ドラゴンボール超 28話 第6宇宙の破壊神 その名はシャンパ 感想

ドラゴンボール超 28話 第6宇宙の破壊神 その名はシャンパ 感想



今日から破壊神シャンパと付き人ヴァドスが登場する第6宇宙編です。

ウイスさん一行はビルスの星に戻り修行を再開。
ブルマからもらった紅茶が美味しいらしい。

ボディスーツがかなりの負荷がかかるらしい。
かなりのふくらみがある見るからに重そうなスーツです。
宇宙服のようでもありますけど。

と、そこへ何かが飛んできましたね。

ウイスさんによると、いつも来るらしい。

眠っていた破壊神ビルスが起きて、孫悟空とベジータを攻撃します。
孫悟空とベジータのせいにされているようだ。

やってきたのは第6宇宙の破壊神、シャンパと付き人ヴァドスです。
性格が悪そうな感じだな。
ちょっと移動したらすごい汗をかいて。
太りすぎとヴァドスに怒られます。

そしてビルスのいる城に到着です。

到着早々に飲み物を飲んでいます。
甘い飲み物が大好物のようだ。

ビルスの城の門を破壊して入ろうとするが、門の内側から攻撃が
あり門が破壊されます。
かろうじてよけますけど。

仲が大変、悪いようだな。
ビルスとシャンパ。

中の部屋へ。
ここでも甘い飲み物を。

破壊神ビルスの双子の兄弟、第6宇宙の破壊神シャンパ。
と、ヴァドスの説明です。
見た目が痩せているか、太っているかの違いだけだものね。

何しにやってきたかというと、
「再起不能なまでの絶望を味あわせるためにやってきた」との破壊神シャンパの説明です。

ヴァドスが杖を振りかざすと、赤い球体上のものが登場します。
何でしょうね?
この物体は。

中から卵が登場。
どんどん鳥のゆで卵が。
さっそくビルスと孫悟空とベジータが食べました。
赤い球体はただの入れ物なのか。

美味しいものの天国が第6宇宙だとおっしゃいます。
一方、ビルス側は地球のカップラーメンを出します。

美味しいものを紹介するためにやってきたのか?
美味しそうに食べるシャンパとヴァドス。

宇宙は全部で12個あり、
今いる宇宙は第7宇宙。
2つづつの宇宙が表と裏のようについになっているとのウイスの説明。

ヴァドスはウイスのお姉さんなのか。

美味しい食べ物がある地球は第6宇宙にもあるはずだと
シャンパとヴァドスはヴァドスの杖を使って探ってみましたが、
第6宇宙の地球はおバカな争いをして人類は滅んでしまったようだと
ウイスの説明。
荒廃して茶色くなっている地球の姿が映し出されます。

ここでシャンパから格闘勝負をして勝ったらお互いの地球を交換すると
勝負を申し込んできました。
そういった展開になるのか。

ビルスvsシャンパ。

殴り合いになりました。

と、ここでウイスとヴァドスが止めに入ります。

お互いの破壊神の戦いはあってはならないことなのか。
お互いの宇宙を破壊してしまうようだ。

ここでお互いに5vs5の格闘勝負を申し込んできます。

ねがいだまを集めたので地球の交換が可能なのか。
ドラゴンボールのようだが、ねがいだまはそれの本体なのか。
ドラゴンボールはねがいだまを削ったものをつかってナメック星人
が作り出したものという説明です。

とここで今回は終了です。
でも、5人必要なのだから、孫悟空とベジータは試合に出ますが、
残りの3人は?
孫悟飯、トランクス、孫悟天でしょうかね。

5人のうちの大将?主将?は孫悟空よりも強いキャラクターがいるらしい。
次回予告ですが。
それってもしかしてウイスさんですかね?
それとも新キャラクターなのか。

新章に入って少し面白そうな展開になってきました。
相変わらず格闘がメインの話ですが。
第6宇宙は新キャラクターかもしれないので、
楽しめそうな雰囲気ですね。

しかし、ナメック星人がいるようだし、
ウイスとヴァドスも弟姉だし、
新キャラクターがいたとしても、コピーのように似ているキャラクター
になりそうな気もしてきました。

第6宇宙にもサイヤ人がいるのかもしれない。

Google翻訳による28話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 28
Destruction of God the name of the sixth universe Shanpa Review。
スポンサーサイト