ドラゴンボール超 65話 最後の審判か!?絶対神の究極の力 感想

ドラゴンボール超 65話 最後の審判か!?絶対神の究極の力 感想



今日はゴクウブラックとザマスが融合した新しいザマスとの戦い。
ちょっとかっこいいな、新しいザマス。
白蝶貝のような虹色に輝く感じが綺麗だ。

おお、背中に光輪が現れる。
やっぱりかっこいいな。
何の役に立つのかわからなかったが、光輪からの攻撃が始まります。
この攻撃にベジータが立ち向かいます。
あ、悟空も。
その間にトランクスはブルマとマイを逃がすように連れて行きます。

うお、ザマスの裁きの刃という赤い刃があれだね。
聖闘士星矢Ωの火星の神、マルスの技(ルーベル・シドゥス・グングニル)みたいだ。

凄まじい攻撃に地下の住人たちも逃げ出して、地上に出ようとしますが、
出た人が消滅してしまいます。

ははは、みんなが確認のために外に出ることを申し出ますが、
最後にヤジロベーが手を上げます。
あれですね、ダチョウ倶楽部のネタですよ、これ。
「どうぞどうぞ~」っていうネタですね。

戦闘シーンは孫悟空とベジータも手も足も出ない強さ。
これは凄すぎる。

倒す方法があるのですかね?これ。

トランクスによって連れてこられた、
ブルマとマイはこの間にタイムマシーンの修理に取り掛かります。

もう、ザマスのよる「人間0計画」もこれで完成するのか。
ベジータの攻撃もいっさい通用しない。

ザマスが気を高めると紫の鳥のようなものからも攻撃が始まります。
ピンク色の雷みたいなのが、ザマスの主な攻撃ですかね。
これが強力すぎて、手も足も出ない。

もうさ、孫悟空は全王を呼び出すスイッチみたいなのをもらってるから、
それ使って全王に来てもらった方がいいんじゃないのかな?

うほ、ザマスの力で地球が破壊されていく。

あ、人造人間8号がちらっと映ってる。
地球の異変を感じているのですね。

孫悟空とベジータは気を高めて、紫の鳥みたいなのに突っ込んで行って破壊します。
その後はザマスを攻撃しますが、やっぱり通用しませんね。
ザマスは余裕。
ひたすら人間に説教です。

ここで駆けつけたトランクスが気を高めて立ち向かいます。
裁きの刃を剣で破壊して、ザマスを剣で攻撃しますが、
やっぱり剣を折られて攻撃される。
トランクスも満身創痍だ。

次は聖なる逆鱗という技。
トランクスはギャリック砲でこの技に対抗します。
ですが、かなり押されている。

そして、立ち上がったベジータもギャリック砲です。

うお、押し返して、ザマスに一発食らわせます。
あ、でもザマスは無傷でした。

その後のザマスの攻撃がトランクスをかばったベジータを直撃します。

また、立ち上がった孫悟空のカメハメハとザマスの聖なる逆鱗の対決です。
凄まじいパワーの衝突です。

ここで、今回は終了。
今回はとにかく新しいザマスが強すぎる。
終始、圧倒されて30分が終わった感じだ。
攻撃を何とか防ぐのが精いっぱいなようだ。

次回はたぶん孫悟空とベジータが融合したキャラクターがザマスと戦っているシーンが映っています。
ベジットでしたっけ?ゴジータっていうんでしたっけ?
超サイヤ人ブルーだとどっちかよくわからない。
服装からするとベジットですかね。
やっぱりフュージョンではなく、ポタラを使用しての融合になりますか。
ああ、界王神2人のポタラを使うのかな。
まだ、その方法がありましたか。

また、次回は激しい戦闘シーンが盛りだくさんの回になりそうですね。

今回はとにかくザマスが強すぎ。

Google翻訳による65話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 65
The Last Judgment! Is it? Absolute God's ultimate power Review
スポンサーサイト