機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 22話 まだ還れない 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 22話 まだ還れない 感想



カルタ・イシューは、無事だったのですね。
それにしても、ブサイクな顔で放心状態で、この司令官は、大丈夫でしょうか。
結局、有能な感じは、まったくしませんでしたけど。

戦闘が終わって、ビスケット・グリフォンがやられちゃいましたね。
鉄華団のメンバーは、ショックが大きいのか、MSの整備などに集中できないようです。

一方、この戦況の報告を受けたマクギリス・ファリド特務三佐は、
いろいろと思惑があるようですね。

そして、アンリ・フリュウとイズナリオ・ファリドの思惑もはずれてしまいますね。
アンリ・フリュウが次期アーブラウ代表となろうとしている女性ですね。

イズナリオ・ファリドは、マクギリスをボードウィン家に嫁がせ、
そして、カルタ・イシューの後見人になることでセブンスターズ内での地位を固め、
また、アンリ・フリュウを通じてアーブラウの実権を握ろう水面下でいろいろと動いていたのですね。
これが、イズナリオ・ファリドの思惑。
権力志向の強いおじさんだ。

カルタ・イシューは、イズナリオ・ファリドからの撤退命令に従っていますが、
激高してますね、あたりまえですけど。
やられっぱなしですからね。

マクギリスとガエリオは、アイン・ダルトンを復活させるかどうかで悩んでいるようですが、
厄祭戦を終わらせるために、圧倒的な戦力を生み出すために、阿頼耶識システムと
ガンダムフレームが生み出されたという話をします。
そして、それを生み出したのが、セブンスターズであり、ギャラルホルンであると。

鉄華団と蒔苗東護ノ介の行方がわからなくなったと説明しています。
そして、ギャラルホルン内部に情報提供者がいるのではないかと
マクギリスは、説明していますが、それは、あなたですよね。
この人もギャラルホルンを改革するためにいろいろなことをやっていますが、
本当に改革できるのでしょうかね?
単なる曲者にしか見えないのですが。

地下の施設にガエリオを連れて行き、アイン・ダルトンを阿頼耶識システムにして、
地下にあるMSに乗せて戦えと、もう一度、ギャラルホルンの再興の必要性を
マクギリスは、ガエリオに訴えます。

食堂では、鉄華団のみんなは、悲しんでいたり、イライラしていたりと大変ですね。
ナディ・雪之丞・カッサパは、安定した落ち着きぶり。
一方のメリビット・ステープルトンは、どう対策したらよいのか悩んでいますね。

蒔苗東護ノ介は、呑気に飲み物を飲みながら、
クーデリア・藍那・バーンスタインとの会話です。
この人は、感情がよくわかりません。
自分の目的に鉄華団を利用しているだけなので。

今のアメリカのエドモントンに向かう予定でしたが、直接行くのではなく、
今のアメリカのアンカレッジに向かい、そこから、テイワズの所有する
定期貨物背鉄道に乗り、エドモントを目指すという提案がなされます。
ギャラルホルンの罠をかいくぐるためです。

蒔苗東護ノ介も選挙で当選するか確実なのかわからないので、
蒔苗派の有力議員に協力をお願いするみたいですね。

クーデリア・藍那・バーンスタインもなかなか作戦に詳しくなってきましたね。

一方、タービンズのみなさんに鉄華団へのさらなる協力を求める
メリビット・ステープルトンですが、さほどやることもないとかわされますね。
タービンズ自体がどうなるかわからなかった女性たちの避難所的な組織のようで、
鉄華団と似たような境遇のようです。

オルガ・イツカは、まだ立ち直れないようですが、三日月・オーガスが部屋を訪れます。
みんながオルガ・イツカの命令を待っていると。
そして、三日月は次の命令の指示をお願いします。
というか、オルガの胸倉をつかんで、奮い立たせているかのようです。
そして、目が冷酷です。

オルガ・イツカは、鉄華団とタービンズのみんなに向けて激を飛ばします。
ビスケットのためにここで立ち止まれないと。
そして、三日月も。
ギャラルホルンをぶっ潰す的なことを。

場面は、アーブラウ領アンカレッジへ。
鮮やかな雪景色の山並みと夕日の映像を夜景の大変綺麗な街並みと海。
相当に綺麗な風景の映像でございます。

あっという間にアンカレッジへ上陸。
綺麗な雪景色の山並みを横目に大変綺麗な森林の中を貨物列車が通り抜けます。

ここで今回は終了です。
今回は、ビスケット・グリフォンがやられてしまって、
かなり混乱している鉄華団のお話でした。
基本的に子供たちの集団なので、混乱するのは、やむを得ないですね。
大人のメンバーは冷静ですが。

三日月・オーガスの目と雰囲気は少し異様です。
本人の性格の問題なのか、マクギリスが話していた阿頼耶識システムの本当の力が
影響でもしているのか、様相が少しづつ変化しているように思います。
このあたりが今後の展開にどう関わってくるのか興味深いですね。

アンカレッジの風景が映し出される映像は、大変綺麗です。
アニメですけど、風景の映像が格別に綺麗だと嬉しいですね。
アニメの見どころでもあります。

次回予告は、内容がさっぱりわかりません。
オルガ・イツカが次回のタイトルを話しただけなので。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第22話 『まだ還れない』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.02.22バンダイビジュアル (2016-03-25)売り上げランキング 主人公としての王道からはもはやかなり逸脱しているような気もしますが、 そんなアウトローな三日月の魅力にがっつり感化された22話でした。...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #22「まだ還れない」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第22話を見ました。#22 まだ還れない地球外縁軌道統制統合艦隊の面々はカルタを回収して撤撤退していくが、ビスケットの死に鉄華団の空気は重くなっていた。蒔苗は南の島から出ずそのままアーブラウの代表になるはずだったのにと話が違うことにアンリ・フリュウが苛立っていると、イズナリオはセブンスターズにおけるイシュー家の地位を守るために...