機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 29話 出世の引き金 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 29話 出世の引き金 感想



今回は三日月・オーガスのガンダム・バルバトスルプスとジュリエッタ・ジュリスのレギンレイズ
の戦いから始まります。

サンドバル・ロイターのMSユーゴーのワイヤーのようなものの攻撃もあっさりかわす三日月。
やはり機動力はいいね。
レギンレイズもなかなかだけど。

あれ?私の勘違いかな。
ああ、レギンレイズはギャラルホルンのMSだから、
ガンダム・バルバトスルプスよりも、サンドバル・ロイターのMSユーゴーを獲物にしたいわけですね。

側近の2人のMSのワイヤーに捕獲されたレギンレイズですが、
あっさりとワイヤーをはずし、ユーゴーと1対1になります。
相当に凄いパイロットですね、ジュリエッタ・ジュリス。
まだまだ余裕のようだ。

うーん、イオク・クジャンのMSも命中率のいい狙撃で支援しているけど、
邪魔者扱いされているな。

いろいろと邪魔が入ったけど、最終的に三日月とサンドバル・ロイターの一騎打ちになるのね。
当然というか、三日月のガンダム・バルバトスルプス圧倒しているようだけど。

何だ?ガンダム・バルバトスルプスががんがんユーゴーをぶっ叩いてたら、
コックピットのハッチが飛んで、サンドバル・ロイターが出てきちゃったぞ。
誤作動なのか?
それにしても勝負にもならない状態だった。
ガンダム・バルバトスルプス凄すぎる性能、そして、三日月のパイロットとしての技量。

ここで信号弾があがって停戦。
サンドバル・ロイターは捕獲された模様。

ジュリエッタ・ジュリスはコックピットの中でものすごい不満そうだ。

こうして夜明けの地平線団との戦闘は終了です。

鉄華団はごほうびにクリュセ領内?のハーフメタル鉱山の管理、運営を任されるそうです。

火星に戻った鉄華団。

食堂で三日月が食事をしていると、ハッシュ・ミディがMSに乗らせてくれと
団長、オルガ・イツカに頼んでくれとお願いしてきます。
あっさりと承諾する三日月。
まあ、あっさりとしている人間ですから、当然なのかもしれませんけど。

一方、畑に水をまいているクーデリア・藍那・バーンスタイン。
服装がいつもと同じスーツのような服装。
もうちょっと他の服でも着ればいいのにな。
一応、農作業っぽい作業なわけなので。

そこへ、アトラ・ミクスタがやってきます。
あ、大した会話はなかったです。

次は、アリウム・ギョウジャンが保身のためにノブリス・ゴルドンとの面会を希望してますが、
拒否されて、何やら悩んでいるうちに、オルガ・イツカと三日月がやってきます。

オルガ・イツカにアリウム・ギョウジャンがクーデリア・藍那・バーンスタインと鉄華団にした
行いがとっくにばれているようだ。
そういった件に問い詰められるアリウム・ギョウジャン。

オルガの横に立っていた三日月はナツメヤシでしたっけ?
いつもの所有している食べ物を食べます。

あーえーと、一応、面会中なので、食べ物を食べてはだめでしょ?
あれですよ、フィリピン、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が協力文書の調印式で中国の習近平国家主席
と同席しているのにガムをかんでいるようなしぐさをしていたのと同じですよ。
何で食べちゃうかな?

まあ、これはね、アリウム・ギョウジャンに用があるだけで、
そこまで公式な会談ではないんですけど。

オルガ・イツカもアリウム・ギョウジャンの話に怒ったようで、
テーブルに両足を乗せてしまいます。
お行儀が悪いですね。
まあ、演出なのかもしれませんけど。

今回の戦闘でおった被害額の2倍を賠償金として請求されるアリウム・ギョウジャン。
お金の都合の連絡をするようで、味方の人にギャラルホルンに連絡はまだかと
言っていましたが、鉄華団のメンバーが大勢でアリウム・ギョウジャンの拠点になるのでしょうか?
こことここにいた人たちを捕まえています。

追い詰められたアリウム・ギョウジャンを三日月・オーガスが銃であっさりとやっつけてしまいます。
超あっさりと。
相変わらず三日月は怖いな。
ちょっと引く。

夜になってクーデリア・藍那・バーンスタインが長袖の白いTシャツのような服装で
テラスで涼んでいるとアトラ・ミクスタがやってきます。
クーデリアさんの髪の毛は相変わらず多すぎる。
凄まじい髪の毛の量。

会話の内容によると、三日月・オーガスは農場の野菜の栽培に力を入れているようだ。
新しい種を栽培したり、いろいろと実験的に野菜類を栽培しているようだ。
意外と農業好きなのかな?

そういえば、アトラ・ミクスタの服装って、パーカーの上にスタジャンを着ているのですね。
スタジャンって流行ってるのかな。
スタジャンじゃないのかな。
それっぽく見えるけど。

ああ、鉄華団のジャンバーか。
すっかり忘れていた。

三日月・オーガスが読み書きが出来るようになって、
農場で畑仕事ができるようになって。

みんながそういった生活ができるようになったら、
クーデリア・藍那・バーンスタインの仕事も終わる。
そうしたら、一緒に農場をやりましょうとアトラの提案。

まあ、クーデリアさんの理想が実現すれば、そういうことになるのですか。
障害は大きいですけど。
当たり前のような生活が出来ていないのが火星の現状ですからね。

こうしてクーデリアさんはまた自分の事務所に戻っていきます。

鉄華団が任された鉱山では名瀬・タービン、アミダ・アルカと鉄華団のメンバーが
鉱山の下見でしょうか?任される鉱山の説明を聞きます。
これから鉄華団の収入源になる鉱山ですね。

その頃、オルガ・イツカはギャラルホルンの火星での拠点、アーレスに呼ばれます。

鉱山では何と、ガンダムフレームのMSが穴に埋まっています。
掘ったら出てきちゃったのですかね。
そして、もう1機、巨大なMSらしきものも埋まっているとか。
資源よりもこれの方が凄いんじゃないの?

アーレスに呼ばれたオルガ・イツカに何の話があるのかと思えば、
マクギリス・ファリドはラスタル・エリオンに対抗するために鉄華団と同盟関係のような
間柄を結びたいようだ。
モンターク商会としてではなく、ギャラルホルンのマクギリス・ファリドとして。
目的は今までどおりなのだけれども。
表向きなのか、そのとおりなのかは正直言って謎だと思っている、個人的に。

一応、話はまとまって、鉄華団はマクギリス・ファリドに協力することになります。

ここで、今回は終了です。

今回はMS戦が意外とあっさりと終了してしまったことが意外だったかな。
もうちょっと、いろいろとあるのかと思っていたけど、
夜明けの地平線団という組織が大した組織、戦闘能力ではなかったこと。

そして、新しく発見されたガンダムフレームのMSが今後どのような運用をされるのか、
これが気になりますね。
特に巨大だと言われている方はまだ姿を見せていませんから。
こちらがどのようなMSなのか気になります。

次回はアーブラウの正規軍がやっと軌道に乗るようですね。
発足式?を行うようです。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第29話 『出世の引き金』 ブレイズとは違うんです。

福田元総理…じゃなくてランバ・ラルのオマージュ。×あなたとは違うんです。○ザクとは違うのだよ、ザクとは!レギンレイズはギャラルホルンの最新鋭MS。シュヴァルベ・グレイズがもう旧式扱いなんですね。 引いて下さい←→アンタが引け。一歩も引かない三日月とジュリエッタ。手柄争いしながらサンドバル+取り巻き2機を倒せるのか。三日月は期待してないって言ってますが、石動のサポートが効いていますね。他方ジュリエッタをサポートするイオク。「邪魔です(援護は)要りません」とかボ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #29「出世の引き金」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第29話を見ました。#29 出世の引き金鉄華団と夜明けの地平線団、更にはアリアンロッドという三つ巴の戦いの中、撤退の時間稼ぎのためにサンドバル自ら出撃してきたことで三日月が攻撃しようとするもジュリエッタが邪魔に入ってくる。「これは私の獲物です」「邪魔だな、アンタ」「引いてください」「アンタが引けよ」「絶対に渡し...