ガンダムビルドファイターズ 24話 感想 ダークマター

ガンダムビルドファイターズ 24話 ダークマター 感想

 

いよいよガンプラバトル世界選手権大会決勝戦です。

メイジンカワグチはガンプラバトルの楽しさを世界に
知ってもらうために戦いたいようですが、
マシタ会長は2代目メイジンカワグチには勝つことだけを
目指す戦い方をしいていたのですね。

そして3代目であるユウキタツヤにも改良したエムボディシステムを提供。

そして決勝戦。

いきなり激戦。

もう完全にメイジンカワグチは強化人間になってますね。

レイジのガンダムを圧倒している。

マシタ会長はレイジのいた世界の住人で、ベイカー美人秘書
はこっちの世界のセイラマスのコスプレをしていた
ヲタクの人なのですね。
その2人が結託して、ビジネスを始めて成功したのか。
お金持ちになりたかっただけなのね。

エクシアのビームサーベル?が氷になったり、炎が出たり
と魔法の剣みたいになってますね。
何ですかね?これ。

うーん戦闘シーンは武器なのか、技なのか
よくわからないシーンがたくさん出てきてわかりませんね。

もうなんでもありなアニメになってしまいましたね。

で、セイ・レイジ組みが優勝ですか。

うーんまあ予想はある程度つく結果のようでしたが、
ガンプラバトルのたくさんのシステムがやはりよくわからない
ですね。

でプラフスキー粒子が暴走して、会場に登場したのが、
ア・バオア・クー。

もう何が何だかわかりません。

決勝戦のわりにはあまり見どころが無かった気がする。
ユウキ先輩も負けて元に戻っただけですし。
戦闘もなんやらよくわからなかったですからね。

次回、最終回も何をやるのか。
というか最終回なのか。
意外とはやく終わるのですね、ガンダムビルドファイターズ。
もしくわ2期でもそのうち放送するのですかね。
まあ、今のままでは新しい展開も考えないとアニメとしてはあまり
見どころはないのかもしれないですからね。
ストーリーの構成はじっくりと考えどころですかね。
2期があるとしても。
まあレイジも何者なのかよくわからないままですからね。

ウルマックスジャパン

3代目メイジンカワグチ(ユウキタツヤ)のガンダムエクシアダークマター

何だか微妙なデザイン。
アストレイにちょっと似てるのかな。



スポンサーサイト