機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 13話 葬送 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 13話 葬送 感想



ブルワーズの艦の内部は子供ばかりなのね。
デブリだから、働かされているので比較的多く子供がいるようだ。

昌弘・アルトランドはやられちゃったね。
生まれ変わってもまた家族として戻ってくると信じているようだったけど。
うーん何とも言えない。

ガンダム・バルバトスとガンダム・グシオンのMS戦はスピード感があって
なかなかのもの。

三日月・オーガスは刀のような武器でガンダム・グシオンの装甲の隙間を狙って
攻撃しているわけですね。
ガンダム・グシオンは装甲が頑丈なので。
そして、コックピットあたりに突き刺して、ガンダム・グシオンを撃破します。
あっさりしてますね。
あっさりとやってしまいました。

地球ではギャラルホルンのパーティーですか?
社交界というべきか。

マクギリス・ファリド特務三佐とガエリオ・ボードウィン特務三佐も出席。
高級官僚の一族の女性たちだろうか?
若い女性たちに囲まれているところにアルミリア・ボードウィンが出くわす。
年齢差があるので自分だけが子供なのを非常に悩んでいるようだ。
あたりまえか。
年齢的には小学生相当だからね。
とても家の跡継ぎがどうとか、そんな状況に関与するような年齢ではないね。

一応ね、そこへマクギリスが現れて慰めましたが、目と様子が怪しすぎるのですよね。
まあ、自分の野心のためにアルミリア・ボードウィンを利用しようとしている
雰囲気がいっぱいでね。

ブルワーズにいた子供たちは鉄華団に確保されて、仲間なのか、団員のように
迎え入れられるようだ。

ブルック・カバヤンつかまっちゃいましたね。
それで命と引き換えに、艦とMS全部を持ってかれちゃいました。

オルガ・イツカは人間が生まれ変わるっていう考え方はなじまないらしい。
生きてる人間が大事だからね。

クーデリアさんは三日月・オーガスの背中をポンポンと、そうしたらクーデリアさんに
キスをします。
えーとなぜこのような展開に。
クーデリアさんはフミタンのまねをしただけなのに。
さっぱり意味不明なシーンだ。

今回はここで終了。
仲間を葬るというのがお話だったけど、
ガンダムにはよくある。

敵も味方もお互い様だからね。

プラモデル 1/144 HG ASW-G-08 ガンダムバルバトス&長距離輸送ブースター クタン参型

駿河屋アウトレット


関連記事
スポンサーサイト