ドラゴンボール超 98話 あぁ無常!絶望する宇宙!! 感想

まだ力の大会が始まって1分しかたっていないのですね。
結構、格闘してましたけど。
意外と時間が進んでいなかったです。
戦闘だけではなく、会話もしているので、
もうちょっと時間がたっているのかと思いましたけど、
そうではなかった。
表現がちょっとね。

今回も力の大会の格闘シーンがメインでしょう。
孫悟空が集中的に狙われるようですが、
格闘が楽しみです。

第9宇宙の戦士たちがメインかな。
孫悟空を狙っているのは。

界王神の作戦かな。

ベルガモを中心にトリオデデンジャーズが孫悟空と激しい格闘を繰り広げます。

超サイヤ人ブルーは消耗が激しいのでまだまだ温存ですね。

第7宇宙の界王神シンや破壊神ビルスは大変心配してますね。

こちらも連携がかなり凄いな。
トリオデデンジャーズ。

孫悟空もちょっと気をバリアーのようにして、
応戦します。
白い薄い気でバリアーですね。

一方、フリーザさんも力士みたいな戦士を圧倒してる。
あと、こうもりのような戦士も。

また、孫悟空とトリオデデンジャーズの戦いです。
なんだな、このジェットストリームアッタクみたいなのは。

あ、孫悟空の気は白ではなく、虹色だ。
近くで見ると、そのような色をしている。

トリオデデンジャーズのデンジャーズトライアングルも虹色。
面白い作戦だ。

連携が相当取れてるな。

孫悟空がかなり攻め込まれている。

と、ここで、ベジータが加勢にきました。
ベジータとてもやる気があるな。

トリオデデンジャーズ以外の第9宇宙のメンバーもこの格闘に参加するようです。
界王神ロウの命令です。

ベジータがさっそく攻撃を仕掛けますが、
孫悟空もすぐに加勢します。

ベジータも虹色のバリアを使えるのか。
そして、女の猫のような戦士も凄いな。
素早い攻撃が凄い。
結構凄いぞ、第9宇宙の戦士たち。

そして、鋼鉄の戦士、ちょっとドラゴンみたいな戦士も凄い守備力だ。

ああ、普通の孫悟空だともう戦えないな。
最低でも超サイヤ人にならないと。

再びベジータとトリオデデンジャーズの戦いと
孫悟空の戦い。
このままではやられてしまうな。

イソッポ?とかいう絶対零度を使う戦士によって、
ベジータの腕が凍結していまいます。

これによりラベンダと女の猫のような戦士がベジータに襲い掛かりますが、
この女の猫のような戦士の攻撃がラベンダにいってしまいます。
ベジータはあっさりとかわしたので。

そんな様子を見ていて油断していた孫悟空と戦っている戦士たちは
超サイヤ人に変身した孫悟空によって、あっという間にやられてしまいます。

ここからベジータも反撃です。
女の猫の戦士を圧倒します。

これで3人が場外。

油断するとだめだな。

再び、ベジータは糸を出す戦士に捕まってしまいますが、
ベジータも超サイヤ人になって、
この2人の戦士を吹っ飛ばします。

うさぎのような女戦士もいつの間にかやられてますね。

そして、フリーザと対戦してたこうもりのような戦士も自分から場外へ。

残りはトリオデデンジャーズ。
こちらも超サイヤ人となった2人の前になすすべがない。

トライアングルデンジャービームを放ちますが、
かめはめ波とファイナルフラッシュによって場外に吹っ飛ばされます。

トリオデデンジャーズの3人が観客席に移動して、
10人全員が場外に。

第9宇宙の戦士が全員、場外に落ちて、
観客席に移動したら、
全王によって第9宇宙は消滅してしまいました。

ああ、これは凄い展開だ。
全員場外になった瞬間に消滅してしまうとは。

第9宇宙は何もなくなってしまった。
ウイスさんも確認しました。

これは凄すぎる。

第9宇宙の天使もにやっとしているのが、
何とも。
天使の存在はいったい。
ここは大変気になりますね。

ここで今回は終了です。
次回は第4宇宙に狙われるのですね。
18号さんが狙われて、クリリンが加勢するという展開のようだ。
次回も連携攻撃同士の対戦みたいだな。

やっぱり連携攻撃がどの宇宙でも重要な戦術のようだ。
まあ、そうはいっても超サイヤ人レベルではないようだけど。
まだまだ、本気では戦っていないな。
本格的に本気で戦うのはまだまだ先のようだ。

それにしても、宇宙が消滅するのは力の大会が終わった後かと思っていた。
場外になった瞬間とはね。
これはとんでもない展開だ。

Google翻訳による98話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 98
Ah, it is impermanent!Despairing universe!!
スポンサーサイト