ドラゴンボール超 18話 オラも来たぞ!ビルス星で修業開始だ! 感想

ドラゴンボール超 18話 オラも来たぞ!ビルス星で修業開始だ! 感想



今回は孫悟空がビルス星で修業を開始する話です。

破壊神ビルスの元で修業なんて誰もしたく
ないですよね。
あたりまえです。

ビルス星に到着したのをベジータは感じることが
できるようになっている。
神の気配は感じることができないのに。

修業はどうやら
ある意味厳しいようだ。

ベジータもウイス様と敬語で話している。

ビルスの風変わりな部屋での作業が修業。
寝ているビルスを起こさないように
エプロンをつけて。

寝相が悪すぎて攻撃と同じ。

確かにこれなら格闘の修業と同じ効果が得られる
のかもしれないです。

これは修業ではないのか?
ベジータはただの家事手伝いといっているが。
それでも凄い状態。

修業をさせてもらう交換条件。

予言魚も神様の一種なのか。

ウイスデザインの胴着を着て、いよいよ修業です。

重しのついた腕輪に腕を通して
持ち上げる基礎的な修業です。
これを持って星を1周するという
しかも道がどんどん歩いたあとから消えていく。
過酷な修業。

そうすると急に空間がビルス様の寝ている
部屋に移動。
寝相の悪いビルスの攻撃を食らってあっというまに
気絶するベジータと悟空。

まだ駄目なのか。

神の気を感じられる程度ではだめなのか。

そして今度はウイスと格闘修業。
ベジータと悟空、2人がかりで戦うが、
まったく通用しない。

考えながら戦うとスピードが落ちる。

ソルベが登場だ。
フリーザ軍のリーダーが

シャンパ(デブビルス)も登場。
バルス?という女ウイスも星を破壊。

何しに登場したのだろうか?

とここで今回は終了です。

今回はちょっとだけ修業が始まったけど、
丁寧な修業なのだね。

次回はフリーザが復活するのか。
もうひょっとして復活のF編に入っているのね。

女ウイスの名前調べたら、ヴァドスというのね。
バルスに聞こえたからそう書いたけど、ヴァドスという名前のようだ。

Google翻訳による18話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 18 Also came Ola! It's apprenticeship started in Builth star! Review。
スポンサーサイト