FC2ブログ

キャプテン翼 第52話 エンドレス・ドリーム 感想

ボールを追いかけて、何とか得点しようとする日向君。

南葛中からボールを奪って、
タイガーショットを打とうとします。

残り3分。

沢田君が横からスライディングでシュートを防ごうとしますが、
足を上にあげろという日向君の指示で、
立花兄弟のスカイラブハリケーンもどきのようになります。

日向君は沢田君の足を利用して、
南葛中DFたちを飛び越えて、
そのままオーバーヘッド。
オーバーヘッドタイガーショット。

これが森崎君の体に当たり、翼君が森崎君を捕まえますが、
そのままゴールへ。

これで同点です。

沢田君の力を借りましたが、日向君のテクニカルなプレーを
見ることが出来てうれしい。

試合は再開しても残り1分。
南葛からボールを奪って攻める東邦学園ですが、
攻めあぐねている。

中央突破をした日向君によるタイガーショットは
翼君の髪の毛に当たり、
ゴールバーへ。

あんな凄いパワーのシュートが髪の毛に当たったくらいで、
シュートコースが変わるのか?

ゴールバーに当たって、跳ね返ったボールを翼君が保持。
そのままドライブシュートを打ちますが、
日向君のタックルでボールが挟まれる。

ドライブシュートvsタイガーショット。

ボールは2人の上空へ飛んでいきました。

ここで試合終了。
2校による同時優勝が決まりました。

ひとまず翼君と日向君の戦いは終わり、
2人はユニフォーム交換をします。

翼君と日向君は優勝旗を受けとります。

24人の大会優秀選手が発表され、
この後はヨーロッパ遠征ですか。

東邦学園のロッカールームでは日向君が退部届を提出しようとしますが、
監督から高等部に上がってもお前がサッカー部を仕切れという指示を受けます。

南葛中のロッカールームでも優勝で盛り上がります。

数日後、ジュニアユース日本代表の合宿です。

翼君は怪我の治療のため参加していない。

ロッカールームでは背番号10のユニフォームだけ誰も着ない。
三杉君には何で誰も着ないんだ?
とか言われてるけど、
わかってるでしょ?

もう1着ユニフォームがあるようだけど、
これはフランス、パリにいる岬君のためのユニフォーム。

あれ?
若林君のユニフォームは?
と思ったら、カールハインツシュナイダーのファイアーショットを決められる
若林君が映りました。

翼君はまたボールを若林君の家へ蹴るのか?
蹴っちゃった。

決勝戦は凄いプレーばかりだったな。
翼君と日向君の2人だけが凄い選手だった。
日向君のちょっとテクニカルなプレーが見れたのが、
やっぱり凄く良かったな。
パワーだけの選手ではないというのがいいよね。
試合の中でちょっとづつ成長するのがいいのだ。

これで終わりなのか。
中学生編までなのね。
ジュニアユース編はやらないのか。
期待していたのにな。

やっぱり続きが見たい。
世界にはもっと凄い選手たちがたくさんいるのだから。

キャプテン翼 激闘の軌跡  健康ラボ

スポンサーサイト

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第24話 ぼくの英雄 感想

SWORD ART ONLINE Alicization Episode 24reviewです。

アドミニストレータさんは6連撃技を使えるのか。
キリトの剣術を最初から凌駕している。
やる気まんまんで戦闘に入ったキリトでしたが、
早くも焦っている。

キリトはユージオから赤く変化した青薔薇の剣を受けとって戦うのですか。

剣が2本になって、2刀流になったら戦えるようになった。
アドミニストレータさんの表情が変わって、
ちょっと互角に戦えるようになってきたのか。

髪の毛まで武器にしたアドミニストレータさんでしたが、
剣1本になったキリトの前にやられてしまった。

アドミニストレータさんはパソコンみたいなものを髪の毛で操作して、
ピンク色の光の柱に入って、どこかへ移動しようとしましたが、
元老長といっしょに爆発してしまいました。

アドミニストレータさんは自分のいた世界(アンダーワールド)が好きだったようですね。

キリトはアドミニストレータさんが使っていたパソコンを操作すると、
外部との通信が可能になりました。
音声ではオーシャン・タートルは戦闘状態になっているようです。

アリスを連れて、ワールドエンドウォールターを目指せ?
キリトにはこのような指示が来ましたが、どういう意味ですか?

オーシャン・タートルが襲撃されて、
電源が落ちてしまったのか?

ここで今回は終了。
アドミニストレータさんをやっつけたけど、
もっと凄いことになっているな。
オーシャン・タートルを襲撃している組織はいったい?
さっぱりわからない状況だ。

アドミニストレータさんはわりと戦える相手だったのね。
金属剣でなければ、かなりの有効武器ということなのか。
それともキリトが凄いのか。

まあでも、ひとまず、アンダーワールドでの物語は一区切りか。

この後はどうなる?

続きは

「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」というタイトルで
2019年10月から始まります。

あー長いな、待ちどおしいな。

ソードアート・オンライン -アリシゼーション- (SWORD ART ONLINE Alicization)
EXQフィギュア アリス・ツーベルク

キャプテン翼 第51話 ミラクルドライブシュート! 感想

Captain Tsubasa 2018 (Super Campeones 2018) Episode 51の感想です。

翼君のドライブシュートはゴール前でバウンドして、
ボールの進行方向とは弱に弾んでゴールに入りました。
これはワールドユース編に登場したブラジル代表ナトゥレーザのドライブシュートみたいだ。
翼君は中学生の段階でこのシュートを放っていたのだな。

得点した後、翼君はピッチを離れるが、またもどってきました。

試合は再開して、両チーム激しい攻防戦。

南葛中は井沢君のバナナシュートでも得点できない。

延長前半は南葛中が4-3でリード。

翼君はやっぱりもう動けなさそうだな。
でも、延長後半もみんなといっしょにピッチにいるようだ。

延長後半は再三にわたって東邦学園の攻撃が続きますが、
まだ得点できない。

今回はここで終了。

今回もドライブシュートvsタイガーショットみたいなシーンばっかりだ。
両チーム、得点源はこれしかないけど、
こうやって見比べてみると、ボールの変化が激しいドライブシュートのほうが
効率的に得点できる気がしてきた。
タイガーショットはパワーとスピードは凄まじいがシュートコースに入れば、
防げるから、ドライブシュートのほうが得点しやすいのかもしれない。
両方のシュートを連続して見る機会はあまり無いから、
連続して見るとよくわかる。
両方のシュートを新しい視点で見ることができたのが良かった。

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」は
いつも「AbemaTV」で見ているのですが、
第23話を見た時に「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」
が午後2時30分から開始されるという情報が載っていたので、
見てみることにしました。
無料なので。
録画機能というか、マイビデオに登録しましたが、
有料のプレミアムプランでしか見ることが出来ないということで、
リアルタイムで見ながらの感想になります。
詳細な確認が出来ないので、ざっくりとした感想です。

オーグマー(次世代ウエアラブル端末)っていいな。
これ欲しいなw

オーディナル・スケールってゲームの名前なのね。

やっぱりいいな、こういうのw
早く現代でも使えるようにしてほしいですw

お店でゲームをすると、ポイントもケーキももらえる。
やっぱり欲しいw

ショッピングモールの通路でカラオケとは意味が分からないが、
このようなこともできるシステムなのね。
楽しいな、これは。

夜になり、オーディナル・スケールの参加。
街中がゲームの世界に変化するのか。

なんとかサムライロードというモンスターが出ました。

何とか無双みたいに参加者は圧倒されている。

ランク2の人、めっちゃ強い。

アイドル、ユナからほっぺにキスされる今日のMVPアスナ。

なかなかの戦闘シーンだったな。

アインクラッド内ではいつものメンバーみんなでこのゲームについての話し合い。

アスナはお風呂に入ってから、またオーディナル・スケールに参加。
お風呂の時にシャンプーのアップが2回ほど。
なんで?

戦闘が始まって、ユナの曲を聴きながら戦うのか。
マクロスも曲を聴きながら戦うのだっけ?
アニメの中では流行ってるのかな?
こういう戦闘スタイル。

ランク2の人も参加。
この人はアインクラッドの参加者への復讐を計画している。

アスナは相変わらず強い。

キリトがアスナとの待ち合わせの場所(代々木公園)で現れた女の子はいったい誰?

またキリトの前に現れた。

クラインさんは怪我をしたのか。
というかランク2の人に捕まってたけど。

今度のゲームの舞台は恵比寿ガーデンプレイス。
アスナ、リズベット、シリカが参加。

ランク2の人はエイジさん。
この人もアインクラッド参加者ですか。

アスナがシリカを庇ってやられてしまった。
キリトが助けに来たけど、エイジとは戦わなかったな。

そういえば、アスナから飛び出した光の粒は何なのだ?
あれをエイジとユナは捕獲してるみたいだけど。

アスナのSAOでの記憶が薄らいでいく?
オーディナル・スケールでやられてしまったことが原因?
アスナから飛び出た光の粒は記憶の部分なのだろうか?
このゲームにはこのような仕掛けがあるのか。
また大変なゲームだな。

アスナは検査してもらいますが、
記憶をスキャンされた形跡があるとのこと。
記憶をスキャンする?
このゲームに参加するとスキャンされるのか。
何というゲームだ。

キリトはアスナをつれて、アインクラッドの様々な場所に出かけていきます。
でもやっぱり思い出せない。

次の戦闘はキリトとシノンが参加です。

ユイは光の粒を吸収する機械に潜入します。
でもブロックされてあまり調査できなかった。

ユナが毎回指をさす方角には東都工業大学があります。
ここにオーグマーの開発者がいるのですか。

学生のふりをして講義に参加して、
開発した教授に会うのか。

キリトはアスナの家にいきます。
部屋に案内されるとアスナの日記を発見。
他人の日記を無断で読んではだめですよ、キリトさんw
気にしないでと言われますけど、やっぱだめでしょ。

あ、何だ、東都工業大学の重村教授というキャラクターが
この計画のボスなのか。

前日にカラオケで女子メンバーで盛り上がり(リーファを除く)
またオーディナル・スケールに参加です。

あ、キリトだけだったw
間違えた。

ああ、ユナのライブには来ました(新国立競技場)
キリトも一緒です。

キリトはエイジと戦闘。
他のメンバーはユナのライブです。

このライブに来たSAO参加者の記憶をスキャンするために
みんな集められたのね。

重村教授は自分の自己満足のためにこの計画を立てたのか。

キリトとみんなはアインクラッドにフルダイブするのか。
そこにいるボスをやっつけないといけないようだ。

SAO本来のラスボス。
めっちゃっかっこいい、そして強い。

アスナも後から参加。

リーファもユイもクラインも他の有名な人たち?も加勢にきました。

激しい戦闘シーンも凄かったな。
映像が速くてよく確認できない部分もあるけど、凄かった。

キリトとみんなはアインクラッドからもどってきました。

キリトがモンスターをやっつけて、
アスナは記憶を取りもどして、ユナも消滅しました。

だが、AIアイドルとしては活動しているみたいだ。

キリトとアスナとユイ以外のメンバーはエギルのお店へ。
そして、
キリトとアスナとユイは約束していた流れ星を見にいきます。

エンディングではキリトはアスナのお母さんにあったのね。

この劇場版面白かった。
切ない物語ではあったけど、
AI(人工知能)とキャラクターの使い道というのはそれぞれ
様々な人たちの想いで違うというのはよくわかった気がします。
他人を犠牲にしてやることではないだろうけど、
思い入れのある人間(キャラクター)を大切にしたいという
気持ちは共通しているのに、
具現化は大きな違いがあるのだな。

どんな人間にも大切な人間がいるかもしれないから、
もっと人間に優しいやりかたでキャラクター化すればいいのにな。

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール キリト モデル 腕時計
クロソイド屋 楽天市場店

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第23話 アドミニストレータ 感想

SWORD ART ONLINE Alicization Episode 23reviewです。

リセリスっていうのか、カーディナルさんの元の名前。
いよいよ対決かな?

アドミニストレータさんはカーディナルさんたちが逃げられないように、
空間を切り離して戦うつもりなのね。

あ、またソードゴーレムが現われた。
まだ動けるのか。
これは大変だな。
しかも、まだプロトタイプ。
人間(アンダーワールド内のキャラクター)を変換させたと言っている。
何でも出来るのだな、アドミニストレータさん。
さすがは支配者。

うーん、カーディナルさんの整合騎士たちの記憶がどうのこうのという部分は
説明を聞いてもよくわからない。
何だか、いろいろと詳細な設定があり、このような状態になっているようだ。

とりあえず、詳細は複雑すぎて理解が難しいが
(物語上の作者の理屈?だからこのようなものかとしか思わない)、
アドミニストレータさんは感情という情報も弄べるほどの技術力を持ち合わせているようだ。
(ざっくり言うとこんな印象)

元が人間だから、カーディナルさんにはやっつけることが出来ない。
ここが重要な所だ。
人間(アンダーワールド内の様々なキャラクター)を大切に思っているカーディナルさん
の戦力が削がれるという結果だから。
相手の弱いところを突くアドミニストレータさんの戦術がとても優れている。

戦えないカーディナルさんとの交換条件でキリト、ユージオ、アリスは助けてもらえる。
いやいやいや、こんな約束守ります?

カーディナルさんはアドミニストレータさんの剣から発する紫色の稲妻でやられてしまいます。

ユージオは自分を剣に変えてくれとカーディナルさんにお願いします。
何か対抗するやりかたが見つかったらしい。

ユージオがこの部屋にあった水晶と合体して、銀色の剣になりました。
この水晶には金髪の女性の姿が重なりますが、
これは誰なんですかね?
ユージオに声までかけて。

この銀色の剣が部屋の空間を飛行してソードゴーレムと戦うカメラワークがなかなか良い。
ソードゴーレムもあっという間に破壊します。

つづいて、アドミニストレータさんも攻撃しますが、
アドミニストレータさんのほうが強かった。
ユージオは一撃を加えますが、結果としてやられてしまいます。

残りはキリトだけ。

ここで今回は終了。
カーディナルさんが戦わないでやられてしまったのは予想外の展開でした。
白熱した戦闘を期待したのだけど、まったく違った結果だった。
代わりにユージオが剣になり、戦うというのもイメージ出来なかった。
アリスはかろうじて抵抗してたけど、力負け。

残りのキリトはどう戦うのか。
金属は効果無いと言ってるので、
ギガスシダーの剣では対抗できないと思うけど。

アドミニストレータさんの圧倒的な力の前になす術があるのだろうか?

キャプテン翼 第50話 執念の総力戦 感想

Captain Tsubasa 2018 (Super Campeones 2018) Episode 50の感想です。

日向君のタイガーショットは南葛中メンバーによって威力を弱められ、
森崎君がキャッチ。

南葛中は翼君を中心に攻め立てます。

翼君のドライブシュートは日向君のタイガーショットで防がれます。

両チームともボールを持ったら、翼君、日向君にシュートを打ってもらうため、
ボールを集めます。
得点源がこの2人なので、これは戦術上これしかありません。

日向君のタイガーショットを止めるべく、翼君は体で止めようとしますが、
日向君がシュートを打ちなおして、シュート。
これを石崎君が顔面ブロックします。

東邦学園の再三の攻撃も南葛中はしっかりと守る。

翼君は迷ってるな。
勝つために頑張るか、あきらめるか。
まともに動けないからしょうがないけど。

日向君のタイガーショットが翼君の体に当たりますが、
翼君は日向君のタックルをかわしてドリブルに入ります。
動けないのではなかったのか?

翼君と日向君の打ち合いは翼君が2回目のシュートで、
ドライブシュートを打ちます。
これを若島津君が手刀で防ぎます。

ボールはまた翼君へ。
翼君のドライブシュートをゴールポストを蹴ってジャンプした日向君が
タイガーショットで打ち返します。
このシュートをまた翼君が打ち返す。
凄いプレーの連続だな。
これを若島津君と日向君の2人で止めます。
凄すぎるプレーだ。

3-3で延長戦。

今回はここで終了。
翼君と日向君の激闘が凄まじかった。
お互いのシュートが みたいになり、
ボールの色も凄くなってたなw
翼君、日向君のスーパープレーが大変良いな。

あ、でも、特に日向君のゴールポストを利用したスーパープレーは
中学生のこの試合でしか見られない。
この後はこのようなテクニカルなスーパープレーはほぼ無いのだよな。
もっとやればいいのにと思いました。

あ、日向君が自分のチームのゴール前にいること自体が珍しいのか。
だから、このようなプレーはめったに見られないのか。
でも、もっとやって欲しい。

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第22話 剣の巨人 感想

SWORD ART ONLINE Alicization Episode 22reviewです。

元老長チュデルキンとアリスの特性はあまりいいとは言えないようだ。
10秒持ちこたえるから、キリト、ユージオはチュデルキンをやっつけてくれと。

アリスの金木犀の剣で何とか炎のモンスターの攻撃を抑えます。

キリトはギガスシダーの剣を槍のように持って、
一撃でチュデルキンをやっつけます。

戦闘を観察して、分析ばかりしているアドミニストレータさん。
キリトの正体もバレつつあるのか?

アリスはいままでの事情をアドミニストレータさんに問います。
不満がいっぱいだな。

整合騎士はアドミニストレータさんにとって、
単なる駒です。
これ以外の何物でもありません。

向こう側の人間、この「アンダーワールド」を管理している普通の人間が
リセットするから、ずーとは続かないかもしれないですよ、っていう
キリトの説明にユージオとアリスは呆然。

アドミニストレータさんは「アンダーワールド」の支配欲しかないから、
あまり興味は無いみたいだ。

戦闘行為が出来る物であれば、人間である必要は無いのか。
戦闘しか興味ないのかな?

剣の巨人ってこれのことなのか。
アドミニストレータさんがモジュールをかざすと部屋にあった柱から
剣が集まってきた。
これが「ドラゴンクエスト」のキラーマシーンみたいなモンスターに変身しました。
「ソードゴーレム」という名前。
強そうだなw

アリス、キリトは一撃でやられる。
強すぎる。

ユージオだけは残ったけど、声が聞こえて、
短剣を床にさせって。

キリトに張り付いていた蜘蛛が巨大化して、
ソードゴーレムと戦ってくれています。

ユージオが短剣を床にさすと、ピンク色の光の柱と扉が現われます。
蜘蛛はやられちゃったのだけど、
扉が開くと、黄金の光が現われて、ソードゴーレムを吹っ飛ばしてしまいます。
何だろうな、これは。

カーディナルか。

すぐにアリス、キリトの傷の回復をします。

今回はここで終了。
キリト、アリス、ユージオはこの世界では最高峰の力を持つキャラクターだと思っていたが、
それを遥かに上回るソードゴーレムというモンスターが現われた。
さらにソードゴーレムを一撃で倒すカーディナル。

つまりカーディナルとアドミニストレータが超絶すぎて、
他のキャラクターは雑魚だったということなのか。
力のインフレが凄まじいのか、
最初からこのような設定なのか。

今までは、アドミニストレータ、カーディナル、キリト、ユージオ、アリス、
その他整合騎士やリーナ先輩など強いキャラクターはそれ程力の差が無いのかと思っていた、
もしくは、差があっても何とか戦えるレベルなのかと思っていた。
だが、今回で、

アドミニストレータ、カーディナル(超絶)>>>>>
ソードゴーレム(ちょっと強い)>>>>>
キリト、ユージオ、アリス、その他整合騎士やリーナ先輩(雑魚)

だった。

アドミニストレータにとっては整合騎士など駒ですらなさそうだ。

キャプテン翼 第49話 灼熱の闘士 猛虎&翼 感想

Captain Tsubasa 2018 (Super Campeones 2018) Episode 49の感想です。

日向君の2回のタイガーショットを防いだら前半終了。

ハーフタイムに両チームが控室で会話をしている時に
スタジアムの外では三杉君、弥生さん、松山君が飲み物を飲んでいると、
片桐さんが話しかけてきました。

この大会の後のヨーロッパ遠征チームにコーチとして帯同してくれという話。
三杉君とは初対面だったのね。
松山君はこの前空港まで届けてくれたから知ってるけど。

指導者としてのスカウトです。
三杉君の言うことなら、みんな言うこと聞きますね。

後半に入っての南葛中の攻撃はスムーズ。
度重なるダイビングヘッドも若島津君に防がれます。
だが、まだ南葛中の攻撃は続く。

両チームの激しい攻防だが、
日向君のタイガーショットが翼君の肩をかすめて南葛ゴールへ。
得点にはいたりませんが、翼君はまた肩を痛めます。

翼君以外の選手が攻めますが、
石崎君のヘディングシュートが日向君に防がれます。
このこぼれ球を石崎君がオーバーヘッドパス。
こんなシーンありましたっけ?
石崎君もオーバーヘッドが出来るのか?

このパスを翼君がオーバーヘッドシュート、これで同点です。

ここで今回は終了。
いやー、石崎君のオーバーヘッドパスが衝撃的ですねw
自分の頭上にボールがあれば誰でも出来ないことはないのでしょうけど、
「キャプテン翼」ではオーバーヘッドはエース級、準エース級の選手しかやりませんからね。
石崎君みたいなエース級、準エース級、どちらでもない選手がやるのは、
今度はいつお目にかかれるのかもわからないシーン。
今回は大変貴重なシーンを見ることが出来ました。

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第21話 三十二番目の騎士 感想

SWORD ART ONLINE Alicization Episode 21reviewです。

思ったのだけど、片腕だけで剣を振るって力が入るのだろうか?
と思ったけど、キリトとユージオの戦いがスピードアップしてから、
両腕で戦っていた。

キリトの呼びかけに、しだいに反応してくるユージオ。
ちょっとづつ記憶を思い出している。

アリスを思い出したようだけど、
ユージオは青薔薇の剣の氷でキリトとユージオを足止めします。

ユージオはアドミニストレータの部屋に戻って、
元老長閣下に事情説明。

アドミニストレータのベッドに戻って、
シンセサイズのやり直しです。

あ、でも演技していたようだ。
アドミニストレータのいいなりのように見えたけど、
抵抗して、カーディナルから貰った剣を刺そうとしたのだけど、
アドミニストレータには防がれてしまう。
やっぱり隙が無いのか、アドミニストレータ。

でも、アドミニストレータはまだユージオのシンセサイズをあきらめたわけではない。
いろいろと誘ってみるけど、ユージオは抵抗します。

ちょっとだけ戦えてるな、ユージオ。
まだ、アドミニストレータが圧倒しているけど。

元老長チュデルキンも戻ってきました。
どうやら、キリトとアリスにやられそうなので戻って来たようです。

キリトとアリスも合流。

アリスがアドミニストレータに反抗しますが、
アドミニストレータはアリスの分析をひたすらします。
自分の指示に従わなかった理由を。

そばにいた元老長チュデルキンに名誉回復の機会を与えようとします。
このね、チュデルキンを見る時の目と表情が凄まじいね。
アドミニストレータの目のアップがとても印象的。

名誉回復のため、キリト、ユージオ、アリスを討伐したら、
アドミニストレータの体に触りたいと土下座してお願いするチュデルキン。

これにはキリト、ユージオ、アリスも唖然としている。

ここはギャグ的なシーンととらえればいいか。

元老長チュデルキンは神聖術で炎のモンスターを生み出します。
見た目がちょっとだけ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するアッグガイに似ている。

ここで今回は終了。
キリトとユージオの戦いは結構あっさりとしていたな。
もっと戦闘シーンが長いのかと思っていたのだけど。
両者の力が拮抗しているからだと思う。
もうちょっと見たかった気もする。

チュデルキン(炎のモンスター)との対決も激闘になるのか、
意外とあっさりと勝てるのか、どちらになるのか。
激闘のほうが面白いと思うのだけどね。
どうも、最近の戦闘シーンはあっさりとしているというか、
あまり激闘にはならない展開なんだよね。
戦闘1つに時間を使うと物語が進展しないからだろうけど。

キャプテン翼 第48話 王者・東邦! 感想

Captain Tsubasa 2018 (Super Campeones 2018) Episode 48の感想です。

翼君のヒールリフト、ひさびさに見た。
日向君のオーバーヘッドで防がれてしまったけど。

翼君vs日向君の一騎打ちに勝利した日向君が
ジャンプから着地してのドリブルの軽快感が素晴らしい。
ここの描写はいい。
ボディバランスが素晴らしい。

日向君のタイガーショット、やっと、黄金の虎の表現が出てきましたね。
初見かな?
こういう表現がいいな。

これで1-2。

あらためて気合を入れなおす両チーム。

その後は防戦一方の南葛中。
また、沢田君からのパスをダイレクトでタイガーショット。
これが入って1-3。

日向君は右手を高々と上げて、大差で南葛中に勝つと叫びます。

南葛中のメンバーは翼君を中心に、
再び気合を入れなおします。

南葛中は井沢君、滝君、来生君を中心に攻め上がりますが、
東邦学園スライディング部隊は回避したものの、
日向君にはあっさりとボールを奪われます。

日向君はそのままタイガーショットを打ちますが、
シュートコースに入ってきた翼君にドライブシュートで打ち返されます。
これはのちに出てくる、中国代表の肖俊光の反動蹴速迅砲と同じですね。

これが入って2-3。

凄すぎだなw
ゴール裏の壁にボールがめり込んでるw

試合が再開され、東邦学園が攻め上がりますが、
翼君がボールを奪い、今度は南葛中が攻めます。
ですが、翼君は足の怪我で倒れ込んでしまいます。

南葛中のコーナーキックでの攻撃も防がれて、
ボールは日向君へ。

翼君は足の治療のためにピッチの外へ出ている。
翼君のいない南葛中には10点差で勝つと叫ぶ日向君。

ここで今回は終了。
東邦学園の圧倒的な攻撃力に苦戦する南葛中。
何度も翼君を中心に気合を入れなおすシーンが印象的でした。
諦めない気持ちを前面に押し出した回だったと思います。

翼君による肖俊光の反動蹴速迅砲みたいにタイガーショットを打ち返したシュートも
凄まじい威力でびっくりしました。
まあ、タイガーショットだけでも壁にめり込みますから、
凄さはわかっていましたが、
何回見ても凄すぎる映像が印象的です。

試合はまだ東邦学園が圧倒的に有利な気がしますが、
ここから南葛中が優勝するためには、
翼君が頑張るしかないです。
翼君の力強いプレーがどれだけ見られるのか、
楽しみです。