機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 11話 ヒューマン・デブリ 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 11話 ヒューマン・デブリ 感想



所属不明機との戦闘シーンから。
そこへガンダム・バルバトス。
おやっさんも乗ってるのか。
操縦できないのに。
マン・ロディというMSに剣を突き刺す。
しかし凄まじいスピードだ。
かなりパフォーマンスが上がっているのだろうか?

おやっさん(ナディ・雪之丞・カッサパ)の乗るクタン参型という
輸送機はろくな操縦をできず戦場を離れていきます。

かなりいい戦闘シーンですね。
マン・ロディというMSのパイロットも阿頼耶識システムの
使い手ということで、お互いにテクニカルな戦闘になっています。

昭弘・アルトランドとタカキ・ウノはイサリビに帰還しようと
戦線を離脱したが、そこに別働隊が到着。
攻撃を受ける。

これもマン・ロディだね。
しかもパイロットは筋肉質のオカマっぽい人。
筋肉のある志茂田景樹みたいだ。

クダル・カデルっていう名前なのか、そしてマン・ロディじゃなかった。
ガンダム・グシオンというMSだった。
スピードもパワーも装甲の堅さも比べ物にならない。
強力なMSだ。

マン・ロディの攻撃を受けて、タカキ・ウノのモビルワーカー?
が大破しマン・ロディのパイロットに捕まってしまう。
それを取り戻そうとした昭弘・アルトランドは自分の弟、
昌弘・アルトランドと再会してしまう。
この組織のパイロットをやっていたのね。

とそこへ、今度はテイワズからアジー・グルミンとラフタ・フランクランド
が救援に到着。

一方、バルバトスvsグシオンはラフタ・フランクランドの百里
が到着したのでクダル・カデルが撤退信号を放ち撤退します。

イサリビに戻ってタカキ・ウノの治療ですが、
重症ですね。

メリビット・ステープルトンさんの応急処置が素晴らしい。
医療技術も持っているようだ。

その後、メディカルナノマシーンという機械に入れられるタカキ・ウノ。
液体に中に入っているのか?
ドラゴンボールZのフリーザ軍が持っているメディカルマシーンのようだ。

ブリッジではブルック・カバヤンというブルワーズという組織のリーダーからの通信。
どうやら戦闘になるかもしれない状態。

ブルワーズは地球から火星にかけてのエリアで活動している海賊。
物資とクーデリア・藍那・バーンスタインの身柄が目的らしい。

一方、アイン・ダルトンは地球上空のギャラルホルンの基地で
仲間の人に絡まれます。
やっぱり火星育ちは差別されているようで。

それにしても地球の映像が大変綺麗で美しい。
アニメの映像とは思えないほどだ。

マクギリス・ファリドとガエリオ・ボードウィンはイズナリオ・ファリド
という上官に調査報告。

地球の都市、綺麗だなぁ~。
未来の都市って感じだけど、こういうの好き。
構造物と雰囲気が。

2人はファリド家の豪邸っぽいのに到着。
そこでメイドさんたちとアルミリア・ボードウィンのお迎えを受ける。
本当に妹は子供だ。
9歳だっけ?
こんな子供が婚約者なのか。
この展開は正直言って理解不能。
物語的に意味があるのだろうか。
子供がメインのガンダムだから深い意味があったりするのかな?
昔はらんま1/2の早乙女乱馬と天道あかねが許婚っていうのは
あったけどね。
これも高校生だし。

紅茶の入れ方を覚えたのでおもてなしをしたいようだけど、
ぜんぜんだめっぽい。
あまり有能そうな雰囲気は感じられない。

ギャラルホルンの現体制では人間の生活圏隅々までは監視の目が行き届かない。
そういう調査結論なんですね。
マクギリス特務三佐は。

現状を変えるにはクーデリアさんがキーポイントになるかもしれないと。
一応現状を変えるための運動をしている張本人ですからね。

イサリビ艦内ではタカキのお見舞いにみんなでお菓子をもっていくのか。
あれ?そんなに回復してるの?。

ブルワーズの艦ではブルワーズのパイロットの子供たちがぼこぼこだな。
マン・ロディの方が大事らしい。
怖いなオカマっぽいクダル・カデルは。

昭弘・アルトランドは悩んでいるな。
ヒューマン・デブリというのは昭弘・アルトランドたちの事なのだな。

そんな話をしているうちにタカキが目を覚まします。

名瀬・タービンとオルガ・イツカはやはりブルワーズと戦う決意を
するわけですね。

今回はここで終了。

戦闘シーンはちょっと面白かったけど、お互いに装甲が頑丈だと
たたき合うだけであまりMS自体には変化をもたらさないわけですね。
こうなるとビーム兵器がやはり必要になってくるのでしょうか。

気付いたけどこのガンダムのノーマルスーツはあまりかっこよくないな。
「ガンダムGのレコンギスタ」のベルリ・ゼナムやアイーダ・スルガン
のノーマルスーツの方がかっこいいな。

そしてこの時代の子供達の境遇はやはり過酷。
ヒューマン・デブリという題のように。

そして地球圏は素晴らしく美しい状態。
高度な街並みの整備が行われているようだ。
2人の特務三佐の家も豪邸。
貴族の家のようだ。

最近のアニメに出てくる豪邸は大変綺麗で美しいですね。
ソードアート・オンラインに出てきた結城明日奈の家も豪邸で綺麗だった。
生活感はあまりなさそうな家だったけど。
描写が美しいのはいい。
最近のアニメ。

今回はテイワズ、ブルワーズ、ギャラルホルン、3者の立場から
多角的に物語が進んでいるような構成で面白かったです。
こういうアニメの進め方が個人的には好みなのかもしれない
と思ったところです。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話 『ヒューマン・デブリ』 マサヒロは生きていた。

雪之丞のおっちゃんも大変だ。モビルワーカー専門なのにバルバトスの整備。しかも今回は宇宙船の運転まで。ブーブー言いながらもこなしちゃう…と思ったら運転できてない。しかも三日月からは回収後回しにされるし。  あいつも阿頼耶識使いだ!敵もまた少年。しかも三日月に一人殺されていきり立っている。可哀想だけど三日月とバルバトスの敵じゃない。と思ったらワラワラ出てきた。しかも一機は別物でボスっぽいのが乗ってる。これがグシオンか。そうは見えないけどバルバトスと同じガンダム・フレーム。鉄華団の所有モ

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】 第11話『ヒューマン・デブリ』 キャプ付感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話『ヒューマン・デブリ』 感想(画像付)海賊がマジ残虐非道(笑)ある意味リアルね。 本当の海賊はクズの犯罪者ですから。マクギリスの婚約者アルミリアちゃん、可愛すぎです(笑)マッキーと呼ばれてるのか(^^; 鉄華団を攻撃したのは海賊ブルワーズ。その中には、明弘の弟・昌弘の姿があった…。戦いの中、人質に取られ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #11

『ヒューマン・デブリ』

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #11 ヒューマン・デブリ 再会感想

救いなんて。

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第11話 『ヒューマン・デブリ』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.11.15バンダイビジュアル (2015-12-24)売り上げランキング ヒューマン・デブリである昭弘と仲間たちの絆に胸温められたり、 アルミリアの天真爛漫さに和んでいたり、ブルックやクダルのキャラデザに腹を抱...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話「ヒューマン・デブリ」

お~なんかバルバトスがすごい形態になってる

機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ  第11話「ヒューマン・デブリ」感想

「無駄ァ!」グシオン硬すぎ!まあ武装もまだまだ強いのが出てくるのでしょう。以下ネタバレあり

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #11「ヒューマン・デブリ」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第11話を見ました。#11 ヒューマン・デブリ「グレイズより緊急通信。所属不明機と交戦中、数は3です」「所属不明だと!?距離は?」「約1600.ユージン、援護を!」「無茶言うなって、昭弘に当たっちまう」「ハンマーヘッド応援頼め」哨戒に出ていた昭弘とタカキは正体不明の敵と遭遇し、戦闘状態に入っていたが、そこにバル...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第11話

「ヒューマン・デブリ」所属不明機に襲われたイサリビ。三日月の応援によって何とか、その場の危機を脱する昭弘とタカキだったが、敵の攻撃は執拗で……「ミカ、あれはどうする?」「あぁ……敵から離れていっているし、回収はあとで良いでしょ」「……鬼かよ……」昭弘にすら呆れられる三日月の鬼畜っぷり……おやっさん……(笑)と、いきなりギャグから始まったわけだけど、前回のエ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯11「ヒューマン・デブリ」

評価 ★★★★見なくてすむならその方がいい