機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 25話最終回 鉄華団 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 25話最終回 鉄華団 感想



ああ、今回で最終回ですか。
結構早かったかもしれない。

三日月・オーガスとアイン・ダルトンとの対戦のシーンからです。
蒔苗東護ノ介は車の中でころがっていますね。
オルガ・イツカに救助されています。

オルガたちは選挙の会場に向かい、三日月は引き続きアインと対戦です。

一方でマクギリスとガエリオの対戦も始まりつつある。
ガエリオは新手の正体がマクギリスと知って唖然としていますが。

おお、マクギリス・ファリドはギャラルホルンと一般民衆が否定した
阿頼耶識システムや人間と機械の融合をギャラルホルン自体が進めていた
という事実を一般にも知らしめるために、アイン・ダルトンを利用したわけですね。
そして、それを阻止するために戦う鉄華団も利用。

マクギリス・ファリドの戦略は凄すぎる気がします。

それに怒り狂った、ガエリオ・ボードウィンはマクギリスに立ち向かっていきますが、
マクギリスのグリムゲルデに圧倒されて、さらに、マクギリスはボードウィン家の
乗っ取りも計画しているようで、ガエリオを追い詰めます。
ああ、マクギリス、凄くて悪い。

一方、蒔苗東護ノ介はアーブラウ代表選挙に間に合いました。

マクギリスとガエリオの対戦も怒り狂って攻撃をしかけるガエリオだが
マクギリスのグリムゲルデにはまったく通用せず。
最後はあっさりとガンダム・キマリストルーパーのコクピットを攻撃。
ガエリオはやられてしまいます。

何だかかわいそうですね。
ガエリオといい、カルタ・イシューといい。
マクギリスとは育ちが違いすぎてね。
「怒りの中で生きてきた私には友情など通用しない」と言っているわけですからね。

一方、オルガたち鉄華団のメンバーはMS戦のあった場所に駆けつけます。
すべてを見届けるためにとありますが、救助の方がメインなのですかね。

グレイズ・アインの攻撃力と反応速度は凄まじいですね。
ガンダム・バルバトスも防戦一方です。
かなり追い込まれていますね。

オルガ・イツカは三日月の応援に向かっているのですね。

追い込まれた三日月・オーガスはガンダム・バルバトスと阿頼耶識システムの
能力を限界まで利用しようとしているのか。
目と鼻から血が出てきてますね。
そういうことも可能なのでしょうかね?。
自分の意志でさらに機能を利用するということが。
ちょっとこわい。

アーブラウの会場では蒔苗東護ノ介に時間をもらって、クーデリア・藍那・バーンスタイン
が演説を行います。

そして、オルガ・イツカは蒔苗東護ノ介を無事、会場まで送り届けたことを鉄華団のメンバー
に伝えます。
意外とまだメンバーは生き残っていますね。

クーデリアの演説ではこの旅での地球圏と火星圏のゆがみが思った以上に凄いことを説明。

アインと三日月の戦闘は佳境。
オルガ・イツカの檄が届いたのか、三日月のガンダム・バルバトスが圧倒するようになる。
太刀がグレイズ・アインの装甲ごと、腕を切り落としたりするようになる。
いきなり凄い切れ味になる。
使い方がやっとわかったと言っているが、何が違うのだろうか?。
そうか、今までは叩き付けるような使い方だったけど、日本刀のように切り裂く使い方に
変えたからなのね。

そして、グレイズ・アインを追い詰めて、コックピットを一刺し。
その瞬間、2機の向こう側には夕日が輝く。
ちょっと印象的なシーン。
風景の使い方が印象的で上手い。

と、ここで停戦信号が。

そして、アーブラウ代表選挙は蒔苗東護ノ介の圧勝。

戦闘が終わって4日後。
蒔苗東護ノ介とクーデリア・藍那・バーンスタインはハーフメタル資源についての協議。

そして、ギャラルホルンではイズナリオ・ファリドが失脚。

今後の鉄華団はアーブラウの軍事顧問になるのか。
安定した仕事かもしれないな。

そして、鉄華団もタービンズのメンバーも火星への帰路の準備ですかね。
名瀬さんも迎えに来てますし。

帰りの準備をしたり、治療したりと忙しいようだ。

オルガは名瀬さんに今回の仕事の説明。

三日月はアトラ・ミクスタとの会話。
右目がよく見えないのと右腕がうまく動かないようだ。
回復には時間がかかるようだ。

クーデリアさんがやってきて三日月と子供たちに帰りの船で勉強ができるように
タブレット端末を渡されます。
勉強しなくちゃいけないのか。
まだ病み上がりなのに。
クーデリアさんは地球に残るけど。

三日月はアトラとクーデリアさんに頭をなでられて慰められます。
まだ怪我が回復していないですから。
でも、三日月は意味がわかっていません。
何でしょうね、このシーン。
鉄華団はみんな家族ですから、その行動の一環らしいのですけど。

鉄華団のメンバーを集めて、オルガ・イツカから鉄華団としての初仕事が
終了したことを告げられます。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズはこれで終了です。
と思いきや、「2016年秋、鉄華団 再び」と2期の放送が決定のようです。

今から鉄華団は火星に帰りますけど、帰った後の物語が2016年秋から始まります。

いや、なかなか個人的には面白いガンダムだったと思います。
ビーム兵器が登場しなかったので、MS戦はいまいちでしたけど、
でもスピード感のあるMSの動きはよかったです。

それと、マクギリス・ファリドの精密で大胆な作戦が素晴らしかったです。
能力的にですけど。
味方も敵も利用しようという戦略と行動力が凄まじすぎる。
このキャラクター大変いいです。
2期ではどのような行動をとるのか楽しみです。

鉄華団は組織として着実に成長しています。
こちらも楽しみ。

そして、クーデリア・藍那・バーンスタインの今後の行動と展開も知りたいですね。

2期があることがわかり、楽しみが継続してよかったと思います。
半年くらい先になりますが、楽しみに待っています。


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの関連商品の詳細と価格などはこちらからです

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話(終) 『鉄華団』 クーデリアの戦いはこれからだ!そして鉄華団の戦いもまだまだ続く!!

クランク二尉を手に掛けた罪深き子供!!誰そいつ?三日月全然覚えていませんでしたね。 他方でガエリオに正体バラしたマクギリス。何故だ、意味が分からない。カルタを死に追いやったのも今自分と対峙しているのも親友であるマクギリスだった。そんなバカなと言いたくなるでしょうね。  全てはマッキーの手の中!!ギャラルホルンの力を弱め、不正を暴き、混乱した所を自分が支配し正す。ファリド家の当主である父を失脚させるのもシナリオの内。あとガエリオが死んで俺がエミリアと結婚すればギャラルホルンは俺のもの。心配しないで

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第25話 (最終話)『鉄華団』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.03.22バンダイビジュアル (2016-04-22)売り上げランキング とりあえず、業務報告。 ガエリオのことで泣き過ぎて、泣き疲れました。 加えて、最終回に相応しく、書きたいことがとても多くなりました。...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #25 鉄華団

ガエリオ君・・・・・

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯25「鉄華団」[終]

評価 ★★★☆いいからよこせ……お前の全部……!