ドラゴンボール超 4話 目指せドラゴンボール!ピラフ一味の大作戦! 感想

ドラゴンボール超 4話 目指せドラゴンボール!ピラフ一味の大作戦! 感想



破壊神ビルスは移動しながらお弁当を食べるという割と起用な神様だな。
北の界王様のところへ移動する。

北の界王は怯えているのか、とまどっているのか、あたりまえか。

ブルマの誕生日パーティーは豪華客船にて滞りなく開催中の模様。
ブルマだけは悟空とベジータが修業でこないことにいらいらしている。

18号はビンゴ大会の商品が目当てのようだけどね。
特にお城が欲しいらしい。

悟天とトランクスはビンゴ大会の商品を見に行く。
2等は日本のお城じゃないか。
あんなものが豪華客船の中にあるのか。

特等は何だろうか?
ドラゴンボールだろうけど。

その時、ピラフ一味はとある島で釣りをしている。
ドラゴンボール探しの途中のようだけど。
ドラゴンボールなのか、単なるお宝さがしなのか。

特等はやはりドラゴンボールだった。

そしてピラフが持っているドランゴンレーダーに反応が。
そのドラゴンボールが集まっている豪華客船が
ピラフのいる島を通過しようとしている。

ピラフはなぜ絵の縁取りが太いのだろうか?
太かったり、普通だったりと。

このあたりは話の内容は映画とほぼ同じなのかな。
詳細な設定は全然違うのだけれども、話の流れとしては
ほぼ同じ気がします。

これといって新しい大きな展開があるわけでもなく、
ドラゴンボールの日常的なコミカルな部分が結構続きますね。

ピラフ一味は島にあった?乗ってきた?小舟で
豪華客船に乗り込もうとします。

船が難破して、鮫に襲われますが、何とか豪華客船に
乗り込むことに成功します。
悟天とトランクスに助けてもらうのですが。

お食事に招待されますが、プライドが許さず、
食事にありつけません。

ですが、悟天とトランクスがちゃんと食事を運んできてくれます。
いい子たちですね。

一方、相変わらず、ベジータは修業中。
150倍の重力で

社員か?
女性がブルマからの取次の電話を持ってきます。
社員なのにブルマ様?ベジータ様って社員じゃないのかな?
お手伝いさんのようには見えなかったが。
スーツか制服?をカチッと着こなしていたので。
胸のプレートにCの記号、茶色のブレザーに黒いスカート。
やはりカプセルコーポレーションの制服のようですね。
正直、見た記憶がありませんが、これがカプセルコーポレーションの制服のようですね。
しかし、電話が意外と古い感じというか、現代とさほど変わらない電話なのが
ちょっと面白いかも。
カプセルコーポレーションは近未来的企業なのに、レトロな電話。
固定電話は儲からないのかな?開発しても。
現代でも安ければ5000円くらいで買えますからね。
個人用電話(今でいうスマホなど)があれば売れないようですからね。

北の界王星では悟空がかめはめ波で修業中。

北の界王はうっかりと悟空に破壊神ビルスのことを
しゃべってしまう。
ビルスが神で北の界王星に向かっていることを話す。

破壊神ビルスは世界のバランスを取るための破壊を司る神。

そして、破壊神ビルスが北の界王星に到着です。

ここで今回は終了です。

まあ、物語の大まかな展開は特にありませんでしたね。
ドラゴンボール超は全体的にのんびりと物語の進め方をするような模様ですね。

次回予告は破壊神ビルスとスーパーサイヤ人3となって対決する話。
これも映画版とほぼ一緒のような気がします。

Google翻訳による4話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 04 Aim Dragon Ball! Battle of pilaf gang! Review。
スポンサーサイト