機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 42話 落とし前 感想

さっそく、鉄華団とジャスレイ・ドノミコルスの組織との対決になっているのですね。
メリビット・ステープルトンからクーデリア・藍那・バーンスタインは
アドモス商会との提携を解除する話をされます。
まあ、このような事態になっては巻き込みたくないという鉄華団の意向なのでしょうけど。

うーん、ジャスレイ・ドノミコルスの組織は鉄華団のMS隊に圧倒されていますね。
この戦闘宙域の背後からイオク・クジャンの部隊が襲うという計画になっているようですが、
まだ、イオク・クジャンの部隊は現れません。
ジャスレイ・ドノミコルスは相当に焦っていますね。
まあ、イオク・クジャンは指揮官としてあまり有能ではありませんから、
人選ミスという感じもしないでもないですけど。

JPTトラストという名前の組織なのか。
ジャスレイ・ドノミコルスの組織は。
地球でのマクギリス・ファリドへの報告で明かされました。
戦闘が始まったという石動・カミーチェの報告を受けて、
マクギリス・ファリドも動きます。

戦闘シーンはなかなかいいですね。
MSの動きが双方、スピード感があってよろしいです。
まあ、ガンダム・バルバトスルプスレクスが他のMSを圧倒してるので、
勝敗にはスピードも数もあまり関係ない気がします。
それくらいにガンダムは戦場で圧倒しているわけです。

ハッシュ・ミディが搭乗の辟邪というMS。
なかなか高性能で動きがいいみたい。
スピードもなかなか。
見ためのデザインも「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」
に登場するMSの中ではかっこいいと思う方かもしれない。

いやいやいや、よーく見たらそれほどかっこよくもなかったです。
機動性がなかなか良いから、それでかっこよく見えただけだった。
外観デザインはさほどいいっていうわけでもなかった。
やっぱり、じーと、よく観察することが大切ですね。

ここにきて、JPTトラストはヒューマンデブリのパイロットを前面に出してきました。
これで少し、戦闘はこう着状態になったようですね。
鉄華団のメンバーもいったん、補給整備のために戻ります。

それと、イオク・クジャンの部隊はどうやらこないみたいですね。
アリアンロッド内で足止めされているのでしょうか?

アリアンロッドではジュリエッタ・ジュリスが自分の能力の限界に悩んでいる。
レギンレイズ・ジュリアをもってしても、
アミダ・アルカには敵わなかったからね。
しかし、それ以上、強力なパイロットになるには人間をやめなければならないと
ヤマジン・トーカから告げられます。
これにはジュリエッタも強い抵抗感があるようですね。

追い詰められたジャスレイ・ドノミコルスはマクマード・バリストンに救援を求めます。
しかし、ジャスレイ・ドノミコルスの思惑はとっくにバレているようで、
あっさり却下されます。
それにしても、この会話の最中のマクマード・バリストンが
持っている日本刀の絵が大変、綺麗ですね。
そして、その日本刀に映り込むマクマード・バリストンの目と顔がまたね。
この部分の表現もアニメの絵としてはなかなかいい感じだ。

そして、イオク・クジャンが戦場には来ないことも告げられます。
後見人であるラスタル・エリオンにも話をつけてあるようです。

ああ、鉄華団はもうテイワズ傘下の組織ではないのですね。
脱退したようです。

いろいろと不満がつのって絶叫していたジャスレイ・ドノミコルスですが、
側近の人たちに促されて、オルガ・イツカと話をすることになりましたが、
オルガ・イツカからは全く受け付けてもらえないようです。
まあ、当たり前なのでしょうけど。

と、そんな会話をしているうちにジャスレイ・ドノミコルスが艦長?
をしている戦艦にガンダム・バルバトスルプスレクスが現れます。
もの凄いスピードでブリッジの前に現れました。
ちょっと、びっくりしましたね。

三日月・オーガスはオルガ・イツカにどうすればいいか?と指示を仰ぎます。
たった一言、「潰せ」と命令。
ガンダム・バルバトスルプスレクスはブリッジを潰します。

これでこの戦闘は終わったのか。

地球ではこの戦闘の報告を受けているのかな。
遠くから見るギャラルホルンの本部はドラゴンボールのフリーザ一族のキャラクター
みたいな外観をしているな。
色といい、形といい。

セブンスターズの会議が始まろうとしていましたが、
ラスタル・エリオンとイオク・クジャンは欠席です。

鉄華団では戦闘が終わり、これからのことについて主要メンバーで
話をしていましたが、ここでギャラルホルンのマクギリス・ファリドに
従う人たちでしょうか?
世界に向けて?演説を行っています。
腐敗したギャラルホルンを改革するために立ち上がることを宣言しているようです。

どういった改革になるのか?
それはこれからの展開によるのでしょうけど。
ラスタル・エリオンの勢力を排除するだけでそうなるのか?
セブンスターズを解体しなければ達成できないのか?
どこまでこの変革は進むことができるのかはわかりませんが、
鉄華団もオルガ・イツカを中心に協力していくことになりました。
そして、この演説を見ていたメリビットさんも鉄華団に残り活動していくと。

MSデッキでは三日月・オーガスがナツメヤシを食べながら、
オルガ・イツカと会話です。
オルガ・イツカは目的が達成したら、馬鹿笑いしたいと目標を定めているようですね。
家族で一つの目的を達成できたらの話ですけどね。
家族らしいというか、何というのか。

今回はここで終了です。
「鉄華団はあの日への道を進み始めた」とクーデリアさんのナレーションが気になりますね。
鉄華団が向かう先で目的は達成されるのでしょうか?
それは今後のお楽しみということで。

今回は戦闘シーンが多かったですね。
ひたすら、戦闘です。
まあ、あまり拮抗している感じでも無かったですけど。
ガンダム・バルバトスルプスレクスが活躍するだけの戦闘です。

そして、いよいよギャラルホルンの改革が本格的に始まろうとしているので、
こちらの展開の方が楽しみですね。
マクギリス・ファリドが本当にやりたいことが見えてきそうな気がします。
単なる改革なのか?
その先の目的が何かしらあるのだろうか?
個人的にはその先の目的があって、それが示される方が面白いと思う。
そして、びっくりするだろうからね。

物語としてはその方がいいと思うのですが、
そこも含めて、今後のお楽しみということで。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #42「落とし前」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第42話を見ました。#42 落とし前バルバトスの改修も終わり戦力を整えた鉄華団は意を決してジャスレイとの直接対決に向かうのだが、ジャスレイはイオクに背後から攻撃してもらう約束を取り付けていた。イオクの援護がなかなか来ないどころか、全く連絡が取れない状況に陥り、ジャスレイはマクマードに助けを乞う。「おいおい、仕向けたのはてめ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話「落とし前」

弔い合戦。開幕早々焦ってるジャスレイさん。しきりに俺はNo.2と言ってる人だが今の今までそんなキャラに全く見えず、結局最後の最後まで小者でしかなく、戦闘する訳でもなくあっさり退場。こんな奴にラフタを殺らせたのかと思うと堪らない。兎に角、ジャスレイさんがクソ雑魚過ぎて物足りないが、カタルシスがないのは狙い通り?いやいや、いわゆる仇を討っても死んだ人は還ってこない的な虚しさを出したのかも知れない...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #42

『落とし前』

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話 『落とし前』 ジャスレイはサクッとお片づけ、遂にマクギリスと改革に乗り出す!

始まったら終わってた。冒頭メリビットから鉄華団とアドモス商会の手切れについて説明がなされます。 仇討ちに行くから身辺整理かな?そう思ったら既に終わっていたという話。手切れにする真の理由はマクギリスと地球と火星の改革に乗り出すからだったんですね。そして時系列は仇討の顛末に戻ると。  こっちの闘いももう終盤。案の定ジャスレイ追い込まれている。淡々と敵を粉砕していく鉄華団の面々。冷静に見えるけど腸煮えくり返っているのが手に取るように分かる、特に昭宏。曲がりなりにも軍隊の鉄華団、私兵でどうに

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯42「落とし前」

評価 ★★☆いいね。それ