ドラゴンボール超 53話 ブラックの正体を暴け!いざ第10宇宙の界王神界へ 感想

ドラゴンボール超 53話 ブラックの正体を暴け!いざ第10宇宙の界王神界へ 感想



今回はやっとゴクウブラックの正体にたどりつくのですか。
短いような、長かったような。
第10宇宙の界王神見習い、ザマス。

孫悟空たちは第10宇宙の界王をしていたのだが、界王神になるために
見習いとして活動中なのか。

ザマスがお年寄りの界王神ゴアスにお茶を入れている。

心を清くして、人間を見守るのが仕事なのね。
しかし、ザマスはこれまでの愚かな人間に失望しているようだ。

だが、界王や界王神は想像をつかさどるので、
直接、手を下す立場ではないようだ。
そして、それは破壊神の役割のようだ。

もう、この段階でザマスは人間を憎んでいるようだ。

と、そこへ、孫悟空たちが到着です。

そして、ザマスと面会。
おかしなご挨拶で面白い。

いきなりザマスに触った孫悟空に対して、もの凄く怒っているところを
お年寄りの界王神ゴアスに叱責される。

ここで、ウイスさんから現在の地球の状況を説明します。
ゴクウブラックが時の指輪を持っていたので、
ここの2人の時の指輪を確認しに来たようだ。

そして、神殿に案内される。

時の指輪とは銀色のと、緑のとがあるな。
しっかりとあるらしい。

一方、孫悟空はザマスと戦いたくてしかたがない。
ザマスにストーカーのようになっているな。

ここで、ゴアスから戦うように提案される。
提案というか、命令というか。
心を安定させることができるのかどうかを試されているようだ。

ゴアスからは手加減して戦えと言われるが、
破壊神ビルスからは本気でやれと、
本気でやらないとやられるぞ、と。
どこまで強力なのだろうか、ザマス。

それにしても、神殿が日本風のようなデザインだったな。

一方、未来のトランクスはクリリンとテラスで会話です。
クリリンの子供について。
あ、奥さんについての話だが、18号がクリリンの奥さんに
なったことを知らなかったのか。
まあ、衝撃的なことだよね。
普通の視聴者でもこうなると思わなかったからね。

ブルマのタイムマシーンの修復は順調に進んでいるようだ。

ピラフ一味もトランクスとマイを仲良くさせようと
何やら画策しているようだ。

何だこれは。
マイがばんそうこうで をケアしようとしたら、
現代の小さいトランクスがこのトラップにひっかかった。
ここのシーンとかは必要ないな。
単なる時間の引き伸ばしですか。

一方、孫悟空の方は超サイヤ人となり、
ザマスと対戦する。

思ったほど強くは無かったかな。
いや、本気で戦っているようでもなかったけど。
攻撃を受け流す技術はかなり凄いようだ。
技巧派の戦士という印象。
ゴクウブラックともかなり感じの違う戦い方だ。

第7宇宙の界王神よりは格段に強いようだけど、
破壊神ビルスほどでもないようだな。

しかし、この戦いによって、ザマスは人間に対して
さらに憎しみを深めたようだ。

ザマスと対決して、ゴクウブラックの気とは同じではないということを確認した。
似てるのだけど。

ゴクウブラックの正体に近づいてはいるのだけれども、
まだまだ謎が解明されていない。
ザマスも現時点では時の指輪の存在自体を知らないようだったから。
まあ、現時点の話だからね。
ゴクウブラックは未来の存在だし、未来から来たわけだから。
この後、ザマスが何かを企てた結果なのかもしれない。

ここで今回は終了です。
今回はちょっとがっかりしたかもしれない。
ザマスの強さがそれほどでもなかったこと。
そして、気は似ているのだけれども、
何か違う感じもするらしい。
ゴクウブラックとまったく同じというわけではないらしい。

今回は現時点でのザマスの動向の確認という結果に終わった。
まだ、ザマスがどのように、ゴクウブラックと関係していくのか
というところまで事象が進んでいないようだ。

次回はベジータとトランクスの対決かな。
まあ、修行の一環というか。

今回の感想はちょっとがっかりかな。
ザマスの戦闘能力が思ったほど凄くは無かった。
だが、この孫悟空との対決がザマスの人間に対しての価値観を一層
おかしなものにしていくような感じだろうか。
ザマスは明らかにそのような変化をしているようだ。
目がおかしくなってるぞ。

Google翻訳による53話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 53
Revealing the identity of the black!
Emergency to Kaio God boundaries of the 10th Space Review。
関連記事
スポンサーサイト