ドラゴンボール超 90話 超えるべき壁を見据えて!悟空VS悟飯 感想

天津飯の道場の事件を無事解決した悟空。
そこへ修業を終えた悟飯とピッコロが現れる。
悟空・天津飯と、悟飯・ピッコロの2対2のタッグバトルが始まる!

番組表から引用

今回は孫悟空と孫悟飯の修行かと思いきや、
天津飯とピッコロも参加するようですね。
亀仙人は参加しないのですかね?
前回は亀仙人の予想外の強さにびっくりしましたけど。

孫悟飯はやっぱり超サイヤ人ブルーにはなれそうですけどね。
修行の時間次第といったところでしょうか。

ピッコロと孫悟飯の修行は終わり、
力試しのために孫悟空の所へ向かいます。

その頃、孫悟空は食事中です。
相変わらず大食いですね。
天津飯と亀仙人とチャオズも一緒に食事です。

これから修行です。
そこへ、孫悟飯、ピッコロがやってきます。

いよいよ、2対2のバトルロイヤルの力試しです。
本番を想定しての対決です。

夜空が綺麗だな。
天の川みたいなのがすごく綺麗です。

さっそく戦闘開始です。

ほとんど孫悟飯と孫悟空の対決ですけど。
ピッコロも凄い技で孫悟空を追い詰めます。
天津飯はけっこうやられっぱなしです。

うーん、あっという間に試合が終わったけど、
全力ではないし、コンビネーションの良さが分かっただけで。

ここで、孫悟飯は孫悟空との1対1での対決を申し出ます。
まあ、まだ限界での力ではないですからね。

うーん、それにしても天津飯は力に差がありすぎますね。

今回の戦闘でもほとんど出番がないです。
天津飯ですら、このような状態なのに。

その頃、ゴワスさんは戦士の招集に悩んでいます。
そこへ、破壊神ラムーシと天使クスがやってきて、悩み過ぎだと忠告します。
そして、ラムーシが選んだ戦士もやってきます。
ムリチブ?
筋肉が凄い。
肉体にこだわった戦士のようです。
紹介する天使クスもコミカルなキャラクターで面白いです。

ムリチブ?以外の戦士はまだ黒ずくめの姿なので、
見た目がわかりませんが、
みんなプロテインを飲むことにこだわっている。
筋肉には大変気を使っているようですが、
頭はあまりよくなさそうだ。
脳筋っていうのか、そんなタイプの戦士たちのようだ。

変わって孫悟飯と孫悟空の対決。
お互いに気を高めます。

アルティメットの状態の孫悟飯と超サイヤ人の孫悟空。

激しい戦闘ですが、ほぼ互角のようです。

瞬間移動が使える孫悟空の方が戦術的には上ですかね。
かめはめ波同士の対決でも孫悟空が上ですか。

お互い、殴り合い、蹴りあいですが、
孫悟空はやっぱり超サイヤ人ブルーにならないとね。
そう思ったら、なりました。

さらに界王拳を使い、ほぼ全力になる孫悟空。
この状態での対決です。

戦闘シーンを見る限りでは、
孫悟飯は超サイヤ人ブルーの状態の孫悟空でもちょっと戦えるようですね。

しかし、やはり界王拳を使った超サイヤ人ブルーの孫悟空を相手に
孫悟飯は気絶してしまいました。
うーん、やはり、戦闘力はまだ、
超サイヤ人ブルーで界王拳を使った状態ほどではないようですね。

でも、超サイヤ人ブルーくらいなら戦えそうです。

そして、孫悟空は第7宇宙のリーダーに孫悟飯を指名します。

孫悟飯の現在の戦闘力は超サイヤ人ブルーと互角かもしれない
というレベルなことが判明しましたね。
もうちょっと長い時間格闘してみないとわからない部分もありますが。

孫悟飯の戦闘力の向上を期待した場合としてはまずまずの結果かもしれません。

ここで今回は終了です。

あ、でもあれだな。
テレビ番組表の内容よりか、
ピッコロと天津飯は活躍しなかったな。
2対2といっても、ほぼ1対1の孫悟飯と孫悟空の対決ばかりだった。
ピッコロは全力で戦っている様子では無かったけど、
天津飯はね。
孫悟飯にかなり一方的にやられっぱなしで、消耗してましたからね。
天津飯は本当に修行を続けてたのだろうか?
そう思うような内容でした。
前回の亀仙人にもちょっと押されてたので、
亀仙人よりも弱体化してるんじゃないか、
と思ってしまうくらい。
これは個人的には残念というか、何というか、
想定外というのか。
かなりのパワーアップを期待していたのですけどね。

次回はどうやら他の宇宙の現在の戦士たちの状況報告のような回になりそうです。

Google翻訳による90話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 90
Looking at the walls to be exceeded! Goku VS Gohan Review.
スポンサーサイト