ドラゴンボール超 101話 迫りくる正義の戦士!プライド・トルーパーズ!! 感想

第11宇宙の5人の戦士達が悟空、カリフラ達に襲い掛かる!
敵の特殊能力に苦戦する悟空だったが、
そこへ17号、18号も駆けつける!はたして勝負の行方は!?

番組表より引用

今回は第11宇宙のプライド・トルーパーズとの対戦になります。
いよいよジレンとの対決になるのか、
他のメンバーとの対決になるのか。
おそらく、他のメンバーとの対決になりそうですけど。
プライド・トルーパーズとはどれほどの強さなのか、
楽しみですね。
どうやら、特殊能力系の戦士たちなのですね。
紹介のポーズがギニュー特戦隊みたいなんだよね。

あれ?
ケールさんは場外になっていないのか?

そして、ジレンvs孫悟空になるのか?
ジレンはあまりやるきじゃないようだけど。
そこへ、トッポが襲撃です。

体力温存のために、他のメンバーにまかせるようだ。

孫悟空は逃げて、カリフラ達の前に現れます。
そして、ここへ、プライド・トルーパーズの5人が現れます。
名前はいろいろです。

将軍カーセラル(トッポたちと以前から登場の戦士)
タッパ(おっさんぽい顔の戦士)
ゾイレー(小さい身長の動物の角を持つ戦士)
コクット(魔女みたいな見た目の女戦士)
ケップル(キュイにちょっとだけ似ていなくもない宇宙人っぽい戦士)

この5人がトッポの命令で処分しに来ました。
すでに、やられているルーオウ?とかいう名前のメンバーもいるらしい。

画面は変わり、亀仙人は万国びっくりショーを。
天津飯は新気功砲をくりだして、
どの宇宙だかのメンバーを場外にします。

ここへ、ピッコロ、孫悟飯、フリーザ、ベジータも合流します。

それぞれの宇宙の戦士たちもぞくぞくと場外になっているようですね。

そして、孫悟空はプライド・トルーパーズのメンバーの体重が
自在にコントロールできる戦士タッパや竜巻のような技を繰り出す戦士ゾイレー
たちに苦戦しています。

カリフラさんも大量の気功弾をくりだすメンバーに苦戦です。

ケールさんもコクットの異空間に閉じ込める技にはまって苦戦です。

と、ここへ、17号、18号が駆けつけます。

気配を感じることができないから、
17号、18号相手には苦戦しそうですね。
将軍カーセラルとか呼ばれているキャラクターです。

ジャスティスサーベルという技を使って応戦します。
ザマスみたいに気を剣の形に変えて武器を作るという技ですね。
そして、ジャスティスボンバーという気功砲も。

でも、17号にはまったく通用せず。

18号は孫悟空の加勢にいきます。

竜巻と大車輪のような合体技も18号には通用しない。
なんとか場外はふんばったように見えたけど、
闘技場が割れて、場外になりました。
タッパとかいう名前の戦士か。

竜巻の戦士ゾイレーは逃げてしまいました。

将軍カーセラルと17号はまだ対戦してますが、
将軍カーセラルが逃げてしまいました。

4人になったプライド・トルーパーズは合流して、
カリフラさんとケールを狙います。
異空間を作り、カリフラを攻め立てます。

別空間に閉じこめられたカリフラさんとケールは
相当苦戦してます。
さすがに難しいかな?
この戦闘は。

この状況にケールさんは再び超サイヤ人(ブロリータイプ)に変身して、
異空間を打ち破ります。
今度は正常に気をコントロールできるようになっているようです。
これは驚きです。

4人のプライド・トルーパーズとカリフラさん、ケールさんは
気功砲での対戦になります。

凄い戦闘ですけど、ケールさんが体をパワーアップさせて、
カリフラさんもさらに気を高めて、
プライド・トルーパーズの3人を場外に追いやります。
異空間技の戦士コクットは生き残っているようです。

うーん、凄いぞ。
このサイヤ人たちは。
どんどん戦闘中にパワーアップしているような気がします。

ああ、でも、ケールさんは体力の消耗が激しいですね。

異空間の戦士コクットは異空間に入ったまま18号さんに場外にされてしまいます。
うーん、プライド・トルーパーズは以外と凄くなかったかも。
凄く無かったと言えば、ちょっとあれですけど、
超サイヤ人レベルではあってもそれ以上ではなかったということかな。
超サイヤ人か超サイヤ人2くらい?
これくらいの強さだったようだ。
特殊能力系の技はなかなかだったけどね。

第11宇宙の界王神カイ、破壊神ベルモッドもこの状況にかなり焦っている。

それにしても、第6宇宙のサイヤ人たちはなかなか凄い。
そして、17号、18号はまだ余裕だな。

ここで今回は終了です。
プライド・トルーパーズは想像よりは強くなかったな。
トッポとジレンだけが突出して強いだけなのかも。

次回はリブリアンとの対戦かな。
プライド・トルーパーズと孫悟空たちの対戦を見物してましたからね。
第2宇宙の魔女っ子戦士たちらしいです。
オープニングで超サイヤ人になったベジータと戦っている映像そのままのようです。

こちらもなかなかのくせもののようだから、
面白い対戦になるかも。
でも、強さはあまり期待しない方がいいのかもしれないな。
超サイヤ人クラスではあっても、
それ以上では無いような気がします。

ドラゴンボール超の世界観とは似ているのか似ていないのか。
面白い記事がありました。
宇宙は複数あるのではないか、という研究。
昔からこういった理論の提唱はあるみたいですけど。

我々と別の宇宙は本当にある 物理学の最新理論


Google翻訳による101話タイトルとブログタイトルの英語訳、
Dragon Ball Super Episode 101
Approaching Justice Warriors!Pride Trooper!!

ドラゴンボールギャルズランチ 黒髪Ver. 総合ディスカウントモウモウハウス

スポンサーサイト