ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ 感想

ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ 感想



ガンダムビルドファイターズトライの夏休み特別編ということで、
一応、続編というか、サイドストーリー的な物語なのか。

ヤジマ商事の新型バトルシステムのテストパイロットとして、
南の島のニールセンラボに招待されたチーム、トライファイターズ。

また、同じくテストパイロットとして招待された
キジマ・シア、サカイ・ミナト、サザキ・カオルコ(ギャン子)の三人
も巻き込んでの物語が展開ですか。

また、新型のガンプラも登場。

カミキバーニングガンダム(カミキ・セカイ)、ライトニングガンダムストライダー(コウサカ・ユウマ)、
スターウイニングガンダム(ホシノ・フミナ)、ZZII(サカイ・ミナト)、
ギャンスロット(サザキ・カオルコ(ギャン子))、ガンダムダブルオーシアクアンタ(キジマ・シア)、
ベアッガイP(カミキ・ミライ)、スクランブルガンダム(不明)

またさらなるパワーアップをしているようだ。
前回の段階でも凄かったんだけど。

新粒子対応試作機スクランブルガンダム、外観がかっこいいな。
オレンジの色もなかなか良い。
試験運用のようだけど、何かトラブルのようだな。

岬の突端に立っていた少女は誰だろうか?
キジマ・シアのように見えたけど、髪の毛が長い。
髪が伸びたのか、別人か。

しかし、この新粒子対応試作機スクランブルガンダム、凄いスピードで動くな。
いきなり暴走してしまいましたけど。
コントロールルームというのか、そのモニターまでひびを入れるほどの暴走です。
スタッフの皆さんもかなりの焦りようだ。

それにしても、この島どこだろうか?
夜空が素晴らしく綺麗だ。
満点の星空というのか、天の川だろうか?
美しく綺麗な場所だ。

やっぱりガンダムは美しい星空と宇宙の光景がないとガンダムっぽくないと
個人的には感じるのですよね。

変わって全日本ガンプラバトル選手権の地方予選(中高生の部、西東京予選)の会場。
サザキ・カオルコ(ギャン子)、聖オデッサ女子学園チーム、
北宋の壺が仲間とともに予選を戦っている模様です。
対するはトライ・ファイターズだった。
やっぱり、みんな新型のガンプラなんですね。

なんか凄い戦闘シーンだな。
ギャン子以外の2人の合体技みたいなのも、凄い。
みんな相当なパワーアップをしているようだ。

この攻撃も遅れて登場のカミキバーニングガンダムによって防がれてしまうが。

あ、ここはアクシズで戦っているのか。

カミキバーニングガンダムはまた凄くなってな。
全体が炎に包まれているのか、以前よりも増して聖闘士星矢みたいになってる。
「燃え上がれ俺の小宇宙」みたいな状態だ。

戦場が光で覆われて、数日後か。
何という演出。
まあ、トライ・ファイターズが勝利したのだろうけど。

で、数日後、ヤジマ商事から新型のバトルシステムのテストパイロットとしての
招待状がホシノ・フミナのもとに届く。

コウサカ・ユウマはアルバイトのため、参加の辞退を申し出る。
というか、カミキ・ミライのモデルとしての仕事のカメラマンのアシスタントだろうか?
それがやりたくて、しかたがないらしい。

ということで、カミキ・セカイとホシノ・フミナの2人で飛行機に乗りテストパイロット
として参加します。
富士山を通過しているので、どのあたりなのでしょうかね?

で、到着早々、新型バトルシステムは使えないということ。
不具合ですからね。
ヤジマ・ニルスもここに来るそうだ。

そして、2人はコテージに泊まることに。
なんだ、ここは日本国内ですか?
タヒチやモルディブみたいな綺麗な海とコテージ。
沖縄だろうか?
どこなのだろうか?

綺麗な海とコテージに感動しているところにギャン子とキジマ・シアが登場。
あ、先ほどの少女はキジマ・シアではなかったですね。
髪形が以前と同じ短いままだ。
別人のようですね。

あ、サカイ・ミナトもいましたか。

うーん?女の子3人がカミキ・セカイを取り合うようなシーンになっているな。
しかも、ニュータイプっぽい会話のシーン。
ちょっと面白いシーン。

カミキ・セカイはそんな会話には興味を示さずに散歩に行ってしまった。

サカイ・ミナトはせっかく来たのだからとガンプラバトルへみんなを誘い、
新作の黒いホシノ・フミナベースのガンプラを出すが却下される。
メイドさんっぽい衣装に包まれたガンプラです。
すーぱーふみなっていうんでしたっけ?

海岸ではカミキ・セカイがトレーニングをしていると、
一緒に持ってきたカミキバーニングガンダムが勝手に空を飛んで行って移動してしまう。
それを追いかけるカミキ・セカイ。
あああああああ、何だこれは。
どうやって空を移動しているのだ?
もうガンプラじゃなくなっている気がする。

と、そこへ、先ほどの女の子が話しかけてくる。
ああ、よく見ると、キジマ・シアとはかなり感じが違うな。
アップだと似ている気がしたのだけれども。

コウサカ・ユウマもアルバイトの最中。
まさか、場所が同じところだったりして。

ああ、やっぱり同じ場所なのか。
と、そこへ、キジマ・シア、ギャン子、ホシノ・フミナもやってくる。
謎の女の子と4人での争奪戦のような雰囲気になるが。
しかし、謎の女の子はどこかへ消えてしまう。

コウサカ・ユウマはその場を立ち去ろうとするが、
サカイ・ミナトと出くわしてしまう。

というわけで、カミキ・セカイとコウサカ・ユウマはお説教されることになりました。
2人とも女性がらみです。

一方、新型バトルシステムの運用はまたトラブル。
外的要因らしいけど、謎の女の子が関与しているようだ。
何者なのだろうね、この女の子。

みんなはコテージでお食事中でしたが、停電になり、なぜか、ガンプラまで飛んできます。

地下にある新型バトルシステムの実験場がもの凄いことになっている。

プラススキー粒子結晶体の暴走。
8年前と同じ現象なのね。
そこで、8年前みたいにガンプラでこの暴走を抑え込もうとする。
ああ、こういう物語なのか。

みんなでか。
サトミと呼ばれている、カミキ・ミライの友達?モデル仲間?の人まで
カミキ・ミライのガンプラで参加させられてる。

ここで各メンバーのガンプラの出撃シーン。
メンバーの名前とガンプラの名前を名乗っての出撃。
結構、人数がいるから長い。

カミキ・ミライのの友達?モデル仲間?の人はフナキ・サトミっていうのか、
しかも、ベアッガイの名前がわからず、「かわいいガンプラ」と言っている。
この人、前にも出演してたっけな?
何か覚えていないけど。

ああ、凄い数のガンプラが一斉に攻撃してくる。
でも凄いな、新型のガンプラは一度の攻撃で大量のガンプラを破壊できる攻撃も可能なのか。
特に、カミキバーニングガンダムの神という文字の形にビームが飛んでいくのは
ちょっと意味不明だったけど。

暴走側のガンプラは数が多いけど、大量に破壊されるためだけに登場したようなものなのかな。
新型のガンプラの性能を存分に見せつけるにはいいのだろうけど。

あまり勝負にもならないようだけど。

それぞれ大技で大量のガンプラを破壊するシーンがあるけど、
もういいかな。
とても長い。

フナキ・サトミも一応活躍してる。
たまたま所有していた武器(黄金に光り輝く大型剣のようなもの)がかなり強力なもののようで、
これで多数のガンプラを撃破する。

これを見た、カミキ・ミライもすっかりやる気が出ているようだ。
ホシノ・フミナと一緒に、十文字の扇子のような武器で大量にガンプラを撃破。
破壊されたガンプラの閃光がハートのように浮かび上がる。
なかなか面白い演出だ。

フナキ・サトミのベアッガイ?プチッガイ?もラッパから虹色の音符が出て攻撃してる。
様々な面白い武器が登場して、なかなかいいな。
ガンプラもかっこいいだけではなくて、可愛らしいというところも強調したいのだろうか。

カミキバーニングガンダムも次元覇王流拳法、鳳凰覇王拳を披露。
鳳翼天翔とそっくりなやつ。

さらに奥に進んでいく一行。
と、その目の前にサイコガンダムとサイコガンダムMk-IIが現れる。
一応、それなりに強力なガンプラみたいだけど、
カミキ・ミライの次元覇王流拳法、閃光魔術蹴りなどで意外とあっさりと撃破される。
まあ、あれだけ新型のガンプラがそろっていればね。

あっさりというか、スターウイニングガンダムがリアルモードになったりと、
それなりに性能は存分に発揮しているようだけど、
正直言ってそこまでやらなくても撃破できた感じはする。
まあ、いろいろとお披露目的な演出なのだろうけど。

カミキバーニングガンダムはどんどん炎の技が増えているのか?
どんどんガンダムではなくなっていくな。
もうほとんど一輝兄さん(鳳凰星座の一輝)みたいになってるな。

2機のサイコガンダムを撃破した後、さらに奥に進むと、
スクランブルガンダムが待ち構えている?
暴走した影響でさらにパワーアップしているという、
傍で身動きが取れないヤジマ・ニルスの説明です。

また、この紫色に光輝くスクランブルガンダムが非常に強力なガンプラ。
新型に改良したみんなのガンプラの攻撃がほぼ通用しない。
もの凄い圧倒されてるな。

えーと、何これ?
別の空間からコロニーレーザを使えるのかな?
3つの輪っかが現れてそこから、コロニーレーザーやら、ハイメガ粒子砲やらが
飛んでくるのだけれども。
これはどういうシステムなのだろうかな?
もうちょっとよくわからないです。
戦っているみんなもわかっていないようですけど、
視聴者の私もさっぱりわからないです。

一応、防げはしましたけど、かなりのダメージだ。

ああ、ここで全国大会へのとっておきの技を披露するのですね。
それしか、もう、スクランブルガンダムを撃破する手段が無さそうですから。

とうか、コロニーが落ちてきて、これを破壊するのに使うわけですか。
しかも合体技というか、スターウイニングガンダムがライトニングガンダムストライダー
に乗って、しかも、カミキバーニングガンダムにプラスフキー粒子を供給するという
ことなのだろうか?
そして、カミキバーニングガンダムは機体が新品のように復活するという、
何ともよくわからない合体技だ。

そして、カミキバーニングガンダムは落ちてくるコロニーに聖拳突きをし、
まるでサイコフレームの虹色の光のようなものにコロニーが包まれて消滅していく。
何だこれは?
もう技とか、効果とかが謎だらけで意味が分からない。
とにかく凄いのはわかったけどさ。

そして、残りのみんなのガンプラもカミキバーニングガンダムの背中に突っ込んで
吸収される、というか、融合というのか。

また、カミキバーニングガンダムが黄金の強大な小宇宙で包まれているようになる。

その直後、上空に魔法陣のような、ユニコーンのような模様が現れる。
うーん?何だこれは?
もうさっぱりわけがわからなくて、ついていけない演出だ。
視聴者が置き去りになっていってるのかな?
私だけがそうのような感想なのか。

あれれ?
これはカミキバーニングガンダムが変身した姿なのだろうか?
機体のほぼ全体が黄金色の機体になってる。
形も変わっているけど。
純金のガンダムみたいになってる。
何でこうなったのか?
もう、意味がわからないです。

そして、最後は聖拳突きで何もかも消滅させてしまう。

ニールセンラボ?から虹の柱が立って宇宙空間へ。
というか、銀河系の中心部っぽい部分からも虹の柱が見える。
ええええええっと、もの凄い規模というか、長さというか。
もう宇宙規模の現象になってる。

一応ね、粒子の暴走は収まったのだけど。

青い光が海岸にいた謎の女の子の手元に降りてくる。
そして、それはスクランブルガンダム。
そこへ、カミキ・セカイとホシノ・フミナが話しかける。

あれ、この子はただガンプラが欲しいだけなのか?
自分では作れないと言っているけど。
2人がガンプラの作り方を教えてあげるようだけど。
それにしても、この子は何者なのだろうか?
まだ、それが謎のままだけど。

ここでこの物語は終了か。
コテージでみんなでこの謎の女の子にガンプラの作り方を教えてあげている。
出来上がったのは、薄紫色のプチッガイですか。

そして、ガンプラバトルの操作をしたり、一緒に食事したり、一緒にお昼寝したり。
まったりと過ごしていますね。

夕方になって桟橋にみんなでやってきました。

ここでこの女の子は
「もう帰らなくっちゃ、みんなありがとうね、すっごくたのしかった、ばいばい」
と手を振って挨拶をして、薄紫色の花の髪飾りが光って、本人が消えてしまいます。
えーと、この子はいったい。
みんなもドン引きしています。

コウサカ・ユウマ、ホシノ・フミナ、カミキ・セカイ、ギャン子、フナキ・サトミ
の5人は顔が凄いことになってますね。
残りのみんなは結構平然としてるというか、
サカイ・ミナトとカミキ・ミライだけは少し驚いていますけど。
この表情豊かなシーンは面白いです。

謎の少女が帰ってきた場所は。
あ、ママと呼ばれている女性はアイラ・ユルキアイネンではないですか。
帰った場所はアリアンなのか。
ということは、父親はレイジなわけですね、流れ的に。
これは意外な展開ですけど、この子は何しに来たんですかね。
それだけは謎のままかも。

最後に登場した3機のガンプラはレイジ、アイラ、この子のものか。

これでこの物語は終了です。

ああ、サイドストーリー的なものとしては面白かったかも。
全体的にはガンプラの戦闘シーンは以前にも増して意味不明な展開と技で
何とも言えない感想しかないのだけど。

最後の謎の女の子がアイラ・ユルキアイネンの娘というところが良かった。
アイラ・ユルキアイネンも落ち着いた女性に成長している。

戦闘シーンは長くて、意味不明な展開だったけど、
ひさしぶりにこのアニメが見れてよかった。

これは続編でもあるのだろうかな?
全国大会に向けての準備中と予選の話でもあるので。
でも、戦闘シーンはもういいかな。
モビルスーツの操縦技術で何とかなる戦闘ではもうないからな。
もうとっくにそういった次元ではないのだから。
この後のストーリーも作りにくいかもしれない。
イオリ・セイ、レイジ、コウサカ・チナなど
前作のキャラクターを登場させたオールスター的な
ストーリーだけかな、作れそうなのは。
そんな展開の複線だったりするのかもしれないけど。
それはそれで楽しみだ。
3期があるのなら、気長に期待して待ってるかな。


ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ
の関連商品の価格と詳細情報などはこちらからです

スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第19話 『再び光る宇宙』 なんて不吉なサブタイトル...と思ったらやっぱり!!

ララァが死んだ回じゃん!機動戦士ガンダム「光る宇宙」再びということか。 今回もジオンのMS祭りです。ボクシングVSピストルというMSらしからぬ戦いがありましたね。シュツルム・ガルスのチェーンマインとズサのショットガンはケンプファーから取ってきたのかな。 ガルス徒手空拳で奮闘してたのにプロペラントタンクにぶっ飛ばされるとは悲しい。もしかしてこのアニメ唯一のギャグシーンかもしれない。  ローゼスビット?と思ったらサイコ・ジャマーか。ユニコーン、いよいよアンジェロのローゼン・ズー