ドラゴンボール超 2話 約束のリゾートへ!ベジータが家族旅行!? 感想

ドラゴンボール超 2話 約束のリゾートへ!ベジータが家族旅行!? 感想



今回はベジータさんが家族旅行に連れて行く話。

トロッコ?にブルマとトランクスと一緒に乗っている時のベジータの表情が
つまらなさそうすぎて面白いな。
この前のレアル・マドリードに所属するポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウドのようだ。
歌番組の話ね。
フジテレビ「水曜歌謡祭」出演時の話。

界王様はまだ自分の界王星でドライブしているのか。
飽きないな。
小さい星なのにね。

そこに修業に来た孫悟空が登場です。
いきなり食事。
凄まじい量の炊き込みご飯?を召し上がる。

でも今更、重力10倍の星で修業する必要があるのかな?
このレベルのサイヤ人に。

ブルマの飛行機で家族旅行に出かけているようだけど、
飛行機の上に乗ってるベジータには足しにもならないのか。
あたりまえだな。

この旅行はトランクスとの約束なのね。

ベジータは全体的に買い物やアトラクションには興味がないな。
食事だけかよ。
食事だけは凄く興味があるようだ。

食事に出されたタコに墨をかけられたくらいでキレちゃだめでしょ。
冷静さも必要ですよ。

ブルマの誕生日?
ああ、映画版神vs神の話か。

「どんどこファイヤー」ってイベントに参加して、お客さんの集団に
切れそうなベジータ。
司会者にステージ上がって盛り上がろうぜみたいなリアクションに
さらにキレるベジータ。
そして一人で飛んで帰ってしまった。
我慢しきれなかったか。

一方、ビルスはとある惑星で食事探し。

恐竜みたいなのの目が透明感があって綺麗だな。
ここだけすごく目を引いたな。
オフホワイトにクリアで透明な塗料を塗ったような。
ここはいい表現だな。

地球人でいう旧石器時代の人間みたいな文化圏のようだけど、
この恐竜みたいなのをやっつけた黄色い生物は強いな。
かなりの戦闘力じゃないか。
しかも、見た目も変身できて、地球人やナメック星人やサイヤ人のように
エネルギーが噴出しているような感じになるのね。

そしてビルスと戦うことになるが、
圧倒されて自分の口から放った炎を返されて撃沈。
そして恐竜みたいなのを食べず、惑星を破壊。

界王神界でお茶をしている2人はやっとビルスが活動しているのに
気が付いたようだ。
普段は暇そうだからね、界王神界。

家に帰ったベジータはさっそく修業。
意外ときつそうだな。
通常の状態で修業してもきついのかな。
宇宙でNO.1になるために頑張っているわけですね。

とある惑星を破壊して、それを眺めている最中に
予知夢で見た、戦士の名前を思い出したのね。
スーパーサイヤ人ゴッド。

次回はブルマの誕生日会の話。
ここから映画版ドラゴンボールZ神vs神の話になっていく
わけですかね。
ちょっとマイナーチェンジしているようですけど。

今回はここまで。
これといって物語の展開はなかったですね。
まあ、ベジータがちょっとだけ家族旅行に参加しましたという
変わった話があっただけ。

そして、とある惑星のリーダーっぽい戦士が想像以上に戦闘力が
ありそうな戦士で、そこがちょっとだけ見どころだったか。
戦闘力はいかほどなのか。
この表現では1万程度から数百万程度とも考えられそうな
表現なので、戦闘力の正確さはわからないな。
映画版ではピッコロや18号も一撃で仕留める戦闘力のビルスが
ちょっと戦っている所を見るとそれ以上の戦闘力とも
考えられるが、それにしてはビルスが名前も顔も知らないという
のもおかしい。
ピッコロや18号以上だとフリーザ以上の存在なので、
これは考えにくい。
単純にビルスが極限まで手を抜いているということが妥当なのだと思う。

まだまだ第六宇宙にはかなりの戦闘力をもつ戦士がいるということなのか。
今までの物語の流れですと、戦闘力1万以上はそんなにいないはずなのですが。
いても数十程度かと。

次回もあまり物語の展開はなさそうだけど、次回を待ちたいと思います。

Google翻訳による2話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 02 Commitment to the resort! Vegeta family trip!? Review
スポンサーサイト