アニメツーリズム協会が設立

アニメツーリズム協会が設立というものが設立される。

どういうものかというと、
アニメの舞台になった地域をアニメの聖地に選定。
88か所にも上る。
主に訪日外国人観光客をターゲットにしているようだ。
全国88か所を選び、複数の聖地をつなぐ「巡礼ルート」も整備するらしい。
アニメの聖地巡礼の整備になるのか。

なにぃ!!
富野由悠季監督が理事長に就任するのか。
機動戦士ガンダムの原作、監督。
今更いうまでもないですけど。

日本人はね、昔から、アニメが好きな人が自らアニメの舞台になった地域に足を運んで、
観光旅行を楽しんでいるけれども、外国人のアニメ好きの人たちは日本の地域に慣れていない
から、情報提供とおもてなしをしようという試みなのかな。
ざっくりと言えば。
そういうことのようですね。

日本側としては地域の活性化が目的のようですけど。

今でも、それなりにしていると思うのだけど、外国人の方たちには必ずしも向いている
状態にはなっていないのかな?
英語や他の言語でのおもてなしや案内ができるようになるとか?
それはそれで難しいと思うのだけど。

ああ、そういえば、昨日のテレビ番組、
「住んでる人が見たい!世界の超!絶景ハウス第6弾 」(テレビ東京)で、
元AKB48の前田敦子さんが小説、アニメで有名な「赤毛のアン」の舞台になった
カナダ、プリンス・エドワード島で絶景ハウスを探すとかいう企画で出演してましたね。

それを見ても思ったけど、現地の人たちがあまり詳しくなさそうだったな。
情報提供をするサービスカウンターのような場所の人たちも詳しくなさそうな感じだったな。
街の名前くらいは知っているようだけど。
カナダの人たちから見て、外国人観光客である前田敦子さんに対してあまり有益な情報提供は
出来ていなかった感じだった。
現地の人たちは親切な人たちばかりだったけど。
個人的に親切な人たちであって、おもてなしをするシステムという感じはほぼなかったな。

つまり、ここのところをより強化しよう試みなのだね。

こういうのはこつこつと丁寧に積み重ねるしかないと思うんですよね。
丁寧な情報提供とサポート体制を。

急激に訪日外国人観光客が増えるというよりも、リピーターになってもらって、
日本に愛着を持ってもらおうという趣旨かな。
やっぱり丁寧にやったほうがいいな、きっと。

ボウズイカの仲間 深海イカ つぶらな瞳

すっごい可愛らしい見た目のイカだな。
紫色で大きな目をしたコミカルな以下。
ディズニーの3DCGのアニメにも出てきそうな見た目だ。

日本から米西海岸までの太平洋北部に広く生息しているらしい。

写真を見ても3DCGアニメのキャラクターのようにしか見えない。
これはすごい生物がいたものだ。

安倍総理のマリオなどリオデジャネイロオリンピック2016の閉会式

リオデジャネイロオリンピック2016の閉会式での日本のパフォーマンス。
リオデジャネイロから次回の東京大会への引き継ぎのパフォーマンス
では安倍晋三総理大臣がスーパーマリオブラザーズのマリオのコスプレをして
登場しました。

歴代の金メダリストが赤いボールをパスし、キャプテン翼の大空翼や岬太郎、
ハローキティやドラえもん、パックマンもいたっけ?
日本のアニメや3DCG、ゲームのキャラクターが目白押しで、
金メダリストとともに赤いボールをパスしていきます。

最後は車に乗っている安倍晋三総理大臣がマリオに変身して、
ドラえもんの力を借りて、緑の土管で東京からブラジル、リオデジャネイロまで
やってくるという演出。

映像とアニメと実際のパフォーマンスが融合した演出で大変面白かった。

安倍総理のマリオは緑の土管から出てきた瞬間にコスプレの衣装が脱げてしまった。
ご自分で脱いだものなのか、脱げるようになっているのか、
もう少しコスプレの衣装を着て何か行動があればよかったかもしれない。
少し、脱げる時間が早すぎる気がする。
間があってもよかったかな。

世界に向けて、アニメのキャラクターなどを積極的に発信していくというコンセプトなのか。
世界的にすでに知られているキャラクターを登用しただけなのか。
でも、映像は面白かった。
こういった形で日本のアニメやゲームのキャラクターが役に立つとは、ちょっと感慨深い。

ソードアート・オンライン ハリウッドで実写ドラマ化

ソードアート・オンライン ハリウッドで実写ドラマ化



米国のエンターテインメント企業「スカイダンス」が
KADOKAWAの協力のもと原作の全世界実写映像化権を購入。

脚本家にレータ・カログリディスさんを迎え、原作にならったストーリーになるらしい。

原作やアニメの雰囲気そのままというよりもアレンジの加えられた作品になるのだろうか?

物語は仮想空間への接続機器によってバーチャルリアリティーを実現した近未来を舞台に
さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件だから、
ハリウッドドラマでもあまり違和感は無いのかもしれない。
ゲームの世界観が大半を占めるわけでもあるから、
主人公は何人でもいいわけで。

原作とアニメそのままだったら、かなりきついかもしれないけど、
ハリウッドドラマでやったら版みたいな感じならまあ別にいいんじゃないかと思う。

ファンタジー要素が強いから、雰囲気が出しやすいのかな。
剣と魔法を使った昔ながらのRPG要素が強いからね。

総務省が「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」高坂桐乃を18歳選挙告知に起用

総務省が「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」高坂桐乃を18歳選挙告知に起用



総務省のキャンペーン「俺の妹が18歳選挙キャンペーンモデルになるわけがない」は
18歳になった高坂桐乃が「18歳選挙」についてわかりやすくレクチャーするというもの。

伏見つかさ書き下ろし小説が掲載された小冊子をシンポジウムや
3月13日に秋葉原で開催される「電撃文庫 春の祭典2016」で無料配布する。

いやぁ、やりすぎじゃないの?
何でもアニメとコラボレーションっていうのも。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は千葉市が舞台らしいから、
千葉モノレールにもラッピング電車があるらしいけど。
あ、今はどうだかわからないけど。

アニメはちらっとしか見たことはないけど、このキャラクターは知っている。


総務省が俺妹・高坂桐乃を18歳選挙告知に起用
『俺の妹が18歳選挙キャンペーンモデルになるわけがない』