機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 32話 友よ 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 32話 友よ 感想



今回もさっそく戦闘シーンからです。
マクギリス・ファリドもモビルワーカーを圧倒している。
まあ、当たり前なんですけど。

この様子を見ていた鉄華団のメンバーはガラン・モッサにせかされていますね。
指揮官機を落とせば、この戦争は終わると。
これはどこまでのせられているのでしょうね?
のせられたふりをしている気配は感じませんけど。

マクギリス・ファリド指揮下のギャラルホルンのMS隊がアーブラウ防衛軍の拠点に迫ったとき、
ガラン・モッサ搭乗のゲイレールが突っ込んでいきます。

鉄華団のアストン・アルトランドもランドマン・ロディでマクギリス・ファリドのグレイズリッターを強襲。
なかなかスムーズないい動きをします。

ここで、マクギリス・ファリドから鉄華団のメンバーにオルガ・イツカの命令で動いているのか?
と問いかけられます。
しかし、鉄華団のメンバーはもう洗脳されているような状態なので、
この問いかけに耳を貸さず、グレイズリッターに向かっていきます。

ランドマン・ロディ搭乗のタカキ・ウノもかなり善戦しましたが、
マクギリス・ファリドのグレイズリッターには敵わず、
追い込まれますが、そこをアストン・アルトランドがかばいに来ました。
アストン機はやられてしまいます。

しかし、アストンもまだ粘って、グレイズリッターの動きを封じました。

追い込まれるマクギリス・ファリドですが、
ここで何とガンダム・バルバトスルプスが空から加勢に現れました。
うーん、ちょっとご都合主義すぎて何だか。
タイミングが良すぎる。

ハッシュ・ミディもやってきました。
現場の状況がのみ込めないようです。

ここでガラン・モッサと配下のMSは撤退します。

コックピットに残されたアストン・アルトランドの救助にタカキ・ウノが向かいます。

ああ、アストンやられちゃったな。
ヒューマンデブリのままだったか。

地球支部のラディーチェ・リロトはガラン・モッサと連絡が取れなくなり、
現場の状況確認に戸惑っているところ、
ユージン・セブンスタークがやってきます。
昭弘・アルトランドもいました。
2人でラディーチェ・リロトの事情聴取ですね。

ここでラフタ・フランクランドが連絡。
現場の状況が思わしくないと。
犠牲がかなり出ていると。

自分の拠点に戻ってお茶かコーヒーを飲んで、まったりとしていたガラン・モッサですが、
そこへ敵襲のサイレンが鳴り響きます。

ここからは鉄華団とガラン・モッサの傭兵部隊との戦闘シーン。
ガンダム・バルバトスルプスの動きとスラスターの部分の絵が綺麗でいいな。
いい表現です。

一人、ガラン・モッサのゲイレールだけが広々とした平原にやってきました。
ここで、上空から昭弘・アルトランド搭乗のガンダム・グシオンリベイクフルシティ
がやってきます。
そして、さっそく戦闘開始です。

ガンダム・グシオンリベイクフルシティがミサイルを発射して、
ゲイレールがそれを弾いて爆発するシーンがいいですね。
爆発の表現がいいです。

このガンダム、結構、絵が綺麗でいい。

ハッシュ・ミディはやられっぱなしだな。
やる気はあるけど、技術がついていってないのか。
そして、三日月・オーガスに助けてもらいます。
まったく使い物にならないようです。

ガンダム・グシオンリベイクフルシティVSゲイレールは肉弾戦のような展開。
昭弘・アルトランドももの凄い興奮している。

ひたすらパワーで押したガンダム・グシオンリベイクフルシティがゲイレールを追い詰めました。
ゲイレールは自分で爆発してしまいましたね。

昭弘・アルトランドも駆けつけたラフタ・フランクランドに大丈夫と話します。

戦闘も終わって、みんなでラディーチェ・リロトの尋問。
いろいろ話を聞いてもわけがわからんので、
地球支部をチャド・チャダーンから任されたタカキ・ウノが決着をつけることを申し出ます。

結局、やられちゃったな、ラディーチェ・リロト。
裏切り者だからね。

シーンは変わって、ハッシュ・ミディは落ち込んでるな。
三日月・オーガスとは全然違う自分に。

次は三日月・オーガスとマクギリス・ファリドの会話。
ガラン・モッサの傭兵部隊の様子を説明。

ここでマクギリス・ファリドからお礼のチョコレートをもらいます。
チョコレートでいいんですよね?
たぶん。

三日月が加勢に来てくれたことはまるでアグニカ・カイエルの伝説の一場面のようだと。
アグニカ・カイエルというのはギャラルホルンを作った人らしい。

宇宙ではガラン・モッサがやられてしまったという情報を聞き、
ジュリエッタ・ジュリスが泣いていますね。
ラスタル・エリオンも感慨深いようです。
本当の名前もわからないようにして活動し、ラスタル・エリオンに協力してくれた友人なので。
こちらはこちらで思い入れが十分にあるようです。

最後はタカキ・ウノが自分の家に帰ってきて今回は終了です。

今回でやっと地球支部が巻き込まれた戦争は終わりました。
大人の思惑で自由に操られる子供たちのお話でしたが、
やはり重々しい展開になりましたね。
犠牲もたくさん出たわけで。

MSの戦闘シーンはなかなかよかったです。
スピード感もあって、絵も綺麗で。

鉄華団もラスタル・エリオンの陣営もお互いに仲間を思いやりながら戦った結果ではありますが、
やはり苦しい展開ですね。
やはりガンダムは重々しく、苦しい展開や物語が続くのですね。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話 『友よ』 タカキか?アストンか?不安過ぎる展開の結末。

月の蛇ってラスタル?グレイズリッター(マクギリス)をやればこの戦いは終わる。タカキ完全に気持ちがはやっている。トップ同士で手を組んでいるのに現場では戦う羽目になる矛盾。ラディーチェが情報遮断した結果です。 他方でマクギリスは冷静。鉄華団のパイロット、これは団長=オルガ・イツカの指示なのか?しかしタカキとアストンは耳を貸さない。この状況でガランとマクギリスどっちを信用するかといえば、前者でしょう。完全にガランにほだされちゃっていますし、特にタカキ。  マクギリスが弱い…訳じゃない。