機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 18話 声 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 18話 声 感想



ギャラルホルン、 アリアンロッド月外縁軌道統合艦隊の綺麗な映像と
クーデリア・藍那・バーンスタインの演説の放送から今回は始まります。

ドルトコロニー群でのテロと生活の現状を事情説明しています。

クーデリア・藍那・バーンスタインとイサリビはアリアンロッド月外縁軌道統合艦隊
に包囲されているが、自分の考えが間違っていると思ったら
攻撃しなさいと宣戦布告のような状態になりますが、
アリアンロッド月外縁軌道統合艦隊は停戦して、イサリビの航路を開けます。
なぜでしょうね?

アフリカユニオンという組織の要請で?
国際的な信用が失墜しないように。

そしてそれを眺めていた仮面の男とトド・ミルコネンがいます。
トド・ミルコネンはこんなところで再登場。
仮面の男のお付の人になっているのか。
なかなかしぶとい人物だ。

そして、一行はタービンズと合流、今後の進路の打ち合わせ。

とそこへ、モンターク商会と名乗る仮面の男の船が接近してきます。
何かの交渉でしょうか?
商談の話?
怪しすぎる。

ギャラルホルンのガエリオ・ボードウィン特務三佐の艦では
ガエリオとアイン・ダルトンの会話。
お互いに戦場で助け合っての会話です。

火星出身だから差別を受けて負い目があるのですね、アイン・ダルトン。
クランク・ゼント二尉には励まされてきたそうですが。

その頃、ハンマーヘッド艦内ではモンターク商会と名乗る仮面の男
との商談が始まっていました。
地球降下船を手配する用意があると、クーデリア・藍那・バーンスタイン
のお手伝いをしたいというパトロンの申し込みのようです。

そして、この作戦が成功したらハーフメタル利権にも参加したいという意向。
ハーフメタル?、なんですかねそれ?

モンターク商会からの?物資の補給を受けて、艦内の通路で三日月とオルガ、
ビスケット、そして仮面の男が出くわしますが、三日月は仮面の男を見て、
チョコレートの人と言います。

仮面の男の正体があっさりとマクギリス・ファリド特務三佐であることが
あっさりとバレます。
オルガとビスケットは驚いたり、焦ったりと動揺していますが、
仮面の男もあっさりと正体を明らかにします。
なんという展開。
こんなにあっさりと正体が判明してしまうとは。
視聴者としては声がそっくりなので同一人物だとは分かりやすい部分が
ありましたが、物語の登場人物も同じレベルで正体を把握するとは。
やはり声が同じだからすぐわかるのか。
それとも、チョコレートの人だからチョコレートの臭いでもするのか。
いずれにしてもあっさりすぎる感想です。

マクギリス・ファリド特務三佐はギャラルホルンを内部から改革したいという
意向を持っているようで、そして、鉄華団とクーデリア・藍那・バーンスタイン
は外側から改革を手伝ってほしいというお願いをします。

利害が一致しそうなので、そういった申し出になったようだ。
ちなみに、仮面の男の正体は他言無用でお願いしますということらしい。
バレたら交渉は決裂。

そのあとは食堂でみんなでお食事。
三日月、メリビット・ステープルトン、もう一人。
クーデリア・藍那・バーンスタインはタブレット端末で何かを集中して見ている。
そこへ、アトラ・ミクスタがお食事にやってきます。
それにしてもみんな、バラバラの席に座って食事してる。
鉄華団は家族なのに、席はバラバラでお食事。
このあたりの表現は何か意味があるのだろうか?
戦場だから和気あいあいという雰囲気にはならないだろうが、
身を寄せ合ってお食事してもいいんじゃないの?
鉄華団は家族というテーマとはかけ離れたシーン。
かなり気になります。

一方、ギャラルホルンでは地球外縁軌道統制統合艦隊の司令官?指揮官?
女性のお公家さんのような眉と見た目の女性が下士官を従えて、
何かやっていますね?
誰だ?これ。
カルタ・イシューという名前なのか。
面壁九年、堅牢堅固と掛け声をしているようだ。
ガエリオ・ボードウィンもマクギリス・ファリドも小物同然に扱う女性。
そして、振る舞いが大げさ。
何者なのか。

そして、ここはどこだろうか?
イズナリオ・ファリドだっけ?
そして、おばさんの女性と小学生くらいの男の子と、車の中での会話。

そして、ここもどこだろうか?
南国?タヒチやニューカレドニアやモルディブにあるような、
大変綺麗な海にある水上コテージで老人がお酒を飲んでいる。
スパークリングワインか?
しかし、水上コテージは和風建築。
これも誰だろうか?
海の表現が大変綺麗で美しい。

どうやら、この人たちはクーデリア・藍那・バーンスタインの地球への到着を
待ち構えているようだ。
タブレット端末でクーデリア・藍那・バーンスタインの画像を見ながら会話してる。

ハンマーヘッド艦内では名瀬・タービンと姉さんが会話したり、
昭弘・アルトランドとノルバ・シノがシュミレーションをしたり、
それを見ているラフタ・フランクランドが退屈そうにしてたりと
それぞれの日常生活を送っている。

クーデリア・藍那・バーンスタインもいろいろと今後のことについて
悩んでいるようですが、そこへアトラ・ミクスタや三日月・オーガスが
やってきて、支えになることを申し出たり、励ましたりしています。

いろいろ励ましていたら、クーデリア・藍那・バーンスタインは
泣き出してしまいましたね。
動揺したアトラ・ミクスタにどうにかしろと言われる三日月・オーガス。
三日月はクーデリア・藍那・バーンスタインの頭を撫でて慰めます。
それを見ていたアトラも泣き出してしまって、三日月はアトラも一緒に
慰めます。

うーん、なんだこの展開は。

名瀬・タービンやオルガ・イツカが
モンターク商会の提案についての話し合いをしていたところに
泣いてすっきりしたのか、クーデリア・藍那・バーンスタインが
颯爽とした表情で現れます。

モンターク商会の提案にのり、地球降下作戦をするということが決定します。

今回はここで終了です。
今回はクーデリアさんが想像以上に凄い影響力のある立場だということ、
そして、仮面の男の正体と目的、さらに新しいキャラクターの登場と
割と盛り沢山な内容だった気がします。
ストーリー自体の進展はさほどないのですけど。

特にね、地球外縁軌道統制統合艦隊の女性のお公家さんのような
眉と見た目の女性が大変気になりますね。
大変、偉い立場なようだけど。
そして、強烈な見た目とキャラクター。
この人物がどう物語に絡んでくるのか、
それとも、キャラクターが強烈なだけで、対して関係ない人物なのか。
今後の展開が気になりますね。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話 『声』 あ、チョコの人だ。

三日月ww言ってはならんことをwwwガンダム世界ではたとえバレバレの変装でも気付かぬフリをしてあげるもの。そのタブーが覆されました。 モンターク商会を名乗って直接鉄華団に接触してきた仮面の男。そういや三日月とビスケットってファリドと会ってるよね。仮面とカツラだけじゃなくボイスチェンジャー必要なんじゃないの。そう思ってたら、なんでチョコの人がこんな所に。あっさり正体バレましたね。ここにギャラルホルンの人物が居る=怪しいを通り越して100%敵襲です。 私は腐敗したギャラルホルンの変革を志している。にわかには信

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #18「声」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第18話を見ました。#18 声「私はクーデリア・藍那・バーンスタイン。私の声が届いていますか?皆さんにお伝えします。宇宙の片隅、ドルトコロニーで起きていることを。そこに生きる人々の真実を。私は自分の生まれ育った火星の人々を救いたいと願い、行動してきました。けれど、あまりに無知だった。ギャラルホルンの支配に苦しむ人々は宇宙の各地に存...

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第18話 『声』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.01.31バンダイビジュアル (2016-02-24)売り上げランキング 今日は一言。 荒れました。すみません(ノД`)・゜・。 というわけで以下、鉄血のオルフェンズ第18話『声』の荒ぶる感想です!...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯18「声」

評価 ★★★声だけで……