機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 12話 暗礁 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 12話 暗礁 感想



まだ浸かってる、メディカルな液体に。

ブルワーズの動向と今後の進路について会議中。
テイワズの情報が漏れているのかな?
えーと、フミタン・アドモスが一番怪しいのだけど。
タービンズ側ではブルワーズの動向はまったくつかめず。

これからの進路はデブリ帯を通過するわけですね。
隠密活動には重宝する航路らしいので。

エイハブ・リアクターという動力源が重力を発生させてデブリが集まっているとのこと。
この時代の動力源か。

ここからブルワーズをかく乱するためにガンダム・バルバトスと百里が出撃する。

お弁当をアトラ・ミクスタからもらう三日月・オーガス。
長い距離といってもお弁当必要なのか?

ブルワーズの子供たちはあいかわらず人間扱いされていないな。
デブリだから。

一方、イサリビとハンマーヘッドはデブリ帯に突入。

ガンダム・バルバトスと百里はもうブルワーズと戦闘状態に入ります。
「ねずみがかかった」とブルワーズ側は言っていますが。

ガンダム・バルバトスと百里が敵MSから逃げ回ってかく乱している
間にデブリ帯を突っ切ってきたイサリビがブルワーズ艦に急接近。

そしてハンマーヘッドがブルワーズの艦に突っ込んでいきます。
つづいてイサリビも突撃。
敵艦に乗りこむつもりですかね。
かなり手荒な方法です。

やっぱり乗り込んだ。

ここからは怒涛のMS戦。
かなり見ごたえがある。
スピード感とカメラワークがいいかも。

そして、昭弘・アルトランドと昌弘・アルトランドの対決。
昭弘は弟の機体を羽交い絞めにして迎えに来たと伝える。
回収作業にいそしんでいるな。

三日月・オーガスのバルバトスは他の子供には容赦しないな。
あっという間に撃退。

デブリから人間に扱いになるためにがんばることがダメみたいだね。
弟のほうは。

その時、クダル・カデル搭乗のガンダム・グシオンが昭弘・アルトランド
のグレイズ改を捕獲してガンダム・バルバトスとの戦いの盾に使おうと
考え捕獲を試みるが、昌弘・アルトランドが昔のことを思い出したようで、
助けてくれたのだね。
昭弘・アルトランドのグレイズ改を逃がしてくれたのだ。
そしてガンダム・グシオンの攻撃を受けてしまって。
たぶんやられてしまった。

と今回はここで終了。
今回はMSがかなり大量に出てきたので戦闘シーンはよかった。
時間としては短かったけど。

デブリの子供たちは最後までデブリという扱いが変わらない結果になってしまった。
これはこれでかわいそうだ。
デブリから普通の人間になろうとしている最中だからこのような結果になっても
しかたがないのかもしれない。
力及ばずというところか。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #12「暗礁」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第12話を見ました。#12 暗礁「ブルワーズの船はまだ見つからねえのか?」「うちで一番足の長い百里で何度も哨戒してるけど、影も形も見えないね」「一方的に捕捉されているってことですか?」ブルワーズのMSパイロットの中に昭弘の生き別れの弟・昌弘がいることを知った三日月とオルガは昌弘を取り戻すべく、ブルワーズに立ち向かう...

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第12話 『暗礁』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.11.15バンダイビジュアル (2015-12-24)売り上げランキング (ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。 もう今週は、これ(↑)に尽きる、ただそれだけです(涙) それに伴い鉄血の...