機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 20話 相棒 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 20話 相棒 感想



地球に到着して、三日月を眺めながら、物資を運んでいる鉄華団の一行。
三日月の映像が結構、綺麗でいいな。

と、そこへ、綺麗な海の上の別荘のような場所にいたおじいさんが話しかけてきます。

その頃、アイン・ダルトンは再起不能のようだ。
再生装置?まあ、医療装置なのでしょうけど。
その中で横になっている。
ほぼ、回復は不可能なようだ。

地球では、大変綺麗で穏やかな海の風景。
すごく綺麗な映像だ。
南国リゾートの透き通った海の色をしている。

日本にもこのような綺麗な海やリゾート地があるといいな。
沖縄県には、ありますけどね。
沖縄県古宇利島とか、久米島のはての浜とか、川平湾とか、
竹富島にあるコンドイビーチとか、宮古島の砂山ビーチとか、
長崎県の人津久とか、ものすごく綺麗な海がありますからね。
ほぼ、沖縄県ですけど。
沖縄以外にもたくさんあるといいですね。

物資を運んだり、ガンダム・バルバトスの整備について、
いろいろと話し合っているところに、何やら、スーツ姿の男性から
差し入れがありました。

鍋に入っているものをアトラ・ミクスタが蓋を開けたら、
中から、魚のカレイ?ヒラメ?が飛び出してきました。
魚に詳しく無いので、どちらかわかりませんが、
ラフタ・フランクランドはカレイ。
エーコ・タービンはヒラメと言っています。

鉄華団の一行の大半は魚を見たことが無いのだろうか?
食べ物かどうかすらわかっていないようだったけど。
教育の問題なのだろうか?
文字もかけないレベルだから?

アイン・ダルトンに上官の敵を討たせたいという
ガエリオ・ボードウィンと、そのために、阿頼耶識システムを
利用するべきと主張するマクギリス・ファリドの会話があります。
やはり、阿頼耶識システムを利用して、強化人間のように
しないと生存が難しいのですかね?
アイン・ダルトン。
マクギリス・ファリドはガエリオ・ボードウィンに対して、
お前はまだ阿頼耶識システムの本当の力を知らないと言っていますが、
まだ、秘密の力が隠されているのですかね。
これ以上?

その頃、鉄華団一行のうち、クーデリア・藍那・バーンスタイン、
オルガ・イツカ、ビスケット・グリフォン、メリビット・ステープルトン
の4人は、水上の別荘のような家のおじいさんに面会しに行きます。
何やら交渉事があるようで。

夕日とその光が映った海面の映像がすごくいい。
緻密な表現がなされている。

鉄華団とタービンズのメンバーはお食事です。
さきほどのカレイかヒラメかを料理しました。
煮つけのような料理のようだけど、
やはり、魚を食べ物だと思っていないので、
ほぼ手を付けない。
アトラとタービンズの女性たちだけ食べてる。

一方、おじいさんとの交渉の場では、おじいさんは名前を蒔苗東護ノ介
と名乗っている。

オセアニア連邦の管轄地域内なのね。
というか、日本人なのか?
名前からして、日本人だけど、場所は沖縄県かそれに近い場所なのかな?

蒔苗東護ノ介の話ではドルトコロニーの労働者団体の交渉はうまくまとまった
と言っている。
いつの間にはそのような展開に。
何があったのか?
怪しい展開でもある。

それが、オセアニア連邦や他の地域にも経済的な恩恵があるとかなんとか。
という理由で、そのきっかけになった鉄華団を歓迎してくれているようだ。

蒔苗東護ノ介は協力者のようだけど、今は失脚して、社会的な立場が微妙らしい。
本人はまだ、逆転できると言っているけど。
蒔苗東護ノ介は鉄華団を利用して、社会的地位の返り咲きを図りたいわけか。

アーブラウという地域の代表者なのか。
代表を決める選挙があるので、会場まで連れて行ってほしいという要求があったようだ。
そして、即決しろと。
オセアニア連邦が鉄華団をかくまっているということに対して、足元を見ているようだ。
やはり、ただのいい人ではないわけですね。

このアニメは感じの悪い権力者というか、成金のような人たちばかりが世界の上層部、
というか、その側面に多数いるようだ。

鉄華団は今後の方針について、会議をしていると、ユージン・セブンスターク
から、みんなが無事で、オセアニア連邦にかくまわれているという連絡が入ります。
そして、名瀬・タービンとも話し合いです。

映像ではマクマード・バリストンとノブリス・ゴルドンが何やら話し合いをしていますが。
引き続き、この2人は何やら裏工作に忙しいようだ。

名瀬・タービンと相談した結果、蒔苗東護ノ介の話に乗ることに決定。

ビスケットはユージン・セブンスタークからの連絡を受けてから、
様子がおかしくなりましたね。
今後の方針をオルガから伝えられると、方針に逆上して、
鉄華団をやめるといい、喧嘩別れします。
お兄さんがね。

オルガもその話をメリビット・ステープルトンから聞いたようです。

一方、クーデリアさんは三日月とアトラとお食事です。
こちらはカレイ、ヒラメではなく、真鯛のようですね。
何とも鮮やかでものすごく綺麗な色をした真鯛の食事です。
これはとても美味しそうです。

みんながそれぞれに悩んでいるところにですよ、
蒔苗東護ノ介から連絡が入ります。
交渉の是非についての回答をよこせ、という内容かと
思いきや、ギャラルホルンが動いているとの連絡。
オセアニア連邦でも抑えきれない人物がギャラルホルンの
内部にいると。
その指揮官の名前はカルタ・イシュー。

また、この女性のお公家さんか。
相当な人物だな。
想像以上の権力者のようだ。
あと、執着心が凄い。

今回はここで終了です。
今回は話の展開があまりなかったけど、
今後の方針が若干明らかになりました。
とにかく、いろいろと利用して、ギャラルホルンに対抗しないと
先は無いわけですね。
鉄華団とクーデリアさんにとって、関門続きとなりますが。

次回はお公家さんもMSに登場して戦うようだ。
どれほどのパイロットなのか楽しみだ。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #20「相棒」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第20話を見ました。#20 相棒「見ることができましたね」「うん」「え、あれが?三日月と同じ名前のやつ?」「うん」「へぇ…」「着いたんですね、私達。地球に着いたんですね」地球の三日月が輝く夜の海岸に辿り着いた鉄華団はアーブラウの代表・蒔苗東護ノ介とクーデリアを引き合わせることに成功する。 その頃、ガエリ...

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第20話 『相棒』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.02.22バンダイビジュアル (2016-03-25)売り上げランキング その真面目さと優しさから、いつか爆発するんじゃないかと案じていたビスケット。 身内の死も相まって、とうとうオルガと衝突することになってしま...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第20話「相棒」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第20話「相棒」 です。<キャスト>三日月・オーガス:河西健吾オルガ・イツカ:細谷佳正ビスケット・グリフォン:花江夏樹ユージン・セブンスターク:梅原裕一郎昭弘・アルトランド:内匠靖明ノルバ・シノ:村田太志タカキ・ウノ:天﨑滉平ライド・マッス:田村睦心ヤマギ・ギルマトン:斉藤壮馬クーデリア・藍那・バーンスタイ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯20「相棒」

評価 ★★★認めたくないものだな……!