機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1話 鉄と血と 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1話 鉄と血と 感想



機動戦士ガンダムの新作です。

厄祭戦(やくさいせん)と呼ばれた大規模戦争の終結から約300年後の地球と火星の話。
民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ(CGS)に所属の少年たちの物語。
火星都市クリュセを独立させようとするクーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を担当。
ギャラルホルンという地球を統治する各国連合の総意によって結成された強力にして強大な軍事組織
が対抗勢力になる。

今のところこのようなあらすじです。

ミカ。
三日月・オーガスの愛称ですね。
オルガ・イツカはそのまま?。
いきなりガンダム・バルバドスが映りますね。
ASW-G-08、ガンダム・バルバドスという名前。
外観がかなり複雑な感じですね。
複雑な機構のような気がします。
見るからに。

このガンダムは映像が綺麗そうですね。
大雑把な絵でなくて好きですね。
こういった映像。

火星の都市の代表の娘さんの護衛が任務なのですね。

子供の部隊だから大人にこき使われている設定。

三日月・オーガスは何かの戦闘マシーンの操縦が得意なようだな。
だからガンダムのパイロットになるのか。
まだどういった理由でこれだけの技術力になるのかよくわかりませんけど。

火星都市のお嬢様は貴族のような生活ですね。
まさに欧州の貴族のような館と生活ぶり。
クーデリア・藍那・バーンスタインという長い名前。
覚えにくい。
ちょっと目がぎょろっとしてる。
髪の毛の量が多い。

地球圏と火星の勢力との対決の話になるのか。
ガンダムAGEと同じような展開になってしまうのか。
それもそれでどうなのか。

地球圏勢力の管轄にある火星圏勢力の独立運動が中心の話なのね。

子供たちの部隊は単なる下っ端だな。
こきつかわれているようだ。

スラム街のような外観の街角。
アトラ・ミクスタ。
どこかのお店の少女。
ガンダムAGEのキャラクターのような外観。

クーデリア・藍那・バーンスタインと御付のフミタン?が
三日月・オーガスいる基地にやってくる。
基地を案内してくれとお願いして案内される。

このお嬢様はよくわからないキャラクターだな。
握手を交わそうとして、手が汚くなるからと拒否されて
顔を赤らめるけど。
機動戦士ガンダムにはこういった少女がよく登場しますね。
もう定番になってきましたか。

地球から来たギャラルホルンとかいう組織?部隊?の監察官はイケメンの2人。
マクギリス・ファリド、ガエリオ・ボードウィン。
何だか雰囲気が機動戦士ガンダムWの人達のようだ。

何だかいきなり基地は戦闘状態に巻き込まれる。

モビルワーカーという戦闘兵器はギャラルホルンのもの。

もう戦闘状態?

1軍という大人の正規兵?は動向がおかしい。
逃げようとしたり、戦うそぶりが感じられない。

その間にクーデリア・藍那・バーンスタインを連れ出そうとビスケット・グリフォン
というキャラクターが行動します。

連れてこられたのはガンダム・バルバトスが整備されている工区。

三日月・オーガスはモビルワーカーの操縦がやはり相当なレベル。

やはり1軍は戦場を逃げ出した。

これから戦闘が佳境になるところだったのに、そこへモビルスーツが登場。
あまりデザインがよろしくないというか、地味というか。
グレイズというMSらしい。
見た目と構造が簡素で何とも言えない外観。
コックピット内部も全天周モニターではなく、小型モニターが複数あるタイプ。

さすがにモビルワーカーではモビルスーツに対抗できるわけでもなく。

三日月・オーガスが戻るまで時間稼ぎをするようだけど、ここでガンダム・バルバトスの
登場になるのでしょうかね。
他にモビルスーツなさそうだったので。

モビルスーツに指揮官であるオルガが狙われるが、そこへガンダム・バルバトスが登場。
敵モビルスーツであるグレイズを破壊。
鉄の斧のような兵器で。

今のところ、ビーム兵器は出てきていないようですね。
結構原始的というか。

これはオープニングの曲?
ヘビーメタルっぽい曲調の曲でなかなかかっこいいかも。
ガンダムに似合うかどうかはわからないけど。
バックの戦闘シーンもなかなかスピード感があり、映像が綺麗だ。
マクギリス・ファリドが剣をかざすシーンの剣の背景?か何かの
映り込みの描写が非常に綺麗で美しい。
細部の作り込まで割としっかりしているようだ。

次回予告はアトラ・ミクスタが担当なのかな。
ブレスレットを干さないと臭くなるとかいってるけど、何製なのだ?

第一話で詳細な設定がよくわからなかったけど、
ちょっと楽しめそうな雰囲気はあるアニメ。
映像は綺麗で良かった。

よく聞くガンダムである必要はないという意見も当然あるのだろうけど。
ガンダムではなかったとしても、宇宙とロボット系に興味があれば
それなりに楽しめそうな雰囲気かもしれない。
今のところは。

オープニングの曲はMAN WITH A MISSIONの「Raise your flag」という曲。
エンディングの曲はMISIAの「オルフェンズの涙」という曲。

MAN WITH A MISSIONは七つの大罪の「Seven Deadly Sins」の曲の人達ですね。
七つの大罪はたまに見てましたけどオープニングの英語の量が多い曲ですね。

エンディングの曲はまだ流れていませんがまさかMISIAとは。
アニメの曲も歌うのですね。
次回に曲が流れるのかな。
ちょっと楽しみです。

現時点で公式サイトのProducts商品情報のページは

エンディング主題歌
ISIA「オルフェンズの涙」 2015年11月25日(水) リリース

となっているのですよね。
Mが抜けてるのですけど。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話「鉄と血と」

世界情勢やら見せながら話廻してからの戦闘、そしてガンダム登場!みたいな割と王道展開な初回。ぶっちゃげ、キャラの多さや勢力関係がよく分からず戸惑いながら見てた(汗)。放送後に公式HP見た訳だが、別にややこしくも無かったというε-(´∀`; )wそんな調子でもガンダムの登場シーンに胸踊った。BGM相まって、カッコよかったー!これ見れただけでも満足だ(ェ 三日月の顔から血が滴ってた...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #01

『鉄と血と』

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第1話

「鉄と血と」久々に書いてみたアニメ感想。今後も続けるかどうかはわからないけど、とりあえず、第1話の感想だけでも。ということで、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第1話。『あの花』、『心が叫びたがっている』のメインスタッフが集まってのガンダム。どうなるのか? という想いもあったのだけど、第1話については、凄くよかった! だからこそ、久々にアニメ感想を書いてみようと思っ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #1「鉄と血と」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第1話を見ました。#1 鉄と血と三日月・オーガスが所属する民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ(CGS)参番組は、地球の一勢力の統治下にある火星都市クリュセを独立させようとする少女・クーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を受けることになる。「俺達がお嬢様の護衛?」「お嬢様っていい匂いするんだろうなー。なぁ三日月」...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話「鉄と血と」

第1話「鉄と血と」JUGEMテーマ:漫画/アニメ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

[新]機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話『鉄と血と』≪あらすじ≫かつて「厄祭戦」と呼ばれる大きな戦争があった。その戦争が終結してから、約300年。地球圏はそれまでの統治機構を失い、新しい支配体系をもって新たな世界が構築されていた。仮初めの平和が訪れる一方で、地球から離れた火星圏では、新たな戦いの火種が生まれつつあった。主人公の少年、三日月・オーガスが所属...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話 『鉄と血と』 アルドノアでダグラムなガンダムが始まった!?

超有能デブ。第1話で気になったのはヒロインであるクーデリアと主人公…じゃなくてビスケット。この男超有能。将に部隊の知恵袋といった存在です。「ビスケット」という非常に覚えやすい名前。そして声がアルドノアの「イナホ」と同じ花江夏樹。まさにオルフェンズのサモ・ハン・キンポー(動けるデブ)といった感じです。  使い捨て少年兵部隊。主人公である三日月・オーガスが所属する民間軍事会社CGS参番隊は少年ばかり。言わば正規兵のおまけという扱いみたいです。一番割に合わない仕事をさせられるのに扱いが