ドラゴンボール超 61話 ザマスの野望 語られる恐怖の『人間0計画』 感想

ドラゴンボール超 61話 ザマスの野望 語られる恐怖の『人間0計画』 感想



前回はゴクウブラックの正体についてちょっとだけふれた。
今回はもっと濃い内容になるのかな。

体は孫悟空、心はザマス。
これがゴクウブラックの正体なのだけど、それだけなのか?

未来のザマスと過去から来たザマスはゴクウブラックなのですね。

でも、破壊神ビルスに破壊されたのに、時の指輪を使って、どうにかしたのか。
やっぱり界王神ゴワスを始末して、界王神になったのね。

そして、また戦闘開始。

凄まじい攻撃だ。
2人のザマスによる融合技。

時の指輪を使って未来にやってきたのか。

過去の孫悟空の姿をしたザマスが未来のザマスの元へやってきた。
そして手を組んだのか。

では、過去のザマスが孫悟空の体を利用して主導しているのか。
つまりゴクウブラックの方が上なのか?

この2人の計画を阻止されないように、超ドラゴンボールを破壊して、
いろいろいる神様も始末してしまったのか。

そして、人間0計画を進めようとしている。
様々な人間をすでに滅ぼしてきたのか。
で、今は地球人。

で、また激しい戦闘だけど、孫悟空、ベジータ、トランクスの力がまったく通用しない。

うーん、過去と未来が交錯してるけど、
過去はまた別次元の過去がすでに出来ているのだな。
つまりそちらではとっくに孫悟空は始末されてしまっているわけで。
体だけは利用されていますが。

でも、こういう話を展開していくと収拾がつかなくなりそうですね。
過去の世界が複数展開していってしまうので。

過去のザマスが超ドラゴンボールで孫悟空の肉体とザマスの肉体を入れ替えてもらう。

入れ替わった孫悟空は畑仕事中だったが、そこへ孫悟空と入れ替わったザマスによって始末される。
そして、そこへやってきていたチチと孫悟天も始末されてしまうのか。
チチはそれっぽいけど、孫悟天については触れられていない。

と、その話を聞いた孫悟空は怒ってしまう。
凄まじい気の膨れ上がり。

そして、2人のザマスを圧倒する。

でも、油断して、やられてしまう。

ゴクウブラックの気を剣の形にした刃で複数、突き刺されてやられてしまう。

やはり、強いな。

そして、ゴクウブラックが人間を滅ぼそうとする理由の1つがトランクス。
トランクスは過去と未来を行ったり来たりして、事実を変えたからなのか。
事実を変えなければ、孫悟空はもうこの時点ではいないからね。
いることによって過去のザマスに入れ替えの機会と人間を滅ぼす機会をあたえてしまったわけか。
まあ、それも影響しているのね。
時間を行ったり来たりは神様でもやらないことだからね。

その話を聞いたトランクスは興奮して向かっていくが、
やはりやられてしまう。

ザマス達とベジータとのザマス達の理想の世界についての会話を聞いていた
トランクスは凄まじい気を放って光り輝きます。

内側がブルー、外側が黄色に光り輝いている状態。
うーん、これは何という状態なのか?
見たことのない状態だ。

ここで今回は終了です。

次回予告によるとゴクウブラックと互角に戦っているようだ。

今回の感想は結局、過去のザマスが主導して、未来のザマスを誘ったということか。
思想はザマス、戦闘力は孫悟空を利用してと。
これはちょっと予想外の展開だった。
ちょっと面白い展開だった。

そして、孫悟空がさらに強くなった(きれた状態だから?)のと、
未来のトランクスが見たことのない状態でパワーアップしたこと。
未来のトランクスのこの状態は何というのかな、これが気になります。

でも、それでもゴクウブラック(過去のザマス)と未来のザマスには勝てないようですけど。

次回予告ではザマスを倒す技があるとか。

また、次回が楽しみになりました。

Google翻訳による61話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 61
Ambition of Zamasu "Human 0 Plan" of fear to be told Review。
スポンサーサイト