機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 45話 これが最後なら 感想

さっそくの艦隊戦。
MS部隊の動きがいいね。
特にジュリエッタの部隊が一斉に移動するところの映像がいいですね。
MSのバーニアから出る綺麗な青い炎が一斉に出るところが何とも言えないほど
綺麗で美しく感じる。
ガンダムのアニメではここのシーンは大切ですね。

今回の冒頭はひたすらに戦闘シーンです。

ジュリエッタ・ジュリスはラスタル・エリオンの命令で
ガンダム・バルバトスルプスレクスの行動を止めることを命令されているのか。
それでバルバトスにへばりついているのね。
ラスタルからとても頼りにされているジュリエッタさん。
しかし、最近はパイロットの技量の上限が見えつつあるのかな。
あまり活躍しないというか、
まあ、三日月・オーガスやガンダム・フレームの機体が凄すぎるという感じですけど。

そんな戦況のさなか、アリアンロッドの艦隊から撤退信号が発射されます。
これを合図にマクギリス・ファリドの艦隊から裏切り者?というか、
スパイみたいなものですかね。
アリアンロッドに内通していた人物がほくそ笑んで、
アリアンロッドのMS隊にダインスレイブが使用されます。
これはアリアンロッドの被害を水増しするためということでしょうか。
ラスタル・エリオンの作戦のようです。
ああ、でもこれは同胞の犠牲が大きすぎるんじゃ?

やっぱり。
この被害を理由にアリアンロッド側もダインスレイブを使用して、
マクギリス・ファリドの同志、革命軍を壊滅させます。
やっぱり使っちゃったか。
そういう作戦なんですけど。
これはやりすぎじゃないのかな。

この結果、マクギリス・ファリド、革命軍、鉄華団、
全体の半分以上が壊滅。
こんなに早くか。
想像以上の被害だ。
壊滅するシーンも凄いものな。

さらに、第2発もやってきました。
これでホタルビも制御不能。
ノルバ・シノもやられてしまいます。

ここでイサリビ艦内では、今後どうするか主要メンバー
(オルガ・イツカ団長、ユージン・セブンスターク副団長、
チャド・チャダーン、ダンテ・モグロ)
による話になりますが、
オルガ・イツカは撤退を考えますが、撤退する場所なんてどこにもない、
と主要メンバーたちから告げられ徹底して対抗することになります。

そこへ、ノルバ・シノがやってきます。
特にノルバ・シノのガンダム・フラウロス(流星号)の装備にはまだ、
ダインスレイブが残っているそうで、
これをアリアンロッド艦隊に使用することに大変こだわっているようです。

鉄華団はこれからアリアンロッド艦隊に突っ込んでいくようです。
そこでダインスレイブを使用するわけですね。
戦力も残り少ないですからね。

いよいよ、マクギリス・ファリドがガンダム・バエルに搭乗して現れました。
黄金の剣をかざして、壊滅寸前の艦隊の士気をを高めるために。
ちょっとかっこいい。
何気にデザインに凝ってますよね。
誰が製造した機体なのかわかりませんけど。
アグニカ・カイエルが自分で外観デザインやフォルムを決めたんですかね?
個人的な思い入れが入ってそうな印象です。
装備が黄金の剣ですからね。

と、ここでガンダム・キマリスヴィダール(ガエリオ・ボードウィン搭乗)がやってきますが、
石動・カミーチェのヘルムヴィーゲ・リンカーもやってきて、
ガンダム・バエルの代わりに交戦します。

マクギリス・ファリドのガンダム・バエルは自分の残存兵力を集結しようとしますが、
そこへ、第3発のダインスレイブが発射され、かなりの被害が出た模様。

この隙に鉄華団はアリアンロッド艦隊に突撃していきます。
アリアンロッド艦隊も攻撃を鉄華団に集中しようとします。

ホタルビをおとりに使い、イサリビはMSに守られながら離脱。
ホタルビに残ったノルバ・シノのガンダム・フラウロス(流星号)は
ダインスレイブを発射しますが、
外れてしまったのか、かすっただけなのか、
「ちょくしょう」といいながら、流星号をアリアンロッド艦隊に向かわせます。

だが、アイアンロッド艦隊の集中砲撃によって、
ガンダム・フラウロス(流星号)は大破してしまいます。

ガンダム・フラウロス(流星号)、やられちゃったな。

ここで今回は終了です。
いやー、今回はアリアンロッド艦隊のダインスレイブが強力すぎて、
どうにもまともに戦えないな。
数が多すぎる。
ここまで保有して使用もしていいものだろうか?
これではギャラルホルンの正当性とかもう関係ないじゃんとも思ってしまったな。
戦争には勝てるかもしれないけどさ。

それと比較してMS戦はこう着状態ですね。
一般兵のMSはあっさりとやられてますけど、
ガンダム・フレームとその他(石動・カミーチェのMSとジュリエッタ・ジュリスのMS)
だけは残ってますね。

まあでも、ガンダム・フラウロス(流星号)だけはやられてしまった。

しかし、ラスタル・エリオンの顔だけは引きつらせることができましたね。
これだけはさすがに相当に焦った顔をしていました。
これは成果というべきなのか。
たいした意味は無いのだろうか。
ラスタル・エリオンをやっつけられなければ、ほぼ意味は無いのか。
鉄華団の自己満足では駄目なんでしょうね。
あくまでも、ラスタル・エリオンを倒し、
マクギリス・ファリドがギャラルホルンの実権を握らないと。
鉄華団も火星の王になれませんからね。

それとね、マクギリス・ファリドがまだ余裕なんですよね。
ガンダム・キマリスヴィダールと交戦中の石動・カミーチェを助けに来た時に
まだ、石動・カミーチェが必要だと余裕の表情をしておりました。

何故ですかね?
これだけ艦隊とMS部隊が壊滅しているのに。
ガンダム・バエル以外に秘密兵器でも密かに用意しているのでしょうか?
マクギリス・ファリドの余裕の表情にまだまだ驚愕の展開がありそうな雰囲気も感じました。

この戦いの行方もどうなるのか、まだまだわからないといった感想ですかね。
マクギリス・ファリドの余裕の表情の理由が今後の楽しみになってきました。
スポンサーサイト

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #45「これが最後なら」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第45話を見ました。#45 これが最後ならマクギリスと共にアリアンロッド艦隊と対峙する鉄華団は全てをかけた総力戦となる中、ラスタルは青年将校の中に間者を紛れ込ませたり、革命軍側が先に禁止兵器を使ったという名目でダインスレイブ隊を使って全艦隊の半数以上を壊滅させるのだった。「これが名瀬の兄貴を殺ったヤツか!?」「オルガ、また...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #45

『これが最後なら』

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話 『これが最後なら』 起死回生、シノのスーパーギャラクシーキャノン!

ラスタル・エリオンをやれば未来は変わる!いざ闘いが始まると予想通り鉄華団とマクギリスが不利。特に革命軍は穴になっている模様。 オルガの発破もかなり弱気に聞こえる。それでも鉄華団は戦い続ける。しかしアリアンロッドの物量如何ともし難い。 敵の主戦力はジュリエッタ。イオクを留守番に置いたのは敵ながらグッジョブ。あとガエリオ何処行った。三日月相手じゃ分が悪いけど、今日のジュリエッタは一味違う。ラスタルに「お願い」されたから。でも彼女もまた利用されているんじゃなかろうか、と心配です。 マッチポンプ再び。味方の一人が

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯45「これが最後なら」

評価 ★★☆本望というもの!