機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 39話 助言 感想

えーと、タービンズのメンバー
(エーコ・タービン、アジー・グルミン、ラフタ・フランクランド)
たちとは一度離れるわけですね。
それぞれ、会話をしています。
ラフタ・フランクランドだけは昭弘・アルトランドと会話してますけど。
握手していったんは戻るようです。

あれ?オープニングの曲が新しくなりました。

イオク・クジャンはジャスレイ・ドノミコルスとの会話で鉄華団の背後には
名瀬・タービン率いるタービンズがいると知らされます。
鉄華団だけを目の敵にしてもあまり意味は無いということですね。

イオク・クジャンは新兵器でも投入するのかな?
条約違反のようなものらしいけど。
と、そこへ、ジュリエッタ・ジュリスも同行することを申し出ます。
新しいMSでしたっけ?
それの実戦もまだなので。

イオク・クジャンが持ち出したものはガンダム・フラウロス
に搭載されているレールガンと同様のものなのね。
と、マクギリス・ファリドと石動・カミーチェの会話。
何だ、それほど驚くことでもなかった。

うん、でも、マクギリス・ファリドにとっては
いよいよ自分の計画を実行に移す時が来たようだ。
というか、表に出て活動を活発にするということかな?
同志に通達とか言ってるからね。

三日月・オーガスがどこかへいっちゃわないように、
アトラ・ミクスタは子供がほしいと。
クーデリア・藍那・バーンスタインにもそんなことを話してますね。
というか、これはギャグシーンでいいのかな?
意味はわからないではないが、何というか、短絡的のような気もするけどな。

三日月・オーガスに赤ちゃんってかわいいよね、なんてセリフを吹っかけてみますが、
手首がハムみたいで美味しそう、という意味不明な返し。
アトラ・ミクスタも結構ドン引きのような感じですか。
冷めるというか。

テイワズでは辟邪の整備です。
帰ってきて、いきなり新MSのテストですかね。
ついでに、ラフタ・フランクランドが昭弘・アルトランドといい関係というのが
名瀬・タービンにバレてしまってますけど。
喜ばしいことなのですね。
妻でもあるけど、娘でもあるみたいな。
そんな気分なのですね。

ここで、名瀬・タービンと姐さんアミダ・アルカの出会いの回想シーン。
姐さんが登場のピンク色のMS、なかなかいいな。

タービンズが出来上がる話なのか。
名瀬・タービン、アミダ・アルカ、その他の女性たち、
それぞれが単独で行動していたのが融合してできたのがタービンズなのですね。
そして、その他の輸送業者とも連携して5万の組織になったのか。
想像よりもはるかに規模が大きいな。
これはびっくりです。

単なる他人たちが1つの組織に融合していく中で家族同様の生活になっていく。
昔のタービンズがそうだったように、鉄華団も現在進行形でこうなってるわけね。
それを温かい目で見てあげたいのが名瀬・タービン。

ダインスレイブ。
これがタービンズから発見されてギャラルホルンに拘束されたのかな?
ギャラルホルンの査察の件がマクマード・バリストンに伝えられる。
まあ、そこに三日月、アトラ、ハッシュもたまたま呼ばれてたんですけど。

ああ、タービンズも追い込まれましたね。
内輪もめみたいなものなんですけど。
なかなか、ギャラルホルンも絡んでくると動きにくいね。
鉄華団としてはタービンズに力を貸したくてしかたがないのだけど、
オルガ・イツカも名瀬・タービンにお断りされてしまいます。
まあ、しょうがないんですよね。
無駄な関与は避けさせるべきだから。

ここで今回は終了です。
ああ、タービンズがハメられるとはね。
ただ違法行為で拘束されるだけならまだしも、
次回は戦闘行為になるみたいだな。
これは大変だ。

今回の見どころはタービンズの成り立ちくらいだろうか。
どれくらい前の出来事になるのかわからないけど、
姐さん、ちょっと若かったな。
MSもなかなかかっこよかった。

次回はジュリエッタ・ジュリスの登場の新MA?MS?だっけ。
これが見られるかもしれないので楽しみだ。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #39

『助言』

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話「助言」

2期後半戦。兄貴キャラがいずれ死ぬのは良くある展開だが、いきなりぶッ込んできた。というか、名瀬兄貴とアミダ姉さん2人で、馴れ初めからタービンズの歴史や思い出など懇切丁寧に説明した直後に警報という展開の速さに笑った。巻いてるのか知らんが、この手の展開では本当に分かりやすく親切な作品だ。もしタービンズが終わるとしたら、本作から一気に女っ気が減って視聴に響きそうだし、誰か生き残ると思うんだ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話 『助言』 主人公の兄貴分は途中で...悪い予感しかしない。

正確には主人公の兄貴分の兄貴分。名瀬とタービンズに暗雲が立ち込めてきた。鉄華団を倒すにはその上を叩け。セルゲイの入れ知恵にイオクが飛びついた形です。  タービンズ女子とのお別れ。名残惜しいですが、とりわけラフタは未練たっぷり。昭宏に対してです。かなり入れ込んでいる描写があったけどやっぱ惚れたのか。これ不倫って言うのかな?一夫多妻だけど。他方昭宏はラフタの気持ちに全く気づいていない。名瀬の奥さんだと思ってるからでしょうね。しかし感謝はしていると。俺の背中を任せられるのは三日月とあんただけ。これで

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯39「助言」

評価 ★★★☆馬鹿のカリスマ