ガンダムビルドファイターズ 23話「ガンプラ・イブ」感想

ガンダムビルドファイターズ 23話「ガンプラ・イブ」感想



2代目メイジンカワグチはどうして病気なんですかね。

1週間後に決勝戦を控えた会場にはたくさんのガンダムキャラがいましたね。
エルピープル、カツ、レツ、キッカ、ミネバザビ、ハマーンカーン、その他。
えーとだれだかよく確認できませんでしたが。
前回の次回予告以外に上記のキャラがいましたね。

ガンダムとシャア専用ザク2を立像でって、ガンダムはお台場から
持ってきた?まだこの時代まで立っているのか?
そんなばかな・・・さすがアニメ。

シャア大佐とララァもいた。

あいかわらずマシタ会長はわがままだな。美人秘書ベイカーさんも
大変ですね。
決勝戦もなにかたくらんでますね。
フラナ機関の人も協力するわけですね。

ガンプラバトルの大会も文化祭のようなイベントになっていますね。

会場でもガンプラバトルがあるわけですね。

リカルドフェリーニまで登場。

ニルスニールセンはいつも忍者のようにスパイ活動をしているのかな。

今回は話の内容がほとんどない回だが、ウッソなどガンダムキャラが
勢ぞろいっぽい回ですね。
懐かしい顔がたくさん現れますね。

ユウキ先輩にガンプラの楽しさを教えたのはセイのお父様なのですね。
では初代メイジンカワグチとは・・・。

セイvsレイジのガンプラバトル、お父様とリン子お母さんの再会。

あまり見どころが・・・。

そして、ニルスニールセンの潜入工作はベイカー美人秘書に見つかり。

うーん今回はこれといった話題が何もない回だったな。

そしてガンプラバトル決勝戦。

メイジンカワグチのガンプラは何でしょうね。
黒というか紫というのか。何のガンダムだったかよく確認できません
でしたが。ガンダムエクシアの改造版?

次回がまたすごい戦闘シーンになりそうで楽しみです。



関連記事
スポンサーサイト