ドラゴンボール超 66話 決戦!あきらめない戦士たちの奇跡の力 感想

ドラゴンボール超 66話 決戦!あきらめない戦士たちの奇跡の力 感想



今回はベジットになるのかな?
その手段をすっかり忘れていましたけど。

ザマスの攻撃と孫悟空のかめはめ波から。
相変わらず凄まじいエネルギーの衝突です。

一方、シェルターみたいなところにはみんなが避難している。
ヤジロベーも一緒。

うお、孫悟空のかめはめ波がザマスの攻撃を打ち破ります。
結構凄い。

孫悟空は界王拳を使い、ザマスを圧倒します。
でも、力尽きてしまいますね。
まあね、これだけ激戦を繰り返していればね。

しかし、ザマスはまた復活します。
凄まじい虹色の巨大な気だ。

ザマスがここでちょっと様子が変わります。
半分はゴクウブラックなので、
上手くは融合出来ていないみたいですね。
界王神ゴワスもそのようなことを言っています。

ここで、孫悟空はポタラによる合体をベジータに提案します。
まあ、ベジータはやっぱり拒否しますけど。

界王神以外は1時間しか効果が無いのか。
そして、元に戻れるらしい。

ベジータも1時間耐えることに承諾です。

そして、ベジットに変身します。

ベジットブルー。
どこまで凄いのかな?
設定上は凄くなってるはずですけど。

ポタラによる合体は人間なら1時間限定なのか。
もっと早く説明してくれればね。
第7宇宙の界王神はあんまり知識が無いな。

ああ、ザマスがいろいろしゃべってるとベジットにぶっとばされます。
がら空きだったので。

おお、いきなり今まで以上のスピード感のある戦闘シーンに変わりました。

ベジットもザマスと同じ技ができるようになりました。
気を剣のようにする技です。
これはザマスにも有効なのかな。

ザマスはちょっとナルシストなのだな。
人間の罪と神の行いをすべて自分で引き受けると、
しかも涙を流してる。

ここでタイムマシーンを直したブルマとマイがやってきます。
トランクスの折れた剣も持ってきます。

トランクスも折れた部分を自分の気で補うことができるのですね。
そして戦場に向かいます。

その頃、ベジットとザマスの戦いは佳境なのか。
と思ったら、ベジットでは無くなってしまいました。
そこへ、トランクスが駆けつけます。

光の剣でザマスを切りつけますがやっぱり効いていないですね。

トランクが気を高めると、ヤジロベーなど人間も青く光り輝きます。
これは何ですかね。

剣も青く光り輝きましたよ。
地球にいるみんなの気が青く光り輝いてトランクスに集まっているのか。
元気玉の一種なのか?
聖闘士星矢Ωのような感じなのか?

そして、巨大な青く光輝く剣がザマスを貫きます。
そして、ザマスはやられてしまうのか?

ここで、今回は終了なので、どうなったかわかりませんね。
元気玉のような気の集まりは呼びかけなくても集まってくるものなのですね。
それ、知りませんでした。

次回予告を見るとやっぱりザマスは消滅してしまったようですね。
全王様も登場するようなので、どういう展開になるのか詳細はわかりませんが、
どうやら未来トランクス編はもうそろそろ終了っぽいです。

今回の感想はちょっと予想外だった。
ベジットがザマスに勝つのかと思ったら、そうではなかった。
トランクスによる勝利。
そして、元気玉のような気の集まり。
これはすっかり忘れてました。

ベジットは時間稼ぎ程度の活躍にしかならなかったわけですね。
うーん、もっと見たかった気もしないでもない。

Google翻訳による66話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 66
Decisive battle! The power of miracles of warriors who do not give up Review
スポンサーサイト