろあるけど)などもこれが由来なのかも。
スポンサーサイト