グラスリップ(GLASSLIP)1話 「花火」 感想

グラスリップ(GLASSLIP)1話 「花火」 感想



普通っぽい田舎町(福井県坂井市三国町周辺のエリアをモデルにした町
「日乃出浜」(ひのではま))にすむ高校生達(深水透子、高山やなぎ、
永宮幸、井美雪哉、白崎祐、転校生沖倉駆)の日常系アニメなのか。
第1話ということでまあ、キャラクターの紹介と日常のせい生活の主な紹介の回。

夏祭りの花火をみんなでみて、たぶん夏休みを普通に過ごして、
喫茶店で集まってと。

田舎の港町に住んでいる高校生達の普通の日常ですね。

そこに不思議少年の転校生が現れて。

ガンダムでいうニュータイプみたいな感覚の不思議少年のようだ。

このニュータイプみたいな感覚がこのアニメのテーマのようですが、
ちょっとまだよくわかりませんね。

初回の感想といってもこれといった話は特にないので、あまり書く内容も
ありませんが、ちょっとだけ楽しみなアニメかもしれないですね。

キャラクターの絵柄はそんなに好きな方ではないかもしれないですが、
楽しめそうですね。
体が細いというか、腕や足が細いというのか。
何だかバランスがちょっと・・・。
ですが、背景、風景はとても綺麗ですね。
美しくて素晴らしいです。
まあ最近のアニメの特徴でもありますが。

それにしても福井県が舞台な割には映像が南国っぽいのですよね。
福井県行ったことないけど、日本海側にも南国っぽい雰囲気の
海辺とかあるのですかね。
スポンサーサイト